フェリーでヘルシンキからエストニアのタリンへ【バルト三国・エストニア】

※前回の記事→半日でヘルシンキをぐるっと観光!スーパーマーケットにも行きました【ヘルシンキ】

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

ヘルシンキからエストニアのタリンまで、フェリーに乗って約2時間半で行くことができます。

フェリーはとても大きく、かなり快適に過ごすことができ、あっという間にバルト三国のエストニアへ。

タリンに到着すると、そこはまるでおとぎの国の世界♪ 街歩きだけでも十分楽しめちゃいます。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

フェリーでエストニア・タリンへ

ヘルシンキの中心地から9番トラムに乗って、フェリー乗り場(ウエストターミナル)まで行きます。所要時間は10分くらい。あっという間です。

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

降りた駅は、こんなところ。なんだか殺風景でちょっと不安になります。

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

でも、すぐ目の前にターミナルがありました。

建物の中に入って、階段を2階に上がると船会社別にチェックインカウンターが並んでいます。

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

今回予約したのは、「Eckerö Line」という船会社。

「ダイレクトフェリーズ」という日本語のサイト()から事前に予約をしていきました。

4/30(日)ヘルシンキ-タリン 15:30-17:45(所要時間:2時間15分)

料金は、一人19.73ユーロ。

予約確認書を提出してチェックインをします。

チェックインは出発の45分前までに、と書いてあったので、1時間前くらいには到着したと思います。

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

2階にあった「kioski」。売店&ちょっとしたカフェのようでした。

オレンジのイラストがかわいい。

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

待ち合いロビーは、だだっ広くてちょっと殺風景な感じ。

壁際に並んでいた真っ赤な椅子が、北欧デザインっぽくて素敵でした。

搭乗時間まで、しばしゆっくりします。

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

搭乗ゲートは、Cゲート。ゲートから船までは500mほど歩きます。

そして、いよいよ乗船です!

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

この写真は、途中、船のデッキから撮った他の船会社のフェリーですが、大きさはこんな感じで豪華客船って感じ!

ヘルシンキ〜タリンMAP(バルト三国③)

フィンランド湾を渡ってエストニアへ向かいます。

船はとても大きいので、船内のどこに行ったらいいのか分からなかったのですが、階段を上がる人たちについて行ってみました。

すると、船の船首部分にたどり着きました。

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

船の中とは思えない広い空間で、中央にはステージがあります。

なんと、乗船直後にもうダンスをしている人が!

客席もたくさんあって、自由に座れるのですが、私たちはこの上の部分のソファ席をゲットすることができました。スーツケースも置けるし、2時間の船旅、ゆっくりできそう♪

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

すぐ近くにバーカウンターがあって、途中からオープンしたので、ドリンクを購入。

ビールとオレンジジュースで、7.5ユーロ。

この船、大きいので揺れないかなと思っていたのですが、思ったより揺れる!

船内には、免税店やゲームコーナーなどもあるようなので、船内探検したかったのですが、歩くと揺れを結構感じるので、ほとんどソファでじっとしてました(笑)

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

出港です! さよなら、ヘルシンキ!! 短い滞在でした~

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

デッキに出て、写真を撮りました。

カモメがたくさん飛んでいて、北欧って感じ。

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

この時期(4月下旬~5月上旬)、風も強くまだまだ寒いので、デッキでゆっくりという訳にはいきませんでしたが、夏のいい時期だったら、ここで風に当たりながらのんびりっていうのもいいですね。

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

正面からフェリーがやってきました。

タリンからヘルシンキに向かうフェリーですね。迫力あります。

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

船の中からも、大きな窓から海を見ることができます。

約20ユーロで、国を越えてこんな船旅ができるとは、ビックリです。

まったりした時間を過ごし、2時間15分でエストニアのタリンに到着しました。

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

やっぱり大きい!!

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

船首部分。この窓から海を見てたんだぁ、と。

バスが船首から出て来ます。ツアーバスでしょうか。

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

「TALLINN」の文字。エストニアに入国です。

といっても、パスポートチェックなどはありません。

そして、いよいよエストニアに上陸!

タリン旧市街

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

タリンのフェリーターミナルは、Aターミナルに到着。

ターミナルから旧市街の入口までは、徒歩約10分です。旧市街入口からホテルまで、さらに500m以上はあるので、おそらく15分以上はかかりそう。

ターミナル前にはタクシーが止まっていて、タクシーを利用する人も多かったのですが、小さめのスーツケースで、それほど重たくなかったので、ここは歩いて行くことにしました。

フェリーでタリンへ(バルト三国③)

フェリーターミナル出たところから、旧市街方面を見たところ。

教会の尖塔が見えます。

歩いて向かう人たちもチラホラいました。

ふとっちょマルガレータ:フェリーでタリンへ(バルト三国③)

10分くらい歩いた道路の向こうに、旧市街の入口にある「ふとっちょマルガレータ」が見えて来ました!

ワクワクします♪

ふとっちょマルガレータ:フェリーでタリンへ(バルト三国③)

近づいてきます。

ふとっちょマルガレータ:フェリーでタリンへ(バルト三国③)

ドーン!

まさに”ふとっちょ”。

旧市街の出入り口にある「ふとっちょマルガレータ」は、1529年に建てられた砲塔で、直径24m、壁の厚さは4.7mもあるそう。現在は、海洋博物館になっています。

タリン旧市街:フェリーでタリンへ(バルト三国③)

ふとっちょマルガレータを回りこむと、いよいよ旧市街への入口です。

三人兄弟:タリン旧市街:フェリーでタリンへ(バルト三国③)

入口に入ってすぐ右手には、「三人姉妹」。

「三人姉妹」は、15世紀に建てられた住宅の集合体で、建物正面の壁画が女性的な雰囲気をもつことから、”三人姉妹”と呼ばれているそう。

現在は、ホテルとして使用されています。

タリン旧市街:フェリーでタリンへ(バルト三国③)

パステルカラーの建物が並び、石畳の道が続く旧市街は、とても雰囲気があってカワイイ街です☆

タリン旧市街(バルト三国③)

タリン旧市街:フェリーでタリンへ(バルト三国③)

石畳の道をスーツケースをガラガラ引きながら、10分弱くらい歩いて、タリンで宿泊するホテル『インペリアルホテル』に到着です。

タリン:Hotel Imperial(バルト三国③)

インペリアルホテルは、旧市街の西側の城壁の近くにある、こじんまりとしたホテル。

パステルカラーでかわいらしい外観です。

チェックインをして荷物を置いたら、早速旧市街の街へ繰り出します!

タリン旧市街(バルト三国③)

タリン旧市街(バルト三国③)

タリンの街を歩いていてよく目につくのが、かわいいお店の看板です。

こういった看板を探すのも楽しいです。

ラエコヤ広場:タリン旧市街(バルト三国③)

タリンの街の中心「ラエコヤ広場」。

レストランがたくさん並んでいて、そのお店の前にはテラス席が出ています。

とてもかわいい、おとぎの国のような景色です。

ラエコヤ広場:タリン旧市街(バルト三国③)

ラエコヤ広場:タリン旧市街(バルト三国③)

ラエコヤ広場:タリン旧市街(バルト三国③)

青空と建物の色が、とてもキレイ。

旧市庁舎:タリン旧市街(バルト三国③)

ラエコヤ広場の真ん中にある大きな建物は、旧市庁舎です。

ゴシック様式の市庁舎としては、北ヨーロッパに唯一残る建物だそうです。14世紀半ばに最初の建物が建てられ、1404年の増築後に現在の姿になりました。

旧市庁舎内は見学できるようになっているのですが、この日は残念ながら休館日なのか、中に入ることはできませんでした。。

スリー・ドラーコン(バルト三国④:エストニア:タリン)

スリー・ドラーコン(バルト三国④:エストニア:タリン)

まだ明るいけど、夕食の時間です。

この旧市庁舎の1階に、中世の雰囲気が味わえるパブ『スリー・ドラーコン』があるので、行ってみました。

スリー・ドラーコン(バルト三国④:エストニア:タリン)

店内は薄暗くて、怪しい?雰囲気。。

スリー・ドラーコン(バルト三国④:エストニア:タリン)

購入したのは、エルク(ヘラジカ)スープと、牛肉とほうれん草のパイ。

中世の雰囲気漂う薄暗い店内でいただきます。

スープもパイも美味しく、エンターテインメント要素もあるので、行ってみる価値はあります。

お店の詳細はこちらで↓

中世風のパブ『スリー・ドラーコン』でエルク(ヘラジカ)スープをいただく@エストニア・タリン
エストニアのタリンの中心地、ラエコヤ広場にある旧市庁舎に『スリー・ドラーコン』はあります。中世の雰囲気いっぱいのパブは、エンターテインメント要素もある人気のお店です。薄暗い店内でスープやパイをいただいていると、不思議な感覚になります。

スリー・ドラーコンでは軽食だったので、この後改めて夕食へ。

ビアハウス(バルト三国③:ヘルシンキ〜タリン)

ラエコヤ広場からDunkri通りを少し入ったところにあるビアレストラン『ビアハウス』。

ビールの醸造所もある、ビールの美味しいビアレストランです。

ビアハウス(バルト三国③:ヘルシンキ〜タリン)

ビアハウス(バルト三国③:ヘルシンキ〜タリン)

美味しいビールと美味しいお料理に舌鼓♪

店内はかなり広いですが、ほぼ満席で賑わっている人気のビアレストランです。

お店の詳細はコチラで↓

醸造所のあるビアレストラン『ビアハウス(Beer House)』@エストニア・タリン
エストニア・タリンの旧市街にあるビアレストラン『ビアハウス(Beer House)』。隣には自前の醸造所があり、7種類の生ビールを味わうことができます。店内は広々としていて、みんなが楽しそうにビールを飲んでいる、まさにビアハウスです!

ラエコヤ広場:タリン旧市街(バルト三国③)

夕食後、再びラエコヤ広場へ。

多分22:00近い時間だったと思いますが、まだ空がうっすらと明るいです。

夜になるとまだかなり冷え込み、冬のコートが必要です。

旧市庁舎:タリン旧市街(バルト三国③)

夜の旧市庁舎。

人がたくさん集まって賑わっています。

夜のラエコヤ広場の雰囲気を味わって、ホテルへ戻ります。

タリン旧市街(バルト三国③)

タリン旧市街(バルト三国③)

バルト三国は治安がいいと聞いていましたが、その通り、夜の旧市街は人通りも結構あり、危ない雰囲気はまったく感じませんでした。

この日は、朝早くから活動をしていたので、ホテルへ戻って翌日に備えましょう~。

※次の記事→中世の面影を色濃く残す「タリン旧市街」(世界遺産)の街並みをぶらぶら散歩♪【バルト三国・エストニア】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク