ルーマニアの市場(バイア・マーレ、シゲット・マルマツィエイ、ブカレスト)【市場・バザール】

バイア・マーレの市場【ルーマニア】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!

市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。

今回の市場は、ルーマニアの市場です。

スポンサーリンク

のんびりとした青空市場、ルーマニア、バイア・マーレの市場

バイア・マーレの市場【ルーマニア】ルーマニア北西部「バイア・マーレ」

 

ルーマニア北西部、マラムレシュ地方(Maramureş)

マラムレシュ地方は、ルーマニアの中でも昔ながらの民族文化や伝統が息づくエリア。

そのマラムレシュ地方の中心都市のひとつが「バイア・マーレ」(Baia Mare)です。

 

「バイア・マーレ」へは、ハンガリーのブダペストからバスを乗り継いで到着しました。

「バイア・マーレ」の新市街から東へ1キロほど歩くと旧市街の中心、自由広場に着きます。

広場から南へしばらく進んでいくと市が出ていました。

 

写真は市場の脇に建っていた石のサイロ。

綺麗な絨毯もたくさん掛けられていますね。

手前には旧東欧の象徴、トラバント車がいます。

バイア・マーレの市場【ルーマニア】「バイア・マーレ」の市場

 

市場は、たくさんの屋台が並ぶ青空市場。

のんびりとした風情です。

観光客はまったくおらず、地元の人ばかり。

「バイア・マーレ」の町自体にも、観光客の姿はほとんど見掛けませんでした。

バイア・マーレの市場【ルーマニア】野菜がたくさん!(バイア・マーレの市場)

 

露店にはたくさんの野菜や果物、肉や香辛料が売られています。

店の売り子は老人が多かったです。

 

色鮮やかな赤カブ、レタスやネギ。

かなり太ったおばちゃんがいます。

バイア・マーレの市場【ルーマニア】新鮮なフルーツ類(バイア・マーレ)

バイア・マーレの市場【ルーマニア】店番の老人たち(バイア・マーレ)

 

フルーツと野菜が並べられた小さなお店。

市場の露店は、どれも小ぢんまりとしたお店でした。

 

真っ黒な頭巾を被ったおばあちゃん。麦藁帽子を斜めに被ったおじいちゃん。

のんびりとした老人たちは声を張り上げることなどなくぼんやりと店の前に座っていました。

私が近づきカメラを向けると皆ニコニコと笑いかけてきます。

バイア・マーレの市場【ルーマニア】チリ・ペッパー売りのおばあちゃん(バイア・マーレ)

 

チリ・ペッパー売りのおばあちゃん。

ルーマニアの料理は、あまり辛くはないです。

 

ルーマニアの料理は、周辺の旧ユーゴスラビアやブルガリアと同様、トルコ料理の影響が見られますが、18世紀にオスマン・トルコの支配から脱したため、それらの地域ほどトルコ料理っぽさは少ないです。

主食は、小麦ととうもろこし。

特に、とうもろこしを挽いて粥状にして、牛乳やバターを加えた「ママリガ」がメインの主食で、ルーマニアの国民食とも呼べるものになっています。

ルーマニアの代表的な料理と言えば、挽き肉と玉ねぎをキャベツの漬物で巻いて煮込んだ「サルマーレ」や、豚肉を使った挽き肉の団子「ミティティ」、小麦の糠を発酵させた調味料を加えた具沢山のスープ「チョルバ」など。

ルーマニア料理は、日本人の口にも合う美味しい料理です。

スポンサーリンク

シゲット・マルマツィエイの市場

シゲット・マルマツィエイの市場【ルーマニア】パン屋(シゲット・マルマツィエイ)

シゲット・マルマツィエイの市場【ルーマニア】ケースに並ぶいろんなパン(シゲット・マルマツィエイ)

 

「シゲット・マルマツィエイ」は、「バイア・マーレ」からバスで約1時間半ほどのウクライナ国境に面した場所にある小さな町。

この町は、マラムレシュ観光の拠点ともなる町で、世界遺産にも登録されているマラムレシュ地方の木造教会群や、「陽気な墓」と呼ばれるカラフルな絵が描かれたお墓のあるサプンツァという町を訪問するのに便利なところです。

 

写真は、「シゲット・マルマツィエイ」の市場にあったパン屋です。

素朴なパンがたくさん置かれていました。

シゲット・マルマツィエイの市場【ルーマニア】チーズ屋さん(シゲット・マルマツィエイ)

 

こちらは、チーズ屋さん。

見ていたら、ひとかけら、食べさせてくれました。

美味しかったです!

シゲット・マルマツィエイの市場【ルーマニア】ほうきがたくさん並んで売られていました(シゲット・マルマツィエイ)

スポンサーリンク

ブカレストの青果市場

ブカレストの市場【ルーマニア】ブカレストの青果市場

 

首都ブカレストの青果市場です。

さすが、首都なので、マラムレシュ地方の市場と違って、屋根付きの立派な市場。

食材も豊富だし、売り子も買い物客もたくさん!

 

ルーマニアは農業国です。

国土面積の約6割が農地であり、総雇用の33%が農業部門での雇用であるとのこと。

90年代の民主化以降、ルーマニアでは、農地の96%以上が元の所有者への返還等により民有化されたそうで、小規模な農家が多数生まれたそうで、5ヘクタール以下の小規模農家が全体の90%を占めているのだとか。

ルーマニアの田舎を旅していると、畑で農作業をしている光景をよく見掛けますが、トラクターなどは使わず、みんな手作業で畑を耕したり、種を植えたりしていました。

スポンサーリンク

関連記事

ブダペスト中央市場(ハンガリー・ブダペスト)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ハンガリー、ブダペスト中央市場です。
サン・ジュセップ市場(スペイン・バルセロナ)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、スペイン・バルセロナ、サン・ジュセップ市場です。
ルーマニアの市場(バイア・マーレ、シゲット・マルマツィエイ、ブカレスト)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ルーマニアの市場です。
ヨーロッパ最大級!? 5つのドームからなるリガ中央市場【バルト三国・ラトビア】
バルト三国・ラトビアにある「リガ中央市場」は、ヨーロッバ最大級とも言われている、巨大な市場です。食品ごとに分かれた5つのドームからなっている市場は、見応えたっぷり!市場内には、食堂やイートインスペースもあり、新鮮な食材を使った美味しいお料理をいただくこともできます。
100年以上続いている「ハレス市場」【リトアニア・ビリニュス】
リトアニアのビリニュス旧市街の南に位置する、ビリニュス市民の台所「ハレス市場」。市場のある建物は、18世紀末の領主の館だそうです。野菜、肉、乳製品や日用品など、何でも揃う地元の人のメインマーケットです。

コメント