獅天鶏飯(渋谷)|プリプリのチキンを使った「海南鶏飯(シンガポールチキンライス)」

渋谷、獅天鶏飯 シンガポール料理
記事内に広告が含まれています。

渋谷駅から徒歩2分。明治通り沿いの雑居ビルの2階に、シンガポール料理と中華のお店『獅天鶏飯』はあります。

2022年4月にオープンしたこのお店、旅好きの店長が虜になったというシンガポール料理と、季節の絶品中華料理を提供する新ジャンルのアジア酒場であるとのこと。

名物の海南鶏飯が美味しいとの評判を聞き、行ってみることにしました。

スポンサーリンク

シンガポール料理と、季節の絶品中華料理を提供するアジア酒場

渋谷、獅天鶏飯『獅天鶏飯』はビルの2階

 

お店は、明治通り沿いのビルの2階。1階に行列が出来ている「油そば 東京油組総本店 渋谷組」があり、その建物の2階になります。入り口は通りを右折した右手です。

渋谷、獅天鶏飯『獅天鶏飯』のカウンター

渋谷、獅天鶏飯『獅天鶏飯』のテーブル席

 

店内は狭めで雑然とした感じ。アジアの食堂っぽい雰囲気です。

座席は、カウンター7席、テーブル16席の合計23席。平日の夜9時頃に予約無しで訪問しましたが、店内はかなり混んでいて、ギリギリでカウンター席が空いていて、座ることが出来ました!

食べている間も、入れ替わりお客さんが来店していたので、予約はして行った方が良さそうです。

ちなみに、この『獅天鶏飯』、夜は24時まで営業しています。

 

座席に座ったところで、さっそくメニューを見てお料理の物色開始!

スポンサーリンク

『獅天鶏飯』のメニュー

渋谷、獅天鶏飯お料理メニュー

渋谷、獅天鶏飯ドリンクメニュー

 

こちらが、『獅天鶏飯』のメニュー。

メニューの品数はそれほど多くありませんが、「バクテー」や「キャロットケーキ(大根餅と卵炒め)」「海南鶏飯(シンガポールチキンライス)」「福建麺(ホッケンミー)」「ラクサ」「ペーパーチキン」など、シンガポール料理の定番料理がひと通り揃っています。

店員さんにオススメされた「獅天特製海老蟹炒(海老またはソフトシェルの豪快特製炒め)」も美味しそうでしたが、今回は、チキンライスメインで注文!

それでもって、注文したのは↓のお料理。

  • 「A菜の炒め物」※値段失念
  • 「海南鶏飯:名物シンガポールチキンライス」並:1,200円
  • 「ラクサ:海老出汁濃厚スパイシー麺」1,250円
  • 「杏仁豆腐」450円

「海南鶏飯(シンガポールチキンライス)」と「ラクサ」に、ビールのおつまみとして、これまた店員さんにオススメされた「A菜の炒め物」を頼みました。

注文を済ませ、お料理が運ばれてくるのを待ちます。

スポンサーリンク

トロトロの鶏肉を使った名物の「海南鶏飯」は、まさに絶品♪

渋谷、獅天鶏飯「タイガービール」790円

 

まずは、お飲み物から。

シンガポールの定番ビール「タイガービール」です。

「タイガービール」は、シンガポールで生産されているビールで、シンガポール、マレーシアのみならず、アジア太平洋全域で飲まれている人気ビール。

アルコール度数は5%で、爽快な喉ごしを持ちながらも、味がしっかりしていてビールっぽいのが特徴。

お通しの茹でピーナッツをつまみつつ、ぐびぐび飲みながらお料理を待ちます。

渋谷、獅天鶏飯「A菜の炒め物」

 

ビールのおつまみが来ました!

「A菜の炒め物」です。

「A菜」は、中国でよく食べられているシャキシャキとした歯応えが特徴の青菜で、「油麦菜」というのが本来の名前なのだとか。

ガーリックであっさり炒められた「A菜」、間違いなく美味しいです★

ビールのつまみにピッタリ!

渋谷、獅天鶏飯「海南鶏飯:名物シンガポールチキンライス」並:1,200円

 

続いて、本日のお目当て。「海南鶏飯:名物シンガポールチキンライス」が登場!

「海南鶏飯」は、茹でた鶏と、その茹で汁で調理した米飯を共に皿へ盛り付けたお料理で、中国の海南省・広東省・香港マレーシア、シンガポール、タイなどで広く食べられているお料理です。タイでは「カオマンガイ」と呼ばれます。

チキンライスは、日本でもシンガポールでも、タイのカオマンガイも、何度も食べたことがありますが、『獅天鶏飯』の「海南鶏飯」は、これまで食べた中でも1,2を争う美味しさでした★

渋谷、獅天鶏飯プリプリのチキン

 

見てください! 見た目だけでもわかる、このトロトロぷりぷりのチキン!

口に含むと、本当に柔らかく、プリプリの食感。まるで鳥刺しのようです。

こんなにプリプリの鶏肉を食べたのは初めて! まさに絶品です♪

渋谷、獅天鶏飯3種の漬けダレ

 

このプリプリの鶏肉を3色ソース(黒醤油・生姜ソース・チリソース)に付けて食べます。

ソースは三者三様、いずれも美味!

渋谷、獅天鶏飯鶏肉を茹でて取ったスープで炊いたご飯が美味♪

 

そして、「海南鶏飯」と言えば、鶏肉を茹でて取ったスープで炊いたご飯が特徴。

鶏肉の味がご飯に沁み込んでいて本当に美味しい♪

プリプリの鶏肉に3種のタレを付けて、鶏出汁の旨味が沁みたご飯と一緒にいただく!

う〜ん、旨い! 鶏出汁のスープも旨い!!

渋谷、獅天鶏飯「ラクサ:海老出汁濃厚スパイシー麺」1,250円

 

お次は、「ラクサ:海老出汁濃厚スパイシー麺」

これがまた、絶品でした!

「ラクサ」は、シンガポール、マレーシア、インドネシアで食べられている国民的麺料理。

ココナッツミルクをベースに、スパイスやハーブを加えた麺で、味はクリーミーでスパイシー! 出汁は魚やエビなどの海鮮から取られ、麺は地域によって違いがありますが、米粉を使った押し出し麺がメジャーです。

ラクサにも色んなバージョンがあり、ココナッツミルクを使わないタマリンドベースのものや、麺にたまご麺やビーフンを使うものがあったりしますが、『獅天鶏飯』のラクサは、ココナッツミルクが濃厚で、米粉の押し出し麺を使ったタイプ。

渋谷、獅天鶏飯海老出汁のスープが本当に濃厚!

 

『獅天鶏飯』のラクサ、まろやかなココナッツミルクの中に、海老の出汁が濃厚に効いていて、旨味たっぷり!

米粉押し出し麺にスープがよく絡んで、プリプリの海老や油揚げなどの具材も美味しく、辛味調味料「サンバルブラチャン」も良い味変♪

渋谷、獅天鶏飯「杏仁豆腐」450円

 

食後のデザートは、「杏仁豆腐」

シンプルな杏仁豆腐ですが、濃厚なラクサの後にいただく、さっぱりとした杏仁豆腐、最高です♪

渋谷、獅天鶏飯「ジャスミンティー」

 

杏仁豆腐と一緒にいただいたお飲み物は「ジャスミンティー」

爽やかなジャスミンの香りでホッとひと息。

良いお口直しとなりました♪

『獅天鶏飯』は、ネット予約出来ます!
『獅天鶏飯』のネット予約はこちら(食べログ)

渋谷にある、シンガポール料理と中華のお店『獅天鶏飯』

とろけるような食感のプリプリの鶏肉を使った名物の「海南鶏飯」は、まさに絶品♪

海老出汁濃厚な「ラクサ」や、シャキシャキでニンニクの効いた「A菜の炒め物」など、どのお料理も美味しい!

また、幾度となく訪れたい、オススメのお店です★

スポンサーリンク

◉『獅天鶏飯』の地図・アクセス

コメント