スパイス&カフェ イマイロ【名古屋・塩釜口】本場の味を追求し続けている南インド料理&フランス焼菓子のお店

スパイス&カフェ イマイロ【名古屋・塩釜口】本場の味を追求し続けている南インド料理&フランス焼菓子のお店

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロ 南インド料理
記事内に広告が含まれています。

名古屋市天白区。地下鉄鶴舞線塩釜口駅より徒歩3分の、国道153号線沿い、植田川の手前のビルの1階に、南インド料理とフランス焼菓子、スペシャルティコーヒーを提供しているお店『スパイス&カフェ イマイロ』はあります。

2020年6月にオープンしたこのお店、こだわりの南インド料理を提供していることで、名古屋で注目を集めているお店です。

店主さんは、現地南インドで食べ歩き、本場の味を追求したお料理を作り続けているのだとのこと。フランス焼菓子も同様で、フランス現地の味を忠実に再現しているのだそう。

スポンサーリンク

『スパイス&カフェ イマイロ』

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロ『スパイス&カフェ イマイロ』の外観

 

こちらが、『スパイス&カフェ イマイロ』の外観です。

店舗前に2台分の駐車スペースがありますが、空いてなかったので、近くの時間貸駐車場に停めました。

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロ『スパイス&カフェ イマイロ』のロゴ

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロ南インド料理・フランス焼菓子・スペシャルティコーヒー

 

お店では、ランチタイム(11:45~14:30)に南インド料理を提供、カフェタイム(14:00~16:30)にフランス焼菓子やスペシャルティコーヒーをいただくことができます。

※ランチタイムにフランス焼菓子・スペシャルティコーヒーを注文することも可です。

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロ『スパイス&カフェ イマイロ』の店内

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロシンプルでお洒落な内装

 

『スパイス&カフェ イマイロ』の店内です。

シンプルでスタイリッシュな内装。座席は、カウンター4席、テーブルが3つで6席の合計10席のみですが、店内空間は広々としていて席間もゆとりがあり、居心地の良い雰囲気です。

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロお水はセルフサービス

 

お店は、店主さんのワンオペということもあり、お水はセルフサービス。

日曜日のランチタイムに事前予約して訪問しましたが、席は満席。お客さんは、おひとり様や年齢層高めのカップル、夫婦など。地元の常連さんが多そうです。

さて、座席に座ったところで、メニューを見てお料理を選びます。

スポンサーリンク

お店の外観も内装も、メニュー表記も、お料理のセレクトも、ひしひしと感じられるこだわり

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロランチメニュー

 

こちらがランチメニュー。

メニューは定期的に変わるようで、ベジミールスやノンベジターリー、ドーサセットなどを提供しています。メニュー内容はインスタグラムで確認することができます。

今回のメニューは、「タミル・ナードゥ・ノンベジ・ターリー(Tamil Nadu nonveg thali)」1,900円

お料理内容は、

  • Ponni rice(Large +100)
  • Pallipalayam chicken
  • Kothu kari kuzhambu
  • Paruppu kuzhambu
  • Onion raita

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロスイーツ・ドリンクメニュー

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロToday’s coffee

 

こちらは、スイーツ・ドリンクメニューとToday’s coffee。

スイーツは全部で6種類。本日のコーヒーは、ルワンダとケニアから選ぶことができます。

スイーツとコーヒーは後で頼むことにして、まずは、ランチのターリーが運ばれてくるのを待ちます。

スポンサーリンク

南インド料理:タミル・ナードゥ・ノンベジ・ターリー(Tamil Nadu nonveg thali)

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロ「タミル・ナードゥ・ノンベジ・ターリー(Tamil Nadu nonveg thali)」(1,900円)

 

程なくしてお料理が運ばれてきました。

「タミル・ナードゥ・ノンベジ・ターリー(Tamil Nadu nonveg thali)」です。

シルバーのプレートの上に、3つのカトリ(パリパラヤム・チキン、カトゥカリコランブ、パルップ・コランブ)、ポンニライス、オニオンライタが載ったシンプルなビジュアル。

食べたことのないお料理ばかりなので、楽しみ♪

さっそく、いただきましょう〜!

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロパリパラヤム・チキン(Pallipalayam chicken)

 

こちらは、「パリパラヤム・チキン(Pallipalayam chicken)」です。

パリパラヤムは、タミルナードゥ州エロード県にある町の名前。「パリパラヤム・チキン」は、チキン、唐辛子、ココナッツ、エシャロットなどで作られるお料理です。

『イマイロ』のパリパラヤム・チキンは、具材としてココナッツのコプラが使われていて、赤唐辛子がゴロゴロ入っているのが特徴。

ジューシーなチキンの旨味と唐辛子の辛味、ココナッツの独特の食感。初めていただくお味★

そして、この「パリパラヤム・チキン」、とてつもなく辛かったです(汗)

クセになる味わいでスプーンが止まらないものの、お口の中が火事状態! お水を何杯も飲んでしまいました。。

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロカトゥカリコランブ(Kothu kari kuzhambu)

 

こちらは、「カトゥカリコランブ(Kothu kari kuzhambu)」

マトンの挽き肉に、微塵切りした玉ねぎ、トマト、生姜、ニンニクなどを加えた、タミル・ナードゥのマトンキーマです。

マトンのお肉の旨味と、様々なスパイスが織り成す複雑で深みのあるお味。

こちらも、結構辛くてスパイシーでしたが、美味しいです♪

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロパルップ・コランブ(Paruppu kuzhambu)

 

こちらは、「パルップ・コランブ(Paruppu kuzhambu)」

タミル・ナードゥ風のシンプルな豆カレーです。

トゥールダルをメインに、タマリンドやココナッツを使わず作れるため、タミル・ナードゥでは、朝の忙しい時間に作るお料理として重宝されているのだそう。

シンプルながら、豆の旨味が濃厚な優しいお味。激辛の「パリパラヤム・チキン」の良い箸休めとなりました★

スポンサーリンク

フランス焼菓子:ガトーナンテ(Gâteau Nantais)・ソルベ・ア・ラ・マング(Sorbet a la mangue)

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロガトーナンテ、ソルベ・ア・ラ・マング

 

食後のデザートです。

お店のもうひとつのメイン、フランス焼菓子は「ガトーナンテ(Gâteau Nantais)」と、焼菓子ではないですが、「ソルベ・ア・ラ・マング(Sorbet a la mangue)」をチョイス。

「ガトーナンテ」は、マルコナアーモンドの生地にラム酒の糖衣を掛けた、フランス北西部ブルターニュ地方の港町「ナント」の郷土菓子です。

マルコナアーモンドとバターの旨味、奥深いラム酒の風味が、よくある焼菓子とはひと味もふた味も違う感じ。

「ソルベ・ア・ラ・マング」は、マンゴーのソルベ。フレッシュで濃厚なマンゴーのお味が爽やかかつ満足感あり。

名古屋・塩釜口、スパイス&カフェ イマイロコーヒー「ルワンダ・フイエ・シンビ(Rwanda Huye Simbi)」

 

食後のコーヒーは、「ルワンダ・フイエ・シンビ(Rwanda Huye Simbi)」を選びました。

黒板メニューによると、製法は、アナエアロビコ(嫌気性発酵)。品種はブルボン豆。味は、レーズンやカカオのような風味とのこと。

酸味と深みを併せ持つ、複雑だけど滑らかな風味。美味しいです♪

 

名古屋・塩釜口にある、南インド料理とフランス焼菓子、スペシャルティコーヒーを提供しているお店『スパイス&カフェ イマイロ』

現地で食べ歩き、本場の味を追求し続けているという『イマイロ』のお料理は、他では味わったことのないお味。

タミル・ナードゥの個性的なお料理をセレクトした「タミル・ナードゥ・ノンベジ・ターリー」も、ブルターニュ地方の港町「ナント」の郷土菓子「ガトーナンテ」も、特別感満点★

今度再訪した時は、是非とも「ベジミールス」をいただいてみたいです♪

スポンサーリンク

◉『スパイス&カフェ イマイロ』の地図・アクセス

  • 住所:愛知県名古屋市天白区元八事5-234
  • アクセス:地下鉄鶴舞線 塩釜口駅より徒歩3分
  • 営業時間:[月・木~日]ランチ(ミールス)11:45~14:30 14:00~16:30(ケーキとドリンクのみ)
  • 定休日:火曜日、水曜日
  • HP:https://www.instagram.com/imairo.spice.cafe/

コメント