ANAで羽田からシンガポール到着!チャンギ国際空港からMRTで市内へ

ANAで羽田からシンガポール到着!チャンギ国際空港からMRTで市内へ

羽田〜シンガポール【シンガポール】 シンガポールの旅
記事内に広告が含まれています。

2016年2月18日(木)~2月21日(日)、3泊4日でシンガポール旅行に行ってきました!

寒い日本を抜け出して、赤道直下の国シンガポールへ。今回は、便利な羽田空港からの出発です。

シンガポール・チャンギ国際空港からホテルまでは、地下鉄で移動しました。

スポンサーリンク

羽田~シンガポールへ

羽田〜シンガポール【シンガポール】

出発当日、10:45発のフライトなので、9:00を目指して羽田空港へ。

平日のラッシュと重なり、スーツケースがちょっと迷惑。。 そして、無事羽田に到着です。

朝の羽田空港はかなり混雑していて、出国審査の入口は長蛇の列でした。春節が終わり、中国やアジア各国の人たちの帰国に重なったのでしょうか。。

 

まず、上着を預けましょう。シンガポールは暑いので、コートは不要! 荷物になるので、羽田で預けていきます。

JALエービーシー」のカウンターで、1着1日当たり200円×4日=800円(一人)です。

帰りは、到着ロビーで受け取れるとのこと。

 

次に、両替です。今回は、羽田で両替えを済ませていきました。

1シンガポールドル=87.1円

二人で約4万円を両替し、450シンガポールドルをゲット! 羽田では、S$10とS$100紙幣のみの取り扱いだそうです。

 

準備ができたところで、出国審査へ。

羽田〜シンガポール【シンガポール】

フライトスケジュール

  • 2/18(木)NH841 羽田           10:45 ~ シンガポール 17:30
  • 2/21(日)NH840 シンガポール 10:55 ~ 羽田     18:30

 

搭乗口は143番ゲート。ちょっと遠いようなので、早めにゲートに向かいます。

羽田〜シンガポール【シンガポール】

羽田〜シンガポール【シンガポール】

行きは、直行便で7時間45分ほど。結構遠いです。シンガポール。

羽田〜シンガポール【シンガポール】

曇り空の中、一路シンガポールへ~!

離陸してしばらくすると、ドリンクサービスです。

そして、機内食。ご飯のお時間です♪ 朝ちょっとしか食べてないので、お腹空いた~。

羽田〜シンガポール【シンガポール】

和食と洋食で、和食のおにぎり弁当をチョイス。

お味噌汁もついてます! お味噌汁は、今月(2月)いっぱいでサービス終わってしまうそうです。残念ですね。。

お腹が空ていたこともあってか、完食! 美味しくいただきましたー!

 

ご飯を食べて、テレビを見たり、音楽聞いたり、ガイドブックを見たり、寝たりしても、まだ4時間しか経ってない・・・って感じでした。やっぱり意外に遠いですね~

到着前には、パン(デニッシュのようなもの)とドリンクのサービスが。写真撮るの忘れましたが、これも完食!

 

そして、いよいよ到着でーす!

羽田〜シンガポール【シンガポール】

陸地が見えてきました!

スポンサーリンク

シンガポール チャンギ国際空港に到着

羽田〜シンガポール【シンガポール】

シンガポール チャンギ国際空港に到着です。

飛行機を降りた瞬間、暑い。。夏です。南国です。

羽田〜シンガポール【シンガポール】

羽田〜シンガポール【シンガポール】

到着ロビーには、免税店やらお土産屋さんやら、たくさんのお店が。さすがハブ空港!

出発ロビーと同じところなんですね。きっと。

チャンギ空港はターミナル1~3まであって、今回はターミナル2に到着しました。ちなみに、現在ターミナル4を建設中のようで、2017年にオープン予定だそうです。

羽田〜シンガポール【シンガポール】

羽田〜シンガポール【シンガポール】

ターミナル内には、南国の植物が至る所にあって、シンガポールはやっぱり南国なんだぁと実感。

羽田〜シンガポール【シンガポール】

羽田〜シンガポール【シンガポール】

あ!「 BENGAWANSOLO(ブンガワン・ソロ)」発見!1979年創業の名店だそう。

缶がとてもかわいくて、クッキーも美味しそうで気になってたんです♪ 色々試食があったので、たくさん試食しちゃいました。

思ったより、缶がすごく大きくてビックリ! だからS$20とかするんですね~。

 

それにしても、広くてお店もたくさんあって、色々楽しめそうな空港です♪

ゆっくり見たい気もしますが、もう夕方なので、早く市内へ向かわなくては!

羽田〜シンガポール【シンガポール】

入国審査。シンガポールに入国です❕

スポンサーリンク

チャンギ空港~市内へ

羽田〜シンガポール【シンガポール】

地下鉄(MRT)で市内へ向かいます。案内に沿ってMRTの駅へ。

羽田〜シンガポール【シンガポール】

ちょっと迷って、駅の改札に到着。 すっごい広いですね!

その前に切符を買わなければ。

乗り放題のパスや、チャージ方式のICカードもありましたが、そんなには乗らないと思うので、通常のスタンダードチケットを購入。

羽田〜シンガポール【シンガポール】

羽田~シンガポール【シンガポール】

スタンダードチケットは、この券売機で買うのですが、最初しばらく別の列に並んでしまい、時間を無駄にしてしまいました? 券売機はS$5以下の紙幣かコインしか使えないのですが、係のお姉さんがいて両替してくれました。切符の買い方も教えてくれます。

ホテルのある「City Hall(シティホール)駅」まで S$2.4です。

結構手間取ったけど、何とか切符を購入! 都度都度、お金をチャージするのですが、このカードで6回分使えます。6回目で10¢の割引がされます。

なんだか、複雑なチケットです。。

羽田〜シンガポール【シンガポール】

羽田〜シンガポール【シンガポール】

広々とした、殺風景なホーム。

いよいよ電車に乗って、市内へ向かいます。

羽田〜シンガポール【シンガポール】

羽田〜シンガポール【シンガポール】

羽田〜シンガポール【シンガポール】

羽田〜シンガポール【シンガポール】

チャンギ空港から2駅目の「Tanah Merah(タナ・メラ)駅」で東西線(EW)に乗り換え、そこから9駅目の「City Hall(シティホール)駅」を目指します。所要時間、約40分です。

羽田〜シンガポール【シンガポール】

羽田〜シンガポール【シンガポール】

無事、City Hall(シティホール)駅に到着!

羽田〜シンガポール【シンガポール】

羽田〜シンガポール【シンガポール】

駅構内にあった、シティマップ

スポンサーリンク

シティホール駅~ホテル(ペニンシュラエクセルシオールホテル)

今回の宿泊は、『ペニンシュラ エクセルシオール ホテル Peninsula Excelsior Hotel』

シティホール駅のB出口から地上に出ます。

すると、目の前は大通り。シンガポール、都会です。

羽田〜シンガポール【シンガポール】

2階建てバスが走っています。普通の路線バスのようですね。

羽田〜シンガポール【シンガポール】

羽田〜シンガポール【シンガポール】

通り(ノース・ブリッジ・ロード)の向こうには、「Capitol Piazza(キャピトル・ピアッザ)」。ショッピングセンターでしょうか。綺麗な建物です。

この通りを左に進んでいきます。

羽田〜シンガポール【シンガポール】

隣のビルは、「PENINSULA PLAZA ペニンシュラ・プラザ」。

セブンイレブンがありました!

羽田〜シンガポール【シンガポール】

セブンイレブン側に信号を渡ります。

ペニンシュラエクセルシオールホテル【シンガポール】

すると、はす向かいに、『ペニンシュラ エクセルシオール ホテル Peninsula Excelsior Hotel』があります!

シティホール駅から徒歩3分くらいで、大通り沿いで明るいし、途中にはセブンイレブンもあるので、とても便利な場所です♪

ホテルの詳細は、コチラの記事で↓

チェックインして、荷物を置いて、夕食を食べに出かけましょう~!

羽田〜シンガポール【シンガポールマップ】

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

パステルカラーのショップハウスとカラフルなプラナカン雑貨の街「カトン」【シンガポール】
シンガポールの中心から東の少し離れたところにある「カトン」エリア。そこにはかつてプラナカンが多く住んでいました。パステルカラーのかわいいショップハウス(狭く細長い家屋形式)や、カラフルなプラナカン雑貨に会うことができ、中心部とは違った、ちょっとのんびりと落ち着いた雰囲気を味わうことができます★
絨毯や雑貨、モスクなどアラブの香り漂う街「アラブ・ストリート」【シンガポール】
宿泊ホテルのあるシティホール駅の隣の駅「ブギスBugis」駅から5分ほど歩いたところに、「アラブ・ストリート」はあります。アラブ・ストリート界隈には、モスクを始め、アラブの香り漂う絨毯やかわいいランプのお店、トルコ料理屋さんなどもたくさんあり、エスニックな雰囲気満載のエリアです!
リアルインドが体験できる街「リトル・インディア」【シンガポール】
シンガポールにある小さなインド、その名も「リトル・インディア」。シンガポールに住むインド人のコミュニティエリアで、寺院やインド料理店、ショッピングセンターなど、インド人たちの生活や宗教の憩いの場です。そんなリトル・インディアを散策して、インドを垣間見てきました~!
シンガポールで買った日清食品の「カップヌードル」5種類を食べ比べ!
世界80カ国で販売されている日清食品のカップヌードル。今回はシンガポールのカップヌードルのご紹介です。シンガポールのスーパーには10種類のカップヌードルが売られていましたが、そのうちの美味しそうなものを5種類、買ってきましたー!さっそく、食べ比べしてみます★
【シンガポール】夜の「マリーナ・ベイ・サンズ」と「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」
シンガポールの観光名所として近年人気がある、2010年に開業したホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」。屋上のプールは、メディアでもたくさん取り上げられ、一度見てみたいと思っていました。そして、巨大なスーパーツリーのある「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。スーパーツリーの光景は異世界です。。
『ロング・バー(LONG BAR)』@ラッフルズホテルにあるシンガポールスリング発祥のお店
シンガポールのホテルといえば、『ラッフルズホテル』。ラッフルズホテルといえば、『ロング・バー(LONG BAR)』の『シンガポールスリング』?ということで、ラッフルズホテルにシンガポールスリングを飲みに行きました!
シンガポール発のおしゃれなティーブランド『TWG』【シンガポール】
シンガポール発のティーブランド『TWG(ティダブリュジィ)』。日本にも店舗があって、ずっと気になっていました。シンガポールでは、日本よりも若干お安く購入できるようなので、絶対買って帰ろうと意気込んで行きました☺

コメント