ケララバワン(練馬)|フランスの風を浴びた「ポーンディー・ミールス」

練馬、ケララバワン グルメ
記事内に広告が含まれています。

練馬駅西口を出て通り沿いに西へ進み、りそな銀行のある交差点を左折してしばらく進んだ左手に『ケララバワン』はあります。

お店のオープンは2004年。本格的な南インド料理を食べられるお店としては、かなり老舗の部類です。

本格的で美味しいミールスやドーサがリーズナブルな値段で味わえるのも、このお店の魅力のひとつ。

スポンサーリンク

10年前から変わらぬ佇まいの『ケララバワン』

練馬、ケララバワンケララバワンの外観

 

『ケララバワン』の外観です。

レンガ色の外壁にインド国旗色の看板。10年前から何ひとつ変わらない佇まいです。

インドの地図や神様の像や絵が飾られている店内の雰囲気もおんなじ。

ひとりでもカップルでも家族連れでも、気軽に入りやすい雰囲気です。

 

このお店、名前の通り、南インド料理メインなのですが、北のタンドール料理も出しています。

通りからも見えるオープンキッチンで、南インド出身のシェフの方がシークケバブなどを焼いていました。

練馬、ケララバワンお店の看板

練馬、ケララバワンミールスからビリヤニまで

さてさて、何を食べましょうか。

このお店、本格的なビリヤニと手軽に食べられるドーサが美味しいので有名なのですが、この日はミールスの気分。

定番メニューの「ケララ・ミールス・ベジ」(1,500円)にしようかと思い、店員のインド人スタッフに伝えると、「今日はスペシャルがあるけど、そっちにしないの?」とスペシャルメニューを勧められました!

スポンサーリンク

特別メニュー「ポーンディー・ミールス」!

練馬、ケララバワンポーンディー・ミールス

 

スペシャルメニューの「ポーンディー・ミールス」のメニューです。

南インドのポンデッチェリ地方のミールスだそうで、期間限定の週末スペシャルメニューであるとのこと。

値段は、2,200円と、ちょっと高くなるけど、せっかくだからこっちにしてみましょうかー!

マハラジャビール(600円)と合わせて注文です。

注文を伝えると、インド人スタッフの方ニッコリ。

練馬、ケララバワンマハラジャビール

 

さっそく、マハラジャビール来ましたー。

赤いラベルが「マハラジャ」って感じですね。

爽やかな喉越しを楽しみながら、料理が出てくるのをわくわくしながら待ちます。

練馬、ケララバワンポーンディー・ミールス

 

そして・・・。

やってきましたー、「ポーンディー・ミールス」

色合いは地味だけど、4つのカレーがドーンとお皿に置かれていて、いかにも「スペシャル」って雰囲気です!

さっそく、いただきましょー。

練馬、ケララバワンカーラクディー・ミーン・カレー

 

こちらは、メインの「カーラクディー・ミーン・カレー」

酸味のある小鯵のスパイシーカレーです。

レモンでしょうか?まろやかな中に爽やかな酸味が効いていて美味しいです!

鯵の食感とのマッチングもナイスな感じ。

練馬、ケララバワンワルダナンガ・ポリヤルとムリンガイ・マサラ・カレー

 

「ワルダナンガ・ポリヤル」(ナスと豆の炒め物)「ムリンガイ・マサラ・カレー」(ドラムスティックのマサラカレー)です。

「ワルダナンガ・ポリヤル」は、豆の旨味が細かく切られたナスにうまく溶け込んでいる感じ。

ご飯に合います!

「ムリンガイ・マサラ・カレー」(ドラムスティックのマサラカレー)は、ドラムスティックという野菜を使ったカレー。スパイシー感は控えめで食べやすいカレーです。

練馬、ケララバワンムール・カレーとキャロット・パサヤム

 

「ムール・カレー」(冬瓜とサトイモのヨーグルトカレー)とデザートの「キャロット・パサヤム」です。

「ムール・カレー」は、サトイモの食感がヨーグルトのクリーミーな感じと合っていて美味しい!

刻まれた人参が入ったデザートの「キャロット・パサヤム」も甘さ控えめで上品な感じ。

 

「ポーンディー・ミールス」のベースとなっている「ポンデッチェリ地方」(ポンディシェリー)は、かつてフランスの植民地支配を受けていた地域です。

街には現在でもフランス料理店がたくさんあり、現地の料理にもその影響があるのだとか。

ポンディシェリー料理は、南インド料理でメジャーなタミル料理などとは異なり、唐辛子やカルダモンなどのスパイスは控えめで、タマリンドの代わりにレモン汁を使ったり、ココナッツペーストではなく、ココナッツミルクを使うのだそうです。

また、ミックススパイスであるガラムマサラや、ギー(バター)、カシューナッツ、ベイリーフなどを多用するのも特徴であるとのこと。

 

なるほど、辛さが控えめで、まろやかで上品な感じ。

フランスの風を浴びたミールスが、この「ポーンディー・ミールス」なのですね!

スポンサーリンク

ランチにいただける「ミニミールス」

練馬、ケララバワン「ミニミールス」1,200円

 

こちらは、別の日、休日のランチタイムに訪問した際にいただいた「ミニミールス」です。

『ケララバワン』では、休日のランチタイム限定で「ミニミールス」を提供しています。

セット内容は、サンバル、ポリヤル、クートゥ、ヨーグルト、パパド、ピックル、チャトニ、バスマティライス、パヤサム。

1,200円というお値段で、こんなしっかりとしたミールスをいただけるなんて嬉しい♪

練馬、ケララバワンパロタ

練馬、ケララバワンクートゥとポリヤル

練馬、ケララバワンサンバル

練馬、ケララバワンピックルとチャトニ

 

シンプルながら、スタンダードで美味しいミールス。

ラッサムがないのが少し物足りない感はありますが、サンバルもポリヤルもクートゥもしっかり美味しく、満足満足です♪

練馬、ケララバワン最後は混ぜ混ぜしていただきます!

 

最後はいつもながらの混ぜ混ぜ!

流石にお代わりは出来ませんが、十分過ぎるボリュームがありました★

練馬、ケララバワン「マンゴーラッシー」350円

 

「ミニミールス」と一緒にいただいたお飲物は「マンゴーラッシー」

この「マンゴーラッシー」もマンゴーの果肉がゴロッと入って、お味も濃厚で美味しかったです★

『ケララバワン』は、ネット予約出来ます!
『ケララバワン』のネット予約はこちら(食べログ)

『ケララバワン』では、他にもランチタイムに、「ドーサ セット」(1,380円)、「ドーサ&ビリヤーニセット」(1,580円)、「ティファン セット」(1,480円)、「マドラス ランチ」(1,580円)、「ミーン ポリッチャデ セット」(1,580円)などの南インドセットメニューが盛り沢山!

近くにあったら、週3回は通ってしまいそうなレパートリーです。

『ケララバワン』、相変わらずおススメのお店です★

スポンサーリンク

◉『ケララバワン』の地図・アクセス

スポンサーリンク

南インド料理店

南インド料理の定食「ミールス」東京都内《厳選》50皿!
「ミールス」(Meals)とは、南インドの食堂やレストランで出される定食のこと。南インドでは、お昼(または夜)に食べられる食事です。最近人気の南インド料理。「ミールス」を食べることができるお店もどんどん増えてきています。東京都内のおいしい「ミールス」を50選、ご紹介します!
神奈川県でいただける南インド料理の定食「ミールス」《厳選》10皿!
「ミールス」(Meals)とは、南インドの食堂やレストランで出される定食のこと。南インドでは、お昼(または夜)に食べられる食事です。最近人気の南インド料理。「ミールス」を食べることができるお店もどんどん増えてきています。神奈川県内のおいしい「ミールス」を10選、ご紹介します!
南インド料理の軽食「ティファン」のおすすめメニューとお店をご紹介♪
南インド料理の軽食「ティファン」についてご紹介します。ティファンは現地南インドでは、朝食(モーニング)として、また、朝食だけでなくランチタイム(ミールスが提供される時間)以外でもよく食べられているスタンダードなお料理です。ティファンのおすすめメニューとお店をご紹介します。
インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」東京都内《美味しい》33皿!
「ビリヤニ」(Biryani)とは、インドやパキスタンなどで食べられている炊き込みご飯のこと。スパイスをふんだんに使い、お米と具材を別々に調理して作る手の込んだお料理で、インドでも高級なお料理として知られています。最近人気沸騰中の「ビリヤニ」。東京都内のおいしい「ビリヤニ」を33選、ご紹介します!
南インド料理店
南インド料理のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の南インド料理店のほか、本場インドのレストランもご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント