コチンニヴァース(西新宿)|南インド料理の奥深さを味わえる珠玉の名店

西新宿、コチンニヴァース グルメ
記事内に広告が含まれています。

西新宿、新宿中央公園の北を通り、熊野神社前の交差点から路地を少し入ったところ。

昭和の香りの漂う住宅街のただ中にお店はあります。

一見、古びた大衆居酒屋っぽい店構えですが、ここが、インド料理通やグルメな人たちの舌を幾度も唸らせてきた、知る人ぞ知る珠玉の名店、『コチンニヴァース(COCHIN NIVAS)』です。

スポンサーリンク

住宅街の片隅に名店がひっそりと佇む

西新宿、コチンニヴァース古びた昭和っぽい建物の1階にある店舗

 

『コチンニヴァース(COCHIN NIVAS)』の外観です。

ぱっと見、インド料理屋さんには見えないですよねー。

建物もすごく古くて昭和な感じで、場末の居酒屋っぽい印象。

普通にふらっと入る人なんていなさそうな店構えです。

だけど、このお店は遠くからも人が訪れるインド料理の名店★

そのギャップがいいです!

西新宿、コチンニヴァース高層ビルの狭間の住宅街のただ中にあります。

西新宿、コチンニヴァース『コチンニヴァース』のメニュー

 

店頭に掲げられていたメニューです。

「マラバールチキンカリー」「キーマナルギシ」「ジーラマトン」

はじめて耳にする名前がたくさん!

他にもメニューには、「マイソールフィッシュカリー」「エメラルドフィッシュカリー」などの魚料理もあります。

 

ちなみに、店名の『コチンニヴァース』とは、南インドの町「コーチン」の家という意味であるとのこと。シェフもコーチン出身だそうです。

料理の名前も「マラバール」とか「マイソール」とか、南インドの地名がついていますね。

西新宿、コチンニヴァースガネーシャの像とメニュー表

西新宿、コチンニヴァース神様へのお供え物が飾られていました。

 

ガラガラと引き戸を開け、お店の中に入ります。

店内は、カウンター4席、4人掛けテーブル×1、2人掛けテーブル×2の計12席。

かなりこぢんまりとしています。

カウンターの向こうにはキッチンがあり、インド人のシェフと奥様らしき女性、そして、料理やお酒をサーブしてくれる若い日本人の男性がおりました。

 

今回は1時間前に電話して、運良く予約が取れたのですが、お店はすでに満席状態。

かなりの人気店であるようで、予約は必須です!

西新宿、コチンニヴァースチェティナード・チキン・カレーをチョイス

西新宿、コチンニヴァースキーマ・ニルギリをチョイス

西新宿、コチンニヴァースレモンライスをチョイス

 

さっそく料理を注文しましょうー。

手書きのメニューには、気になりまくりのオリジナルメニューがたくさん!

相当迷った挙句・・・、

  • 「チェティナード・チキンカリー」
  • 「キーマニルギリ」
  • 「レモンライス」
  • 「キングフィッシャービール」

を注文することにしました。

西新宿、コチンニヴァースお馴染みキングフィッシャービール

 

キングフィッシャービールをちびちびと飲みながら待っていると、

しばらくして、やってきました!お料理の数々が。

スポンサーリンク

どれも美味しい!ここでしか味わえない料理の数々

西新宿、コチンニヴァース他では味わえない料理の数々

 

左から、「チェティナード・チキンカリー」「キーマニルギリ」「レモンライス」

芳しいスパイスの香りが漂ってきます♪

西新宿、コチンニヴァースチェティナード・チキンカリー

 

「チェティナード・チキンカリー」です。

メニューの説明によると、『インドでしか手に入らないスパイス入りの奥深いソースが自慢のチキンカレー』とのこと。

 

「チェティナード・チキンカリー」は、南インドでよく食べられている料理のひとつ。フェンネルやシナモン、ブラックペッパーをメインに様々なスパイスが使われたリッチなカレーです。

 

このカレー、今までに味わったことのないほど、濃厚で奥深いお味でした★

まるで、ビターチョコやエスプレッソのような、深く、濃いい感じ。

大人の味です。

よく考えて、作り込まれている。そんな味わい。

ひと口ひと口、スパイスの風味を味わいながらいただきました!

 

ちなみに、「チェティナード」とは、インド、タミル・ナードゥ州南部、シヴァガンガ県にあるカライクディ村を中心とした村々の総称で、インドのグルメにとっては、知る人ぞ知る食文化の中心地であるそうです。

この地域の有力商人カースト「チェティヤール」は、菜食が中心の南インドにありながら、肉食を忌避していなかったとのこと。

そのため彼らの食文化はとても贅沢なものとなり、評判が評判を呼び、タミル・ナードゥ州全域に「チェティナード料理」が広まっていったのだとか。

西新宿、コチンニヴァースキーマ・ニルギリ

 

「キーマ・ニルギリ」です。

メニューの説明によると、『下にほうれん草ソース、キーマカレー、野菜、玉子ののったおすすめの一品です』とのこと。

写真では見えませんが、カレーの下に緑色のほうれん草のソースが敷き詰められています。

その上に、キーマカレーがあって、卵とじのようになっています。いちばん上には、玉ねぎやトマトなどの野菜がざくっと載っています。

 

すごく手の込んだ、工夫されたカレーですね!

はじめて食べましたが、これももちろん美味しい〜♪

西新宿、コチンニヴァースレモンライス

 

「レモンライス」です。

メニューの説明によると、『レモン&ライトスパイス、南国ムードいっぱい』とのこと。

唐辛子やサフラン、ブラックペッパー、クミンなどのスパイスに、レモンを混ぜたさっぱり、爽やかなライスです。

 

このライス、本当に美味しい!

爽やかな香りと味わいで、このライスだけでいくらでもいただけちゃいそうです。

もちろん、カレーとの相性もバッチリ★

西新宿、コチンニヴァーススパイス満点!奥深い味わい

西新宿、コチンニヴァースキーマ、サグ、たまご、野菜、カラフルな美味しさ

 

このお店のシェフ、コーチン出身の「コマラタ・ベラスダン・ラメーシュ」さんは、結構有名な料理人だそうで、インドではオマーン国王の宮廷料理人を任された経験を持ち、日本では、すでに閉店した名店、銀座の「アショカ」や笹塚の「マドラスキッチン」、練馬の「コッチュ・ケララム」などのメインシェフを歴任された方なのだそう。

 

本場南インドの料理をベースに、オリジナルな味を次々と創り出している『コチンニヴァース(COCHIN NIVAS)』

ここでしか味わえない料理が目一杯ある、名店中の名店です!

スポンサーリンク

◉『コチンニヴァース(COCHIN NIVAS)』の地図・アクセス

  • 住所:東京都新宿区西新宿5-9-17 1F
  • アクセス:西新宿五丁目駅から249m
  • 営業時間:11:30~14:30 17:30~21:30
  • 定休日:月曜日・火曜日
  • 電話:03-5388-4150

スポンサーリンク

南インド料理店

南インド料理の定食「ミールス」東京都内《厳選》50皿!
「ミールス」(Meals)とは、南インドの食堂やレストランで出される定食のこと。南インドでは、お昼(または夜)に食べられる食事です。最近人気の南インド料理。「ミールス」を食べることができるお店もどんどん増えてきています。東京都内のおいしい「ミールス」を50選、ご紹介します!
神奈川県でいただける南インド料理の定食「ミールス」《厳選》10皿!
「ミールス」(Meals)とは、南インドの食堂やレストランで出される定食のこと。南インドでは、お昼(または夜)に食べられる食事です。最近人気の南インド料理。「ミールス」を食べることができるお店もどんどん増えてきています。神奈川県内のおいしい「ミールス」を10選、ご紹介します!
南インド料理の軽食「ティファン」のおすすめメニューとお店をご紹介♪
南インド料理の軽食「ティファン」についてご紹介します。ティファンは現地南インドでは、朝食(モーニング)として、また、朝食だけでなくランチタイム(ミールスが提供される時間)以外でもよく食べられているスタンダードなお料理です。ティファンのおすすめメニューとお店をご紹介します。
インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」東京都内《美味しい》33皿!
「ビリヤニ」(Biryani)とは、インドやパキスタンなどで食べられている炊き込みご飯のこと。スパイスをふんだんに使い、お米と具材を別々に調理して作る手の込んだお料理で、インドでも高級なお料理として知られています。最近人気沸騰中の「ビリヤニ」。東京都内のおいしい「ビリヤニ」を33選、ご紹介します!
南インド料理店
南インド料理のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の南インド料理店のほか、本場インドのレストランもご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント