フィンランド・ヘルシンキのホテル「クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ」(スカンディック ハカニエミ)@お部屋からの眺めも良くキレイなホテル

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国②) 旅ホテル
記事内に広告が含まれています。

ヘルシンキでの宿泊は、ヘルシンキ中央駅から地下鉄で3駅のところにある『クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ(Cumulus City Hakaniemi Helsinki)』ホテル(現在は、スカンディック ハカニエミ:Scandic Hakaniemiに改名)。

地下鉄の駅も近く、ホテルの目の前にはトラムの駅もあり、便利でキレイなホテルでした。

スポンサーリンク

まさに北欧な『クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ(Cumulus City Hakaniemi Helsinki)』のお部屋

アエロフロート航空で、夜20時にヘルシンキに到着。

空港から電車でヘルシンキ中央駅まで移動し、地下鉄に乗り継いで3駅の Hakaniemi 駅へ来ました。ヘルシンキでの宿泊は、この駅からすぐのところにある『クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ(Cumulus City Hakaniemi Helsinki)』ホテルです。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国①)

地下鉄の駅から近いのですが、出口を間違えたため、寒空の中、かなり彷徨いやっとの思いでホテルに到着しました。。

新しくてキレイなホテルです♪

今回、予約はExpediaで 90ユーロ(¥10,773)。スタンダードツインルームです。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国②)

チェックインを済ませ、早速お部屋へ。(写真は、翌朝チェックアウト時のもの)

レセプションの対応は、可もなく不可もなく、普通でした。

スッキリとシンプルなデザインで、後ろの壁には、さりげなく落ち着いた花柄の模様が。マリメッコ柄に似ていて、北欧っぽくて何だか嬉しい♪

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国①)

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国①)

お部屋は、最上階の9階!

ブルーのカーペットや、壁の絵が素敵です☆

そして、お部屋へ。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国①)

すっきりとシンプルなお部屋。

ブルーと薄い木目が爽やかで、北欧調・・・というか、まさに北欧なデザインです。

細長いシングルベッドは2台、くっついて並べられています。

ヨーロッパって、ベッドの幅細いですよね(笑)

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国①)

壁一面の大きな窓があり、その窓際の狭いスペースに椅子とテーブル、そしてアイロン台が置いてありました。

窓と壁に間に無理矢理?入れた感じで、ちょっと不自然。。

ここで寛ぐことはありませんでした(笑)

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国①)

窓際にはヒーターがあって、その手前にデスクとテレビ。

ヨーロッパは、この手のヒーターが主流なのでしょうか。ヘルシンキとこの後訪れたバルト三国は、すべてこういったヒーターが設置されていました。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国①)

クローゼットには、金庫があって、バスローブとスリッパもありました!

ホテルのバスローブなんて、あっても使わないことがほとんどですが、今回はあって良かったです。

この日は雪でとっても寒かったのですが、ヒーターの温度が思うように上がらず、布団も薄くて、これじゃ寒いでしょって思ってたので、バスローブを発見して一安心!

バスローブを着て寝ました。寒さしのげました~。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国①)

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国①)

バスルームもとてもキレイです。

バスタブはなく、シャワーのみ。熱いお湯は問題なく出ます。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国①)

デスクに置いてあるフリーのドリンクは、コーヒーや紅茶だけでなく、クッキーとココアまでありました。

夕食は機内食で、その後雪の中を彷徨ったので小腹も空いていたし、暖かい飲み物も飲みたかったので、これは嬉しい♪

しかもココアは、フィンランドの代表的チョコレートメーカーの『Fazer(ファッツェル)』のもの!

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国②)

クッキーは胚芽のチョコクッキー。美味しかったです。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国①)

Fazerのココア(チョコドリンク)は、冷えた体に沁み渡る嬉しさ♪

でも、甘くて最後まで飲めませんでした。。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国①)

ホテルのフロントでお菓子が売られていたので、お水とチップスを購入。

ホテルだからということもありますが、ペットボトルのお水2本とチップス1袋で、なんと8.1ユーロ!! 約1,000円ですよ! た、高い。。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国①)

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国①)

フィンランドのポテトチップス。

甘いココアの後のチップスは、とても美味しかった。。

あ、WiFiもサクサクで快適でした!

 

移動の疲れもあり、グッスリと眠れました。

スポンサーリンク

お部屋の窓から見える、まさに北欧な景色

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国②)

翌朝、お部屋からの景色。

雪は降っていないけど、どんよりと寒々しい感じ。

昨日は暗くて分からなかったけど、建物や街並みが北欧で、北欧に来たんだーと実感。

そして、手前の広場では、普段マーケットが開かれているようです。残念なことに、この日は日曜日。マーケットはお休みです。。

マーケットだけでなく、日曜日はお休みだったり、オープン時間が遅かったりするお店が多く、行けるところが限られてしまいました。。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国②)

左手の建物は、おそらく「ハカニエミ・マーケットホール」。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国②)

右手に見えるのは、海から湾への入口です。

 

お部屋の大きな窓から、朝の景色を堪能したら、チェックアウトです。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国②)

フロントの脇には、コーヒーやお酒など、ドリンクの販売コーナーが。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国②)

昨晩買ったチップスも。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国②)

窓側には、こじんまりとしたロビーというんでしょうか。くつろぎスペースがありました。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国②)

あっという間の滞在でしたが、チェックアウトをして、ホテルともさようなら~!

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国②)

確かまだ8時前くらいだったかと。人通りも少なく、キリリと寒いです。。

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国②)

すぐ近くにメトロ(地下鉄)の駅がありました(汗)

ヘルシンキ「Cumulus City Hakaniemi Helsinki」(バルト三国②)

そして、トラム乗り場も目の前にあたので、トラムでヘルシンキ中央駅へ!

1泊のみだったので、中央駅近辺のホテルにすれば良かったかな。

でも、『クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ(Cumulus City Hakaniemi Helsinki)』、お部屋からの眺めも良く、キレイなホテルだったので良しとしましょう!

スポンサーリンク

クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ(Cumulus City Hakaniemi Helsinki)の地図

『クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ(Cumulus City Hakaniemi Helsinki)』

スポンサーリンク

ヨーロッパのホテル

ウィーンのホテル「MOXY ウィーン エアポート」@空港から歩いて行けるオシャレで個性的なホテル
ウィーン国際空港のターミナルから200mの場所にあるエアポートホテル「MOXY ウィーン エアポート(MOXY Vienna Airport)」。空港から歩いて行け、アートな感じでオシャレでとても綺麗なホテルです。ウィーン到着が夜遅い時や、出発が朝早い時に、オススメです!
スロベニア・リュブリャナのホテル「アパートメント アンド ルームズ メスカンカ」@立地最高、お部屋はかわいくて清潔!
スロベニアの首都リュブリャナで宿泊したのは、「アパートメント アンド ルームズ メスカンカ」。旧市街のリュブリャニツァ川沿いに位置し、周りにはレストランもたくさんあって、とても便利なロケーションです。お部屋は清潔で可愛く、スタッフも親切で、安心して宿泊できるアパートでした。
ザグレブのホテル「ホテル セントラル(Hotel Central)」@中央駅から200m!夜到着や早朝出発に便利
クロアチアの首都ザグレブの中央駅からすぐのところにある『ホテル セントラル(Hotel Central)』 夜遅くの到着や、朝早く列車に乗る際に、とても便利なロケーションです。外観は近代的な建物ですが、お部屋はどこかレトロな感じのする内装です。
ドゥブロヴニクのホテル「シティ ブレイク ドゥブロヴニク アパートメンツ」@旧市街の中心にある綺麗で快適なアパート
クロアチア観光のハイライト ”ドゥブロブニク” での宿泊は、旧市街の中心にあるアパートメント「シティ ブレイク ドゥブロヴニク アパートメンツ(City Break Dubrovnik Apartments)」。お部屋はかわいくて、とても清潔。短い滞在でも、暮らすような感覚をちょっぴり味わえます。
モスタルのホテル「シャングリ ラ マンション」@ロケーションGOOD!オーナーさんもお部屋も素敵☆
ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産の街 ”モスタル” で宿泊した「シャングリ ラ マンション」。モスタルを象徴する橋「スターリ・モスト」から徒歩1分という便利な場所にあります。オーナーさんは親切で、建物もお部屋も新しく綺麗で、とても快適に過ごすことができました。
サラエボのホテル「ホテル ホリデー(Hotel Holiday)」@ボスニア紛争時にも営業を続けた歴史あるホテル
ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボにある「ホテル ホリデー(Hotel Holiday)」。1992年~1995年のボスニア紛争時も、唯一営業を続けたホテルです。そんな歴史あるホテルに泊まってみたいと思い、今回宿泊しました。
フィンランド・ヘルシンキのホテル「クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ」(スカンディック ハカニエミ)@お部屋からの眺めも良くキレイなホテル
ヘルシンキでの宿泊は、ヘルシンキ中央駅から地下鉄で3駅のところにある『クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ』ホテル(現在は、スカンディック ハカニエミ:Scandic Hakaniemiに改名)。地下鉄の駅も近く、ホテルの目の前にはトラムの駅もあり、便利でキレイなホテルでした。
エストニア・タリンのホテル「ホテル インペリアル(Hotel Imperial)」@旧市街の便利な場所にあるホテル
バルト三国、エストニアのタリンで宿泊したホテル『ホテル インペリアル(Hotel Imperial)』。旧市街の西の端、城壁沿いに建っているこじんまりとしたホテルです。ラエコヤ広場やトームペアの展望台からも近く、食事や観光にも便利です。
ラトビア・リガのホテル「ウェルトン・リガ・ホテル&スパ(Wellton Riga Hotel & SPA)」@便利な立地!新しくて綺麗なホテル
バルト三国の旅、ラトビアの首都リガで宿泊したホテルは、旧市街の入口にある『ウェルトン・リガ・ホテル&スパ(Wellton Riga Hotel & SPA)』。2015年にできたばかりの、新しいホテルです。また、朝食も充実していて、とても満足のできるホテルでした。
リトアニア・ビリニュスのホテル「City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)」@設備の綺麗なこじんまりとしたホテル
リトアニアの首都ビリニュス、旧市街の南側に位置するホテル『City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)』。2014年にリニューアルしたということで、設備はとても綺麗で気持ちよく過ごるホテルです。
スポンサーリンク

関連記事

コメント