何でも揃う! 食材の宝庫「チョウキット・マーケット」【マレーシア・クアラルンプール】

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目 世界の市場
記事内に広告が含まれています。

マレーシアの首都クアラルンプール

人口180万、都市圏人口583万のこの町で、最も大きく、賑わいのある生鮮市場が「チョウキット・マーケット(Chow Kit Market)」です。

「チョウキット・マーケット」には、肉や魚、野菜や果物などの食材を扱う「ウェット・マーケット」と、衣料品を扱う「ドライ・マーケット」がありますが、今回は、ウェット・マーケットを訪問したので、ご紹介します★

スポンサーリンク

「チョウキット・マーケット」の場所と行き方

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目「チョウキット・マーケット」の入り口

 

こちらが、「チョウキット・マーケット」の入り口。

「チョウキット・マーケット」は、クアラルンプールの下町「カンポン・バル」地区の西隣にあります。

最寄駅はモノレールの「チョウキット駅」ですが、今回は、LRTの「カンポン・バル駅」から歩いて訪問しました。駅から徒歩で15分ほどです。

 

市場のあるチョウキット地区は、以前は治安が良くないとされていたようですが、現在では、特に、昼間歩く分には、治安の悪さは微塵も感じられませんでした。

しかしながら、チョウキット地区は、古くからクアラルンプールの主要な歓楽街として知られているそうで、夜になるとその手の店が開き、界隈は怪しい雰囲気に包まれるのかもしれません。

 

11時半頃に訪問しましたが、市場には多くの買い物客が集い、熱気むんむんな様子。

市場は、早朝は食材を仕入れる業者、お昼時は買い物をする主婦たちが多く集まるのだとのこと。

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目「チョウキット・マーケット」の内部

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目クアラルンプールで一番安く生鮮食品を購入できる場所だそう。

 

「チョウキット・マーケット」の内部です。

70m×30mくらいの、大きな屋根付きの市場となっていて、大通り側に肉や魚のお店、奥側に野菜や果物のお店が並んでいました。

この市場は、クアラルンプールで一番安く生鮮食品を購入できる場所だそう。

さっそく、売られている商品を見てみることにしましょう〜♪

スポンサーリンク

肉売り場

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目のっけからインパクトのある鶏

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目並べられてディスプレイされています。

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目黄色いのと白いのがあり

 

まずは、お肉売り場。

のっけからインパクトのある丸ごとチキンのディスプレイ!

サテやアヤムゴレン、チキンルンダン、チキンライスなど、マレーシア料理では、鶏肉は主力の食材。需要ありありです!

チキンは、普通の白いのと、黄色い色をしたものがありましたが、黄色いのはターメリックでも塗られているのでしょうか?

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目ズラリと並ぶお肉のお店

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目様々な部位のお肉があります。

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目吊り下げられているのは内臓系

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目皮や内臓、結構グロテスク。日によっては牛の頭なども並ぶそう。

 

お肉のお店、かなりたくさんありました!

鶏、豚、牛、様々な食材が並べられています。その中でもインパクトがあったのは内臓系。吊り下げられた様々な部位の肉が結構グロテスク。日によっては牛の頭なども並べられるそう。

イスラム教徒は豚肉を食べない。ハラール処理の肉しか食べない。ヒンドゥー教徒は牛肉を食べない。華人は何でも食べる。。

ハラール認証の表示などは、特に見つけられず。買い物客もイスラム教徒が多数。

その辺の事情は不明です。

スポンサーリンク

魚売り場

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目こちらは、お魚売り場

 

続いて、お魚売り場。

マレーシアでは、サワラやサバ、アジなどの魚がよく食べられており、唐辛子やターメリックなどのスパイスを付けて焼いた「イカン・バカール」や、ナシレマのおかずとして添えられる「イカン・ビリス」などは、日常的なお料理。

売り場にはたくさんの新鮮な魚が並べられていました。

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目新鮮な魚がズラリと並びます。

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目こんな長い魚も!

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目魚の干物の種類も豊富

 

市場に魚があると、活気が出る印象。

魚の種類は豊富でしたが、あったのかもしれませんが、目立たなかっただけなのか、イカやエビ、カニ、貝などの魚介類はあまり見当たりませんでした。

スポンサーリンク

野菜売り場

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目野菜の売り場です。唐辛子、生姜、ジャガイモ、トマト、ライム、四角豆

 

魚売り場を奥に進んでいくと、野菜の売り場です。

こちらも、たくさんのお店が並んでいます。

唐辛子、生姜、ジャガイモ、トマト、ライム、四角豆。。

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目トマト、きゅうり、ハヤトウリ

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目たくさんのジャガイモ

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目ゴーヤ、ナス、ハヤトウリ、大根、唐辛子

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目上から吊り下げられているのはスパイスでしょうか?

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目謎な野菜もちらほら。手前のはバナナの蕾

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目手前の茶色いの、奥の小さな丸いのは、何でしょうか?

 

きゅうり、ハヤトウリ、ゴーヤ、ナス、ハヤトウリ、大根、キャベツ、バナナの蕾。

あらゆる野菜がありますが、見たこともない野菜もちらほら。

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目野菜の売り場が延々と広がっています。

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目買い物をする地元の人々

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目「プタイ」と呼ばれる巨大な豆

 

こちらは、「プタイ」と呼ばれる巨大な豆。

日本では「ネジレフサマメノキ」、英語では「スティンクビーンズ(臭い豆)」と呼ばれる、さやの長さが50cmにもなる巨大な豆で、ネギやニンニクに似た強い臭気があるのが特徴。

シャキッとした歯ごたえと苦味があり、炒め物やカレーなどの具材としてもよく使われているのだそう。栄養価はかなり高く、ビタミンB6や鉄分、繊維が豊富に含まれているのだとか。まだ、食べたことがありません。

スポンサーリンク

果物売り場

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目果物売り場

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目マンゴスチン、ランプータン、サポジラ

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目たくさんのバナナ

 

野菜売り場の隣には、果物売り場。

マンゴスチン、ランプータン、サポジラ、バナナ、オレンジ、リンゴ、ぶどう、ドラゴンフルーツ。

あらゆるフルーツが並びます。

スポンサーリンク

乾物・加工品など

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目乾物系

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目「HOT」と書かれたものが何か気になります。

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目何か、竹に包まれた食べ物

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目こちらは、スナック菓子?

 

乾物やスナック類、加工品のお店もたくさん!

何か、竹に包まれたお料理を販売しているお店がありましたが、あれは「オタオタ」?

チョウキット・マーケット:クアラルンプール1日目買い物客で大混雑! スリには注意

 

クアラルンプール最大の生鮮市場「チョウキット・マーケット(Chow Kit Market)」

肉、魚、野菜、果物など、あらゆる食材が並び、市場内は売り子さんと買い物客で熱気むんむん!

日本では見掛けない食材も多数あり、インパクトのあるディスプレイも楽しめます。

クアラルンプールの人々の食と暮らしぶりを垣間見ることのできる、必見のスポットです★

スポンサーリンク

関連記事

世界の市場・バザール・スーク《50市場》をまとめました!
世界各国で訪れた市場・バザール・スーク・メルカド・マルシェなどの記事をまとめました。インドや東南アジア、東アジア、中東アラビア、中南米、アフリカ、ヨーロッパなどの50市場をご紹介します。その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。
スリ・マハ・マリアマン寺院と関帝廟|クアラルンプールのチャイナタウン
クアラルンプールの中心部にある「チャイナタウン」は、クアラルンプールに来た観光客の誰もが訪れる名所のひとつ。今回は、そのチャイナタウンにある見どころ、「スリ・マハ・マリアマン寺院」と「関帝廟」をご紹介します。
ぺトロナスツインタワーと噴水ショー(レイクシンフォニー)【行き方・時間・料金】|クアラルンプール
マレーシアの首都クアラルンプールのシンボル。ツインタワーとしては世界一の高さの高層ビル「ぺトロナスツインタワー」。「ぺトロナスツインタワー」とタワーの目の前のKLCC公園で行われる「噴水ショー(レイクシンフォニー)」についてご紹介します。
マレーシア最大!シャー・アラムにある「ブルーモスク」(行き方・時間・見学方法.etc)
クアラルンプール近郊の町「シャー・アラム」にある、マレーシア最大のモスク「スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスク」(通称:ブルーモスク)。マレーシアで一番大きいという、その建物の存在感は圧倒的!天井や壁面に描かれた精緻な装飾や、幻想的な内部空間も見応えあります。
ムルデカスクエア|マレーシアとクアラルンプールの歴史が感じられる広大な広場
『ムルデカスクエア(Merdeka Square)』は、マレーシアの首都クアラルンプールの中心部にある大きな広場。 マラヤ連邦国家の国旗が初めて掲揚された場所としても知られています。広場の周囲には、イギリス統治時代の建物が並び、マレーシアとクアラルンプールの歴史が感じられるスポットとなっています。
マレーシア・クアラルンプールのレストラン・カフェ《おすすめ》11店舗をご紹介♪
マレー系、中華系、インド系.etc。様々な民族が暮らす多民族国家マレーシア。もちろん、お料理もマレー系、中華系、インド系それぞれの料理があり、それぞれの名物料理があります。クアラルンプールで、マレー系(3店舗)、中華系(3店舗)、インド系(3店舗)のレストランと、カフェ(2店舗)を訪問しましたのでご紹介します★
クアラルンプールのチャイナタウン|ペタリン通りの屋台街とアートな路地裏「鬼仔巷」
マレーシアの首都クアラルンプールの「チャイナタウン」。屋台が並び、飲食店が軒を連ねる中華街らしい雰囲気の「ペタリン通り」、マレーシア全土の伝統工芸品や特産品をまとめて物色できる「セントラル・マーケット」、古のチャイナタウンを再現したアートなストリート「鬼仔巷」。魅力的な見どころがたくさんあります。
クアラルンプールご紹介|フライト・空港からのアクセス・市内交通・見どころ・ホテル.etc★
マレーシアの首都クアラルンプールを観光♪ 東京からクアラルンプールまでのフライト。空港から市内までのアクセス、クアラルンプール市内交通の利用方法についてご紹介。また、クアラルンプールの見どころや、食事したレストラン、宿泊したホテルについてもご紹介します★
ブリックフィールズ|インドの雰囲気満点♪ クアラルンプールの“リトルインディア”
マレーシアの首都クアラルンプールにある「ブリックフィールズ」。メインストリートである「ジャラン・トゥン・サンバンタン」通りには、サリーなどのインド服屋、インドスイーツやインドスナックの屋台、スパイスやインド食器、カラフルなお供え用の花屋さんなど、インドのお店がズラリと並び、インド感満点♪ 本場インドのお味を提供するインド料理店もたくさんあり、エキゾチックなインド風情を楽しめる場所です。
バトゥ洞窟|カラフル階段の上にある壮大な洞窟が圧巻! 巨大な黄金神像にもびっくり!
クアラルンプール近郊にある、マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地「バトゥ洞窟(Batu Caves)」高さ43mの黄金のムルガン神像と、272段のカラフルな階段、見上げるような高さの壮大な洞窟の内部空間は、見応えあり!クアラルンプールから電車で30分とアクセスも抜群。クアラルンプールを訪れたら、是非とも訪れたい場所のひとつです。
プトラジャヤのピンクモスク|美しすぎる内部や外観。アクセスや詳細情報もご紹介
クアラルンプールの南25kmの所にある「プトラジャヤ」。その一番の見どころである「ピンクモスク」(プトラモスク:Putra Mosque:Masjid Putra)は、ピンクのドームが9つ載った可愛らしい外観も、ため息が出るほど美しいピンクグラデーションの内装も、見応え抜群!クアラルンプールを訪れたら、是非とも訪れたい場所のひとつです。

コメント