人気店のテイクアウトカレー・ビリヤニ★「カルパシ」「スリマンガラム」「アンジャリ」

カルパシ、テイクアウトエスニック料理

新型コロナの影響で自粛生活が続く中、毎日自炊を心がけていますが、自分の味ばかりだと飽きてきて、たまにはお店のプロの味を楽しみたくなります。

今、飲食店も営業がままならない中、テイクアウトのお弁当を提供してるお店もたくさんあります。

そこで、最近利用した人気のカレー屋さんのテイクアウト弁当3店をご紹介します!

スポンサーリンク

カルパシ(Kalpasi)~千歳船橋~

インドカレー好きな人なら、一度は行ってみたい大人気店『カルパシ(Kalpasi)』のカレーが自宅で楽しめます!

お弁当は全て予約制で、予約は、毎週金曜日22時からLINEにて翌週分のテイクアウトを受付開始。詳細は、Twitter や Instagramで確認できます。

カルパシ、テイクアウト

お弁当の受け取りは、16時~だったので、16時ちょうどくらいを目指して訪問。すると、すでに5組くらい並んでいました。

お店の前には、「(間隔をあけて)このように並んでください」という案内の張り紙が。ソーシャルディスタンスを保ちつつ、ご近所にも迷惑にならないような配慮がされていました。

予約の際に、何時頃受け取りに行くかをお知らせしてあるので、名前を言って、あらかじめセッティングされたお弁当を受け取ります。

お弁当は、「Kalpasi」のロゴシールが貼られた紙袋にセットされています。しかも、写真入りメニュー付き!うーん、感激です ♪

カルパシ、テイクアウト

お弁当の容器も、しっかりした素材で、ちゃんと消費期限などが記載されたシールも貼られています。

容器代込で、2,100円。お弁当にしてはお高いですが、カレーが4種もあり、それだけ手間とお金もかかっているということでしょう。それでも食べたいカレーなのです。

カルパシ、テイクアウト

大事に持ち帰り、いよいよオープン!

この週は、「South Indian Non-Vegetarian」!!

カルパシ、テイクアウト

ライスのBOXには、ポリヤルとアチャールの副菜も。

カレーもそれぞれ、しっかり量があります!

カルパシ、テイクアウト
「South Indian Non-Vegetarian」のメニュー

カルパシ、テイクアウト
フィッシュ・マラバーリ

カルパシ、テイクアウト
ビーフキーマ・マタール

カルパシ、テイクアウト
サンバル

カルパシ、テイクアウト
チェティナード・コサマリ

・フィッシュ・マラバーリ(マラバール地方の魚カリー<鯖>)
・ビーフキーマ・マタール(牛ひき肉とグリーンピースのケララ風キーマカリー)
・サンバル(豆と野菜のカリー)
・チェティナード・コサマリ(茄子とじゃがいものマッシュスープ)

カルパシ、テイクアウト

ステンレスのプレートに盛り付けをしていただきました!

いつも自分で作ったカレーを盛り付けているプレートに、カルパシのカレーが盛られているなんて変な感じ。。

うーん、自分で作ったカレーとは、香りからして違います。

カルパシさんのカレーは、まだ3回目ですが、スパイス使いが独特というか、毎回こんな香り初めて~と感じる個性溢れるカレーだと思います。

いただきまーす!

魚カレー、うまーい!!  魚のカレーって、ちょっと臭み?があるというか、お肉とは違った独特な味があると思うんですけど、個人的には好きで、このお味もとても好み♪

キーマカリー、辛ーい!! 旨みが凝縮されていて美味しいけど、辛い~(汗)唐辛子マーク4つだけあります。うん、辛いのは苦手ではありませんが、私にはちょっと辛すぎたかな。。

サンバルとコサマリは、やさしいお味でホッとします。お野菜もたくさんで嬉しい。

ポリヤルには、サツマイモが入っていて、キーマカリーの辛さをサツマイモの甘さで中和させてくれます。そして、辛さの中にレモンアチャールの酸味がキューっときて、これまたいいのです!

最後は、キーマの辛さが残りヒーヒーしましたが、とても美味しくいただきました♪

 

『カルパシ(Kalpasi)』のお店についてはこちら↓

インド料理ファン待望のお店、インド亜大陸食堂酒場『Kalpasi(カルパシ)』@千歳船橋
インド料理、カレー、スパイス料理を愛好する人たちの中で、今一番ホットと言われているお店が、この『Kalpasi(カルパシ)』。インド各地方の料理のみならず、スリランカやネパールの定食まで提供する引き出しの多さにびっくり!小田急線千歳船橋駅から徒歩5分ほどの場所についにオープンしました!
スポンサーリンク

スリ マンガラム(Sri Mangalam)~経堂~

今年(2020年)1月にオープンしてから、あっという間に人気店になった『スリ マンガラム(Sri Mangalam)』。南インド・チェッティナード地方の料理を提供するお店です。

スリマンガラムでは、週末ランチの時間帯に、ビリヤニのテイクアウトを行っています。今は電話での事前予約の受付はしていなく、当日11:00オープンで、店頭で購入します。

詳細は、Twitter や Instagramで確認できます。

ビリヤニが大量に入った巨大なお鍋を店頭に並べて販売。

訪問した日は、”チキンビリヤニ” と ”マトンビリヤニ” の2種類がありました。

スリマンガラム、テイクアウト

もちろんチキンとマトンの2種をゲット!(各1,250円)

念願のスリマンガラムのビリヤニです♪

持ち帰りのカレーは、インド方式でビニール袋!これがなんか現地っぽくて嬉しい。

そして、ビリヤニはかなりの重量感。たっぷり詰め込まれています。

スリマンガラム、テイクアウト
マトンビリヤニ

スリマンガラム、テイクアウト
チキンビリヤニ

スリマンガラム、テイクアウト

カレー色の方が ”ミルチ・カ・サラン(青唐辛子のカレー)” で、白い方が ”ライタ(ヨーグルトのサラダ)” です。

これ、一つずつビニールに入れて紐で結ぶの大変そうですよね。。でも、お弁当の容器ってすごいかさばってゴミが増えるので、これはエコでありがたいですね!(容器に移すとき、こぼさないように注意が必要です!)

スリマンガラム、テイクアウト

こちらも、ステンレスのプレートに。プレートに盛り付けた途端、スパイスとお肉の香りがフワ~っと♪

なんかカッコ良く盛り付けができましたよ。プレートの右半分がチキンで、左半分がマトンです。

お肉も、かなり大きなサイズのものがゴロゴロっと入っていて、贅沢な感じです。

マトンは、正直あまり得意ではないのですが、このマトンはそれほど臭いが強くなく食べやすかったです。

チキンは、お肉ホロホロで美味しい~♪

現地では、ビリヤニと一緒に青唐辛子のカレー(ミルチ・カ・サラン)を食べるとのこと。これがビリヤニに合うのです。そして、たまにライタを混ぜてサッパリと。ビリヤニだけだと味に飽きてきてしまいますが、ミルチ・カ・サランとライタで味変して、ペロリと平らげられちゃうということです。

スリマンガラム、テイクアウト

2人分たっぷり盛り付けましたが、これでも半分近く残りました。ほんとにたっぷりの量が入っているので、かなりお得です!

残ったビリヤニは、翌日のランチに再びいただきました。

スリマンガラム、テイクアウト

インド料理屋さんのレジのところによく置いてある「フェンネルシードの砂糖コーティングしたやつ」。これも置いてあったので、ひとついただいてきました。

お口の中がフェンネルの爽やかさでスッキリします。消化促進の効果があります。

スリマンガラム、テイクアウト

ビリヤニで満腹になった後は、甘~いチャイが飲みたくなり、チャイでホッと一息。激甘にはしませんが、ある程度甘い方がチャイは美味しいです。

 

『スリ マンガラム(Sri Mangalam)』のお店についてはこちら↓

スリマンガラム【経堂】ミールスが美味しい♪南インド・チェッティナード料理専門店
経堂にオープンした南インド料理店『スリマンガラム(Sri Mangalam)』。本場、南インドの食堂の味を彷彿とさせるシンプルで優しいお味のベジ料理。リッチでガッツリとしたスパイス使いのチェッティナードスタイルのノンベジ料理。そのどちらも抜群の美味しさです★
スポンサーリンク

アンジャリ(ANJALI)~下北沢~

2014年オープンということで、下北沢では安定した人気の『アンジャリ(ANJALI)』。

アンジャリは、4,5年前に下北沢カレーフェスティバルで訪問した以来です。

現在は、ランチタイムのみテイクアウトを行っていて、メニューなどは毎日Instagramで更新されているようです。

お店は12時オープンで、基本直接店頭で購入ですが、行く前に電話を入れておくと、準備をしておいてくれるので、受け取りがスムーズになります。

アンジャリ、テイクアウト

訪問した日はカレーが4種類あって、カレー1種類が1,100円、2種類が1,300円だったので、2種類を2人分で、カレー4種類をゲットしました!

パパドも付いています。

アンジャリ、テイクアウト

一つのカレーは一人分の量ですが、全種類食べたいので、少しずつ取り分けるスタイルで。

今回は、お皿には盛らずにお弁当の容器のままいただきました。

うん、なんかお弁当は、お弁当容器のままいただく方がいい気がしました。なんとなく。。

アンジャリ、テイクアウト

ライスのBOXには、副菜も。ダル、ナスのピクルス、緑豆のサラダです。

カルパシのお弁当もそうでしたが、副菜がちょっとあるだけでも嬉しいです。

アンジャリ、テイクアウト
マトンカレー

アンジャリ、テイクアウト
エビカレー

アンジャリ、テイクアウト
鶏ひき肉とナスのキーマ

アンジャリ、テイクアウト
サンバル

最近、マトンが好きな人って多いんですかね。チキンと同じような立ち位置でマトンカレーがメニューに登場するお店が多いように思います。

私は、相変わらず得意ではないので、少量で。でもアンジャリのマトンもクセは強くなく、食べやすかったです。

エビカレーは、とっても好みのお味でした♪ ココナッツが主張し過ぎてなく、ちょうど良かったです。

サンバルは、ナスとズッキーニだったかな。ズッキーニのサンバル、いいなと思いました。

全体的にとても食べやすく、すごーく美味しかったです♪

本格的でありながら、食べやすくて美味しいカレー。アンジャリのカレーを食べて、私もそんなカレーが作りたい!と思った次第です。

 

『アンジャリ(ANJALI)』のお店についてはこちら↓

南インドとスリランカをベースにしたオリジナルカレー『アンジャリ』@下北沢
若者の街下北沢にあるカレー屋さん『アンジャリ』。このお店、日本人のオーナーシェフさんによるカレー屋さん。南インド料理やスリランカ料理をベースに、日本人の好みに合うようにアレンジしたカレーを提供する、下北沢のカレー屋さんの中でも要注目のお店のひとつです。

 

※3店とも、2020/5/17時点の情報です。訪問の際は、SNS等でご確認ください。