孫二娘 毋米粥【高田馬場】広東省順徳の名物料理、お粥のしゃぶしゃぶ「毋米粥」をいただく!

高田馬場、孫二娘 毋米粥 中国料理
記事内に広告が含まれています。

JR高田馬場駅から徒歩3分。早稲田通り沿いの右手に、中国料理のお店『孫二娘 毋米粥』はあります。

2023年2月にオープンしたこのお店、広東省順徳発祥とされるお粥のしゃぶしゃぶ「毋米粥」を提供する本格中国料理(ガチ中華)のお店であるとのこと。

お粥のしゃぶしゃぶ「毋米粥」とは、どんなものか。食べに行ってみることにしました。

スポンサーリンク

広東省順徳発祥と言われる「毋米粥」を提供するお店

高田馬場、孫二娘 毋米粥『孫二娘 毋米粥』の外観

 

こちらが、『孫二娘 毋米粥』の外観です。

「孫二娘」は、上野御徒町や船橋にもお店がある系列で、御徒町や船橋のお店では、「潮汕牛肉火鍋」(広東省東部、潮州市と汕頭市で名物の牛肉火鍋)を提供しているのだそう(お店の名前は、『孫二娘 潮汕牛肉火鍋』)。

また、高田馬場にも四川省楽山市の名物料理「跷脚牛肉」を提供する『孫二娘 跷脚牛肉』があるのだそう。

牛骨スープのしゃぶしゃぶで楽しむ 「潮汕牛肉鍋」や、あらゆる部位の牛肉を様々な香辛料と共にいただく薬膳スープ「跷脚牛肉」も、どんなものか食べてみたいところですが、とりあえず、今回は「毋米粥」を初体験してみます。

高田馬場、孫二娘 毋米粥広東省順徳発祥と言われる「毋米粥」を提供するお店

 

スポンサーリンク

「順徳料理」とは?

ちなみに、広東省順徳とは、広州の南部にある仏山市順徳区のこと。順徳は料理で有名なところだそうで、「順徳料理」は、広東料理の中の四大料理(広州料理、潮州料理、東江料理(客家料理)、順徳料理)のうちのひとつと言われています。

順徳は珠江デルタの奥まった場所にあり、川や池が多く、温暖な地域であるため、豊富に採れる淡水魚や野菜の素材を活かしたお料理が特徴であるとのこと。

また、料理の香り付けとして、他の広東地域ではあまり使われない、陳皮、橄欖、紫蘇、クワの葉などを多用するのも順徳料理ならではなのだそう。

お料理としては、水牛の乳や牛乳を使ったお料理、土鍋で蒸し焼きにしたお料理、「魚生」と呼ばれる刺身の一種なども食べられているのだとか。

高田馬場、孫二娘 毋米粥『孫二娘 毋米粥』の店内

 

こちらが、『孫二娘 毋米粥』の店内。

お店は細長いつくりで、広さはそれほどなく、小ぢんまりとした感じ。

座席はテーブル席のみで44席。座席の奥に厨房があります。

休日のディナータイム18時半頃に予約なしで訪問しましたが、席は空いていました。

しかしながら、食べている間にお客さんが次々と来店し、帰る頃は8〜9割くらいの客入り。お客さんは9割くらいが中国人。若い女性2人組や男女のグループ、おひとり様男性もおり、在住中国人の幅広い層に利用されている様子。日本人のお客さんも1組いました。

高田馬場、孫二娘 毋米粥中国人のお客さんが中心

 

店内の内装はシンプルかつ簡素。テーブルや椅子も食堂風で、語学学校に通う中国人留学生が気軽に利用するような雰囲気です。

店員さんは日本語堪能ですが、店内やメニュー表記はほぼ中国語なので、中国人をメインターゲットにしたお店であることが窺えます。

スポンサーリンク

『孫二娘 毋米粥』のメニュー

高田馬場、孫二娘 毋米粥注文はタブレットで

 

さて、座席に座ったところで、そろそろお料理を選びましょうか〜♪

『孫二娘 毋米粥』のお料理の注文は、専用のタブレット端末から。

“ガチ中華”の新店舗は、タブレット端末のメニューが多いですが、このお店も例に漏れず。一品一品の写真が表示されるので、イメージはつきやすいです。

高田馬場、孫二娘 毋米粥「母米粥锅底」1,000円

高田馬場、孫二娘 毋米粥肉类メニュー

高田馬場、孫二娘 毋米粥海鮮类メニュー

高田馬場、孫二娘 毋米粥菜类メニュー

高田馬場、孫二娘 毋米粥菇类メニュー

高田馬場、孫二娘 毋米粥豆制品类メニュー

高田馬場、孫二娘 毋米粥主食メニュー

高田馬場、孫二娘 毋米粥ドリンクメニュー

 

メニューには、焼き物や炒め物、ご飯のついた定食もありましたが、このお店に来たら、お粥のしゃぶしゃぶ「毋米粥」をいただかないわけにはいきません!

それでもって、注文したのが↓のメニュー。

  • 母米粥锅底 1,000円
  • ロース 680円
  • ランプ 680円
  • エビ 780円
  • アワビ 680円
  • エリンギ 298円
  • 豆腐 298円
  • 大根 298円
  • 春菊 298円
  • ヨーマイサイ 298円
  • ナガイモ 298円
  • 揚げパン 230円

「毋米粥」のベースとなる「母米粥锅底」と、しゃぶしゃぶの具材として、牛肉(ロースとランプ)、海鮮(エビとアワビ)、エリンギ、豆腐、野菜(大根・春菊・ヨーマイサイ・ナガイモ)を注文。定番の揚げパン(油條)も頼みました。

もちろん、いっぺんにではなく、食べながら徐々に注文です。

スポンサーリンク

お肉や海鮮、野菜などの出汁の沁み込んだ「毋米粥」

高田馬場、孫二娘 毋米粥「青島ビール」500円

 

注文を済ませると、まずは、お飲み物が運ばれてきました♪

「青島ビール」です♪

「青島ビール」は、1903年に生まれた中国で最も歴史のあるビール。中国国内でのシェアは第2位(1位は華潤雪花ビール)。マイルドでスッキリとした味わいのビールです。

ぐびぐび飲みながら待っていると、ほどなくして、お粥しゃぶしゃぶの鍋「母米粥锅底」が運ばれてきました〜♪

高田馬場、孫二娘 毋米粥「母米粥锅底」1,000円

 

こちらが、お粥しゃぶしゃぶの鍋「母米粥锅底」

すりつぶしたお米を長時間煮込んだスープで、白く濁ったスープにクコの実や陳皮が浮いています。

さっそく店員さんが、コンロの火を入れ、煮込み開始!

高田馬場、孫二娘 毋米粥「エビ」780円

高田馬場、孫二娘 毋米粥「ロース」680円

高田馬場、孫二娘 毋米粥「大根」298円

高田馬場、孫二娘 毋米粥「エリンギ」298円

高田馬場、孫二娘 毋米粥「豆腐」298円

高田馬場、孫二娘 毋米粥「アワビ」680円

高田馬場、孫二娘 毋米粥「ヨーマイサイ」298円、「春菊」298円

高田馬場、孫二娘 毋米粥「ナガイモ」298円

高田馬場、孫二娘 毋米粥「ランプ」680円

 

お鍋に入れる具材も続々と運ばれてきました!

エビ、牛ロース、牛ランプ、大根、エリンギ、豆腐、アワビ、ヨーマイサイ、春菊、ナガイモ。

高田馬場、孫二娘 毋米粥タレ・薬味は8種類

 

鍋が煮込み上がるまでに、タレを準備。

タレ・薬味は、パクチー、ネギ、赤唐辛子、ニンニク、ラー油、甘味噌ダレ、醤油、オイスターソースがあり、自分好みの特製タレを作ることができます。

高田馬場、孫二娘 毋米粥自分好みのタレを作ります。

 

こちらが、自分ブレンドの特製タレ。醤油ベースに、ラー油、ネギ、赤唐辛子、ニンニクを入れました!

高田馬場、孫二娘 毋米粥鍋が煮立ってきました!

 

ビールを飲み、タレを準備しつつ待っていると、しばらくして鍋が煮立ってきました!

そろそろ具材を投入しましょう〜♪

エビ、アワビ、大根、エリンギ、豆腐、ヨーマイサイ、春菊、ナガイモと、ボンボン鍋に入れていきます。

高田馬場、孫二娘 毋米粥お肉をしゃぶしゃぶ♪

 

そして、お肉。お肉はそのまましゃぶしゃぶしていただきます♪

スープの旨味が沁みているので、そのまま食べても美味しいですが、タレを付けて食べるとなおGood!

他の具材も次第に火が通ってきたので、どんどんいただいていきます。

旨味たっぷりの「エビ」「アワビ」などの海鮮。スープの味が沁み込んだ「大根」。食感のコントラストで楽しめる「エリンギ」。間違いなく美味しい定番の「豆腐」。スープの出汁が沁みて、タレを付けても抜群に美味しい「ヨーマイサイ」や「春菊」。シャキシャキ食感が美味しい「ナガイモ」

う〜ん、美味しい★

高田馬場、孫二娘 毋米粥「揚げパン」230円

 

こちらは、「揚げパン(油條)」

お粥に「油條」、これ、中国や台湾の朝食の定番です。

独特のパフのような食感と、旨味のある油分。そのまま食べても美味しいのですが、お肉や海鮮、野菜などの出汁の沁み込んだ「毋米粥」のスープに付けて食べると、もう最高に美味★

高田馬場、孫二娘 毋米粥最後にお粥を鍋に投入♪

 

そして、ひと通り、具材を食べ尽くしたところで、いよいよメインのお粥を鍋に投入!

今までのお肉や魚介、お野菜などの具材は、実は前座。

このお粥こそが「毋米粥」のメインにしてクライマックスなのです★

高田馬場、孫二娘 毋米粥粥がお鍋の中でグツグツと

 

粥がお鍋の中でグツグツと煮込まれてきました。

う〜ん、美味しそう!

そろそろ食べ時です♪

高田馬場、孫二娘 毋米粥器に取り分け、揚げパンと一緒に粥をいただきます♪

 

器に取り分け、揚げパンと一緒に粥をいただきます♪

この「毋米粥」のお粥、本当に絶品でした★

ほろほろと柔らかいお粥に、様々な具材の旨味が溶けたスープが沁み込んで、優しくも味わい深いお味。熱過ぎるほど熱々でしたが、レンゲを動かす手が止まりません!

もちろん、揚げパン(油條)とのマッチングもベスト♪

高田馬場、孫二娘 毋米粥烏龍茶でお口直し

 

食後は、冷たい烏龍茶でお口直し。

中国広東省順徳の名物料理、お粥のしゃぶしゃぶ「毋米粥」、美味しかったです。

満足のいくディナーとなりました★

『孫二娘 毋米粥』は、ネット予約出来ます!
『孫二娘 毋米粥』のネット予約はこちら(ホットペッパーグルメ)

高田馬場にある本格中国料理(ガチ中華)のお店『孫二娘 毋米粥』

広東省順徳発祥と言われる「毋米粥」は、想像に違わぬ美味しさ!

お肉や海鮮、野菜の出汁が沁み込んだスープとほろほろの柔らかい粥。自分でブレンドできる付けダレも嬉しいし、粥のお供「油條」も美味です★

メニューには、油條・前菜付きの単品の粥(980円〜1,080円)もあるので、気軽に訪問し、中国粥をいただくことができそうです。

スポンサーリンク

◉『孫二娘 毋米粥』の地図・アクセス

東京都内の「ガチ中華」20店舗&中華フードコート3ヵ所をご紹介★
ここ数年、都内の池袋や高田馬場、上野、新宿や埼玉の西川口などに、現地中国そのままのお料理を提供するお店が激増しています。人呼んで「ガチ中華」!中国人留学生をターゲットにしたお店なので、お料理も店内の雰囲気も、メニューも本場仕様なのが特徴。そんな都内の「ガチ中華」のお店20店舗と、西川口の1店舗。中華フードコート3カ所をご紹介します★
中国料理
中国料理のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の中国料理店のほか、本場中国のレストランもご紹介。美味しい中国料理の食レポートです。
香辣里(三軒茶屋)|発酵・燻製・ハーブの効いた絶品の湖南料理♪
三軒茶屋にある中国湖南省料理のお店『香辣里』。辛味と酸味の効いた「酸辣」、発酵と燻製とハーブを駆使した湖南料理は、これまで食べたどの中華料理とも違う鮮烈かつ奥深いお味。燻製の旨味が詰まった「炒腊肉」や、発酵唐辛子の深みのある辛さがたまらない「剁椒魚頭」など、創意工夫に満ちた美味な湖南料理を堪能できるお店です。
貴州火鍋(新小岩)|「孤独のグルメ」で紹介された貴州料理専門店
ドラマ「孤独のグルメ」で紹介された新小岩にある中国・貴州料理の専門店『貴州火鍋』。「豆豉火鍋」は、納豆の発酵の旨味と、糍粑辣椒の唐辛子の旨味がお野菜に沁み込んでいて、味わい深く複雑なお味。そして、想像を絶する辛さ!そして、中国料理にはこんな味もあるのか!と思わせる新鮮な驚きを感じさせるお料理でした。
羊香味坊(御徒町)|「孤独のグルメ」紹介!中国東北地方のラム肉料理
御徒町にある中国東北地方のラム肉料理専門店『羊香味坊(ヤンシャンアジボウ)』。メニューは羊肉だらけ!ラムの骨付き肉にクミンが大量にまぶされた「ラムスペアリブ」、黒酢を掛けていただくと絶品の「ラム肉焼売」などなど、どれも美味しい♪中国東北地方の羊料理を満喫できるお店です。ドラマ「孤独のグルメ」でも紹介。
山西亭(東新宿)|麺料理天国!中国山西省の郷土料理を堪能できる名店♪
東新宿にある中国料理店『山西亭』。麺料理発祥の地、山西省のバラエティに富んだ麺料理を堪能できる都内でも唯一のお店です。燕麦のせいろ蒸しや猫耳型の麺、ジャガイモ入り蒸し麺など、珍しい麺料理を堪能出来ます。まろやかかつ深みのある特産の黒酢を使った味付けも魅力的♪
撒椒小酒館 上野店(御徒町)|衝撃的な美味しさ♪ 重慶の名物料理「烤魚」
上野・御徒町にある中国四川・重慶料理のお店『撒椒小酒館 上野店』。四角い鍋の上で魚を麻辣スープで煮込んだ重慶の名物料理「烤魚(カオユィ)」は、見た目のインパクトも抜群ながら、麻辣の辛さと様々なスパイスや素材が織り成す複雑なそのお味は衝撃的な美味しさ★ポップでサイケな“ギラギラ系”のお店の雰囲気も魅力的♪
『食彩雲南 過橋米線 湯島店』雲南名物「蒸気石鍋魚」の黄金湯スープが絶品!
湯島にある中国・雲南料理のお店『食彩雲南 過橋米線 湯島店』。上海で大人気だという雲南名物「蒸気石鍋魚」は、まさに絶品の美味しさ! 鍋のベースである黄金湯は、かぼちゃのコクとレモンの酸味、香辛料の辛味と痺味が絶妙で、これまで味わったことのないお味。石鍋から勢いよく蒸気が噴き上がるパフォーマンスも楽しい★

コメント