シーバード・コロニー【銀座】★絶品!和の食材を使ったモダン南インド料理

銀座、シーバード・コロニーエスニック料理

大人の街、東京・銀座に2021年6月、ラグジュアリーな雰囲気の中で独創的なモダン南インド料理をいただけるレストランがオープンしました。

お店の名前は、『シーバード・コロニー(SEABIRD COLONY)』

お店の紹介によると、『シーバード・コロニー』は、伝統的な南インド料理をベースにシンプルかつモダンで独創的に仕上げたコース料理をメインに提供。日本の旬の食材や現代的な素材を積極的に取り入れた“モダンインディアンダイニング”であるとのこと。

お店のテーマは「伝統の文化の融合」だそうです。

今回は、休日のランチタイムに訪問。Holiday’s lunchの「シーバードスペシャルミール」をいただいてきたのでご紹介します★

スポンサーリンク

銀座に登場したラグジュアリーな雰囲気の”モダンインディアンダイニング”

銀座、シーバード・コロニー銀座・ソニー通り沿いの建物の入り口

 

お店の場所は、東京・銀座駅B7番出口から徒歩1分。

ソニー通り沿いのエルメス銀座店の並び。写真の「西五ビル」という小さなビルの3階にあります。

銀座、シーバード・コロニー通りに置かれた『シーバード・コロニー』のメニュー

 

ビルは、かなり目立たない入り口で看板もありませんが、路面にはお店のメニューが置かれていました。

注意して探さないと見逃してしまいそうです。

「西五ビル」のビル内にあるエレベーターで3階へと上がります。

銀座、シーバード・コロニー『シーバード・コロニー』の入り口

 

こちらが、3階にある『シーバード・コロニー』の入り口。

一見、インド料理店とは思えない外観。事前情報がなければ入るのを躊躇ってしまいそうなクローズドな雰囲気です。

ちなみに、今回はネットで事前予約して訪問しました。

銀座、シーバード・コロニー『シーバード・コロニー』の店内

 

こちらが、『シーバード・コロニー』の店内です。

店内はブラウン系を基調とした落ち着いたシックな雰囲気。店内空間はバーのような構成となっていて、座席はカウンター席が4席、テーブル席が22席の合計26席。

土曜日のランチタイムにネット予約して訪問しましたが、店内は7割方の埋まり具合でした。お客の年齢層は高め。おひとり様のお客さんもちらほら。皆さん事前予約して来ている様子でした。

銀座、シーバード・コロニーカウンター席。厨房のインド人シェフたちが見えます。

銀座、シーバード・コロニー店内には植物や花がそこかしこに飾られています。

 

店内には観葉植物や季節の花が随所に飾られていて、温かみが感じられます。

お店の紹介によると、テーブルフラワーは週2回生け替えられるそうで、インドやスパイスにまつわる花や植物がチョイスされているのだとか。

カウンター席からは厨房の様子も見ることができ、厨房ではインド人のシェフが3人、調理をしていました。

メインシェフは、南インドの五つ星ホテル出身で30年以上の経歴がある方なのだそう。

ホールのスタッフは、日本人の方とインド人の方お一人ずつ。どちらも丁寧で親切な方です。

銀座、シーバード・コロニーシンプルなテーブルセット

 

今回、土曜日ランチタイムでの訪問でしたが、『シーバード・コロニー』では、リーズナブルな平日のランチプレート(ミールスやビリヤニ、ドーサなど1,400円〜1,700円)、バラエティに富んだアラカルト料理、シェフの独創的なお料理が楽しめるディナーのコースメニュー(4,500円〜7,000円)など、曜日や時間帯に合わせて様々なメニューが用意されています。

今回は、Holiday’s lunchのメニューをご紹介します。

銀座、シーバード・コロニー「シーバードスペシャルミール」のメニュー

銀座、シーバード・コロニー「ビリヤニ」のメニュー

銀座、シーバード・コロニー「ドーサ」のメニュー

こちらが、Holiday’s lunchのメニューです。

Holiday’s lunchでは、3種類のプレートから選ぶことができます。

  • シーバードスペシャルミール 3,000円
  • ビリヤニ 3,000円
  • ドーサ 2,500円

ミールス、ビリヤニ、ドーサ、どれも魅力的ですが、やっぱり最初はミールスを食べたいよねってことで、「シーバードスペシャルミール」を注文することに。

「シーバードスペシャルミール」のセット内容は↓です。

シーバードスペシャルミール 3,000円

  1. 本日の魚
  2. バスマティライス
  3. 本日のシーフードカリー
  4. 本日のお肉のカリー
  5. ピクルス
  6. ポリヤル
  7. チャツネ
  8. フライドパパド
  9. ラッサム
  10. ドリンク(ホットマサラチャイ又はミックスジュース)
  • ビリヤニ追加 +500円
  • バスマティライス大盛り +100円
  • カレー追加1種 +350円

プラス500円でビリヤニも追加できるとのことなので、ビリヤニを追加することにしました。ドリンクはホットマサラチャイをチョイス。

スポンサーリンク

Holiday’s lunch「シーバードスペシャルミール」と「いくらと鰆のビリヤニ」をいただく

銀座、シーバード・コロニー「ラッサム」

 

注文を済ませると、さっそく「ラッサム」がサーブされました。

素朴な器に入れられたクリアータイプの「ラッサム」は、さっぱりとしたお味で辛さも控え目で飲みやすい。タマリンドの酸味とカレーリーフの香りが食欲をそそる美味しいラッサムです。

銀座、シーバード・コロニー「シーバードスペシャルミール」

 

ラッサムを啜っていると、ほどなくしてメインの「シーバードスペシャルミール」が運ばれてきました★

真ん中にバスマティライスとパパド。手前に本日の魚「鮎」、時計回りに本日のお肉のカリー「猪のカリー」、「青バナナのポリヤル」「山菜のアチャール」「ココナッツとピーナッツのチャトニ」

シックな黒い器の上に載せられたスタイリッシュなビジュアル!

スパイスの香りが漂ってきます。美味しそうです★

さて、さっそくいただきましょう〜♪

銀座、シーバード・コロニー本日の魚「鮎」

 

本日の魚「鮎」です。

マサラが塗された鮎はちょっと骨が多いですが、濃厚でスパイシーな味付けとカレーリーフの香りがなかなか美味♪

結構ボリュームあります。バスマティライスと一緒にいただくのもGoodです!

銀座、シーバード・コロニー本日のお肉のカリー「猪のカリー」、「青バナナのポリヤル」

 

本日のお肉のカリー「猪のカリー」は、食べ応えがあるけど、意外と柔らかな猪の塊肉に、独特の深みのあるグレービーが今まで食べたことのない味わい。

う〜ん、これは美味しい★

「青バナナのポリヤル」は、あまり見掛けない食材を使ったポリヤルですが、スタンダードなお味。お肉やお魚料理のお供としてぴったりです。

銀座、シーバード・コロニー「山菜のアチャール」「ココナッツとピーナッツのチャトニ」

 

「山菜のアチャール」は、山菜やレモンなどが使われたアチャール。アチャールらしい味わいで、濃厚な味わいのカレーにビビッドな酸味を加え、味変を楽しませてくれます。「ココナッツとピーナッツのチャトニ」は、マイルドで優しいお味のチャトニ。

いずれのおかずも、珍しい食材やいつものミールスではあまり見掛けない食材が使われていましたが、シンプルで尖り過ぎない安心していただけるお味です。

銀座、シーバード・コロニー本日の魚のカリー「鮭と牡蠣のカリー」

 

本日の魚のカリー「鮭と牡蠣のカリー」

このカレーが抜群の美味しさでした♪

新鮮で肉厚で身の締まった鮭と牡蠣が美味しいのはもちろんのことなのですが、何よりもココナッツミルクとトマトベースのカリーソースがスプーンが止まらなくなるほどの美味しさ★

ざく切りされた生姜やゴロッと入った唐辛子のピリ辛さもマイルドなソースにアクセントを与えています。バスマティライスとの相性も抜群です♪

銀座、シーバード・コロニー「シーバードスペシャルミール」

 

これらのカリーやおかず、アチャールやチャトニなどをバスマティライスに掛けて、パパドを砕いてパラパラと散らして、その上にラッサムもバシャっと掛けて、ミールスらしく、混ぜ混ぜしていただきます♪

一品一品のカリーやおかずも美味しいけど、やっぱりミールスは混ぜて食べると美味しさが倍増する感じです。

う〜ん、満足です★

銀座、シーバード・コロニー本日のビリヤニ「いくらと鰆のビリヤニ」

 

そして、こちらがプラスで追加した本日のビリヤニ「いくらと鰆のビリヤニ」

このビリヤニも驚きの美味しさでした★

いくらと鰆という、インド料理ではなかなか見掛けない素材を使ったビリヤニなのですが、いくらと鰆の味と食感がパラパラとしたバスマティライスにぴったりマッチしてます。

和の旬の食材を使ったインドの伝統料理「ビリヤニ」。これぞ、まさに「伝統の文化の融合」ですね★

銀座、シーバード・コロニー本日のデザート「りんごと桃のケーキ」

銀座、シーバード・コロニー本日のデザート「いちごとブルーベリーのケーキ」

 

デザートは、本日のデザート「りんごと桃のケーキ」「いちごとブルーベリーのケーキ」をいただきました(500円)。

フルーツがふんだんに使われたケーキは上品な味わい。美味しいです♪

インドスイーツも美味しいですが、日本の気候で食べるなら、こういうスタンダードな洋風スイーツの方がしっくりくるのかも。

銀座、シーバード・コロニー「ホットマサラチャイ」

 

デザートのお供としていただいたのが「ホットマサラチャイ」

シュガーは別添え。ケーキと一緒にいただいたので、シュガーは入れずに飲みました。

体に沁み渡るチャイの味わい。ホッとひと息。満足のいくお口直しです。

 

銀座にある、伝統的な南インド料理をベースにした”モダンインディアンダイニング”『シーバード・コロニー(SEABIRD COLONY)』

Holiday’s lunchでいただいたミールスとビリヤニは、インド料理では見掛けない和の食材を使いながらも、違和感を感じさせない“インド料理”らしいお味。なるほど、お店のテーマ「伝統の文化の融合」が体現されたお料理でした★

久々に唸らされたお料理の数々。ぜひ、再訪して、ディナーのコース料理を。はたまた、別の時期に訪問して、違った季節の旬の和の食材を使ったインド料理をいただいてみたいです♪

スポンサーリンク

◉『シーバード・コロニー』の地図・アクセス

  • 住所:東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル 3F
  • アクセス:銀座駅B7番出口徒歩1分
  • 営業時間:[ランチ] 11:00〜15:00  [ディナー] 17:00〜21:00
  • 営業日:不定休

南インド料理の定食「ミールス」東京都内《厳選》42皿!
「ミールス」(Meals)とは、南インドの食堂やレストランで出される定食のこと。南インドでは、お昼(または夜)に食べられる食事です。最近人気の南インド料理。「ミールス」を食べることができるお店もどんどん増えてきています。東京都内のおいしい「ミールス」を42選、ご紹介します!
インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」東京都内《美味しい》31皿!
「ビリヤニ」(Biryani)とは、インドやパキスタンなどで食べられている炊き込みご飯のこと。スパイスをふんだんに使い、お米と具材を別々に調理して作る手の込んだお料理で、インドでも高級なお料理として知られています。最近人気沸騰中の「ビリヤニ」。東京都内のおいしい「ビリヤニ」を31選、ご紹介します!
南インド料理
南インド料理のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の南インド料理店のほか、本場インドのレストランもご紹介。サンバルやラッサムが美味しいミールス、マサラドーサなど。美味しい南インド料理の食レポートです。
エスニック料理店マップ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★