窯焼き料理 Rato Mato (ラトマト)【大久保】★赤土のお皿でいただく絶品ダルバート&チョイラ

新大久保、ラトマトネパール料理

新宿大久保百人町。大久保通りの新大久保駅と大久保駅の中間あたりの南側、雑居ビルの7階に、ネパール料理店『窯焼き料理 Rato Mato (ラトマト)』はあります。

2021年10月にオープンしたこのお店、大塚にあるネパール居酒屋『バッティ』と関係があるようです。『バッティ』に訪問した時、スタッフにお店をおすすめされたので、行ってみることにしました★

スポンサーリンク

ラトマト(赤土)の陶器が並ぶ凝った内装。窓からは美しい新宿の夜景が!

新大久保、ラトマト『Rato Mato (ラトマト)』の入り口

 

こちらが『Rato Mato (ラトマト)』の入り口です。

お店は雑居ビルのエレベーターを登った7階にあります。

ちなみに、店名の『Rato Mato (ラトマト)』とは赤土の意味で、お店の紹介文(食べログやメニューの紹介文)によると、ネパールでは伝統的な儀式や祭典ではラトマトの(ネパールの赤士で作った)お皿を使うとのことで、そんなラトマトのお皿で料理を提供したいと考えたのだそう。

ネパールではラトマトのお皿で提供された料理を食べると病気にかからないと言い伝えられており、ネパール人は「ラトマト」という言葉を聞くと故郷の地を思い浮かべるんだとか。

新大久保、ラトマト木彫りのダルバール広場の絵

新大久保、ラトマト入り口に掲げられた「チヤ(チャイ)」の絵

 

こちらは入り口に掲げられていた木彫りのネパールの絵とチヤ(チャイ)を注ぐ絵。

描かれた街はカトマンズのダルバール広場でしょうか。パタン?バクタプル?

さてさて、さっそくお店の中に入っていきましょう〜♪

新大久保、ラトマト『Rato Mato (ラトマト)』の店内

新大久保、ラトマト伝統的な木彫りの彫刻とポップなTEAの絵

 

こちらが『Rato Mato (ラトマト)』の店内です。

店内に入ると、天井の幾何学模様の細工とか、随所に飾られた伝統的な工芸品だとか、かなり凝った内装であることに驚かされます。

同じ大久保の『アーガン』とか、大塚の『バッティ』も店内がかなり凝っていました。

インド人やパキスタン人のお店は内装が簡素なことが多いのですが、ネパール人のお店は結構凝った内装が多いような印象。文化や民族性の違いでしょうか。

新大久保、ラトマト窓から見える新宿の夜景

 

素晴らしいインテリア以外にも、このお店には売りがあります。

窓から見える新宿の見事な夜景です★

お店は7階にあるため、眺望は抜群!今の時期はまだ寒いですが、バルコニーにある立ち飲み&喫煙カウンターでは新宿の夜景を眺めながらお酒を楽しむことができるのだとのこと。店内席からも夜景は見えます♪

新大久保、ラトマトラトマト(赤土)で作られた陶器(マトカ)

新大久保、ラトマトマトカ・ステーション

新大久保、ラトマトマトカが至る所に飾られています。

 

「ラトマト」という店名通り、店内にはラトマトで作られた陶器(マトカ)が至る所に飾られています。

素朴な色合いと味わい深い形のマトカがネパールらしさを感じさせてくれます。

店内スペースは結構広く、座席は60席。訪問したのは土曜のディナータイムの18時頃でしたが、お客の入りは5割ほど。お料理をいただいている間に8割くらいになりました。客層はネパール人と日本人半々くらいかな。

さてさて、メニューを見てお料理を選びましょうか〜♪

新大久保、ラトマトダルバトセットやカジャセットのメニュー

新大久保、ラトマトスクティ、チョイラ、スナックメニュー

新大久保、ラトマトお酒のメニュー

新大久保、ラトマトメニューの『Rato Mato (ラトマト)』についての説明

メニューには、ネパールらしい居酒屋的なおつまみメニューがたくさん並びます。

ネパール餃子の「モモ」を始め、乾燥肉の炒め物「スクティ」やスパイシー串焼きの「セクワ」、蒸し焼きのお肉のスパイス&ハーブマリネ「チョイラ」、豆のお好み焼き「バラ」、ネパール風のピザ「チャタマリ」、大豆の和え物「サデコ」などなど。

どれも美味しそう♪

最初は、そんな居酒屋メニューをつまみに、ネパールのお酒「チャン」をちびちび飲もうかと思っていたのですが、メニューの「ラトマトダルバトセット」を見たら、やっぱりダルバートを食べたくなってしまいました〜!

結局、2人で「ラトマトダルバトセット」を2つ。2種選択できるカレーはそれぞれチキンとマトン、野菜とポークをチョイス。

でも、やっぱりおつまみも食べたいねってことで、別途「バッファローチョイラ」を注文することに。

スポンサーリンク

「ラトマトダルバトセット」と「バッファローチョイラ」に舌鼓♪

新大久保、ラトマト「ネパールアイス」550円

新大久保、ラトマト「ラッシー」300円

まずは、お飲み物から。

お飲み物は「ネパールアイス」。連れは「ラッシー」を注文。

「ネパールアイス」は、ヒマラヤの雪解け水を使ったキレとコクのあるビールで、アルコール度数は5.0%。ラベルにはマチャプチャレ山(6,993m)が描かれています。

ラッシーはマトカで出来たコップに入って出てきました♪

ぐびぐび飲みながらお料理が来るのを待ちます。

新大久保、ラトマト「ラトマトダルバトセット」(チキン・マトン)1,300円

新大久保、ラトマト「ラトマトダルバトセット」(野菜・ポーク)1,300円

 

そして、ほどなくしてお料理登場!

「ラトマトダルバトセット」です★

「ラトマトダルバトセット」の内容は、

  • 2種類のカレー(チキン/マトン/野菜/ポーク)
  • ライス
  • 豆カレー
  • ミックスベジタブル
  • ほうれん草炒め
  • グンドゥルック
  • パパド
  • ギー
  • ヨーグルト
  • アチャール

美しいラトマトで出来たマトカの陶器に載せられたおかずの数々。美味しそうです★

さっそく、いただきましょう〜♪

新大久保、ラトマトチキンカレー、豆カレー、マトンカレー

新大久保、ラトマトほうれん草炒め、グンドゥルック、アチャール、ミックスベジタブル

新大久保、ラトマトギー、野菜カレー、ポークカレー、豆カレー

新大久保、ラトマトマトカに載せられたダルバート

 

「ラトマトダルバトセット」のお味は、もちろん想像通り美味しい★

インドのダルとは違ったジンブーの風味のあるサラッとしたダル。こちらも水分多めのシンプルな味わいのチキンカレー。マトンの肉感とコクがシャープなマトンカレー。ポークの柔らかさと旨味が美味しいポークカレー。たけのこの風味が独特な野菜カレー。サグやグンドゥルック、アチャールも、これぞネパール料理って感じの期待通りの美味しさ♪

ギーを掛けたり、パパドを齧ったり、レモンを絞ったり、味の変化を楽しみながら、ライスと一緒にもりもりいただきました★

新大久保、ラトマト「バッファローチョイラ」800円

 

こちらは、ダルバートとは別で頼んだ「バッファローチョイラ」

この「バッファローチョイラ」が絶品でした!

チョイラは、ひと口サイズにカットしたお肉を茹でたり蒸し焼きにして、スパイスやハーブとマリネしたお料理。

ニンニクやショウガ、クミン、コリアンダーなどのスパイス、そして、マスタードオイルが、適度に歯応えがあって旨味たっぷりの水牛肉に絡んでいます。

これ、本当に美味しい♪

しかしながら、この「バッファローチョイラ」、チリがかなり効いていて激辛!

めちゃくちゃ美味しい!けれどもヒーヒーするほど辛い!「辛い」「美味い」など言いながら、ギーなどでお口の中の辛さを和らげつつ、いただきました(汗)

新大久保、ラトマト「ネパールミルクティー(チヤ)大」400円

 

食後は、「ネパールミルクティー(チヤ)」で、お料理の辛さによって熱くなったお口をクールダウン。お店の入り口に「チヤ」を注ぐ絵が描かれていたので、パフォーマンスがあるのかなと思っていましたが、写真の状態のまま提供されました。

優しいミルクのお味と適度な甘さがホッとさせてくれます♪

新大久保、ラトマト『Rato Mato (ラトマト)』

 

新宿大久保百人町にあるネパール料理店『窯焼き料理 Rato Mato (ラトマト)』

期待を裏切らない美味しいネパール料理(ネワール料理・タカリ料理)を満喫できるお店。ダルバートもおつまみ料理のチョイラも大満足の美味しさでした★

マトカを使ったお料理のビジュアルも、凝りに凝った店内の内装も、窓から見える新宿夜景の眺めもGood!

メニューには、他にもマトカに入った「マトカビリヤニ」や「カジャセット」「ディードセット」などもあり、今回注文しなかった「モモ」やネパール地酒の「チャン」なども、再訪した際にはぜひ、いただいてみたいです!

スポンサーリンク

◉『窯焼き料理 Rato Mato (ラトマト)』の地図・アクセス

  • 住所:東京都新宿区百人町1-17-10 STビル 7F
  • アクセス:JR中央線大久保駅北口徒歩2分 山手線新大久保駅徒歩3分
  • 営業時間:11:00-23:00
  • 定休日:不定休