チンタジャワカフェ【秋葉原】★本場のお味のインドネシア料理店でナシゴレンと牛テールスープを賞味

秋葉原、チンタジャワカフェ東南アジア料理

秋葉原駅から徒歩3分。中央口を出て北東に進み、首都高速の高架をくぐり抜けた路地の一角に、インドネシア料理のお店『チンタジャワカフェ』はあります。

お店のオーナーはインドネシア人の女性の方。神奈川県の平塚に1号店(2012年開店)があり、ここ秋葉原のお店は2号店(2019年開店)。横浜の関内や東京・渋谷にも店舗があります。

日本向けアレンジのされていない、本場のお味のインドネシア料理をいただけるお店として、在日インドネシア人にも人気のお店です。

スポンサーリンク

在日インドネシア人が集う、インドネシアの雰囲気満点のお店

秋葉原、チンタジャワカフェ『チンタジャワカフェ』の外観

 

こちらが、『チンタジャワカフェ』の外観です。

お店は路地裏に静かに佇んでいる感じ。赤白のインドネシア国旗カラーの店舗テントと布飾り。オープンテラス用のテーブルや椅子もあります。

秋葉原、チンタジャワカフェ店頭に掲げられていたイラスト

秋葉原、チンタジャワカフェ店頭のメニュー看板

店頭の看板やイラスト、メニューのデザインや表示なども、飾り気のないデザインがインドネシア人経営のお店って感じ。

本場の味を味わえるという期待が高まってきます♪

秋葉原、チンタジャワカフェ『チンタジャワカフェ』の店内

 

『チンタジャワカフェ』の店内です。

店内はアジアの現地にあるレストランって感じの雰囲気。店内はそれほど広くはないですが、天井が高いので開放的な感じがあります。

お店の壁には、イカットのタペストリーや木彫りのお面など、ジャワの民芸品が飾られています。

店内のBGMは、ゆったりとしたガムラン。癒されます♪

まるでインドネシアにいるような雰囲気です。

秋葉原、チンタジャワカフェ店内に流れるガムランの音色が心地いい♪

 

平日の19時頃の訪問でしたが、お客さんは3組ほど。お食事をいただいている間に、3〜4組来店したので、座席はかなり埋まりました。

客層は、インドネシア人のグループやカップル、おひとり様インドネシア人、日本人のグループや2人連れなどなど。

インドネシア人と日本人が7:3くらいの割合でしょうか。日本の方もインドネシアにゆかりがありそうな感じ。

店員さんは、全員インドネシアの方です。

 

さてさて、座席に座り、メニューを見てお料理を選びましょうか〜♪

スポンサーリンク

『チンタジャワカフェ』のメニュー

秋葉原、チンタジャワカフェ前菜メニュー

秋葉原、チンタジャワカフェスープメニュー

秋葉原、チンタジャワカフェご飯メニュー

秋葉原、チンタジャワカフェ牛肉料理・シーフード料理メニュー

秋葉原、チンタジャワカフェ若鶏料理メニュー

秋葉原、チンタジャワカフェサテ料理メニュー

秋葉原、チンタジャワカフェテンペ&豆腐料理メニュー

秋葉原、チンタジャワカフェ麺類・カレーメニュー

秋葉原、チンタジャワカフェ野菜料理メニュー

秋葉原、チンタジャワカフェロースト・グリル料理、サンバルメニュー

秋葉原、チンタジャワカフェデザートメニュー

秋葉原、チンタジャワカフェデザートメニュー

秋葉原、チンタジャワカフェアルコールドリンクメニュー

秋葉原、チンタジャワカフェソフトドリンクメニュー

こちらが、『チンタジャワカフェ』のメニューです。写真付きでわかりやすい!

お料理はかなりバリエーション豊富!

「ソトアヤム(チキンスープ)」や「バクソサピ(肉団子スープ)」などのスープ系。「ナシゴレン」や「ナシチャンプル」などのご飯もの。「ミーゴレン」や「ミーアヤム」などの麺類系。「グライアヤム」や「グライカンビン」などのカレー

鳥唐揚げの「アヤムゴレン」、インドネシア納豆の「テンペ」、茹で野菜の「ガドガドサラダ」、ティラピアの焼き魚、肉串の「サテ」も鶏・牛・羊・海老といろいろ。

いろいろ迷った挙句、今回選んだお料理はこちら↓です。

  • 「えびせんべい」(KRUPUK UDANG) 480円
  • 「ナシゴレン」(NASI GORENG) 1,100円
  • 「牛テールのスープ」(SUP BUNTUT) 1,350円

注文を済ませ、お料理が運ばれてくるのを待ちます。

スポンサーリンク

定番のインドネシアチャーハン「ナシゴレン」と「牛テールのスープ」(ソップバントゥット)

秋葉原、チンタジャワカフェビール ビンタン」720円

 

まずは、お飲み物から。

インドネシアのビール「ビール ビンタン」(Beer Bintang)です。

「ビンタンビール」は、インドネシアの国民的ビール。インドネシアで一番よく飲まれているビールです。

“ビンタン”とはインドネシア語で星の意味。ラベルに赤い星が描かれています。

コクのあるピルスナータイプのビールで、辛口だけど後味さっぱり★

ぐびぐび飲みながらお料理を待ちます。

秋葉原、チンタジャワカフェ「えびせんべい」480円

 

ビールのお供は、インドネシアお馴染みの「えびせんべい」(KRUPUK UDANG)

サクサクとした歯ざわり、軽い味わいの海老せんべい。

「クルプック」は、キャッサバ芋から取った澱粉(タピオカ)にエビや魚のすり身などを混ぜ、薄く伸ばして乾燥させ、食用油で揚げたスナック。

インドネシアやマレーシア、中国などでお料理の付け合わせとしてよく食べられています。

いつ食べても美味しい「クルプック」。ビールのおつまみとして最適です♪

ビールを飲みながら、えびせんを齧っていると、さっそくメインのお料理が運ばれてきました!

秋葉原、チンタジャワカフェ「ナシゴレン」1,100円

 

お馴染み、インドネシアのチャーハン、「ナシゴレン」(NASI GORENG)です。

インドネシア語で“ナシ”は「ご飯」、“ゴレン”は「揚げる」の意味。

インドネシアの国民食で、現地では様々なバリエーションがあります。

中華料理のチャーハンと似ていますが、インドネシアの辛味調味料である「サンバル」や「ケチャップマニス」「トラシ」などが使われるのが特徴。具材は鶏肉・牛肉・海老や野菜などで、プレートには、目玉焼きやえびせんべい、きゅうりやトマトなどの生野菜が添えられます。

『チンタジャワカフェ』の「ナシゴレン」は、スタンダードでシンプルなナシゴレン。具材は鶏肉だったような記憶が。

ケチャップマニスの甘辛くて濃いめのお味がなかなかGood!美味しいです★

 

ナシゴレンをいただいていると、もう一品のお料理が運ばれてきました。

秋葉原、チンタジャワカフェ「牛テールのスープ」1,350円

 

「牛テールのスープ」(SUP BUNTUT)です。

こちらは、牛テールスープインドネシア風。メニューの説明によると、テールと野菜を時間をかけてじっくり煮込み肉の美味しさを引き出しているのだとのこと。

この「牛テールのスープ」(ソップバントゥット)がたまらなく美味しかったです★

透明なスープの中に、牛テールとジャガイモ、ニンジン、エシャロットのフライなどが入っています。ライムを絞り掛けていただきます♪

秋葉原、チンタジャワカフェ牛テールがごろごろ

 

スープには、牛テールのお肉の旨味と、にんにくの旨味。パクチーの風味、絞り掛けたライムの酸味が沁み込んでいて、いくらでもいただけちゃいそうな美味しさ★

そして、スープが沁み込んだ牛テールのお肉が本当に旨い!

牛テールの骨から肉を削ぎ落とすのが結構苦労するのですが、フォークとスプーンを使って一生懸命こそぎ落としました!!

隣を見ると、おひとり様インドネシア人の男性が、自分と同じように牛テールのお肉を無心にこそぎ落としていたり。

秋葉原、チンタジャワカフェ「ジャワコーヒー(ホット)」370円

 

食後は、「ジャワコーヒー(ホット)」(JAVA COFFEE HOT)をいただきました。

ジャワでのコーヒーの飲み方は、トルココーヒーと同じように、カップにコーヒーの粉を入れてかき混ぜ、粉が沈んでからその上澄みを飲むというスタイル。

濃厚な風味がなかなかGood!お砂糖を入れていただきました★

秋葉原、チンタジャワカフェ『チンタジャワカフェ』

 

秋葉原にあるインドネシア料理のお店『チンタジャワカフェ』

日本向けアレンジのされていない、本場のお味のインドネシア料理は、定番のインドネシアチャーハン「ナシゴレン」も、お肉の旨味が沁み込んだ「牛テールのスープ」(ソップバントゥット)も本当に美味しい★

開店以来、インドネシア料理を日本人に広め、在日インドネシア人の望郷の思いに応え続けてきたという『チンタジャワカフェ』。インドネシア現地の雰囲気を感じられる、おすすめのインドネシア料理店です♪

スポンサーリンク

◉『チンタジャワカフェ』の地図・アクセス

  • 住所:東京都千代田区神田和泉町1-1-7 大和ビル1F
  • アクセス:秋葉原駅から徒歩3分
  • 営業時間:11:00~22:00
  • 定休日:無休

東南アジア料理
東南アジア料理のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の東南アジア料理店のほか、本場東南アジアのレストランもご紹介。タイ料理、カンボジア料理、インドネシア料理、マレーシア料理など。美味しい東南アジア料理の食レポートです。
インドネシアの美味しいグルメ【ジャワ島の料理】
甘辛で日本人の口にも合う!インドネシア料理。 インドネシアは約1万3000もの島々からなり、300を超す民族、700以上の地方語を話す2億4000万人の人口を抱える国なので、食文化も多種多様です。
モンゴ・モロ【新宿御苑前】★現地ジャワそのままのワルン・スタイルのインドネシア料理店
新宿二丁目にあるインドネシア・ジャワ料理のお店『モンゴ・モロ』。ジャワ出身のシェフによる、現地の「ワルン」スタイルで提供されるインドネシア定食「ナシチャンプル」は、現地ジャワそのままのお味。店主さんの話によると、このお店でしか食べられないものもたくさんあるとのこと!
チャベ 目黒店★豪華で美味な「ナシパダン」をいただけるインドネシア料理のお店(※孤独のグルメ紹介店)
目黒にあるインドネシア料理のお店『チャベ 目黒店』。バラエティに富んだ本場のお味のインドネシア料理をいただける、在住インドネシア人も通うという人気店です。インドネシア西スマトラ州のお料理の盛り合わせプレート「ナシパダン」は、抜群の美味しさ♪特に、スパイシーで深みのあるお味のビーフルンダンが絶品でした★
インドネシアの旅
インドネシアの旅レポートです。(ジャカルタ、ジョグジャカルタなど)。インドネシアへのアクセスや世界遺産や遺跡などの観光名所、穴場スポットの情報。宿泊したホテルやおすすめのレストランなどをご紹介。現地で鑑賞した音楽ライブや舞踊、購入したお土産もご紹介します。