チェンマイ★セラドン焼きを購入し、モン族市場を散策【タイ】

モン族市場【タイ・チェンマイ④】 タイの旅
記事内に広告が含まれています。

タイチェンマイの旅 2日目午前。

美味しいパンの朝食から始まり、チェンマイの磁器 ”セラドン焼き” のお店やモン族市場を回り、カフェでお茶。ランチはカオマンガイの有名店で。

スポンサーリンク

BAAN BAKERY(バーンベーカリー)

BAAN BAKERY【タイ・チェンマイ④】

チェンマイ2日目の朝食は、旧市街の南側のチェンマイ門から、さらに南に行った裏通りにある『BAAN BAKERY(バーン ベーカリー)』

お客さんが次々と来る人気店です。

BAAN BAKERY【タイ・チェンマイ④】

店内は、厨房の方まで壁がなくつながっているので、広々とした印象。

右手にカウンター席が4席?ほど。

左手にパンが並んでいます。

BAAN BAKERY【タイ・チェンマイ④】

BAAN BAKERY【タイ・チェンマイ④】

食パンに、カレーパンやあんぱんなどの、日本のパンもあります。

というのも、こちらのベーカリーのオーナーさんは、タイ人の方ですが、日本でパン職人の修行を7年間もしていたそうです。そして、奥様は日本人の方のようです。

パンはとても美味しくて、特にデニッシュがサクパリで、本当に美味しかったです♪

デニッシュの他、クロワッサンとカレーパンも食べましたが、どれも美味!

テラス席で、爽やかで素敵な朝食をいただくことができました。

 

『バーン・ベーカリー』の記事はこちら↓

スポンサーリンク

②サイアムセラドン ティーハウス

朝食を食べた後は、チェンマイの陶磁器 ”セラドン焼き” を扱っているお店&カフェ『サイアムセラドン ティーハウス』に行きます。

チェンマイ【タイ・チェンマイ④】

チェンマイ【タイ・チェンマイ④】

『バーンベーカリー』から、大通りへ出て、ソンテウ(乗り合いバスのようなもの)を拾い、

ターペー通り沿いにあるお店へ。

チェンマイでの移動は、このソンテウかトゥクトゥクが便利です。そこら中に走っていて、手を挙げて止めたり、歩いていると声をかけてきたりします。

旧市街の中やターペー通り沿いくらいの移動で、一人20バーツくらい。

最初に乗るまではちょっと緊張しましたが、一度乗ってしまうと便利で、滞在中はかなり利用しました。乗り心地も悪くないです。

サイアム・セラドン・ティー・ハウス【タイ・チェンマイ④】

『サイアムセラドン ティーハウス』に到着。

併設されているカフェは『ラミン ティーハウス』と言うらしいです。

サイアム・セラドン・ティー・ハウス【タイ・チェンマイ④】

広々としてキレイな店内。

入口入って、手前が、セラドン焼きを販売しているショップで、奥がカフェ(ティーハウス)になっています。

サイアム・セラドン・ティー・ハウス【タイ・チェンマイ④】

サイアム・セラドン・ティー・ハウス【タイ・チェンマイ④】

セラドン焼きの売り場も広々としていて、ゆっくり商品を見ることができます。

セラドン焼きといえば、薄い翡翠色の器ですが、きれいなブルーのセラドン焼きもありました。

サイアム・セラドン・ティー・ハウス【タイ・チェンマイ④】

サイアム・セラドン・ティー・ハウス【タイ・チェンマイ④】

色が綺麗でシンプルで、うっとりしてしまいます。。

サイアム・セラドン・ティー・ハウス【タイ・チェンマイ④】

なんと、セラドン焼きのチェスの駒まで! 素敵です☆

サイアム・セラドン・ティー・ハウス【タイ・チェンマイ④】

お店の奥は、ティーハウスになっていて、午前中のこの時間は、お客さんはまだいませんでした。

広々としていて、優雅にお茶ができそうです。時間があったら、こちらでお茶したかったですね。

空いていたので、ゆっくり選ぶことができ、セラドン焼きの器をいくつか購入しました♪

お土産【タイ・チェンマイ11】

シンプルで使い勝手がとてもいいです。

スポンサーリンク

③モン族市場

モン族市場【タイ・チェンマイ④】

サイアムセラドン・ティーハウスの脇道を入って行った先には、”モン族市場” があります。

明確に、ここからモン族市場です、というのがないのでよく分からないのですが、歩いていると何やら民族調のカラフルなお店が目に入ってきます。

モン族市場【タイ・チェンマイ④】

とても可愛らしいモン族の民族衣装のお店。子供服もあります。

モン族市場【タイ・チェンマイ④】

こちらは、ちょっとオシャレな店構え。

上からぶら下がっている飾り、カワイイです♪

モン族市場【タイ・チェンマイ④】

チェンマイ【タイ・チェンマイ④】

山のように積まれた布や、ロール状の

モン族市場【タイ・チェンマイ④】

インドやネパールの雑貨を扱うエスニックショップもありました。

チェンマイ【タイ・チェンマイ④】もち米!?

チェンマイ【タイ・チェンマイ④】オレンジジュース

 

市場には、ところどころに食べ物や飲み物の屋台もあります。

チェンマイ【タイ・チェンマイ④】ココナッツウォーター

チェンマイ【タイ・チェンマイ④】こちらも柑橘系のジュース

 

さすが南国。フレッシュジュースが色んなところで売られています。

モン族市場【タイ・チェンマイ④】

モン族市場【タイ・チェンマイ④】

モン族ならではの、カラフルなキーホルダーのようなアクセサリーの屋台や、はぎれ布のお店。

モン族市場【タイ・チェンマイ④】

これは、興奮! チロリアンテープの山!!

カワイイけど、使い道が思い浮かばず、ゆっくり選ぶ時間もなかったので購入はせず。。

モン族市場【タイ・チェンマイ④】

モン族市場【タイ・チェンマイ④】

モン族っぽくない、現代風でオシャレな花柄や、レース使いのテープもあります。

見てるだけでテンションがあがりますね。

モン族市場【タイ・チェンマイ④】

モン族の衣装のハギレにしては大きかったのですが、カラフルで素敵な柄の布が山積みになっていて、こちらも見てるだけでも楽しかったです。

ただ、モン族市場は、楽しみにしていた割には、どのあたりまでお店があるのかとか、見るポイント?のようなものがわからなくて、ちょっと不完全燃焼。。

次に行く機会があったら、もっとゆっくりじっくり回って、色々お買い物してみたいと思いました。

スポンサーリンク

④ドイチャンコーヒー

チェンマイは、コーヒーが美味しいと聞いていたので、カフェにいくつか行きたいと思っていました。

ドイチャンコーヒー【タイ・チェンマイ④】

モン族市場からホテルに戻る途中に、「DOI CHAANG COFFEE(ドイチャンコーヒー)」のカフェがあったので、ちょっと休憩、お茶をしました。

ターペー通りから入った裏道にあるため、とても静かで、お客さんも常連さんしか来ないような、こぢんまりとしたカフェです。

ドイチャンコーヒー【タイ・チェンマイ④】

ドイチャンコーヒーのマークは、黒柳徹子さん風の髪型をしたおじさん。インパクトあります。

”ドイチャン” というのは、タイ北部のチェンライ県にあるドイチャン村のこと。

ドイチャン村で栽培されているアラビカ種のコーヒー豆が ”ドイチャンコーヒー” で、世界的に評価を得ているとても美味しいコーヒーなのです。

ドイチャンコーヒー【タイ・チェンマイ④】

こちらの店舗は、素朴で、お店のスタッフも寡黙なお兄さん一人だけ。

営業時間も14:00までと、あまりやる気のない感じ(笑)

でも、こののんびりとした感じがいいです♪

ドイチャンコーヒー【タイ・チェンマイ④】

ドイチャンコーヒー【タイ・チェンマイ④】

注文したのは、アメリカーノとアイスカフェラテ。2つで100バーツ。お手頃です。

テラス席でいただきます。

私はカフェラテにしましたが、コーヒーの味がしっかりとして、ミルクととても合うコーヒーでした。すごく美味しくて、喉が潤いました♪

ドイチャンコーヒー【タイ・チェンマイ④】

ドイチャンコーヒー【タイ・チェンマイ④】

クッキーの販売もあり。

朝食メニューもあるようで、常連さんらしき欧米のお客さんが来て、トーストを食べていました。

でも、そのトースト、隣のお店の人が、隣から運んできたんです! この店舗オリジナルメニューなのでしょうか。お隣とのコラボも注目です!

ドイチャンコーヒー【タイ・チェンマイ④】

スポンサーリンク

⑤ギャット・オーチャー

一旦ホテルに戻って、お買い物した荷物を置いたら、お次はランチです。

チェンマイ【タイ・チェンマイ④】

旧市街の中心にある「三人の王像」の近くの、地元の人や観光客でいっぱいになるカオマンガイの人気店『ギャット・オーチャー』を目指します。

ギャット・オーチャー【タイ・チェンマイ④】

お店を見つけるのに、ちょっと苦労しました。「三人の王像」の近くの道を行ったり来たりしながら、やっと発見!

お店はオープンな造りで、気軽に入ることができます。

まさに、地元の食堂といった感じ。

ギャット・オーチャー【タイ・チェンマイ④】

カオマンガイは、一般的な茹でたものと、揚げたものがあるとのこと。両方食べてみたかったので、ハーフ&ハーフで。

このプラスチックの食器がタイっぽくていいです♪

ソースは、お醤油ベースのものと、スイートチリのようなもの。あとは、生姜と青唐辛子です。

そして、スープとご飯。

鶏肉のダシで炊いたご飯は、やっぱり美味しい♪

鶏肉も、ボリュームはありませんが、シンプルな優しいお味がします。

ギャット・オーチャー【タイ・チェンマイ④】

カオマンガイと一緒に注文したいのが、「ムーサテ(豚肉の串焼き)」

ピーナッツのソースをつけていただきます。

1本のお肉が日本の焼き鳥のように大きくないので、パクパク食べられちゃいます。

ピーナッツソースが合う!

あっという間に、完食です!!

ギャット・オーチャー【タイ・チェンマイ④】

店頭で、ムーサテを焼いてます。

気軽に入って、サッと食べられる美味しいお店は、ぜひ覚えておきたいですね!

 

『ギャット・オーチャー』の記事はこちら↓

午後は、チェンマイのおしゃれエリア「ニマンヘミン」に行きます☆

チェンマイ2日目午前【タイ・チェンマイ④】

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

タイ料理の人気メニュー《28品》ご紹介★辛味・甘味・酸味のハーモニー♪
肉や魚介、バラエティに富んだ野菜を素材とし、パクチーやレモングラス、バイマックルーやカーなど様々なハーブとナンプラーで味付けされたタイ料理。定番のトムヤムやガパオから、ちょっとマイナーなお料理まで、人気のタイ料理《28品》をご紹介します★
チェンマイの魅力的な寺院を6つご紹介★【タイ】
タイ北部にある「チェンマイ」。ラーンナータイ王国の首都として、メンラーイ王により1296年に建設された古都で、北部タイの文化・経済の中心地です。700年あまりの歴史を持つこの町には、数多くの寺院があります。その数、およそ100以上。今回は、その中からおすすめできる魅力的な6つの寺院を紹介します。
タイで買った日清食品の「カップヌードル」5種類を食べ比べ!
世界80カ国で販売されている日清食品のカップヌードル。今回はタイのカップヌードルのご紹介です。タイでは6種類のカップヌードルが販売されているようですが、今回はタイのセブンイレブンで売られていたものを5種類、買ってきましたー!さっそく、食べ比べしてみます。
チェンマイ最大の見どころ、ドイステープ寺院の黄金の仏塔【タイ】
チェンマイ旧市街から西に15㎞ほど。ソンテウに乗って約40分ほど山道を進んだところ。標高1,080mのステープ山の山頂に「ドイ・ステープ寺院」はあります。「ドイステープ寺院」は、チェンマイで最も有名な観光名所のひとつ。チェンマイに来たら「ドイステープ寺院」を訪れないことには始まりません!
チェンマイ★ソンテウをチャーターし、モン族の村とドイステープ寺院を訪れる【タイ】
タイ・チェンマイの旅3日目午後。ニマンヘミンでソンテウをチャーターして、モン族の村「バーン・ドーイ・プイ」と、山の上にあるチェンマイ最大の見どころ「ドイステープ寺院」を訪れます。色とりどりのモン族の布や雑貨を物色し、黄金色に光り輝くドイステープ寺院と、山の上から眺めるチェンマイの町のパノラマを満喫!
タイ料理の定番スープ「トムヤムクン」東京&バンコクの《絶品》17杯ご紹介!
タイ料理と言えば、「トムヤムクン(Tom yum goong:ต้มยำกุ้ง)」(エビ入りトムヤムスープ)♪。酸味と辛味、複雑な香りがたまらない、タイ料理を食べるなら必ず頼みたいスープです★ タイ料理を代表するスープ「トムヤムクン」。東京&バンコクでいただいた美味しい「トムヤムクン」を17杯、ご紹介します★
インスタ映えのカラフル寺院「ワット・パクナム」を訪問 【タイ・バンコク】
ラオス旅最終日。バンコクに到着した後、海鮮たっぷりのどんぶりと、ママー麺が入ったトムヤム鍋が美味しい『Forget Me Not』でランチ。その後、インスタ映えで有名なカラフル寺院「ワット・パクナム」を訪問しました★
♪ターイ・オラタイ/モーラム・ドークヤー(ต่าย อรทัย)
タイの人気ルークトゥン歌手、ターイ・オラタイのモーラムアルバム「モーラム・ドークヤー」。 ターイ・オラタイは、イーサーン地方ウボン・ラチャタニーの出身。イーサーン語でルークトゥンを歌う、ルークトゥン・イーサーンの人気歌手です。
「タイシルク」ジム・トンプソンによって復興した光沢布(Thai Silk)
「タイシルク」とは、タイ北東部で古くから作られてきた布のこと。家内工業製品として細々と受け継がれてきたローカルな工芸品です。20世紀の中頃、機械織りによる大量生産布の普及などでタイシルクは衰退の一途を辿っていました。そんな中、一人のアメリカ人が、このタイシルクを復興させようと立ち上がります。

コメント