【フィリピン】バナウェ観光 – コルディリェーラの棚田群(世界遺産)の拠点の町

フィリピン、バナウェ。バナウェの街並み フィリピンの旅
記事内に広告が含まれています。

マニラ行きの夜行バスの出発は夜の7時。

それまで結構時間があるので、バナウェの街の見どころをぶらぶらと見て回ることにしました。

スポンサーリンク

バナウェ(Banaue)の街をぶらぶら散歩

フィリピン、バナウェ。バナウェの街並み

まず、訪れたのが「バナウェ博物館」

街の中心から坂を登ったところにあるホテル「バナウェ・ビュー・イン」の敷地内にある小さな博物館です。

館内には、イフガオ族の装飾品や生活道具、民族衣装、20世紀初頭の頃の写真などが展示されていました。

  • 開館時間:7:00〜17:00
  • 料金:50ペソ(100円)

写真は、博物館の敷地からバナウェの街を見下ろしたところです。

 

フィリピン、バナウェ。バナウェの市場バナウェの市場

フィリピン、バナウェ。バナウェの市場野菜と果物がたくさん!

フィリピン、バナウェ。バナウェの市場川魚も並びます。

フィリピン、バナウェ。にわとり、バナウェの中心街市場の外ではニワトリが売られていました。

 

次に訪れたのが、バナウェのマーケット

野菜や果物などの青果、精肉や鮮魚などが並んでいました。

昼過ぎだったせいか、買い物客の姿はまばら。

フィリピン、バナウェ。バナウェの中心街バナウェの街の中心部の広場

 

写真はバナウェの街の中心部の広場です。

トライシクルがたくさん並び、近郊へ行くバスもここから出ます。

正面の建物はマーケット。広場から右手の方へ歩くと、観光案内所があり、旅行者向けのホテルやレストラン、土産物屋が並ぶメインストリートがあります。

フィリピン、バナウェ。バナウェのグリーンビューレストランでカレーを食べる「グリーン・ビュー・レストラン」のチキンカレー

 

ランチは、メインストリート沿いにある「グリーン・ビュー・レストラン」でチキンカレーを食べました。

パンケーキとコーヒーも注文して、250ペソ(500円)

旅行者向けの料理&味付けでしたが、満足のいく味。

スポンサーリンク

タムアン村を歩く

フィリピン、バナウェ。ホテルから階段を降りて10分、タムアン村へ。「タムアン村」

 

食後、「タムアン村」へと向かいます。

「タムアン村」は、宿泊していた「バナウェ・ホテル」の脇の小道を約3分ほど下ったところにある小さな集落です。

高床式の家が並ぶ、昔ながらの生活様式が守られている村です。

 

ガイドブックによると、観光地化されていて、物売りとかが売り込んでくるという話でしたが、そんなことはなく、のんびりとした村でした。

フィリピン、バナウェ。タムアン村の子供たち村を歩いていると子供たちが駆け寄ってきました!

 

ブタやニワトリがいるのんびりとした村。

村を歩いていると、子供たちが集まってきます。

カンフーの真似をしたり、服や鞄を引っ張られたりでもう大変!

フィリピン、バナウェ。タムアン村の子供たち村の民家に居た子供たち

フィリピン、バナウェ。タムアン村の子供たち村への途中にあった土産物屋の子供たち

フィリピン、バナウェ。タムアン村の子供たちカメラを向けると大はしゃぎ!

スポンサーリンク

夜行バスでマニラへ

フィリピン、バナウェ。バナウェから夜行バスでマニラへ。所要9時間マニラ行きの夜行バス

 

19:30、バスはバナウェの街を出発しました。

席は一番前の座席です。

バスは、エンジンの調子が悪かったようで、しばらく何度も止まってしまっていましたが、しばらくすると元気を取り戻したようで快調に走り始めました。

 

車内は冷房が効き過ぎてかなり寒かったです。

フィリピンの夜行バスは、冷房が効き過ぎて寒いという話は聞いていました。

そのため、パーカーを着てフードを被り、膝掛けを足に巻いていたのですが、それでも寒かったです。

横の席に座っていた西洋人の女性は、街を歩くのと変わらない軽装をしていたため、ガタガタ震えていました。

写真は、途中休憩で立ち寄ったドライブインの様子です。

 

バスは、9時間後の早朝4時半にマニラに到着!

寒さと狭いシートの窮屈さによって、ボロボロな気分。

かなり、しんどかったです。

 

旅行時期:2012年12月〜2013年1月

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

スペイン情緒溢れるロマンチックな町「ビガン」(Vigan)【フィリピン】
まるで南欧の片田舎の町を歩いているかのよう。フィリピンで最もスペイン情緒を味わえる町「ビガン」です!「ビガン」は、首都マニラから約400Km、バスで10時間ほどの所にある小さな町。ラワグからはバスで2時間ほどです。世界遺産にも登録されたビガン。この美しい町を守った日本人のエピソードについてもご紹介します。
【世界遺産】フィリピン・コルディレラの棚田群 - 山一面に広がるバタッド村のライステラス
ルソン島北部を縦断するコルディレラ山脈の山あいにある町「バナウェ」。標高約1500mに位置するこの町は、世界遺産にも登録されているライステラス(棚田)で有名です。「バナウェ」の街からトライシクルと徒歩で2時間40分、バタッド村の棚田(世界遺産)を訪問!
【フィリピン】世界遺産「バナウェの棚田」 - イフガオ族の作った高低差1,500mのライステラス
フィリピンのルソン島北部、イフガオ州の「バナウェ」。近郊にあるライステラスは、「コルディレラの棚田群」として世界遺産にも登録されています。この日は、トライシクルのドライバー兼ガイド、ケリー君と一緒にバナウェの「ライステラス・ビューポイント」を巡ることにしました。
ビガンからバギオを経由してバナウェへバスの旅(Vigan〜Baguio〜Banaue)【フィリピン】
バスを乗り継いで丸一日!「ビガン」歴史都市から棚田の広がる「バナウェ」へ。途中「バギオ」の町に立ち寄りました。「バギオ」まで約5時間。バギオで乗り継ぎがてら8時間観光。「バギオ」から「バナウェ」までは夜行バスで8時間。かなりの長旅です!
フィリピンの首都「メトロマニラ」街歩き - イントラムロスからチャイナタウン、SMモールまで
フィリピンの首都「メトロ・マニラ」は、17の行政地域からなる首都圏を形成していて、首都圏人口は約1,155万人。東南アジア有数の巨大都市です。そんなマニラの街歩き。マニラの中心、リサール公園からイントラムロス、チャイナタウンへと抜け、ロハス通りを歩き、巨大ショッピングセンター「SMモール」を散歩しました。
フィリピンレストランATE(西荻窪)|シニガンスープとアドボ・バボイの旨さに舌鼓♪
西荻窪にあるフィリピン料理店『フィリピンレストランATE(アテ)』。フィリピンの国民食、酸味のあるタマリンドスープ「シニガン」や、醤油と酢でマリネードした豚角煮「アドボ・バボイ」は頷くほどの旨さ♪卵黄だけを使った濃厚プリン「レチェ・フラン」も美味です★意外なほど美味しいフィリピン料理、ぜひ、オススメしたいです★
クイーンコンテストが華やか!フィリピンフェスティバル2016 in 日比谷公園
2016年6月18日(土)〜6月19日(日)に東京の日比谷公園で、「フィリピンフェスティバル2016」が開催されていたので、行ってきましたー!「フィリピンフェスティバル2016」は、フィリピンと在日フィリピン人のコミュニティを日本に紹介し、フィリピンと日本の友好親善を図ることを目的としたイベントです。

コメント