キューバの首都「ハバナ」へ! 成田からエアカナダのトロント経由で18時間

キューバの首都「ハバナ」へ! 成田からエアカナダのトロント経由で18時間

クラシックカーのいるハバナ旧市街の風景 【キューバ Cuba】 キューバの旅
記事内に広告が含まれています。

キューバ

カストロとゲバラが生みだした革命の島、ラム酒とモヒートのふるさと、世界中のミュージシャンが愛して止まないキューバ音楽、メジャーを驚かせるスターを輩出し続けるキューバ野球・・・。

独自の社会主義政権によりアメリカと国交を断ち、50年前のアメリカン・クラシックカーがスペイン風の街を走り回る、まるで、時が止まってしまっているかのような国、キューバ。

ゲバラチェ・ゲバラ

ベトナム4 ハノイ カウゴウモヒート

キューバ 音楽キューバで音楽鑑賞

キューバ 野球キューバ野球

そんな、憧れの国、キューバに行ってまいりましたー!!

スポンサーリンク

キューバとはどんな国?

キューバは、カリブ海の北東、大アンティル諸島にある島国。カリブ海最大の島です。

フロリダ海峡を隔てて北へ145Km先には、アメリカのフロリダ州があります。

ほんと、アメリカと目と鼻の先。それなのに、アメリカの商品や文化は50年以上前からほとんど入ってきておらず、街はアメリカとは全く違った雰囲気です。

もちろん、マクドナルドもコカコーラもありません!

キューバキューバの国旗

 

キューバは、革命の国。

1959年、フィデル・カストロとチェ・ゲバラらによって起こされた「キューバ革命」はあまりにも有名!

以後、国は社会主義革命政権によって運営されていて、資本主義の日本やアメリカとはあらゆるところで違っています。

 

例えば、「2重通貨制度」

キューバには、キューバ国民用の「人民ペソ(CUP=MN)」と外国人用の「キューバ兌換ペソ(CUC)」があります。

旅行者向けのホテルやレストランは、すべてCUC払い。人民はMN払いのお店を使っています。

1CUC=約100円 1CUC=24MN(2013年)

旅行者は基本的にCUCを使うこととされていて、現地の人民よりも約10倍ほどの費用がかかります。

ですが、たまにお釣りとしてMNをくれることがあるので、旅行者もMNを使えないわけではないです。

 

首都はハバナ

19世紀初頭までキューバはスペインの植民地でした。

そのため、街にはスペイン時代のコロニアル風建築が数多く残り、キューバの魅力のひとつとなっています。

 

スペイン時代の街並み、音楽や野球などの文化、お酒や葉巻、日本とは違う社会体制。

キューバは、面白いことたくさんの魅力ある国なのです!

スポンサーリンク

キューバへのアクセス(フライトスケジュール&航空券価格)

成田空港からエアカナダでキューバへ向けて出発。トロント行きは1時間の遅れ。 【キューバ Cuba】エアー・カナダでトロント経由でキューバへ

成田空港からエアカナダでキューバへ向けて出発。トロント行きは1時間の遅れ。 【キューバ Cuba】AC002便で成田17:50発

 

キューバへのアクセスは、エアカナダトロント経由で。

  • AC002便  成田   :17:50 〜 トロント:16:45
  • AC1798便 トロント:17:55 〜 ハバナ :21:20

乗り継ぎ合わせて、およそ18時間ほどの旅です。

ちなみに、帰りは、

  • AC1799便 ハバナ :09:10 〜 トロント:12:40
  • AC001便 トロント  :14:10 〜 成田  :15:55(+1)

4/27(土)出発、5/6(月)到着で、1年近く前に予約して¥185,610(サーチャージ込み)

高いですが、この時期にキューバに行くにしては結構安めの値段になったのかなという気がします。

 

キューバに行くには「ツーリストカード」の申請も必要。

「ツーリストカード」は、キューバ大使館に行けば即日発行してくれる他、WEBサイトでダウンロードしての郵送申請も受け付けてくれます。

トロント上空。トロントで乗り換えてハバナへ。トロントには17:10着。ハバナへは22:00頃到着予定 【キューバ Cuba】トロントには16:45に到着

トロント上空。トロントで乗り換えてハバナへ。トロントには17:10着。ハバナへは22:00頃到着予定 【キューバ Cuba】トロント上空の風景

 

成田発の飛行機の出発は約30分遅れて、16:20発でした。

トロントまでは11時間。

トロントに着くと、すぐに係員にハバナ行きへと誘導されて(乗り継ぎ時間が30分しかありませんでした!)、搭乗するとすぐに離陸。4時間のフライトで、21:15分にハバナに到着しました!

スポンサーリンク

ハバナの空港から新市街へ。ホテル・ベダードに宿泊

入国審査はほぼノーチェック、荷物を受け取り、両替を済ませ、タクシーカウンターでタクシーを手配します。

予約していた「ホテル・ベダード」(Hotel Vedado)まで、30CUC(3,000円)

ちょっと高いけど仕方がありません。

「ホテル・ベダード」はハバナの新市街にあります。

タクシーは、夜の街を飛ばしていきます。道にはところどころにクラシックカーの姿が、通りにあるお店からは陽気なラテンのリズムが聴こえてきます♪

「キューバに来た」という感じです!

ホテルには30分ほどで到着しました。

ハバナ到着、新市街のホテル・ベダードの部屋 【キューバ Cuba】「ホテル・ベダード」のお部屋

 

「ホテル・ベダード」(Hotel Vedado)のお部屋です。

シングル2泊で34,100円。WEBサイトから予約しました。

かなり高いですが、初めての国のランディングは安心できる所が一番!

値段には見合ってない気がしましたが、気持ちの良いベッドとホットシャワー、A/C、テレビと朝食付きで、スタッフの対応も良く、満足できるホテルでした。

ただし、場所は、新市街なので見どころとは離れているため、ちょっぴり不便。

スポンサーリンク

食堂でいただくモヒート!ノリノリの音楽♪

ホテル近くの食堂で夕食。さっそくモヒートを注文。 【キューバ Cuba】モヒート!

ホテル近くの食堂で夕食。チキンの定食。 【キューバ Cuba】チキンプレート!

 

荷物を置いた後、さっそく街へ!夕食を食べに行きます。

すでに夜の11時を過ぎていましたが、街には人がたくさん!

大通りの角に繁盛しているお店がありましたので、そこに入りました。

すぐにウェイターのお姉さんがやってきて、モヒートとチキンプレートを注文(15CUC:1,500円)。

値段、結構しますね。

 

とにもかくにも、初モヒートです!

味は、洗練されてはいないけど、うん、美味しい★

料理もまずまず、日本人の口に合います。

 

食べていると、隣に座っていた二人組が話し掛けてきました。

ホンジュラス人とメキシコ人の医学生だそうです。

なんでも、キューバは医療が発達していて、ラテンアメリカの国の医学生にとっては、メジャーな留学先なのだとか。

お店では、バンドがラテン音楽を演奏していました♪

リズムに合わせ、お姉さんが腰を振っています。

医学生は、かなり陽気な人たちで、バンドからスリコギを借りて一緒に演奏したり、拍手をしてダンサーに合いの手を入れたりしていました。

ノリノリです!

ホンジュラス人は、ビールをご馳走してくれたり、WBC日本代表のことを褒めてくれたり。メキシコ人は、かなり女好きのようで、キューバ女性の話ばかりしていました。

楽しいひととき。

モヒートを一杯、ビールを一杯飲んだところで彼らとお別れ。

キューバ最初の夜で、キューバらしい時間を味わうことができました。

感謝です!

 

旅行時期:2013年4月〜5月

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

1950年代のアメ車がたくさん!クラシックカーの街「ハバナ」【キューバ】
キューバと言えば、クラシックカー!ハバナの街を歩いていると、1950年代のアメリカで走っていたクラシックカーが次々と脇を通り掛かります。ハバナの街に、なぜクラシックカーがたくさん走っているのか・・・。それは、アメリカとの関係が影響しています。
キューバ野球観戦 in ラティーノ・アメリカーノ球場【キューバ・ハバナ】
キューバの首都ハバナの「ラティーノ・アメリカーノ球場」(Estadio Latinoamericano)でキューバ野球を観戦しましたー!この球場は、キューバ屈指の名門チーム「レオネス・デ・インダストリアレス」のホームグラウンド。「レオネス・デ・インダストリアレス」は、全国にファンを持つ人気チームです。
♪ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(Buena Vista Social Club)
1996年、アメリカ人ギタリスト「ライ・クーダー」は、キューバを訪れます。そこで出会ったのが、1940、50年代に活躍していたキューバ音楽の老ミュージシャンたち。彼らの音楽に惚れ込んだクーダーは、彼らとともにバンドを結成、アルバムを世界に発表しました。それが、この「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」です。
「チェ28歳の革命」「チェ39歳別れの手紙」世界で一番格好いい男、チェ・ゲバラを描いた2部作【映画】
「チェ28歳の革命」「チェ39歳別れの手紙」。フィデル・カストロと共に1959年のキューバ革命を成し遂げた男、チェ・ゲバラ。ジャン・ポール・サルトル曰く「20世紀で最も完璧な人間」、ジョン・レノン曰く「世界で一番格好良い男」。革命によって世界を変える。その理想に身を捧げたチェ・ゲバラを描いた2部作です。

コメント