メキシコ雑貨や民芸品がたくさん!お土産を買うなら「シウダデラ市場」で【メキシコ】

シウダデラ市場【メキシコ】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

メキシコシティ、メトロの1号線と3号線の走る「バルデラス駅」から徒歩5分のところに、その土地の文化が分かる市場(メルカード)『シウダデラ市場』があります。

200を超える店舗数があり、民芸品の品揃えは No.1です!

かわいい刺繍ブラウスや陶器、布やかごなどの民芸品がたくさん♪ ゆっくり見て回ろうと思ったら、一日過ごせそうです。

スポンサーリンク

●ホテルから歩いて「シウダデラ市場」へ

メキシコシティ滞在3日目の午後は、『シウダデラ市場』へ行きました。

この日の午前中はテオティワカン遺跡に観光に行ったので、結構ハードスケジュールな気もしましたが、市場は楽しみにしていたので、頑張って行きましたよ。

『シウダデラ市場』は、最寄りのメトロ「バルデラス駅」から徒歩5分ほどのところにありますが、宿泊してるホテルからも歩けそうだっだので、歩いて市場まで向かいました~。

シウダデラ市場への道(メキシコシティ④)【メキシコ】

お店が建ち並び、人も結構多く賑わっている通りだったので、飽きずに歩くことができました。

シウダデラ市場への道(メキシコシティ④)【メキシコ】

途中、お客さんがたくさん並んでいるコーヒー屋さんを発見!

シウダデラ市場への道(メキシコシティ④)【メキシコ】

みなさんコーヒー豆を買っているようです。人気っぽいのですごく気になりましたが、注文の仕方も分からないし、なにせスペイン語が分からないので断念。。

シウダデラ市場への道(メキシコシティ④)【メキシコ】

シウダデラ市場への道(メキシコシティ④)【メキシコ】

市場がありそうな雰囲気になってきました。

何気に15~20分くらい歩きました(汗)

『シウダデラ市場』は、バルデラス通りにあります。

シウダデラ市場【メキシコ】

バルデラス通りに入ると、黄色い建物が目に入りました。もしかして、あれかも!

シウダデラ市場【メキシコ】

到着しましたー! 黄色い壁に青の文字とラインがカワイイ♪

スポンサーリンク

①市場の中のかわいい食堂『Fonda Carmelita(フォンダ・カルメリータ)』

この日の午前中、テオティワカン遺跡に行き、まだお昼ご飯を食べていなかったので、まずは腹ごしらえ。

シウダデラ市場の中にも、レストラン(食堂)があるらしいので、市場メシに挑戦です!

フォンダ・カルメリータ(シウダデラ市場)【メキシコ】

早速目に入ったのが、『Fonda Carmelita(フォンダ・カルメリータ)』という食堂。

お店を覗いてみると、、、

フォンダ・カルメリータ(シウダデラ市場)【メキシコ】

わーカワイイ♪

市場の食堂といっても、普通のきれいなレストランという感じです。

天井に飾られてるのは、パペルピカドというメキシコの切り絵細工で、お祭りのときなどに飾られるそう。カラフルでとってもカワイイです☆

ここでお昼にしましょう~!

フォンダ・カルメリータ(シウダデラ市場)【メキシコ】

フォンダ・カルメリータ(シウダデラ市場)【メキシコ】

お店の外にもテーブルがあり、そのテーブルクロスがこれまたカワイイ♪ テンション上がります!!

フォンダ・カルメリータ(シウダデラ市場)【メキシコ】

外のテラス席も惹かれましたが、店内で。

ピンクのランチョンマットに、ピンクのメニュー♡

テーブルには、お決まりのサルサソースが。

フォンダ・カルメリータ(シウダデラ市場)【メキシコ】

ドリンクは、コカ・コーラ!

といのも、”メキシコのコカ・コーラが世界一美味しい” らしいんです!

アメリカのコーラがとうもろこし由来の果糖ブドウ糖液糖を使用しているのに対し、メキシコのコーラはさとうきびからできる純粋な砂糖が原料になっているとのこと。

この違いが、コーラマニアの間で評判になっているんだとか。。

うーん、普段コーラを飲まない私には、その違いは分からなかった。。

フォンダ・カルメリータ(シウダデラ市場)【メキシコ】

「CONSOME PREPARADO」50ペソ

チキン、アボカド、トマトが入っているスープ。食べてみたら、中にご飯も入ってました。

これが、とっても美味しかったんです♪

あっさりしたコンソメスープに、ちょいピリな辛みがあって、やさしいお味。こってりめな食事が続いていたので、このスープがたまらなく美味しく感じ、あっという間に完食。

フォンダ・カルメリータ(シウダデラ市場)【メキシコ】

「TACOS DORADOS DE POLLO PALA O CARNE」70ペソ

トルティーヤにチキンを巻いて、揚げたタコス。

パリパリの食感がいい感じ。チキンはちょっとパサっとしてたかな。

うん、まぁ普通に美味しかったです。

フォンダ・カルメリータ(シウダデラ市場)【メキシコ】

「ARRACHERA」100ペソ

メキシコ風の牛ハラミステーキ。フライドポテトが添えられています。

ステーキ~♪ シンプルな味つけなので、サルサソースで味に変化をつけていただきます。

が、メキシコ料理は、何でもかんでもサルサソースなので、ちょっと飽きてきてしまうのがネック。。

かなりお腹がいっぱいになり、少し残してしまいました。

フォンダ・カルメリータ(シウダデラ市場)【メキシコ】

途中、ひとりマリアッチおじさんが登場!

ちょっとビミョーな?感じだったけど、こういうのはメキシコっぽくていいですよね。

 

お腹も満たされ、チップを含めて300ペソ(約2,400円)。市場メシの割りには高かったような。。まぁでもたくさん食べたから、こんなもんでしょうか。

スポンサーリンク

②メキシコのカラフルな民芸品がモリモリ♪

ではでは、市場を散策です♪

シウダデラ市場【メキシコ】

入ってすぐのところ。

刺繍ブラウスや、メキシカンハット、カラフルな布やバッグなど、たくさんのメキシコの民芸品が目に飛び込んできました☆

テンション上がります♪

市場なので、人でごった返してるのかなーと思ってましたが、あまりお客さんもいなくて、とても見やすかったです。スリとかも心配していたのですが、まったく問題なしでした。

シウダデラ市場【メキシコ】

カラフルなバッグが所狭しと飾られています。

シウダデラ市場【メキシコ】

かわいらしい刺繍ブラウスたち。

刺繍ブラウスは、カラフルすぎないシンプルなものがあればなーと思ってたのですが、なかなか思うようなものに出会えず、結局1着も買えませんでした。。

メキシコらしいカラフルなブラウス、買っておけば良かったかな。。

シウダデラ市場【メキシコ】

メキシコと言えば?ポンチョ!! 寒い時期は重宝しそうなポンチョです。

シウダデラ市場【メキシコ】

ゴッチャリとたくさんの布もの。色の洪水です!

”メキシコ”って感じですよね。

シウダデラ市場【メキシコ】

元気になりそうなカラフルなチェック柄のランチョンマット。

さっきランチを食べたお店のテーブルクロスにも使われていた、このチェック柄の布が色んなお店で売られていて、とってもかわいく、大きな布を1枚購入しましたよ♪

奥に積まれているカゴも魅力的★ かわいいけど、カゴはかさばるのでなかなか買えないですよね。。

シウダデラ市場【メキシコ】

ここにもチェック柄の布が! うーん、素敵です☆

シウダデラ市場【メキシコ】

ブリキのピアス。細かいお花の絵柄がカワイイですね♪

シウダデラ市場【メキシコ】

とてもカラフルなタラベラ焼き。メキシコの色使いはホントに凄いです!

シウダデラ市場【メキシコ】

シウダデラ市場【メキシコ】

シウダデラ市場【メキシコ】

タラベラ焼きのお店も何軒もありました。

シウダデラ市場【メキシコ】店内にはブリキの飾り物

シウダデラ市場【メキシコ】ルチャリブレのマスク

 

これぞメキシコ!という民芸品がたくさんあります。

シウダデラ市場【メキシコ】

市場の奥の方には、こんなオープンな空間も。不思議なオブジェがたくさん!

シウダデラ市場【メキシコ】

シウダデラ市場【メキシコ】

メキシコの民芸品で、骸骨モチーフのものって多いですよね。

日本のお盆にあたるメキシコの祭典「死者の日」には、街中がガイコツで溢れかえる光景が見られるそうです。もともとメキシコでは、祖先のガイコツを飾る習慣があり、その名残で「死者の日」には様々な場所でガイコツを見かけるとのこと。

お盆と同じ意味を持つ「死者の日」ですが、日本とは全く違ってハロウィンのように仮装をして街に繰り出したりと、とても賑やかなものだそうです。

 

市場には、似たようなお店もたくさんあり、「もう一回あのお店に行きたい!」と思っても、なかなかたどり着けなかったりと(方向音痴だから。。ということもありますが)、ぐるぐるたくさん歩いてかなり疲れました~(汗)

 

シウダデラ市場で買ったものは、、、

メキシコお土産【メキシコ】

気になっていたカラフルな布。かなり大判です。

この色使いがメキシコ!で、気に入ってます♪ 250ペソでした。

メキシコお土産【メキシコ】

市場の食堂では、テーブルクロスとして使っていましたが、私はソファにかけてます。お部屋が明るくなりますよ♪

メキシコお土産【メキシコ】

小物入れ(1個28ペソ)。やはり色合いがカワイイ☆

メキシコお土産【メキシコ】

メキシコお土産【メキシコ】

アクセサリーとか小さなものを入れるのにちょうど良いサイズ。こちらは、お土産に!

 

市場で購入したもの、以上です!!

ホントは、もっとゆっくり色々見てお買い物したかったのですが、疲労がピークに。。

一旦ホテルに戻ります。

シウダデラ市場【メキシコ】

市場の出口。出口が何カ所あるのか分かりませんが、こちらから出て来ました。

スポンサーリンク

③スーパーマーケット『CHEDRAUI(チェドラウィ)』

シウダデラ市場への道(メキシコシティ④)【メキシコ】

シウダデラ市場から少し歩いたところにあるスーパーマーケット『CHEDRAUI(チェドラウィ)』

スーパーにも行きたかったので寄ってみたのですが、あまりにも疲れていたので、一周グルっと回っただけで出てきてしまいました。

スーパーは、大きな荷物は預けなければなりません。それがちょっと面倒ですよね。この時は、斜め掛けできるバッグだったのですが、預けようと思ったら、”それは大丈夫”みたいなことを言われ、預けなくて大丈夫でした。

店内はかなり広く、品揃えは充実していたと思いますが、なにせ疲れていたので、あまり見ることもできず。。残念。

スポンサーリンク

④新鮮な食料品が集まる「サン・ファン市場」

シウダデラ市場への道(メキシコシティ④)【メキシコ】

シウダデラ市場への道(メキシコシティ④)【メキシコ】

スーパの近くには、野菜や果物を売っている屋台のお店が。

・・・と思ったら、ここは「サン・ファン市場」という、食料品の市場でした。

サン・フアン市場(メキシコシティ④)【メキシコ】

市場の壁には、アボカドやラディッシュ、とうもろこしのイラストが描かれています。

「サン・ファン市場」も見たかったので、ちょうど良かった。入ってみましょう~。

サン・フアン市場(メキシコシティ④)【メキシコ】

所狭しとお店が並んでいます。フルーツや野菜、お肉や魚などの食料品がいっぱいです!

ここサン・ファン市場は、メキシコ市内のレストランが食材を買い付けに来るそうで、素材の種類・鮮度は抜群だそうです。

サン・フアン市場(メキシコシティ④)【メキシコ】

とてもキレイに並べられた野菜たち。このニンジン、並べるの時間かかっただろうなぁ。。

新鮮で美味しそう☆

サン・フアン市場(メキシコシティ④)【メキシコ】

カラフルなフルーツもたくさん! とっても美味しそうです♪

サン・フアン市場(メキシコシティ④)【メキシコ】

サボテンや観葉植物を売っているお店も。

サン・フアン市場(メキシコシティ④)【メキシコ】

市場の中には、食事ができるお店(屋台)があって、フードコートのようになっているエリアもありました。

サン・フアン市場(メキシコシティ④)【メキシコ】

サン・フアン市場(メキシコシティ④)【メキシコ】

お昼時でもなかったのですが、たくさんの人が食事をしていて、まさに市民の台所といった感じ。かなり賑わっていました!

サン・フアン市場(メキシコシティ④)【メキシコ】

Tシャツも売ってます。

写真がないのですが、肉の塊や魚のお店もたくさんあり、迫力ありました~。

 

疲れてるけど、ホテルまでまた頑張って歩いて帰ろうと思ったら、急に雨が!

シウダデラ市場への道(メキシコシティ④)【メキシコ】

雨宿りしてましたが、結構な土砂降りになりなかなかやまないので、タクシーを捕まえて、タクシーでホテルまで帰りました。

流しのタクシーはちょっと不安でしたが、昼間だし問題なくホテルに到着。70ペソでした。

 

現地の生活を垣間見ることもできるので、市場やスーパーマーケットは楽しいですよね♪

さぁ、ホテルで一旦休憩して、またお出かけします!!

シウダデラ市場〜サン・フアン市場(メキシコシティ④)

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

マヤ・アステカなどの発掘品に大興奮!メキシコ古代文明を満喫できる「国立人類学博物館」
メキシコシティに行ったら必ず訪れようと思っていたのが「国立人類学博物館」。テオティワカン、マヤ、アステカなどの遺跡から発掘された壁画や石像を中心に、収蔵されている文化財は12万5,000点を超え、そのうちの6,000点ほどが展示されています。メキシコの古代文明を知るなら、絶対に訪れるべき必見の博物館です★
450年間色褪せない!「グアダルーペ寺院」で見た奇跡の聖母マリア像【メキシコ】
メキシコシティ北部にある「グアダルーペ寺院(Basilica De Guadalupe)」。この寺院は、メキシコ人だけでなくローマ・カトリック教徒全体にとっても重要な場所。ここは、バチカン公認の聖母出現の地でもあるのです。 メキシコ人の崇拝の対象になっている「グアダルーペの聖母(褐色の聖母)」は必見です★
「テオティワカン遺跡」で歴史ロマンを満喫!現地発半日ツアー(ガイド付き)【メキシコ】
「テオティワカン遺跡」へは、公共のバスを使って行くこともできますが、今回は現地旅行会社のツアーを利用。旅行会社は、日本人の方が経営している旅行会社で、ネットで予約をしました。ツアー内容は、グアダルーペ寺院とテオティワカン遺跡を訪れる半日ツアーで、ドライバーと日本人ガイド付き。
メキシコプロレス「ルチャリブレ」を聖地「アレナ・メヒコ」で観る!
メキシカンスタイルのプロレス「ルチャリブレ(Lucha Libre)」は、メキシコの国民に熱狂的に愛されている大衆芸能(格闘技)で、本国メキシコだけでなく中南米全体で高い人気を誇っています。今回、メキシコシティにあるルチャリブレの聖地「アレナ・メヒコ(Arena Mexico)」で興行を観てきたので、ご紹介します★
『フリーダ・カーロ博物館』・・近代メキシコの女流画家「フリーダ・カーロ」の生家「青い家」【メキシコ】
女流画家フリーダ・カーロの生家を、博物館として開放した「フリーダ・カーロ博物館」。夫ディエゴ・リベラとの思い出が詰まった調度品や作品などがたくさん飾られています。近年、フリーダ・カーロの伝記や作品集の刊行、映画の公開などにより、ファンが急増しているとのこと。ファンにとっては、必見の場所です!
ピピラの丘から見た昼間のグアナファトの街は白く輝いていました☆【世界遺産】
メキシコ中央高原にあるコロニアル都市「グアナファト」。ピピラの丘から見えるカラフルなグアナファトの街並みは、まさに絶景です!早朝に続き、お昼にもピピラの丘に登り、朝とは違った景色を堪能しました♪
本場の味が楽しめる「メキシコ料理店」《おすすめ》9店舗をご紹介!
本場の味が楽しめるメキシコ料理店をご紹介します。アメリカナイズされたテクス・メクス料理ではない、本場メキシコのお料理を提供しているお店は都内でも数えるほどしかありません。東京にある、本場メキシコの味が楽しめるお店を9店舗ご紹介します★
♪メキシコ・ロック界の大御所「マナー(Maná)」の名曲「Mariposa traicionera」
メキシコのU2と言われることもあるメキシコ・ロック界の大御所「マナー(Maná)」。日本ではあまり知られていませんが、メキシコを始めラテン・アメリカでは有名なバンドで、これまでのアルバムの総販売枚数は全世界で4000万枚以上。世界で最も成功したラテン・アメリカのバンドと言われています。
♪システマ・ボム/エレクトロ・ハローチョ(メキシコの伝統音楽をハイブリッド化)
メキシコ東海岸、ベラクルス州発祥の音楽「ソン・ハローチョ」。スペインとアフロ・カリビアンの音楽がミックスされた伝統のアコースティック音楽です。この「ソン・ハローチョ」を現代的なエレクトリックを使ってハイブリッド化したのが、「システマ・ボム」のアルバム「エレクトロ・ハローチョ」です。

コメント