華やかな中国風の商店街「豫園商城」を歩き、うねうねとした「龍壁」を見る【上海】

※前回の記事→豫園、外灘、浦東地区。新旧の街並みが面白い!冬の上海まち散歩【中国】

豫園【中国、上海】

上海に行ったら誰しもが訪れると思われるのが、この豫園。

豫園は、1559年(嘉靖38年)から1577年(万暦5年)の18年の歳月を費やし造営されたとされる古典庭園と、かつて上海城の城下町だったところに、当時の街並みを再現した「豫園商城」からなっています。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

中国風のお店が並ぶ「豫園商城」

豫園【中国、上海】豫園の池に浮かぶ「湖心亭」

豫園【中国、上海】「湖心亭」

豫園【中国、上海】中国風の窓

豫園の池に浮かぶ、江南様式の楼閣が「湖心亭」

内部は茶館となっていて、のんびりと中国茶を飲むことができます。

お茶は20元でした。

この茶館は、1885年に開業した上海最古の茶館だそうです。

内部の雰囲気は最高です。

豫園【中国、上海】「豫園商城」

豫園【中国、上海】アーティストたちの出店

豫園【中国、上海】臙脂と白の趣ある建物

「豫園商城」は、土産物屋や飲食店が軒を連ねる楽しいエリア。

お店はすべて中国風の高層建築で、様々な土産物やあらゆる料理、雑貨やお茶、漢方薬など何でも揃います。

また、広場には、似顔絵描き、粘土人形作り、わら細工作り、金属細工作り、版画家など、いろんなアーティストたちも出店を出しています。

ここでは、小籠包のおいしいお店「南翔饅頭店」に行きました。

このお店の小籠包は絶品でした❗️

豫園【中国、上海】スターバックス豫園店

スターバックス豫園店です。

豫園商城の伝統的な建物にうまく嵌っています。

豫園商城には、他にもハーゲンダッツもありました。

上海ではスターバックスの店舗は結構見かけました。

うねうねとした「龍壁」が目を引く庭園「豫園」

豫園【中国、上海】豫園の庭園

豫園の庭園です。

豫園は、明代の役人であった潘允端が、父の潘恩のために贈った庭園であるとのこと。

庭園の面積は2万㎡ですが、造園当時は5万㎡もあったと言われています。

豫園【中国、上海】豫園の「龍壁」

豫園【中国、上海】うねうねとした「龍壁」の塀

園内は5つの景観区と内園に分かれ、それぞれ趣を異にした景観となっています。

その中でもひときわ目を引いたのが、写真の「龍壁」(ロンビー)

粘土でできた龍の頭は大迫力です。胴体のうろこも瓦を使ってうねうねと表現されています。

龍は皇帝の象徴で、本来は皇帝以外は使用することができない存在。

だけど、ここに龍があります。

実は、この龍には本来5本あるとされる爪が4本しかなく、厳密に言うと龍ではないのです。

「緑波廊酒樓」で点心に舌鼓

豫園の中にある点心の店「緑波廊酒樓」「緑波廊酒樓」の店内

豫園の中にある点心の店「緑波廊酒樓」【上海】いろんな種類の点心

豫園の中にある点心の店「緑波廊酒樓」ひとつひとつがかなり美味しいです。

ここは豫園の中にある点心の店「緑波廊酒樓」

セットにビールを注文して55元(825円)。

たくさんの点心が出てきて、ひとつひとつがかなり美味しいです。

前の舞台では、雑技団の少年少女が演技してました。

煌びやかな夜の「豫園商城」

豫園【中国、上海】煌びやかな豫園商城の夜

豫園【中国、上海】まるで千と千尋の神隠しの風景

豫園【中国、上海】夜の豫園商城の明かりは遠くからも見えます。

夜の豫園商城です。

昼の豫園も地元の人や観光客で大賑わいの華やかな場所ですが、夜はいっそうその華やぎが増します。

建物の屋根がライトアップされ、吊り下げられた無数の提灯が赤い光を界隈に照らし出すからです。

その様子は、まるで映画「千と千尋の神隠し」に出てくる油屋のよう。

歩いているだけで楽しくなってくる界隈。

豫園商城、上海に行ったら必見の場所です❗️

※次の記事→夜の上海。ジャズの似合う街、かつて魔都と呼ばれた街【中国】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク