ニャウンウー街歩き、ぶらぶら歩き【ミャンマー】

※前回の記事→馬車で巡るバガン遺跡(午後〜日没)【ミャンマー】

バガン遺跡巡りの拠点となる町ニャウンウー

空港や長距離バスターミナルがあり、ヤンゴンやマンダレーなどからバガンに来た旅行者はまずここを訪れることとなります。

バガン遺跡内には宿はほとんどありません。遺跡の南にはニューバガンという町もありますが、高級な宿ばかり。

比較的安めの宿を探す旅行者は、このニャウンウーで宿を探します。

ニャウンウーには食堂やカフェが多く、市内にはシュエズィーゴン・パゴダをはじめ、見所も多いので、とても便利です。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

バガン遺跡の近く、ニャウンウーの街をぶらぶら散歩

朝のニャウンウーの風景【ミャンマー(ニャウンウー)】

朝のニャウンウーの町です。

ニャウンウーの人たちの朝は早いです。朝早くから多くの人が街を歩いていました。

暑い夏のニャウンウーですが、朝の時間帯は若干涼しめな感じ。

そんなニャウンウーの街をぶらぶら歩き。

朝のニャウンウーの風景【ミャンマー(ニャウンウー)】

朝のニャウンウーの風景【ミャンマー(ニャウンウー)】

ニャウンウーのローカル食堂でモヒンガーを食べる【ミャンマー(ニャウンウー)】

朝のニャウンウーの風景【ミャンマー(ニャウンウー)】

ニャウンウーは、たくさんの人が住み、働く、地域の中心でもある町です。

通りは、仕事前の大人たち、通学途中の子供たちが歩いていました。

食堂で朝食を摂ります。

ミャンマーの国民食「モヒンガー」という麺料理をいただきました。

なまずなどを煮込んだスープに米麺が入った料理です(コーヒーも頼んで600K:60円)。

味は、まあまあかな〜。

動画は朝の食堂の様子です。

朝食を食べるみなさんと、テキパキと動き回るお店スタッフ。

前の席には美女とイケメンのカップルがいて、朝っぱらからイチャイチャ❤️

朝のニャウンウーの風景【ミャンマー(ニャウンウー)】

こちらは、朝の托鉢に出掛ける尼僧たち。

ミャンマーでは、尼僧はピンク色の袈裟をまとっていることが多かったです。

仏教国って感じがしますね。

女学生たち(ニャウンウーの街にて)【ミャンマー(ニャウンウー)】

ニャウンウーの女学生たちです。

白いブラウスに緑の長いスカートの制服で集団登校。

ニャウンウーのローカル食堂【ミャンマー(ニャウンウー)】

こちらのお店は、ランチで入った食堂、宿泊しているタンテ・ホテルの前にある食堂です。

みなさん、マッタリ。ゆる〜い空気が流れています。

ニャウンウーのローカル食堂【ミャンマー(ニャウンウー)】

カオスエ(米の麺) ニャウンウーのローカル食堂【ミャンマー(ニャウンウー)】

このお店では、「カウスエ」という麺を食べました。ココナッツミルクのスープに小麦麺が入った料理です(800K:80円)。

先ほどのモヒンガーよりも、個人的にはこっちの方が好み。

ニャウンウーの街角にて【ミャンマー(ニャウンウー)】

午後のニャウンウーの街の、真夏の昼下がりです。

この時間帯はさすがに暑くて、歩いている人もまばら。

こちらは、午後訪れた「ニャウンウー・マーケット」→ニャウンウー・マーケット(ニャウンウー・ミャンマー)【市場・バザール】

ニャウンウー・マーケット(ニャウンウー・ミャンマー)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、ミャンマー、ニャウンウーの「ニャウンウー・マーケット」

ニャウンウーの街角にて【ミャンマー(ニャウンウー)】

タナカセンターに居た女の子たちにミャンマー歌手について教えてもらう【ミャンマー(ニャウンウー)】

女性たちがほっぺたに塗る化粧品「タナカ

彼女たちは、それを販売する「タナカショップ」の店員さんです。

このお店で日本人の旅行者の方と待ち合わせをしていたのですが、時間があったので彼女たちとお話ししました。

「CDを買いたいから、ミャンマーの人気歌手を教えて!」

と言うと、色々相談しながらいく人かのアーティストの名前を教えてくれました!

タナカの石鹸→ミャンマーの伝統的な化粧品「タナカ」の石鹸

ミャンマーの伝統的な化粧品「タナカ」の石鹸
ミャンマーでは、女性や子供が頬に黄色っぽいファンデーションのようなものを塗っているのをよく見かけます。これは、「タナカ」といってミャンマーの伝統的なおしゃれの一つだそうです。「タナカ」とは、ミカン科ゲッキツ属の木の粉で、その粉に水を加えてペースト状にして使用します。

ナンダ・レストラン前にあったカサ屋【ミャンマー(ニャウンウー)】

ナンダ・レストラン前にあったカサ屋【ミャンマー(ニャウンウー)】

ナンダ・レストラン前にあったカサ屋【ミャンマー(ニャウンウー)】

写真は、ミャンマーの伝統的な傘を売るお店です。

筆でひとつひとつ手作業で模様を描いていきます。

夜は傘をライトアップ。とっても綺麗なディスプレイです。

ニャウンウーの船着き場にて【ミャンマー(ニャウンウー)】

ニャウンウーの船着き場にて【ミャンマー(ニャウンウー)】

ニャウンウーの船着き場にて【ミャンマー(ニャウンウー)】

マンダレー行きのボートが出る船着場です。エーヤワディー川の広大な空間が気持ち良いです。

この船着場は旅行者もよく利用するようで、雑貨屋の店員さんも外国人の対応に慣れてます。

ニャウンウーの船着き場で食堂のおばちゃんたちと話す【ミャンマー(ニャウンウー)】

船着場の前にある雑貨屋でコーラを注文。

飲んでいると、写真の左側のおばさんが話しかけてきました。

彼女の名前は、キンキンカイン(Kin Kin Khaing)。右側の少年は息子のようで、日本語の勉強を始めたところだそうです。

コーラを飲みながら、彼女とカタコト英語で会話しました。

日本のこととか、バガンのこととか色々話しましたけど、興味深かったのは、ここ数年の社会の変化のこと。

後ろにアウンサン・スー・チーの写真が飾ってあります。ミャンマーの商店やレストランには、たいていスー・チーかアウンサン将軍の肖像が飾られていました。

ミャンマーの一般の人たちはみんな、スー・チーのことが大好き!

けれども、数年前まではスー・チーの肖像を飾ることなど考えられなかったのだそうです。秘密警察がどこでも目を光らせていて、自由にものが言える状態ではなかったと、キンキンさんは言います。

2010年、ミャンマーは総選挙を行い、形式的にではありますが民政移管が果たされました。ほどなくして、スー・チー氏も軟禁を解除されます。

民政移管以後、秘密警察の監視の目は緩み、ある程度自由になってきている、随分と暮らしやすくなったと、キンキンさんは話してくれました。

スー・チーさんの肖像も、お店の壁に飾れるようになったのです!

民政移管後は民主化の流れが進み、「アジア最後のフロンティア」として、世界中から多くのビジネスマンや旅行者がミャンマーを訪れるようになってきています。

個人で商売を始めることが可能になったのも、ここ数年のことであるとのこと。

これから外国の投資がどんどん入ってきて、国が発展していく。自分たちも新しいことをどんどん始められる。

ミャンマーは希望に満ちているんです。

アウンサンスーチーの映画「The Lady」→「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」民主化を成し遂げたその激動の半生【映画】

「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」民主化を成し遂げたその激動の半生【映画】
ミャンマーの民主化の最大の立役者である女性、それが「アウンサンスーチー」です。彼女はミャンマー民主化運動の中心として、1988年から25年もの長きに渡り、軍事政権と戦い続けてきました。この映画は、そんな彼女の激動の半生を描いた作品です。

※次の記事→そびえ立つポッパ山の景観がすごい!【ミャンマー】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク