月と亀【森下】★優しいお味の和×ミールスをいただける深川のインド定食屋さん

森下、月と亀南インド料理

都営新宿線森下駅から徒歩1分。A1出口から出て、新大橋通りの一本南の路地の一角に、インドカレーのお店『月と亀』はあります。

2021年8月にオープンしたこのお店、これまでは福岡県の朝倉市秋月にお店があり、古民家をリノベーションした店舗で、美味しい和テイストのミールスをいただけるということで、ぜひ行ってみたいと思っていたお店でした。

東京に移転したということで、念願の初訪問です★

スポンサーリンク

福岡屈指の人気インド定食屋さんが都内に移転(帰還?)オープン!

森下、月と亀『月と亀』の外観

 

こちらが『月と亀』の外観です。

シンプルで小ぢんまりとしていて可愛い感じ。

2021年8月にオープンした『月と亀』ですが、コロナ禍のためこれまでテイクアウトのみの営業となっておりました。イートインが始まったのはほんの最近であるとのこと。

ちなみに、お店はご夫婦で営まれているようで、2013年頃までここ森下に「上亀」というお店を開いて日曜限定の南インド定食を提供。その後、出身地である福岡の秋月に戻り『月と亀』をオープン。2017年に再度上京し、堀切菖蒲園に「スパイス喫茶コーヒーロー」というお店をオープン。その後、2018年に再び秋月に戻って『月と亀』を再開し、今回、再々度都内で『月と亀』をオープンさせたということのようです。

森下、月と亀『月と亀』の店頭メニュー看板

森下、月と亀暖簾は筑前博多織のデザイン

 

入り口にはかわいいイラスト入りの看板メニューがありました。

このイラストは奥様が描かれたのでしょうか?メニューの文字も読みやすいしセンスある感じ。

入り口の引き戸の上には、移転前の地、福岡の名産品である筑前博多織のデザインの暖簾が掛けられていました★

さてさて、店内に入っていきましょう〜♪

森下、月と亀『月と亀』の店内

 

こちらが『月と亀』の店内です。

座席はカウンター5席のみ。カウンターの背後には厨房とカウンターがあり、店主さんと奥様が調理をしていました。

小ぢんまりとしたお店です。

お店は11時から14時までのランチタイムのみの営業。開店時間に合わせて訪問し、一番乗りでしたが、お料理をいただいている間に座席はすぐに満席となりました。

森下、月と亀大正レトロっぽい飾り付けや小物

森下、月と亀和モダンな感じのインテリア

森下、月と亀筑前インド

 

小ぢんまりとした店内ですが、お店の壁や棚には和モダンな感じの絵や小物、飾り付けがなされており、お洒落な感じ。和紙を使ったアートとか、“筑前インド”と描かれたステンドグラスのランプとか。店内に流れる音楽もシャンソンだったり。

森下、月と亀『月と亀』のメニュー

 

こちらが『月と亀』のメニューです。

メニューの見出しには「深川インド定食」と書かれていました★

メニュー内容は下記です。

  • チキンカレー定食 1,100円
  • ポークビンダルー定食 1,100円
  • 鰯のつみれカレー定食 1,150円
  • 本日のカレー定食(牛肉と菜の花のカレー 1,200円)

カレー定食には、カレーの小鉢を追加することができ、チキンとポークビンダルーが250円、鰯のつみれカレーが280円、本日のカレーが310円でした。ご飯大盛りは+100円です。

今回は、2人で、チキンカレー定食(鰯のつみれカレー・ポークビンダルー小鉢追加)とポークビンダルー定食(鰯のつみれカレー・本日のカレー:牛肉と菜の花のカレー小鉢追加)を注文。

森下、月と亀カレーの定食のおいしい食べ方!

森下、月と亀季節のジャムも販売

 

メニューの裏には、「カレーの定食のおいしい食べ方」やチャイセット、季節のジャムなどが紹介されています。

季節のジャムは美味しそうだったので、食後「りんごと柚子と金柑」のジャムを購入。甘さ控えめで美味しかったです♪

 

さてさて、注文を済ませ、お料理を待ちましょう〜♪

スポンサーリンク

和の工夫を感じさせる優しいお味のミールス

森下、月と亀「チキンカレー定食」(鰯のつみれカレー・ポークビンダルー小鉢追加)

 

ほどなくしてお料理が運ばれてきました!

こちらは「チキンカレー定食」(鰯のつみれカレー・ポークビンダルー小鉢追加)です★

定食の内容は、

  • メインのカレー
  • 旬の野菜カレー(豆のポタージュ入り)
  • ラッサム(トマト風味の薬膳スープカレー)
  • アチャール(玉ねぎのつけもの)
  • ポリヤル(ココナッツ風味の炒め物)
  • 十穀ごはん
  • パパド(豆のせんべい)
  • サラダ(自家製ドレッシング)

写真は、左下の器から、ラッサム、旬の野菜カレー、鰯のつみれカレー、ポークビンダルー、チキンカレーです。

森下、月と亀「ポークビンダルー定食」(鰯のつみれカレー・本日のカレー:牛肉と菜の花のカレー小鉢追加)

 

こちらは「ポークビンダルー定食」(鰯のつみれカレー・本日のカレー:牛肉と菜の花のカレー小鉢追加)です★

和の器の上に載せられた、見た目にも滋味深そうなカレーやおかずの数々。美味しそうです!

さっそく、いただきましょう〜♪

森下、月と亀旬の野菜カレー、鰯のつみれカレー、ポークビンダルー、チキンカレー

森下、月と亀旬の野菜カレー、ラッサム

 

『月と亀』のカレー定食のお味、噂通り、本当に美味しい!

酸味と辛味が控えめな優しいお味のラッサムは、トマトの旨味と様々なスパイスの旨味が仄かに効いている感じ。白胡麻やネギのアクセントもGoodです。

旬の野菜カレー(サンバル)も優しいお味。

シャキシャキとしたサヤエンドウ、ゴロッとしたニンジンやダイコンに豆のポタージュの旨味とスパイスの適度な刺激が合わさって美味です★

チキンカレーはマイルドで食べやすいお味。チキンは柔らかく、ココナッツ風味とのことですが、ココナッツ感も適度でご飯とも合います。

ポークビンダルーは酸味が控えめでこちらも優しさを感じるお味。ピリッとした辛さと深みのあるスパイスのマッチングが美味しい★

鰯のつみれカレーは鰯の濃いお味が詰まったとろけるような柔らかいつみれが本当に美味!スパイスや生姜の風味もガッツリ効いていて、今回一番気に入ったカレーでした♪

牛肉と菜の花のカレーは食べ応えのある牛肉と菜の花のほろ苦さと食感がマッチしていて、こちらも美味しい★

これらのカレーと、シャキシャキしたポリヤルや辛味のあるアチャール、砕いたパパドなどを長崎県産にこまるの熟成米を使った十穀米に掛けて、混ぜ混ぜしていただきます★

う〜ん、美味しい♪大満足!

東京深川の森下にあるインド定食屋さん『月と亀』

日本人シェフならではの和の工夫を感じさせる優しいお味のインド定食は、評判通り美味でした★

スポンサーリンク

◉『月と亀』の地図・アクセス

  • 住所:東京都江東区新大橋3-7-3
  • アクセス:都営新宿線森下駅徒歩1分
  • 営業時間:11:30〜14:00
  • 定休日:日曜日、木曜日