南インドの美食の町、チェティナード地方「カライクディ」へ! ミールスをいただく♪

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

南インド、タミル・ナードゥ(Tamil Nadu:தமிழ்நாடு)の旅、2日目。

昨日、成田からバンコクとシンガポールを経由してインドのチェンナイ(Chennai:சென்னை)に夜到着。チェンナイ空港近くのホテルに宿泊しました。

この日は、朝9時40分発の飛行機でマドゥライ(Madurai:மதுரை)へ。そして、車でチェティナード地方(Chettinad:செட்டிநாடு)の町「カライクディ(Karaikudi:காரைக்குடி)」へと向かいます。

スポンサーリンク

早起きして、ホテルの朝食ビュッフェで南インド料理の軽食(ティファン)をいただく♪

Crossway Parklane Airport Hotel Chennai 【南インド(タミル)②】ホテルの朝食ビュッフェ

 

朝、起床して、宿泊していたホテル『Crossway Parklane Airport Hotel Chennai』の朝食ビュッフェをいただきます。

並んでいたお料理は、もちろん南インド料理の軽食(ティファン)が中心。

さっそく、お皿の上にお料理をピックアップしていきます。

Crossway Parklane Airport Hotel Chennai 【南インド(タミル)②】サンバル、プーリー、イドゥリー、ワダ

 

こちらが、今回の旅の初南インド料理。

サンバルにワダ、イドゥリー、プーリー、ポテトマサラ、ココナッツとマンゴーのチャトニ♪

お味はシンプルながらなかなかの美味しさ★

サンバルお代わりしちゃいました♪

Crossway Parklane Airport Hotel Chennai 【南インド(タミル)②】ホテルの受付と親切なスタッフ

Crossway Parklane Airport Hotel Chennai 【南インド(タミル)②】Crossway Parklane Airport Hotel Chennai」の外観

 

朝食後、荷物をまとめてさっそく出発!

簡素なエアポートホテルでしたが、スタッフの方はなかなか親切でした★

 

『Crossway Parklane Airport Hotel Chennai』についての詳細はこちら↓

チェンナイのホテルから空港までの道中【南インド・タミルナードゥ】

 

ホテルから空港までは、無料で送迎してくれました。

車の窓からは殺風景ですが、インドの風景が見えます。牛もいます★

久々に眺めるインドの風景に高まってくるテンション♪

10分ほど走ったところで、車はチェンナイ国際空港に到着!

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】チェンナイ国際空港

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】新聞を読む人

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】コーヒースタンドカップ「Hatti Kappi」

 

前日、深夜に到着した時は、夜だったせいか薄暗い感じの印象でしたが、朝の空港は明るく開放的な雰囲気。

新聞を読むインドのおじさんがいたり、お洒落なコーヒースタンドがあったり。

さっそく、空港に入り、チェックインと荷物検査などを行います。

スポンサーリンク

エア・インディアで1時間20分。マドゥライへ

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】エア・インディア9559便に搭乗

 

チェンナイからマドゥライまでは、エア・インディアを利用。

予約は、スカイスキャナー経由でMyTripという旅行代理店で行いました。

料金は往復で5,730円。安いです。フライト時間は1時間20分。

9:40分に出発し、10:55分にマドゥライ到着予定です。

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】赤い空港バスで飛行機へ

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】マドゥライ行きエア・インディアの機体

 

ボーディングタイムとなり、赤いバスで飛行機へ。

マドゥライ行きエア・インディアは、かなり小さめなプロペラ機。乗客はほぼインド人で西洋人がちらほらいました。

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】チェンナイ上空の眺め

 

出発が少し遅れたものの、エア・インディアのプロペラ機は問題なく離陸。

チェンナイの上空を旋回して、一路タミル・ナードゥ州の古都「マドゥライ(Madurai:மதுரை)」へと向かいます。

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】機内食のパイ

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】エアインディアのマスコット

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】マドゥライが近づいてきました!

 

機内食のカレー炒め入りパイを食べ、窓から見えるタミルの風景や雲海を眺めていると、あっという間にマドゥライに到着!

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】マドゥライ到着!

 

マドゥライへは予定より30分以上も遅れて到着。

実は、空港で目的地であるカライクディのホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」のピックアップと待ち合わせをしていたのです。

ドライバーさん、待ちぼうけしている筈です。急がなきゃ(汗)

スポンサーリンク

マドゥライからホテルのピックアップで「カライクディ」へ

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】マドゥライ国際空港

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】迎えに来てくれたホテルのピックアップ

 

空港を出たところ、ドライバーさんの姿が見えなかったのですが、すぐに見つかりました!

ちょっと待ったみたいですが、問題なく出会えてホッとひと安心。

挨拶もそこそこに荷物を車に載せ、さっそく出発します!

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】ほとんど話さないドライバーさん

 

ピックアップの車は、宿泊するヘリテージ・ホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」に事前にメールで依頼。料金は、Rs.4,000(6,041円)でした。

ちょっとお値段は高めな感じですが、せっかくヘリテージ・ホテルに泊まるんだから、このぐらいは奮発しちゃおうという感じ。

ドライバーさんは、道中ほとんど話さない大人しい方でしたが、運転も丁寧だったし無問題です。

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】カライクディまでは約2時間

 

今回の目的地「カライクディ(Karaikudi:காரைக்குடி)」は、南インド、タミル・ナードゥ州南部にあるチェティナード地方(Chettinad:செட்டிநாடு)の中心都市。

カライクディと70以上の村からなる「チェティナード地方」は、銀行業や貿易業などで豊かな財を成した「チェティヤール」という商人カーストが18世紀頃に建てた数多くの邸宅「チェティナード・マンション」が残されていることで知られています。

また、「チェティナード地方」は、料理でも有名。

海外に進出することが多かった「チェティヤール」たちは、移住した土地の素材や調理法などを持ち帰り、故郷の料理と融合させて独自の料理「チェティナード料理」を生み出したのです。

多様で豊富なスパイスを使い、バラエティに富んだ素材と調理法で知られる「チェティナード料理」は、南インドを代表する贅沢な料理として、今や世界中で知られる存在となっています。

そんな、「チェティナード地方」を訪れ、本場の「チェティナード料理」を食べること。それが今回の「カライクディ」訪問の最大の目的でした★

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】田舎の風景を進んでいきます。

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】ヒンドゥー教の寺院が見えたり

マドゥライからカライクディへの道中【南インド・タミルナードゥ】

 

マドゥライからカライクディまでは約100㎞。車で約2時間の行程です。

降水量が少なく、農業には不向きと言われるチェッティナード地方。

車は、あまり豊かとは言えない田舎の風景をカライクディへと向けてひた走ります。

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】所々に小さな町があります。

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】旅行者が絶対に訪れなさそうな町

 

カライクディまでの道中は、風景の変化に乏しい田舎風景が延々と続きます。

「チェティナード・マンション」や「チェティナード料理」がなかったら、旅行者が訪れることはないであろうと思われる、あまり特徴のない田舎の土地です。

しばらく走り続けていると、そのうち通り過ぎる小さな村に、見るからに豪華な感じの邸宅がちらほらと見られるようになりました。

「チェティナード・マンション」です!

そして、マドゥライを出発して約2時間、13時半頃、車は目的地である「カライクディ」の町に到着しました★

スポンサーリンク

カライクディのホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」

The Bangala(ホテル)【南インド(タミル)②】ホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」に到着!

 

カライクディで宿泊するホテルは「ザ・バンガラ(The Bangala)」というチェティヤールの一族が経営するヘリテージホテルです。

このホテルはレストランで提供されるお料理が美味しいことで有名で、ホテル内で「チェティナード料理」の料理教室も行っています。

今回は、この「ザ・バンガラ(The Bangala)」に宿泊し、レストランでお料理をいただき、料理教室にも参加することにしました。

The Bangala(ホテル)【南インド(タミル)②】ラグジュアリーな雰囲気抜群!

 

ホテルに到着すると、まず、このロビーに案内されました。

明るい白壁の室内には、花柄のソファーや椅子が置かれ、観葉植物が飾られています。

涼しげなグリーンの簾の向こうには、中庭の鮮やかな緑が目に飛び込んできます。

チェティヤールの邸宅らしい、ラグジュアリーな雰囲気満点なお部屋です♪

ここで、ゆったりと寛ぎながら、宿泊するお部屋の準備が整うのを待ちました。

The Bangala(ホテル)【南インド(タミル)②】左手の建物がレストラン。正面の建物が料理教室が行われるところ

 

準備が終わったようで、ホテルのスタッフがお部屋まで案内してくれます。

椰子の木に緑の芝生、白壁でオレンジの屋根をした平家の建物。

う〜ん、雰囲気いいです♪

The Bangala(ホテル)【南インド(タミル)②】ホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」の部屋

 

こちらが、宿泊したホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」のお部屋。

お部屋は明るく広々としていて、部屋の調度もセンスが良い感じ。

このお部屋で2泊滞在しました。

予約は、ホテルのホームページから直接お問い合わせしてお見積もりをいただき、予約しました。

お見積もり時の料金は、スタンダード・ダブル・ルームで、Rs.8680×2泊 Rs.17,360(約26,000円)

The Bangala(ホテル)【南インド(タミル)②】部屋の前のテラス。この椅子でのんびりしました。

The Bangala(ホテル)【南インド(タミル)②】中庭にはプールもあります。

 

このホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」のお部屋、とにかく良かったのが、部屋の前に開放的なテラスがあり、その前に広がる中庭にはプールがあるということ。

プールには入りませんでしたが、テラス席には度々座り、中庭とプールを眺めながらコーヒーをいただいたりしました。とても贅沢なひと時でした★

 

ホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」についての詳細はこちらから↓

時刻は既に14時過ぎ。お部屋に荷物を置いた後、さっそくランチをいただくため、ホテル「ザ・バンガラ」のレストランへと向かいます。

スポンサーリンク

ホテル「The Bangala」でバナナリーフミールスをいただく!

The Bangala(レストラン) 【南インド(タミル)②】ホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」のレストラン

 

こちらが、ホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」のレストラン。

もう14時過ぎなので、お客さんの姿はまばらでしたが、さっそくお目当ての「ミールス」をいただきます!

The Bangala(レストラン) 【南インド(タミル)②】テーブルの上にバナナリーフが敷かれます。

 

座席に座ると、給仕さんがすぐさまテーブルの上に、バナナの葉を敷いてくれました。

鮮やかな緑色をした立派なバナナリーフ。テンションが高まります♪

The Bangala(レストラン) 【南インド(タミル)②】おかずが次々とサーブされていきます。

The Bangala(レストラン) 【南インド(タミル)②】バナナリーフミールス完成♪

 

おかずが次々とサーブされていき、バナナリーフミールスが完成♪

インドの食のメッカ、チェッティナード地方の本場の「チェティナード・ミールス」。お味はもちろん、素晴らしいのひと言♪

The Bangala(レストラン) 【南インド(タミル)②】デザートはガジャルハルワとアイスクリーム

 

ミールスは、サンバルやラッサム、ホワイトライスなどをお代わりし、混ぜ混ぜしつつ完食!

デザートのガジャルハルワとアイスクリームも美味しくいただき、大満足★

至福のひと時を過ごすことができました♪

 

ちなみに、「ザ・バンガラ」でのランチは、一人Rs.945(約1,420円)。事前予約は必須ですが、宿泊者以外でもいただくことができます。

 

「ザ・バンガラ(The Bangala)」のレストランについての詳細はこちらから↓

The Bangala(レストラン) 【南インド(タミル)②】レストラン「ザ・バンガラ(The Bangala)」の給仕スタッフ

The Bangala(ホテル)【南インド(タミル)②】棚に並んだ食器の数々

The Bangala(ホテル)【南インド(タミル)②】ディスプレイがお洒落な感じ

The Bangala(ホテル)【南インド(タミル)②】色んなところがセンスいいです★

 

さて、食後、お部屋で少しまったりと休んだ後、カライクディの町を散歩してみることにします。

そして、夕方からは、「ザ・バンガラ」の料理教室に参加。そのまま「ザ・バンガラ」のレストランでディナーです♪

チェンナイ〜カライクディ(ランチ) 【南インド(タミル)②】チェンナイ〜カライクディMAP

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

カライクディに行くなら「ザ・バンガラ(The Bangala)」のランチミールスは必食!
マドゥライから車で約2時間。タミルナードゥ州南部に位置するチェッティナード地方の中心都市「カライクディ」にあるヘリテージホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」に宿泊しました。宿泊施設としてはもちろん、お食事が美味しいことでも有名なのです。
インド・カライクディのホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」@楽園のような素敵な場所
マドゥライから車で約2時間。タミルナードゥ州南部に位置するチェティナード地方の中心都市「カライクディ」にあるヘリテージホテル「The Bangala」に宿泊しました。そこは、流れている空気や時間が他とは違うような、とても素敵な空間で、リラックスして過ごせる楽園のような場所でした。
豪華絢爛な邸宅に圧倒!「チェティナード・マンション」を巡るツアー【南インド】
南インド、タミル・ナードゥの旅。3日目の午後。車をチャーターし、カライクディ近郊の村「アッタングディ」と「カナドゥカタン」へと向かいました。2つの村にはチェティナード地方に点在する豪華な邸宅「チェティナード・マンション」があります。訪れた邸宅は豪華絢爛のひと言でした★
海峡沿いにある聖地「ラーメシュワラム」で新年初日の出を拝む★【南インド】
南インド、タミル・ナードゥの旅。前日、チェッティナード地方の中心都市「カライクディ」から列車に乗って、スリランカとの海峡沿いにある聖地「ラーメシュワラム」に到着しました。ラーメシュワラムは、日の出を拝みながらの沐浴風景が必見の見どころです。早朝、早起きして、さっそく海沿いの沐浴場「アグニ・ティーターム」へと向かいます。
インド最古の海上橋「パンバン橋」を列車が渡る光景【南インド】
南インド、タミル・ナードゥの旅。ホテルで少し休憩し、インド本土とラーメシュワラムのあるパンバン島をつなぐ橋「パンバン橋」を見に行きます。パンバン橋は、1914年に開通したインド最初の海上橋で、長さは2,065mもあります。訪問した時、ちょうど列車が通過する様子を見ることができました★
南インドの古都マドゥライで、コットン手織り(ハンドルーム)タオル工房を見学する★
南インドの古都マドゥライは、インドコットンの手織り(ハンドルーム)タオルの生産で有名です。手織りタオルのお店「サラスワティ・ハンドルーム・テキスタイル」に訪問しタオルを購入。タオル工房も見学させてもらいました!インダス文明の時代から受け継がれた手織りの技術を目の当たりにして大感動!
南インド・チェンナイのレストラン『ラトナ・カフェ(Ratna Cafe)』@チェンナイで一番ミールスが美味しいと評判のお店
南インド、タミル・ナードゥ州の州都チェンナイに、ミールスが美味しいと評判の人気レストランがあります。お店の名前は『ラトナ・カフェ(Ratna Cafe)』。1948年創業の老舗の南インド料理専門店です。 評判通り、これまで食べた中で一番!と思えるほど美味しいミールスでした★
インド古典舞踊「バラタナティヤム」観賞♪ in チェンナイ
南インド、タミル・ナードゥ州の州都チェンナイで、インド古典舞踊「バラタナティヤム(Bharata Natyam:பரதநாட்டியம்)」を鑑賞しました★ 新進気鋭のデュオ「レンジットとヴァイナ」の演技は素晴らしく、インド古典舞踊の奥深さを垣間見ることができました♪

コメント