ドバイのスーク巡り(ゴールド・スパイス・テキスタイル)

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

ドバイ観光でも人気のある、スーク巡りをしました。

ゴールド製品がたくさん売られている「ゴールドスーク」、日用雑貨やスパイスの「デイラ・オールド・スーク(スパイス・スーク)」、布地やドレスが多く売られている「ドバイ・オールド・スーク(テキスタイル・スーク)」

少々面倒くさいこともありますが、それぞれ雰囲気が違って、歩いているだけでも楽しめます!

スポンサーリンク

ゴールド・スーク

ドバイ、デイラ(アル・ラス)地区のナイフ・ロードの西側に、「ゴールド・スーク」はあります。

ゴールド・スークは、ドバイの観光名所の中でも、特に人気があります。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

ゴールド・スークの入口。

日中は、それほど混雑していませんが、夕方になるとかなり賑わってくるそう。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

早速、キラキラゴールドのお店が!

ブレスレットやネックレスなど、とてもゴージャスです。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

閉まっているお店もあります。

夕方からが賑わうそうなので、夕方からオープンするのでしょう。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

アジア人観光客も結構見かけました。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

とにかく、ゴールド、ゴールド☆

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

お店の前でお客さんを待つ店員さんたち。

ゴールド以外のお店もありますね。

でも、同じようなお店が並んでいて、はたしてそんなにお客さんは来るのか。。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

クレオパトラのような装飾品。

こういうのこそ、誰が買うのでしょう。。

お金持ちがコレクションとして購入するのでしょうか。

 

展示されているジュエリーは、かなりゴージャスで、普段使いはできそうもないものばかりですが、ゴールド・スークではオーダーメイドでオリジナルジュエリーが作れるそうです。

アラビア文字で自分の名前をペンダントトップにしたり、チューブ型やドロップ型が人気とのこと。

今回のドバイは、オマーンからの日帰り旅行だったので無理でしたが、2~3日で出来上がるそうなので、時間があったらオリジナルジュエリーを作るのも楽しいですね♪

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

人だかりができていたので、近づいてみると、巨大な指輪が!

ギネスに認定された世界一大きなゴールドリングだそうです。

スポンサーリンク

デイラ・オールド・スーク(スパイス・スーク)

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

ゴールド・スークの西側に、主にスパイスを専門に売るお店が並ぶ、「デイラ・オールド・スーク(スパイス・スーク)」があります。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

きれいに山積みになったスパイスがたくさん!

見たことのないスパイスや、スパイスなのか良く分からないものも色々。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

サフラン専門店。

中東では、高価なサフランが安く手に入るそうで、スークではサフランがたくさん売られていました。

やっぱりサフランを買う観光客が多いのか、スークを歩いていると、サフランを薦められます。

サフランというと、パエリヤとサフランライスくらいしか思いつかないので、格安と言われても、使わないしなーと思って購入はしませんでした。

せっかくだから買えばよかったかな。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

きれいに盛られてます。

この光景、テンション上がります!!

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

同じような写真をたくさん撮りたくなってしまう(笑)

シナモン大っきい!

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

スパイス屋さんに入ってみました。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

ブラックペッパー、ピンクペッパー、カルダモン、ピンクソルト、シーソルト、ナツメグ、ブラックレモン、、、

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】ハーブティー(だったかな?)

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】ナッツいろいろ

 

ハーブティーの試飲をさせていただきました。

飲みやすくて、美味しくて、体に良さそう。

お菓子も試食させてくれて、美味しかったのでお土産用に購入。

お土産(オマーン&ドバイ&インド)【オマーン旅13】

デーツをミルクチョコレートでコーティングしたお菓子。

バラマキ用に。

色々試食させてくれたのに、買ったのはこれだけだったので、店員さんガッカリ顔。。笑

スポンサーリンク

ドバイ・オールド・スーク(テキスタイル・スーク)

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

デイラ・オールド・スーク(スパイス・スーク)からアブラ(渡し舟)に乗って、対岸のバール・ドバイ地区へ。

バール・ドバイの船着場からすぐのところに、「ドバイ・オールド・スーク(テキスタイル・スーク)」があります。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

スークの入口です。

スーク内は、アーケードになっていて、布地やドレスなどを扱うお店がたくさん並んでいます。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

魅力的なクッションカバーがズラリ!

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

モザイク柄の素敵なお皿。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

ラクダに注意!

この看板に目が行ってしまうけど、後ろのショーウィンドーの中やマグネットなども、ラクダだらけでした(笑)

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

アーケード内は、布地のお店がたくさんあって、歩いているとストールを勝手に肩にかけられたり、握手を求められ、うっかり握手をしてしまうと、もう大変。

首にストールを巻かれて、次々と商品を見せられ、逃げられなくなる。。

ゆっくり見たいと思っても、ここまで強引にやられると、見る気も買う気も失せてしまいますよね。。

オマーンのスークは、ほとんど呼び込みもなく、のんびりしていたので、このギャップにビックリ!

・・・疲れます(汗)

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

女性の民族衣装「アバヤ」のお店。

黒いアバヤにも、ゴールドのラインが入っていたり、ゴージャスな模様が入っていたり、黒以外のものもあるのですね。

毎年違った、流行もあるようですよ。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

スーク内の売店。

フレッシュジュースやお菓子、奥には煙草のようなものも売られています。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

フレッシュジュースのお店。

山盛りオレンジとココナッツ。

ドバイ①(オールドドバイ)【オマーン旅⑤】

インドのお供えの花。

と思ったら、建物には「INDONESIAN~」と書かれています。

インドネシアのお供えも、こういう花輪を使うのかな。

とっても華やかです。

 

ちょっとウザいところもありますが、スーク巡りはやっぱり楽しいです♪

観光客が多く訪れるこの3つのスーク以外には、「デイラ・スーク」という地元の人が訪れる市場のようなスークもあるようです。

そちらにも行ってみたかったですね。

スポンサーリンク

関連記事

シリアの首都ダマスカス最大の市場「スーク・ハミディーエ」
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、シリア、ダマスカスの「スーク・ハミディーエ」
グランドバザールとエジプシャンバザール(イスタンブール・トルコ)
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、トルコ、イスタンブールにある「グランドバザール」と「エジプシャンバザール」
世界最古の市場「アル・マディーナ・スーク」(シリア・アレッポ)
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、シリア、アレッポのスーク「アル・マディーナ・スーク」です。
アラブの雰囲気が味わえる「マトラ・スーク」を散策(オマーン・マスカット)
オマーンの首都マスカットのマトラ地区にあるマーケット「マトラ・スーク」。マトラのコルニーシュ(海岸道路)沿いにスークの入口があります。大きなスークではないけれど、伝統的なアラブのスークの雰囲気が味わえます。適度な混み具合で、押し売りもあまりなく、落ち着いて見られます。
オマーン最大のショッピングモール「グランド・モール」と「ルル・ハイパーマーケット」
海外旅行に行くと、必ず覗きたいのが、スーパーマーケットやショッピングモール。その国の生活や流行などが垣間見られたりするのが楽しいですよね!オマーン・マスカットにある、オマーン最大のショッピングモール「マスカット・グランド・モール」と、スーパーマーケット「ルル・ハイパーマーケット」に行ってきましたのでご紹介します。
ドバイのスーク巡り(ゴールド・スパイス・テキスタイル)
ドバイ観光でも人気のある、スーク巡りをしました。ゴールド製品がたくさん売られている「ゴールドスーク」、日用雑貨やスパイスの「スパイス・スーク」、布地やドレスが多く売られている「テキスタイル・スーク」。少々面倒くさいこともありますが、それぞれ雰囲気が違って、歩いているだけでも楽しめます!

コメント