カライクディからローカル列車に乗ってラーメシュワラムへ【南インド(タミル)⑦】

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】南インドの旅
スポンサーリンク

※前回の記事→カライクディの中心街を散策&チェッティナード料理の夕食【南インド(タミル)⑥】

 

南インド、タミル・ナードゥ(Tamil Nadu:தமிழ்நாடு)の旅、4日目。

この日は、2日過ごしたカライクディのホテル「ザ・バンガラ」を後にし、列車に乗って、スリランカとの海峡沿いにあるヒンドゥー教の聖地「ラーメシュワラム(Rameswaram:இராமேசுவரம்)」へと向かいます。

スポンサーリンク

ホテル「ザ・バンガラ」をチェックアウト。カライクディ駅へ

The Bangala(ホテル)【南インド(タミル)③】宿泊していたホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」

 

朝、早起きし、荷物をまとめ、2日間過ごしたホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」をチェックアウト。

ラーメシュワラム行きの列車の出発時間は8:25分。普通列車のため予約が出来ないので、早めに駅に行くことにしました。

The Bangala(ホテル)【南インド(タミル)⑦】お世話になった「ザ・バンガラ(The Bangala)」のマネージャー

 

上の写真の方は、ホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」のマネージャー。

ホテルへのピックアップの際の電話のやり取りとか、料理教室でのサポートとか、チェッティヤールツアーの手配とか、色々お世話になりました★

 

ホテル「ザ・バンガラ(The Bangala)」についての詳細はこちら→楽園のような素敵な場所「ザ・バンガラ(The Bangala)」に宿泊@カライクディ

楽園のような素敵な場所「ザ・バンガラ(The Bangala)」に宿泊@カライクディ
マドゥライから車で約2時間。タミルナードゥ州南部に位置するチェッティナード地方の中心都市「カライクディ」にあるヘリテージホテル「The Bangala」に宿泊しました。そこは、流れている空気や時間が他とは違うような、とても素敵な空間で、リラックスして過ごせる楽園のような場所でした。

カライクディの駅までは、ホテルの車で向かいました。

15分ほどでカライクディ・ジャンクション駅に到着!

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】カライクディ・ジャンクション駅

 

カライクディ・ジャンクション駅です。

駅前には人が誰もおらず、ガラーンとした感じ。

列車の出発の30分以上前なので、ちょっと早かったのかもしれません。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】駅前に並んでいたリキシャ

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】リキシャにも色々な形があります。

 

駅前にはリキシャがずらり!

けれども、ドライバーの姿はひとりも見えませんでした。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】カライクディ・ジャンクション駅のコンコース

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】ラーメシュワラム行きの列車「RAMESWARAM PASS」は8:25分発

 

ラーメシュワラム行きの列車「RAMESWARAM PASS」は、始発駅のティルチラパッリを6:40に出発して、8:24分にカライクディ着。

8:25分にカライクディを出発し、ラーメシュワラムには12:45分に到着する予定です。

窓口で列車のチケットを購入し、ホームへと向かいます。

ラーメシュワラムまでの運賃は、Rs.35(54円)です。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】朝のカライクディ駅のホーム

 

朝のカライクディ駅のホームの様子です。

しばらく待っていると、パラパラと人が集まり始めてきました。

ティルチラパッリからカライクディ、マナマドゥライを通ってラーメシュワラムへと向かうこの路線はローカル路線のようで、列車の本数はあまり多くない様子。

前回、ケララに行った時、乗る列車を間違えてしまって焦ったことがあったので、今回は注意しようと思っていたのですが、その心配は無さそうです。

ケララでの列車の乗り間違いの記事→インドの鉄道でコーチンからアレッピーヘ!※列車を乗り間違える【南インド・ケララ州】

インドの鉄道でコーチンからアレッピーヘ!※列車を乗り間違える【南インド・ケララ州】
ケララ州最大の都市「コーチン(コチ)」でコロニアル風情満点の街並みを楽しんだ後、列車に乗ってバックウォーターの玄関口「アレッピー(アラップーザ)」へと向かいます。アレッピーヘと向かう列車は、エルナクラム・タウン駅から8:17分の出発。早起きして駅へと向かいます。けれども、ここで、この旅最大のトラブルが!

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】ガランとしたカライクディ・ジャンクション駅

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】ホームにある売店

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】駅の売店で買ったスナック

 

ホームにある売店です。

朝早くて朝食を食べていないので、ここで朝食代わりのスナックを購入。

ポテトチップスとビスケットで、Rs.30(46円)

 

準備万端で待っていましたが、出発時間の8:25分を過ぎてもいっこうに列車がやってきません。

そして、9時過ぎ、30分ほど遅れて、ようやく列車がやってきました!

スポンサーリンク

ラーメシュワラム行きの列車「RAMESWARAM PASS」

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】ラーメシュワラム行きの列車「RAMESWARAM PASS」が到着!

 

ラーメシュワラム行きの列車「RAMESWARAM PASS」が到着しました!

この路線は電化されておらず、客車は上の写真のディーゼル機関車が牽引。

ホームにはいつの間にか、お客さんがたくさん集まってきていました。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】列車に乗り込む人々

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】「RAMESWARAM PASS」は普通列車なので全てセカンド・クラス、座席自由です。

 

列車を降りる人はそれほど多くなかったですが、車内を見ると、座席はそこそこお客さんで埋まっている感じ。

何とか座る席を見つけて、座ることができました!

「RAMESWARAM PASS」は普通列車なので全てセカンド・クラス、座席自由です。

座った座席は6人掛けのボックスシート。途中の駅で人が乗ってきたので席を詰めて実質8人掛けになったり、大きな駅で人がたくさん降りて、4人掛けになったり。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】カライクディ〜ラーメシュワラムMAP

 

こちらが、カライクディからラーメシュワラムまでの列車の行程です。

乗車時間は4時間20分。途中15駅に停車し、ラーメシュワラムへと向かいます。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】列車から見た車窓風景

 

列車はカライクディを出発すると、一路南へ。チェッティナード地方の平凡な田舎風景を眺めながらゆっくりと進んでいきます。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】ラーメシュワラム行きの車内の様子

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】駅弁を食べる人

 

車内にいた乗客は全員インド人。外国人旅行者は1人もいませんでした。

上の写真は、駅のホームの売り子が売っていたお弁当(ビリヤニ?)を食べる人。

駅のホームや車内には、インドらしく、お弁当売り、チャナ豆売り、チャイ売り、物乞い、ヒジュラ(インドのおかま)など、色々な人がやってきます。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】途中の駅で列車交換のため停車

 

列車は、途中の駅で列車交換のため、少し長めに停車しました。

チェッティナード地方を縦断するこの路線は単線なので、駅以外ですれ違うことが出来ないのです。

みんな、それをもともと分かっているようで、交換駅に着くなりホームに出てタバコを吸い始めるなどしていました。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】小さな町の踏切を通過

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】車窓から見えた緑の風景

 

対向列車が駅に到着。列車の交換が終わり、再び、出発。

引き続き、列車は淡々とラーメシュワラムへと向けて走り続けて行きます。

ラーメシュワラムまでは4時間20分の行程。まだまだ道のりは長いです。

実は、この時、お腹を少し壊していて、早く着いて欲しいと思っていたのですが、インドの列車にはトイレ(あまり綺麗ではないですが)があるので、バスに比べると安心。

ただし、セカンドクラスの座席のシートは硬いので、長く乗っているとお尻がかなり痛くなってきます(汗)

カライクディからラーメシュワラムまでの列車旅【南インド・タミルナードゥ】

 

カライクディを出発し、列車は、デヴァコッタイ・ロード(Devakottai Road)、カラル(Kallal)、パナングディ(Panangudi)、シヴァガンガ(Sivaganga)、マナマドゥライ(Manamadurai Jn)、スディヤール(Sudiyur)、パラマクディ(Paramakkudi)、サティラクディ(Sattirakkudi)、ラーマナータプラム(Ramanathapuram)、バランタラバル(Valantaraval)、ウチプディ(Uchippuli)、マンダパム・キャンプ(Mandapam Camp)、マンダパム(Mandapam)と停車。

そして、3時間ほど走ったところで、車窓に海が見えてきました!

スポンサーリンク

パンバン橋を列車で渡る

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】海が見えてきました!

 

車窓から見えた海です♪

ケララと違ってタミルにはリゾートがあまりないので、海の綺麗さは期待していなかったのですが、見てください!この海の色。美しい水色です★

そして、その美しい海を目を細めながら眺めるインドの少女。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】南国らしい、明るい水色の海

カライクディからラーメシュワラムまでの列車旅【南インド・タミルナードゥ】

 

車窓の右手に海を見ながら走っていると、いつしか車窓の左手にも海の姿が!

ここは半島の先端。半島の先端には「パンバン橋」という橋があり、橋の先には目的地のラーメシュワラムがある「パンバン島」があります。

パンバン橋【南インド(タミル)⑨】ラーメシュワラムMAP

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】パンバン橋を渡ってラーメシュワラムへ

 

半島を抜け、いよいよ列車は、半島とパンバン島をつなぐ橋「パンバン橋」を渡ります。

「パンバン橋(The Pamban Bridge:பாம்பன் பாலம்)」は、ポーク海峡を渡り、インド本土とラーメーシュワラムとを結ぶ橋。

1914年に開通したインド最初の海上橋で、長さは2,065mもあります。

鉄道橋の横には1988年に開通した道路橋が併走しています。

パンバン橋を列車で渡る(ラーメシュワラム)【南インド・タミルナードゥ】

 

列車は、パンバン橋をゆっくりと走っていきます。

高速で走ると危険だからなのか、陸上を走るよりもかなりゆっくりのスピード。

海面から橋が近いので、間近に海が見え、まるで海面を走っているかのようです。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】パンバン橋を通過中

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】列車の橋「パンバン橋」の隣には自動車用の橋が併走しています。

 

鉄道橋の横には道路橋が併走しているのが見えます。

道路橋には、鉄道がパンバン橋を渡るのを見物している人たちの姿が見えます。

皆さん、列車に向かって手を振っていました♪

パンバン橋を列車で渡る(ラーメシュワラム)【南インド・タミルナードゥ】

 

上の動画は、パンバン橋の可動橋部分を通過している様子です。

パンバン橋には、鉄道橋の下を船がくぐれるように、橋の中ほどに可動橋部分があります。

現在でも可動橋は稼働しており、貨物船、沿岸警備隊の巡視船、漁船、タンカーなどが1ヶ月に約10隻通過するのだとか。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】パンバン橋からの車窓を眺めるインドの女性たち

 

パンバン橋を渡る時、自分たちだけでなく、列車の車内のインド人乗客たちも大興奮!

皆さん、窓から身を乗り出すように橋と海を眺め、スマホで写真を撮っている人もたくさんおりました。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】列車の車内にいたおばあちゃん

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】おばあちゃんの孫

 

パンバン橋の写真を撮っていると、自分も撮ってくれ!と頼んでくる人も。

おばあちゃんに写真を撮ってくれと言われたのでパチリ!そして、お孫さんもパチリ!

インドの人、なぜか、写真に撮られるのが好きな人多いです。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】パンバン島が見えてきました。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】パンバン島の漁村

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】もうすぐラーメシュワラムに到着です。

 

パンバン橋を渡り、列車はパンバン島へ。

そして、程なくして、終着駅であるラーメシュワラム駅に到着しました。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】ラーメシュワラム駅に到着!

 

ラーメシュワラム駅のホームです。

時刻は12:45分くらい。ほぼ定刻に到着。

スーツケースをガラガラと引きながら、出口へと向かいます。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】終着駅なので皆さん、降りて行きます。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】こちらが「RAMESWARAM PASS」を牽引したディーゼル機関車

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】列車を降り、ぞろぞろと街へと向かう乗客たち

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】ラーメシュワラム駅

 

ラーメシュワラム駅を出て、駅前でリキシャを探します。

ラーメシュワラムで宿泊するのは、駅の北西2㎞ほどの所にあるホテル「ハイアット・プレイス・ラーメシュワラム(Hyatt Place Rameswaram)」

歩いて行けなくもないですが、荷物もあるのでリキシャで行くことに。

カライクディ〜ラーメシュワラム【南インド(タミル)⑦】リキシャに乗ってホテルへと向かいます。

 

リキシャと交渉の末、Rs.100(152円)で行ってもらうことに。

最初Rs.200と言われ、半額まで値下げしてもらったのですが、今から考えると、2㎞でRs.100は結構高めな感じです。

スポンサーリンク

「ハイアット・プレイス・ラーメシュワラム(Hyatt Place Rameswaram)」

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】宿泊したホテル「ハイアット・プレイス・ラーメシュワラム(Hyatt Place Rameswaram)」

 

こちらが、宿泊したホテル「ハイアット・プレイス・ラーメシュワラム(Hyatt Place Rameswaram)」

世界的に有名なホテル・グループ「ハイアット・ホテルズ・アンド・リゾーツ」のホテルで、ラーメシュワラムで一番グレードの高いホテル(四つ星)です。

ちょっと高過ぎな気もしましたが、2020年の新年を迎える日ということで奮発しました★

予約は、Booking.comから。お値段はソファーベッド付きのキングルームで2泊で27,104円でした。

 

「ハイアット・プレイス・ラーメシュワラム(Hyatt Place Rameswaram)」についての詳細はこちら→間違いなく快適に過ごせる「ハイアット プレイス ラーメシュワラム」&お腹を壊した時のプチ情報@南インド・ラーメシュワラム

間違いなく快適に過ごせる「ハイアット プレイス ラーメシュワラム」&お腹を壊した時のプチ情報@南インド・ラーメシュワラム
南インドの東岸から細長く延びた半島の先端にあるラーメシュワラムでの宿泊は、ハイアット プレイス ラーメシュワラム(Hyatt Place Rameswaram)。言わずと知れたハイアットホテルなので、綺麗で洗練された施設で、快適に過ごすことができました。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】さすがハイアット!素晴らしく綺麗なお部屋

 

チェックインし、お部屋へ。

さすがハイアット!素晴らしく綺麗なお部屋でした♪

実は、この後、体調を崩してしまい、この日の午後と翌日の午後、ほぼホテルの部屋で寝て過ごすことになります(涙)

何はともあれ、結果的に良いホテルを予約して良かったです。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】「ハイアット・プレイス・ラーメシュワラム」のレストラン

 

ランチは、「ハイアット・プレイス・ラーメシュワラム」のレストランで。

お客さんは、裕福そうな人ばかり。

体調が悪く、インド料理を食べる気にならなかったので、メニューからパスタをチョイスしました。

Hyatt Place Rameswaram【南インド(タミル)⑦】ランチで注文したペンネ

 

昼食後は、体調が優れないため、ホテルの部屋でずっとお休み。

結局、夕食もルームサービスを注文し、ホテルから一歩も外に出ず。

 

翌日は、初日の出に合わせて早起きし、海沿いの沐浴場「アグニ・ティーターム」で朝の沐浴風景を見物します。

 

※次の記事→海峡沿いにある聖地「ラーメシュワラム」で新年初日の出を拝む★【南インド(タミル)⑧】