スーリヤデーヴ【長野】★里山でいただくビーガン仕様の南インドミールスが絶品!

スーリヤデーヴ【長野】南インド料理

長野県長野市。長野市内から国道19号線を西へ犀川沿いに進んだ、笹平トンネルの北辺り。七二会という地区の自然豊かな里山の一角に、ビーガン南インド料理を提供するお店『スーリヤデーヴ』はあります。

2021年10月にオープンしたこのお店、オーナーシェフは、隣接するヨーガアシュラム「ラダ・クリシュナ・アシュラム」で修行されている方。

アシュラムの思想に則った、お肉やお魚はもちろん、ニンニクや玉ねぎなども一切使用しない、ビーガン仕様の本格的な南インドミールスをいただくことが出来るお店です。

スポンサーリンク

長野の里山にある、ヨーガアシュラムに隣接した南インド料理店

スーリヤデーヴ【長野】七二会の里山。向こうに見えるのがアシュラム

 

お店は少しわかりづらいところにあり、ちょっと迷いました。

カーナビだと正確な場所まで辿り着けないので、GoogleMAPを見ながら向かった方が良いと思います。

山に囲まれた、畑と民家が点在する一角に、お店とアシュラム共用の、そこそこ広めの駐車場があります。

スーリヤデーヴ【長野】『スーリヤデーヴ』の外観

 

駐車場に車を停め、歩いてすぐの左側に見えるこの建物が、『スーリヤデーヴ』です。

ベージュの漆喰の壁の建物と、その向こうの赤トタン屋根の古民家。マリーゴールドの花とバナナの木。

スーリヤデーヴ【長野】『スーリヤデーヴ』の看板

スーリヤデーヴ【長野】『スーリヤデーヴ』のお店の建物

スーリヤデーヴ【長野】昔ながらの古民家をリノベーションしています。

 

昔ながらの古民家をリノベーションした『スーリヤデーヴ』の建物。

雪が落ちやすいような急勾配の、もともとは藁葺きだったのをトタンに変えた大きな赤い屋根が印象的。長野ではこういう屋根の家が至る所にあります。

スーリヤデーヴ【長野】庭先に植えられたバナナの木

 

庭先には、巨大なバナナの木が植えられていました。

鮮やかな黄緑色。バナナリーフ取り放題です!

スーリヤデーヴ【長野】『スーリヤデーヴ』の入り口

 

サンスクリット語で「スーリヤ(surya)」は太陽、「デーヴ(dev)」は幸福や安楽を意味する言葉。

スーリヤデーヴ【長野】入り口のカウンター。グルの写真とかガネーシャ神様の絵とか。

 

こちらは、お店を入った入り口のところ。

正面がカウンターになっていて、アシュラムのグルの写真やヒンドゥー教のガネーシャ神の絵などが飾られています。

ここで、靴を脱いで店内へと入ります。

スーリヤデーヴ【長野】店頭で販売されていたインド食器や布など

 

入り口のカウンター横には、インド食器や布などの販売コーナーがありました。

スーリヤデーヴ【長野】『スーリヤデーヴ』の店内

 

『スーリヤデーヴ』の店内です。

店内は、かなりゆったりとした空間になっていて、座席数は20席ほど。座敷席とテーブル席があります。

開放的な窓からは、庭のバナナの木の鮮やかな緑が見えます★

サリー姿の女性たちが、アシュラムにお料理を運んでいく様子も見えたりして、何だか南インドにいるような感じ♪

スーリヤデーヴ【長野】店内には座敷席とテーブル席があります。

 

お店は、11:30,12:00,12:30,13:00,13:30の予約制。

今回は、12:00の回で予約しました。

日曜日に訪問したのですが、座席はほぼ満席に。

スーリヤデーヴ【長野】鮮やかな水色の壁、ターンテーブル

スーリヤデーヴ【長野】壁に掛けられたインドの細密画

スーリヤデーヴ【長野】ヒンドゥー教の神様、牛の置物

 

お店の内装はシンプルですが、所々に細密画や置き物など、インドのものが飾られています。

スタッフは、店主さんとその奥様?のふたり。

入り口の販売コーナーに女性の方がもうひとりいました。

皆さん、とても親切な接客。

スポンサーリンク

『スーリヤデーヴ』のメニュー

スーリヤデーヴ【長野】バナナリーフミールスのメニュー

 

お料理のメニューは、「バナナリーフミールス(1,500円)のみ。All veganです。

スーリヤデーヴ【長野】ドリンクメニュー

 

こちらは、ドリンクメニュー。

「マサラチャーエ」や「ドリップコーヒー」も魅力的でしたが、他の方がいただいている「豆乳ラッシー」が美味しそうだったので、それを注文。

スポンサーリンク

バナナリーフに載せられたオールビーガンのミールス

スーリヤデーヴ【長野】バナナリーフが敷かれ、お料理がサーブされていきます。

 

注文を済ませると、さっそくテーブルの上にバナナリーフが敷かれ、おかずが次々とサーブされていきます。

庭先から採れたてのバナナリーフは、とても綺麗な黄緑色♪

スーリヤデーヴ【長野】ゴーヤのアチャール、ポディ

 

こちらが、サーブ用のおかずの器。

南インドの食堂で見掛けるのと同じ器です。

スーリヤデーヴ【長野】綺麗なバナナリーフの上に載せられていくおかずたち

 

クートゥ、ポリヤル、コランブ、アヴィヤル、サブジ、ポディ。おかずが次々と盛られていきます。

スーリヤデーヴ【長野】ライスが盛られました。

スーリヤデーヴ【長野】サンバルがライスの上にバシャっと

スーリヤデーヴ【長野】『スーリヤデーヴ』のバナナリーフミールス(All Vegan)

 

すべてのお料理の盛り付けが終わりました。

『スーリヤデーヴ』のバナナリーフミールスの完成です★

お料理の内容は↓です。

  • カボチャのクートゥ
  • 人参とキャベツのポリヤル
  • ラージマのコランブ
  • アヴィヤル
  • 大根のサブジ
  • サンバル
  • ラッサム
  • ゴーヤのアチャール
  • ポディ
  • ヨーグルト
  • ライス
  • パパダム
  • パヤサム

パパダムとパヤサム以外はお代わり自由!

さっそく、いただきましょう〜♪

スーリヤデーヴ【長野】さっそくいただきま〜す♪

スーリヤデーヴ【長野】ラッサムとパヤサム

スーリヤデーヴ【長野】アヴィヤル、コランブ、人参とキャベツのポリヤル

スーリヤデーヴ【長野】サンバル、ゴーヤのアチャール

スーリヤデーヴ【長野】ポディ、ヨーグルト、大根のサブジ

 

まずは、一品一品のおかずを味わい、そして、ライスに掛けて、おかずを混ぜて。

ラッサムを掛けたり、ポディを掛けたり、アチャールを加えたり、ヨーグルトを混ぜたり。

『スーリヤデーヴ』のオールビーガン・バナナリーフミールス、何というか、食べていて幸せになってしまうほど、本当に美味しいミールスでした♪

長野の里山の、開放的で気持ちの良いロケーション効果や、バナナリーフの上に載せられた美しいビジュアルのせいもあるのでしょう。

けれども、それ以上に、地元長野産のお野菜の自然な甘味と、優しいながらも辛味と酸味、スパイスの風味が適度に効いたメリハリのあるお味が絶品でした★

お肉やお魚はおろか、ニンニクも玉ねぎも使わないオールビーガンの料理であるにもかかわらず、どうしてこんなに旨味が出せるのか不思議なほどです。

スーリヤデーヴ【長野】もちろんお代わりしました♪

 

お代わりももちろん!

ご飯とすべてのおかずをサーブしてもらいました(サンバルは多めに)!

お代わりも、あっという間に完食。大満足です★

スーリヤデーヴ【長野】「豆乳ラッシー」450円

 

食後にお飲み物「豆乳ラッシー」をいただきました。

泡泡のミルクシェーキのような豆乳ラッシー。豆乳感は濃厚ですが、重たくなくさっぱりとした味わい。美味しいです♪

スーリヤデーヴ【長野】店頭で販売されているインドの服

 

こちらは、お店の入り口左側にあったインド服の販売コーナー。

ほぼ女性ものです。インド服だけでなく、インドの布を使ったお買い物バッグも種類豊富でした(青いお買い物バッグをひとつ、購入しました♪)。

スーリヤデーヴ【長野】「ラダ・クリシュナ・アシュラム」の看板

 

長野市七二会にある、ビーガン南インド料理を提供するお店『スーリヤデーヴ』

ヨーガ・アシュラムの思想に則った、ビーガン仕様の南インドミールスは、お肉はもちろん、ニンニクや玉ねぎなども一切使用しないのにもかかわらず、食べた後、充足感に満たされる本当に美味しいミールス。

緑溢れる里山の風景も、開放的でゆったりとした店内空間も、親切で丁寧なお店の方の接客もGood!珠玉のお店です★

スポンサーリンク

◉『スーリヤデーヴ』の地図・アクセス

  • 住所:長野県長野市七二会甲949
  • アクセス:長野駅から車で22分
  • 営業時間:11:30,12:00,12:30,13:00,13:30の予約制
  • 定休日:火曜日、木曜日

南インド料理の定食「ミールス」東京都内《厳選》44皿!
「ミールス」(Meals)とは、南インドの食堂やレストランで出される定食のこと。南インドでは、お昼(または夜)に食べられる食事です。最近人気の南インド料理。「ミールス」を食べることができるお店もどんどん増えてきています。東京都内のおいしい「ミールス」を44選、ご紹介します!
南インド料理
南インド料理のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の南インド料理店のほか、本場インドのレストランもご紹介。サンバルやラッサムが美味しいミールス、マサラドーサなど。美味しい南インド料理の食レポートです。
南インド料理の軽食「ティファン」のおすすめメニューとお店をご紹介♪
南インド料理の軽食「ティファン」についてご紹介します。ティファンは現地南インドでは、朝食(モーニング)として、また、朝食だけでなくランチタイム(ミールスが提供される時間)以外でもよく食べられているスタンダードなお料理です。ティファンのおすすめメニューとお店をご紹介します。
南インドの旅
南インドの旅レポートです。(トリヴァンドラム・コーチン・コヴァーラムビーチ・カニャークマリなど)。南インドへのアクセスや世界遺産や遺跡などの観光名所、穴場スポットの情報。宿泊したホテルやおすすめのレストランなどをご紹介。現地で鑑賞した音楽ライブや舞踊、購入したお土産もご紹介します。