ギリシャ「サントリーニ島」の白い街並み★「イア」の町から見た美しい夕陽

サントリーニ島【ギリシャ】 ギリシャの旅
記事内に広告が含まれています。

「サントリーニ島」(Santorini:Σαντορίνη)は、エーゲ海の南、キクラデス諸島の一番南端にある島です。

ギリシャでは、「ティラ島」(Thira:Θήρα)と言われています。

アテネの外港、ピレウスの港で「サントリーニ島」行きのフェリーに乗りました。

港を出港した巨大なフェリーは、60羽ほどのカモメを引き連れ、紺碧の海をゆったりと進んでいきます。

船が沖合へと進んで行くにつれ、徐々にカモメの数が減っていき、そのうち一羽もいなくなりました。

エーゲ海【ギリシャ】途中寄港した「イオス島」

 

船は、途中、「パロス島」、「ネクソス島」、「イオス島」と停泊します。

そして、9時間半後、船は、岸壁の上に白い雪のような家の並ぶ「サントリーニ島」に到着しました★

スポンサーリンク

サントリーニ島最大の町「フィラ」への到着

サントリーニ島【ギリシャ】港から「フィラ」の町へと階段を登ります。

 

「サントリーニ島」最大の町、「フィラ」(Fira:Φηρά)から港を見下ろします。

フェリーで訪れた乗客は、島に到着後、写真のような葛折りの階段を登って行かなくてはなりません。

ロバを雇い、それに乗って登ることもできます。

サントリーニ島【ギリシャ】サントリーニ島最大の町「フィラ」の風景

サントリーニ島【ギリシャ】「フィラ」の街並み

 

「フィラ」の町です。

このサントリーニ島は火山の噴火によって出来た島で、島は三日月形をしています。

三日月の輪の海の中に火山がぽっかりとあります。

この噴火は紀元前1400年ごろ起こったそうです。

 

建物は岸壁の上に建てられています。

建物は全て白壁で、屋根や扉が青い色で塗られており、統一感のある景観が形作られています。

遠くから見ると岩山に雪が積もっているような、独特な景観です。

サントリーニ島【ギリシャ】崖の上に雪のように並ぶ白い家並み

サントリーニ島【ギリシャ】風車と白い家。ギリシャらしい風景

サントリーニ島【ギリシャ】白い建物に青の扉が映えます。

サントリーニ島【ギリシャ】白と水色のかわいらしい教会

サントリーニ島【ギリシャ】真っ青なエーゲ海の海

 

「サントリーニ島」では、のんびりと滞在しました。

島はとにかく眺めが素晴らしく、滞在中、海の見下ろせるカフェでフラッペ(アイスコーヒー)を飲みながら本を読んだり、行き交う船を眺めたりしました。

 

ここはカップルにとっては最高の場所。ロマンチックな風情は、ハネムーン旅行先として、人気があります。訪問した時も、日本の新婚さんが何組か来ていました。

一人旅ではもったいない島です。

スポンサーリンク

赤い崖の「レッドビーチ」

サントリーニ島【ギリシャ】赤い崖の「レッドビーチ

サントリーニ島【ギリシャ】レッドビーチ近くの港

 

島にはビーチもありました。

「レッドビーチ」という赤い断崖の下に小ぢんまりと広がるビーチです。

赤い断崖と黒い砂浜、そして、紺碧の海の色のコントラストは、世界でもここでしか見れない景観。

サントリーニ島は火山の噴火によって出来た島。赤い岩肌と砂浜の黒い砂は、噴火によって粉砕された火山岩によって生み出されたものだそうです。

赤い崖と紺碧の海との色のコントラストが綺麗です★

スポンサーリンク

「イア」のサンセットポイントで夕日を見る

サントリーニ島【ギリシャ】「イア」の町の夕暮れ

 

夕暮れ時、島の北の「イア」(Oia:Οία)の町にあるサンセット・ポイント」へと向かいました。

夕陽が沈むにつれ、サントリーニらしい教会の青のドームも、街中を埋め尽くす白壁も、徐々にその色合いを濃くしていきます。

サントリーニ島【ギリシャ】「イア」の町から見たサンセット

 

「サンセット・ポイント」からの夕陽です。

大勢の人が集まっていました。島中の観光客が集結していたのかもしれません。

夕陽が角度を緩める度に、白壁の家並みはさらにその色合いを深めていきます。

そして、太陽が水平線の彼方に沈む頃、街は青紫色に塗り潰されてしまいました。

サントリーニ島【ギリシャ】「フィラ」の町から見たサンセット

サントリーニ島【ギリシャ】夕陽の沈むエーゲ海を船が航行していきます。

 

こちらは、「フィラ」の街から見た夕陽です。

夕陽により朱色に染まったエーゲ海の海、その上を一艘のフェリーが長い航跡を残しながら遠ざかっていきました。

今から3500年前、この島にあるアクロティリ遺跡を造ったミノア文明人も、同じような夕陽を見ていたのかもしれません。

 

旅行時期:1996年7月

スポンサーリンク

関連記事

古代オリンピック発祥の地、世界遺産「オリンピアの考古遺跡」で競技場跡を見る【ギリシャ】
ギリシャ、ペロポンネソス半島西部にある「オリンピア」。古代オリンピックは紀元前776年、ここで始まったと言われています。「オリンピア」には、1スタディオン(約191m)を走る短距離走の競技場などが残されていて、世界遺産にも登録されています。
【イギリス】ロンドンの観光名所巡り★海峡の町ドーバーもご紹介
イギリス・ロンドンの観光名所巡り。ビッグ・ベンやロンドン塔。ウエストミンスターやバッキンガム宮殿。トラファルガー広場やピカデリー・サーカス。ロンドン名物二階建てバスやロンドンタクシー、ロンドン地下鉄。ベイカーストリートやリージェント・パーク。大英博物館や自然史博物館など。海峡の町ドーバーもご紹介★
フランスの旅★パリとヴェルサイユ、サヴォワ邸、シャルトル、アルルへ【フランス】
フランスの旅。花の都パリでエトワール凱旋門やエッフェル塔、ルーブル美術館を訪問。近郊にある絶対王政の象徴ヴェルサイユ宮殿やル・コルビジェの近代建築サヴォワ邸、ゴシックの傑作、シャルトル大聖堂を訪れ、プロヴァンスの町、サント・マリー・ド・ラ・メールとアルルへと向かいました。
https://search-ethnic.com/parishttps://search-ethnic.com/chartres
イタリア縦断★古代ローマとルネサンスに触れる旅(ジェノヴァ・ミラノ・ヴェネツィア・フィレンツェ・シエナ・ローマ・ナポリ)
「イタリア」を旅しました。中世の港湾都市ジェノヴァ、世界最大のゴシック建築のあるミラノを経由し、水の都ヴェネツィア。ルネサンスの花の都フィレンツェやパリオ祭で賑わうシエナを抜け、永遠の都ローマとカトリックの総本山バチカン。ヴェスビオス火山を望むナポリと噴火により消失したポンペイの遺跡を巡って、ギリシャへ。
スペイン・バルセロナ観光★「カンプノウスタジアム」でサッカー観戦、「モヌメンタル闘牛場」で闘牛観覧
スペイン第二の都市、カタルーニャ地方の中心都市であるバルセロナの街歩き。旧市街のゴシック地区を歩き、サン・ジュセップ市場を物色。カンプノウスタジアムでFCバルセロナの試合を観戦し、モヌメンタル闘牛場で闘牛を鑑賞。バルセロナを発った後は、アンドラを経由してフランスへと向かいました。
アントニ・ガウディの建築めぐり(グエル公園、サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、カサ・バトリョ) 【スペイン・ バルセロナ】
19世紀末、スペインにはモデルニスモと呼ばれる芸術運動が起こります。この新しい運動に触発された芸術家たちは、多くの装飾的建築物をこのバルセロナに建てました。「アントニオ・ガウディ」は、その代表的な存在です。私はこの街にいくつかあるガウディの建物を巡ることにしました。
冬の早朝のパリを街歩き♪ - ノートルダム寺院からパレロワイヤル、ルーブルまで
冬の早朝のパリ到着。シャルル・ド・ゴール空港でのトランジット乗り継ぎ時間は、約10時間。時間があるので、RERに乗ってパリ市内中心部へと向かいました。ノートルダム寺院からサントゥスタッシュ教会、パレロワイヤル、ルーブルまで歩き、夕方の便でモロッコのカサブランカに向けて出発!

コメント