【HOTELレポ】リトアニア・ビリニュスのホテル「City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)」@設備の綺麗なこじんまりとしたホテル

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)旅ホテル

リトアニアの首都ビリニュス、旧市街の南側に位置するホテル『City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)』

2014年にリニューアルしたということで、設備はとても綺麗で気持ちよく過ごるホテルです。

スポンサーリンク

場所は旧市街の南側。トロリーバスの乗り場も近く

シャウレイ〜ビリニュス(バルト三国11:ラトビア〜リトアニア)

ビリニュスの街(バルト三国11:ラトビア〜リトアニア)

リトアニアのシャウレイから列車でビリニュス駅に到着。

駅前からトロリーバスに乗って、ホテルに向かいました。

地図を見ながら、この辺りかなということろで降り、何とかホテルに到着しました。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

旧市街の西側を走る「ピーリモ Pylimo 通り」沿いにあります。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

『City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)』

ホテルの看板があまり大きくないので、見つけるのにちょっと苦労しました。

北欧テイスト?のようなスタイリッシュな感じのホテルです。

入口のドア入ってすぐのところに、小さなフロントデスクがあり、そちらでチェックイン。

ホテルは、Expedia で予約しました。5/4泊が64.00ユーロ、5/5泊が71.00ユーロです。

今回のバルト三国の旅のホテルは、結果的に全部 Expedia での手配になりました。他のサイトと料金の比較もしましたが、手配したホテルがたまたま Expedia が最も安かったんです。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

お部屋は3階だったかな。

屋根裏のように、壁が斜めになっています。

こちらのホテルは、総部屋数17室のこじんまりとしたホテルです。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

消火器が入っている箱の扉にも、カーペットと同じ模様が入っていてオシャレ☆

スポンサーリンク

スタイリッシュで温かみのある室内。設備も満足★

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

お部屋も、屋根裏部屋的に斜めの壁になっていました。

白っぽい壁にグリーンのファブリックがすっきりとシンプルでいい感じです。

枕元の上には、桜でしょうか ”和” な雰囲気も。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

机などの調度品は全て新しく綺麗で、気持ちよく過ごせそうなお部屋。

椅子のデザインもオシャレです。

ミネラルウォーターは、ガスとノンガスが1本ずつ置いてありました。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

バスルームは、バスタブなしのシャワーブースのみで、シャワーは取り外し可能です。ちょっと狭めですが、特に問題はありません。

洗面所のシンク周りに、物を置くスペースが少ししかないので、もっと広ければなーという感じ。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

タオルをかけるバーは、ここリトアニアも電熱が通るようになっていて、暖かくなります。タオルはすぐ乾くし暖かいという、寒い国ならではのもの。

 

多少手狭ではありましたが、何より設備がキレイで清潔なのが一番! 快適に過ごすことができました。

ただ、壁が薄いのか隣の部屋の話し声が聞こえました。まぁどのホテルでもよくあることなので、これは隣の人がどんな人になるかの運ですね。。

朝食付きプランはなく、有料(7~8ユーロ)でつけることができますが、今回は利用しませんでした。

City Hotels Rūdninkai(リトアニア:ビリニュス)

ビリニュスの旧市街は、東ヨーロッパでは最も広い旧市街のひとつとなるようですが、歩いても回ることができます。

ホテルは、旧市街の南端の方でしたが、どこへ行くにも歩いて行くことができたましたし、バスターミナルやビリニュス駅に近いのがとても便利だと思います。

スポンサーリンク

City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)の地図

住所:Rūdninkų g. 15, Vilnius 01135 リトアニア
TEL:+370 5 261 3916

スポンサーリンク

ヨーロッパのホテル

【HOTELレポ】ウィーンのホテル「MOXY ウィーン エアポート」@空港から歩いて行けるオシャレで個性的なホテル
ウィーン国際空港のターミナルから200mの場所にあるエアポートホテル「MOXY ウィーン エアポート(MOXY Vienna Airport)」。空港から歩いて行け、アートな感じでオシャレでとても綺麗なホテルです。ウィーン到着が夜遅い時や、出発が朝早い時に、オススメです!
【HOTELレポ】リュブリャナのホテル「アパートメント アンド ルームズ メスカンカ」@立地最高、お部屋はかわいくて清潔!
スロベニアの首都リュブリャナで宿泊したのは、「アパートメント アンド ルームズ メスカンカ」。旧市街のリュブリャニツァ川沿いに位置し、周りにはレストランもたくさんあって、とても便利なロケーションです。お部屋は清潔で可愛く、スタッフも親切で、安心して宿泊できるアパートでした。
【HOTELレポ】ザグレブのホテル「ホテル セントラル(Hotel Central)」@中央駅から200m!夜到着や早朝出発に便利
クロアチアの首都ザグレブの中央駅からすぐのところにある『ホテル セントラル(Hotel Central)』 夜遅くの到着や、朝早く列車に乗る際に、とても便利なロケーションです。外観は近代的な建物ですが、お部屋はどこかレトロな感じのする内装です。
【HOTELレポ】ドゥブロヴニクのホテル「シティ ブレイク ドゥブロヴニク アパートメンツ」@旧市街の中心にある綺麗で快適なアパート
クロアチア観光のハイライト ”ドゥブロブニク” での宿泊は、旧市街の中心にあるアパートメント「シティ ブレイク ドゥブロヴニク アパートメンツ(City Break Dubrovnik Apartments)」。お部屋はかわいくて、とても清潔。短い滞在でも、暮らすような感覚をちょっぴり味わえます。
【HOTELレポ】モスタルのホテル「シャングリ ラ マンション」@ロケーションGOOD!オーナーさんもお部屋も素敵☆
ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産の街 ”モスタル” で宿泊した「シャングリ ラ マンション」。モスタルを象徴する橋「スターリ・モスト」から徒歩1分という便利な場所にあります。オーナーさんは親切で、建物もお部屋も新しく綺麗で、とても快適に過ごすことができました。
【HOTELレポ】サラエボのホテル「ホテル ホリデー(Hotel Holiday)」@ボスニア紛争時にも営業を続けた歴史あるホテル
ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボにある「ホテル ホリデー(Hotel Holiday)」。1992年~1995年のボスニア紛争時も、唯一営業を続けたホテルです。そんな歴史あるホテルに泊まってみたいと思い、今回宿泊しました。
【HOTELレポ】フィンランド・ヘルシンキのホテル「クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ」@お部屋からの眺めも良くキレイなホテル
GWのバルト三国の旅は、北欧のヘルシンキから始まりました。ヘルシンキでの宿泊は、ヘルシンキ中央駅から地下鉄で3駅のところにある『クムルス シティ ハカニエミ ヘルシンキ』ホテル。地下鉄の駅も近く、ホテルの目の前にはトラムの駅もあり、便利でキレイなホテルでした。
【HOTELレポ】エストニア・タリンのホテル「ホテル インペリアル(Hotel Imperial)」@旧市街の便利な場所にあるホテル
バルト三国、エストニアのタリンで宿泊したホテル『ホテル インペリアル(Hotel Imperial)』。旧市街の西の端、城壁沿いに建っているこじんまりとしたホテルです。ラエコヤ広場やトームペアの展望台からも近く、食事や観光にも便利です。
【HOTELレポ】ラトビア・リガのホテル「ウェルトン・リガ・ホテル&スパ(Wellton Riga Hotel & SPA)」@便利な立地!新しくて綺麗なホテル
バルト三国の旅、ラトビアの首都リガで宿泊したホテルは、旧市街の入口にある『ウェルトン・リガ・ホテル&スパ(Wellton Riga Hotel & SPA)』。2015年にできたばかりの、新しいホテルです。また、朝食も充実していて、とても満足のできるホテルでした。
【HOTELレポ】リトアニア・ビリニュスのホテル「City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)」@設備の綺麗なこじんまりとしたホテル
リトアニアの首都ビリニュス、旧市街の南側に位置するホテル『City Hotels Rūdninkai (シティホテルズ ルドニンカイ)』。2014年にリニューアルしたということで、設備はとても綺麗で気持ちよく過ごるホテルです。
スポンサーリンク

関連記事