チャイナタウンで夕食をとり、夜はライブハウスでクバトンを聴く♪【キューバ・ハバナ】

夜のガルシア・ロルカ劇場、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】キューバの旅
スポンサーリンク

※前回の記事→オビスポ通りとハバナ旧市街(La Habana Vieja)歩き回り【キューバ】

ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】ハバナ旧市街(La Habana Vieja)

 

ハバナ旧市街を歩いてチャイナタウンでディナー、夜はライブハウス「カサ・デ・ラ・ムシカ」(Casa de la Musica)で音楽とダンス!

スポンサーリンク

ハバナのライブハウス「カサ・デ・ラ・ムシカ」

ハバナ旧市街(La Habana Vieja)の午後。

旧市街の中心、「アルマス広場」(Plaza de Armas)でランチを食べた私は、旧市街を再び当てもなく歩き始めました。

空はカンカン照り、かなり暑いです。

クラシック―カー、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】旧市街の路地、クラシックカーと歩いて行く親子。絵になります!

クラシック―カー、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】大事な愛車を洗っています。この車、もう50年選手です。

ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】カラフルで明るい旧市街の路地裏

 

ハバナの年間平均気温は約25℃。亜熱帯性気候です。

訪れた5月は最高気温が29度になり、湿度は75%❗️

日差しはかなり強く、体感気温はもっと暑く感じます。

そのせいか、路地に歩いている人はまばら。

港、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】ハバナの港の風景

 

ハバナの港です。

キューバの主な輸出品は、サトウキビやタバコ、ニッケルや医薬品など。

革命以前は、砂糖の単一栽培のモノカルチャー構造で、アメリカ資本に国が牛耳られていました。

それを解消するために、カストロやゲバラがキューバ革命を起こしたのです。

 

現在でもキューバ経済の中心は砂糖ですが、近年は観光にも力を入れていて、観光業はキューバ最大の外貨獲得源となっているのだとか。

 

そんな、キューバの貿易の中心、ハバナの港を横目に見ながら歩きます。

ハバナ中央駅、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】立派な外観のハバナの鉄道駅

 

ハバナの鉄道駅、ハバナ中央駅(Estacion Central)です。

1912年に開業したベネチアン様式の駅舎で、西部の「ピナール・デル・リオ」や、中部の「シエンフエゴス」「サンクティ・スピリティス」、東部の「サンティアゴ・デ・クーバ」への長距離列車が発着しています。

ハバナ中央駅にあったゲーム、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】駅構内には日本製のドライブゲームがありました。

ハバナ中央駅、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】駅の時刻表です。

もちろん、列車にも乗りたかったのですが、「サンティアゴ・デ・クーバ」までは約15時間もかかり、しかも3日置きにしか運行していないというので、残念ながら諦めました。。。

ハバナ中央駅、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】駅構内の風景

 

駅構内はガラーンとしていました。

外国人の場合、長距離列車の支払いはCUC払いで、種別や座席によりCUC30〜70程度(3,000〜7,000円)であるとのこと。

キューバ国民はMN払いで、たぶん全然安いと思います。

ハバナ中央駅、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】駅前の建物

 

駅前では、地元のキューバ人が喧嘩をしていました❗️

掴み合いではなく、大声で罵り合っているだけでしたが、周りの建物の窓から、「何事か?」とたくさんの人が顔を出していました。

 

喧嘩を見るのもそこそこにして、歩いて国会議事堂「カピトリオ」(Capitolio National)へ。

ここで、あまりの暑さと疲れでグロッキー状態・・・。

ホテルに戻って少し休憩することにします。

ココタクシー、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】ココタクシーと運転手のお姉さん

 

カピトリオの前で「ココタクシー」を掴まえます。

「ココタクシー」は、キューバのトゥクトゥク❗️黄色いオート三輪のタクシーです。

雨の少ないハバナでは、こんな開放的な車体でも問題ないようです。

ドライバーは女性でした。

カピトリオを出た「ココタクシー」は、海沿いの「マレコン通り」(Malecon)を通って新市街へ。

宿泊している「ホテル・ベダード」に到着です。

クーラーの効いたホテルの部屋で2時間ほど仮眠しました。

中華街、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】ハバナのチャイナタウン

 

夜、夕食を食べに「セントロ・アバーナ地区」(Centro Habana)にあるチャイナタウンへと向かいました。

写真は、チャイナタウンの入り口の門、「中国城」と書かれています。

キューバには人口の約1%、10万人ほどの中国系キューバ人が住んでいると言われます。

中華街、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】チャイナタウンの路地

中華街でチャーハン、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】チャーハンを食べ、お茶を飲みます。

ハバナのチャイナタウンは、他の国のものに比べるとかなり小規模でしたが、中華料理のレストランが数件あり、漢字表記のお店もところどころにありました。

中華料理店のうちの1件に入り、チャーハンを注文。

紹興酒はなかったので、ラム酒を頼み、食後にはジャスミン茶を飲みました(4.4CUC:440円)。

 

味は・・・、イマイチでした。。。

中華街、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】チャイナタウン界隈のバー

夜のガルシア・ロルカ劇場、ハバナ旧市街 【キューバ Cuba】夜のセントラル公園前「ガルシア・ロルカ劇場」

 

食後、「セントロ・アバーナ地区」を歩きながら「セントラル公園」(Parque Central)へ。

公園にはたくさんの人が涼んでいました。

 

公園のベンチに座り、夜の通りを走るクラシックカーや「ガルシア・ロルカ劇場」の姿などを眺めていると、黒人の男性と白人の女の子の2人組に声を掛けられます。

2人は「フレンド」であるとのこと。

しばらく、どこから来たのかとか、次はどこに行くのかとか、キューバはどうかとか、そんな話をします。

カタコトの英語とスペイン語での会話のため、ちゃんと通じているかは疑問でしたが、それなりに話は盛り上がりました❗️

私が、この後、「カサ・デ・ラ・ムシカ」(Casa de la Musica)というライブハウスで音楽を聴きに行くのだと言うと、女の子の方が、

「私も行きたい❗️」

と言いだしました。

黒人の男性も、「連れて行ってやれよ!踊るなら相手がいた方がいいだろ?」

と言うので、結局2人でライブハウスに行くことになりました。

 

入場料2人分(40CUC:4,000円)を支払ってフロアに入ります。

レゲトンの有名グループ「ヘンテデソーナ」

 

内部にはテーブル席がいくつかあり、バックにはバーカウンター、ステージにはDJがいて、正面のスクリーンには映像が流れています。

日本のクラブにそっくりな空間です。

流れている音楽は、「レゲトン」(プエルトリコで生まれたスペイン語のヒップホップ)や「クバトン」(レゲトンをキューバ風にアレンジした音楽)が中心。

みんなノリノリで踊っていましたー❗️

ヒット曲、イサック・デルガード&ヘンテ・デ・ソナの「ソモス・クーバ(ミラ・コモ・ベンゴ)」

 

「クバトン」、初めて聴きましたが、かなりゴキゲンな音楽です♪

私たちも音楽を聴いてビールを飲んだり、踊ったりしてノリノリ状態❗️

 

ビールを飲みながら話したところによると、彼女の名前は「ジョニー」

コンピューター関係の仕事をしているそうで、趣味は音楽を聴くことだそう。

曲が流れるたびに、これは何というミュージシャンで、こういう内容の曲だみたいなことを説明してくれましたが、あまりよく理解できませんでした。

 

結局2人でビール4本を開け(16CUC:1,600円)、アドレス交換して2時間ほどでライブハウスを後にしました。

サルサクラブ「カサ・デ・ラ・ムシカ」、ハバナ旧市街の風景 【キューバ Cuba】 ライブハウス「カサ・デ・ラ・ムシカ」

 

写真は、ライブハウス「カサ・デ・ラ・ムシカ」の外観です。

受付の黒人のお姉さんに、「これからミュージシャンが出て生演奏があるよ❗️」と言われましたが、明日は早朝のバスで「トリニダー」へと向かう予定。

ちょっぴり残念ですが、退散です。

 

ライブハウスの前でタクシーを拾ってホテルへ(6CUC:600円)。

ホテルに着いた時は、午前1時を回っていました。

 

旅行時期:2013年4月〜5月

 

※次の記事→50年代のアメ車がたくさん!クラシックカーの街「ハバナ」(Habana)【キューバ】

コメント