グアテマラシティからの帰国便&グアテマラで買ったお土産をご紹介★

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】 グアテマラの旅
記事内に広告が含まれています。

グアテマラ6泊9日の旅も終わり。

グアテマラシティを18時過ぎに出発して、2日後の朝、成田空港に到着です。

長距離フライト、なかなか疲れました(汗)

今回のグアテマラで買ったお土産をご紹介します!

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

スポンサーリンク

メキシコシティ経由で成田へ

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

グアテマラ6泊9日の旅、帰国の日。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

18:05発のアエロメヒコで、行きと同じメキシコシティ経由で成田空港へ。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

夕日が綺麗です。

楽しかったグアテマラともお別れです。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

グアテマラシティからメキシコシティは、2時間半ほどのフライト。

離陸後まもなくして、軽食が提供されました。

コッペパンのようなパンと、ポテトチップスとチョコレート。

パンに、チーズか何か挟まっていたような。。記憶があいまいです。。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

そして、メキシコシティ上空。

すっかり真っ暗。夜景が綺麗です。

 

メキシコシティでの乗り継ぎ時間は、4時間15分!

出発は、深夜1:50なので、夜の夜中に時間を潰さなくてはいけません。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

空港内のお店を見たり、椅子に座ってボーっとして時間潰しをしていたのですが、じっとしてるのも飽きてしまい、そういえば、行きに見たカフェは空いてるかなーと見に行ったら、夜遅いこの時間でも空いていました。

お客さんは2組くらいしかいず、寂しい感じでしたが、ここで飲み物でもいただくことに。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

オレンジジュース(JUGO NARANJA)$55.00

ドル表示ですが、メキシコペソです。約350円。

ちょうどこの時、クレジットカードの機械が壊れているとかでカードが使えなかったのですが、前回メキシコに行った時の余っていたペソを持ってきていたので、無事お支払いできました。

大画面でメジャーリーグを見ながら時間を潰し、やっと搭乗時間です。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

深夜1:50に出発し、真夜中にこの食事。。

ちょっとお腹も空いていたので、結構食べたかも。

そして、爆睡 Zzz…

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

着陸前の朝食は、さすがに重いものは食べられず、スナックとメロンだけいただきました。

そして、14時間半の長いフライトも終わり、無事に成田空港に到着しました。

GW最終日の朝6:20到着です。

翌日から仕事。。

時差ボケが1週間以上続き、眠すぎる毎日でした。。

が、今回のグアテマラ旅行は、想像以上に素敵で充実して、思い出に残る旅となりました♪

スポンサーリンク

グアテマラで買ったお土産

グアテマラ旅行で買ったお土産をご紹介します!

布、織物

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

チチカステナンゴの日曜市で買った刺繍の織物

人気の柄なのか、色々なお店で売られていましたが、原色原色した布が多い中、白地というのが珍しく結構気に入ってます。

リビングのテーブルセンターに使ってます。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

こちらもチチカステナンゴで購入。

色がとても綺麗☆

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

グアテマラの国鳥 ”ケツァール” が織られています。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

こちらもチチカステナンゴで。

色がかなり渋い織物。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

アジアっぽい感じもします。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

アティトラン湖の周りの村、サン・アントニオ・パロポの路上で買った布。

サン・アントニオ・パロポは、青い色をしたウィピル(ブラウス)が美しいことで有名で、この布もウィピルと同じような色合いです。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

同じくサン・アントニオ・パロポで購入した帯。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

色々な色が混ざっていて、柄も色々で素敵です。

壁に飾っています。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

アンティグアからチキンバスで15~20分ほどのサン・アントニオ・アグアス・カリエンテスで購入した織物。

サン・アントニオ・アグアス・カリエンテスの織物は、表裏どちらから見ても同じ模様が表れる両面縫取織という高度な技法で織られています。

本当に、裏から見てもとてもカラフルで綺麗です☆

写真よりも実物の方が、より色が濃くハッキリしています。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

中央には、グアテマラの国鳥ケツァールが織られています。

大きいものはかなりお値段が張るので、15cm×30cm程の小さな布を購入。

帯と一緒に、こちらも壁に飾っています。

雑貨など

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

サン・アントニオ・パロポの陶器工房で購入した、パロポ焼きのレンゲのようなもの。

お皿や花瓶など色々あったのですが、強度があまり強くないとのことで、こちらのレンゲにしました。

実際に使うというよりは、飾っておく感じなので、キッチンに飾ってます!

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

チチカステナンゴで購入した、マヤの太陽暦カレンダーを模した壁かけ。

色が渋くて、気に入ってます。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

チチカステナンゴで購入のケツァールの刺繍入りベルト。

色がいい感じ!

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

こちらもチチカステナンゴで購入したメルカドバッグ。

カラフルでとても軽いので、夏にピッタリなかごバッグです。

メキシコのメルカドバッグは、この夏日本でもたくさん売られていて人気がありましたが、グアテマラのものは、よりカジュアルな感じで、リーズナブルです。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

パナハッチェルのサンダル屋さんで購入した、グアテマラカラーのカラフルサンダル。

近所のお買い物に大活躍!

コーヒー&チョコレート

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

アンティグアからチキンバスで10分ほどの町、ホコテナンゴにあるコーヒー農園「La Azotea」で購入した、コーヒー豆をチョココーティングしたお菓子。

お土産に買いましたが、美味しかったです♪

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

こちらも、コーヒー農園で買ったコーヒー豆。

グアテマラカラーの布がかわいい。お土産に。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

こちらもコーヒー農園のコーヒー豆。まだ飲んでません。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

アンティグアの人気カフェ「Cafe Condesa(カフェ コンデサ)」のコーヒー豆。

左が Whole Bean で自分たち用、右が Ground でお土産用です。

深みのあるお味で、美味しい♪

飲みなれない人は、最初ちょっとクセがあるかなーと感じるみたいです。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

グアテマラ国産のカカオを使ったチョコレートの専門店「チョコ・ムセオ(Choco Meseo)」で購入したピスタチオのチョコレート(7.00ドル)。

カカオ70%で、濃くて美味しい! ピスタチオの量がちょっと少なかったのが残念。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

こちらも「チョコ・ムセオ(Choco Meseo)」で購入のオレンジピールのチョコレート(7.00ドル)。

オレンジピールは好きなので、もっと食べたかった。

繊細さはないけれど(笑)、なかなか美味しかったです。

でも、7ドルは高い。。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

帰りにグアテマラシティの空港で買ったチョコレート。

なぜか「Granada」。

パッケージが可愛いくて、たくさん入っていたので、バラマキ土産にいいかなと思い購入したのですが、甘すぎてちょっと。。。残念。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

こちらも空港で。

甘いけど、ウエハースなので、そこまで甘さを感じなくてよかった。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

空港でチョコレート買ったときに、オマケでくれたグアテマラな柄のポーチ。

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

【グアテマラ12:帰国・おみやげ】

空港のレストランの売店で売っていた、グアテマラ限定のNISSINカップヌードル「Sabor a Pollo(チキン風味)」(13ケツァール)。

海外で日清のカップヌードルが売ってると、必ず買っているのですが、グアテマラでも最後空港で発見!

グアテマラのお金(ケツァール)がコインしか残っていなく、かき集めたら、なんとちょうどカップヌードルの分だけ残っていました! これは買うしかないと購入。

お味はというと、麺にコシがない感じで、うーんという感じ。

やっぱり日本のカップヌードルが一番ですね!

 

以上が、グアテマラ旅行で買ったお土産たちでした。

カラフル雑貨とコーヒー豆はマストバイですね★

スポンサーリンク

関連記事

グアテマラの織物★現地で購入したカラフルな布6点をご紹介!
中米の国、グアテマラ。この国は手織物の宝庫。 古代マヤの時代に生まれた染織の技術は現在でも人々に受け継がれており、グアテマラの街には「ウィピル」と呼ばれるカラフルなブラウスを着た女性たちでいっぱいです★ 今回は、そんなグアテマラの織物についてご紹介します。
グアテマラの古都「アンティグア」で訪問したレストラン《6店舗》ご紹介♪
中米グアテマラのアンティグアで訪問したレストラン6店(含ファーストフード店)をご紹介します。グアテマラ料理はもちろんですが、現地料理が飽きてしまったときに行きたい、カレー屋さんやマクドナルドなどもあります!
本場グアテマラのコーヒーが飲める現地カフェ【7店舗】ご紹介♪
中米グアテマラで訪問したカフェ7店をご紹介します。コーヒー豆の名産地グアテマラの美味しいコーヒーが、どこでも大体150~300円でいただけます。しかも、なかなかオシャレなカフェも多いので、カフェ好きなら楽しめること間違いなしです!
グアテマラ名物「チキンバス」★派手なデコレーションがインパクト大!
グアテマラの乗り物と言えば、「チキンバス」!グアテマラの道には写真のようなカラフルでゴテゴテした「チキンバス」がたくさん走っています。グアテマラの都市間を結ぶ公共路線バスは、ほとんどがこのバスが使われています。派手にデコレートされたチキンバスの車体は、グアテマラの風物詩のひとつです★
世界遺産の古都「アンティグア」★十字架の丘・市場・コロニアルな史跡を巡る【グアテマラ】
メキシコの南、中米にある国「グアテマラ」。世界遺産の古都「アンティグア」を見て回ります。植民地時代のコロニアルな街並みと3つの火山を望む美しい風景が「アンティグア」の見どころ★ 「十字架の丘」から街並みのパノラマを俯瞰したあと、市場やチキンバスターミナル、古都の史跡をのんびりと巡りました。
密林の中に佇むマヤ文明最大の都市「ティカル遺跡」(世界遺産)を訪れる【グアテマラ】
グアテマラ北部、ペテン低地のジャングル地帯の中に、マヤ文明の都市遺跡として最大規模の遺跡「ティカル(Tikal)」はあります。ユネスコの世界遺産のひとつであり、グアテマラ最大の見どころである「ティカル遺跡」。密林の中に佇む巨大な石造ピラミッドは見応えがありました★
タバコと酒を嗜む神様「マシモン」に会う! 【グアテマラ:サンティアゴ・アティトラン】
メキシコの南、中米にある国「グアテマラ」。アティトラン湖の南岸にある町「サンティアゴ・アティトラン」。この町で目的がひとつありました。それは、“マシモン”に会うこと。“マシモン”とは、アティトラン湖周辺のマヤ先住民の間で信仰されている神様のこと。その御姿はかなりインパクトあるとの噂です!
カラフルな雑貨がてんこ盛り☆チチカステナンゴ日曜市【グアテマラ】
毎週木曜と日曜に露店市が開催されるチチカステナンゴ。サント・トマス教会を中心にたくさんの露店が立ち並び、カラフルな織物や雑貨がひしめき合っていて、雑貨好きな人にはたまらない市です。観光客や地元の人でとても賑わっていて、グアテマラに行ったら必ず行くべきところの一つです。
「火の山のマリア」”火の山”に暮らすマヤ人女性の過酷な現実と力強い”母性”【映画】
「火の山のマリア」は、グアテマラの先住民族マヤ人の一家のドラマを通して、先住民族の過酷な現実と、そのリアルの中で”火の山”のように熱く闘う女性たちの「母性」を描いた作品。2015年ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞、2016年アカデミー賞外国映画賞グアテマラ代表に選ばれた作品です。

コメント