タカリバンチャガル(亀戸)|ネパール・タカリ族のお母さんが作る絶品ダルバート

亀戸、タカリバンチャガル グルメ
記事内に広告が含まれています。

JR総武線亀戸駅北口から徒歩5分。亀戸中央通り商店街を左折して50mほど進んだ路地の右手に、ネパール料理店『タカリバンチャガル』は、あります。

2023年5月にオープンしたこのお店、ネパール・タカリ族のお母さんが作る、タカリの家庭料理を提供するお店であるとのこと。

スポンサーリンク

ネパール・タカリ族のお母さんが作る、タカリの家庭料理を提供するお店

亀戸、タカリバンチャガル『タカリバンチャガル』の外観

 

こちらが、『タカリバンチャガル』の外観です。

シンプルな外観のお店。メイン看板には、ネパール国旗の絵と「典型的なネパール料理」の文言。傍にはネパール国旗も旗めいています。

亀戸、タカリバンチャガル調理風景のビデオが流されていました。

亀戸、タカリバンチャガルセットメニュー「タカリーセット」

店頭には、「タカリーセット」の調理風景のビデオが流されていました。

店頭メニュー看板に貼られているメニューも「タカリーセット」のみ。

お店では、ナン&カレーも提供していますが、「タカリーセット」推しです!

亀戸、タカリバンチャガル店頭で干されていたアチャール用の大根と人参

亀戸、タカリバンチャガル店主一家は仏教徒

亀戸、タカリバンチャガルタルチョが旗めいています。

 

お店の入り口には、合掌する仏陀の木彫りがあったり、チベット仏教の五色の祈祷旗「タルチョ」が旗めいていたり、店主一家は仏教徒である様子。

さて、さっそくお店の中に入っていきましょう〜♪

亀戸、タカリバンチャガル『タカリバンチャガル』の店内

 

こちらが、『タカリバンチャガル』の店内です。

小ぢんまりとした店内はシンプルで落ち着いた内装。座席は、カウンター席が3席、テーブル席が12席の合計15席ですが、カウンター席はあまり使われていない様子。

亀戸、タカリバンチャガル店主ママさんのお子さん二人が賑やか

 

店員さんは、ネパール人店主のママさんと、調理場で作業しているネパール人男性2人。

それと、ママさんの娘さん2人(小学生と3歳くらいの幼児)がおりました。

亀戸、タカリバンチャガル壁に掲げられたスパイスの写真

 

店主のママさんは、かなり日本語が達者。話によると、日本に来たのは19年前で、生まれたのはネパールのポカラ。自宅からポカラを象徴するヒマラヤの高峰「マチャプチャレ」がよく見えたとのこと。

現在、実家はカトマンズにあり、日本で体調を崩した旦那さんはそこに帰っているのだそう。娘さんは3人いて、上の娘さんは二十歳でネパール生まれ。下の2人は日本で生まれたのだとか。

お店の名前『タカリバンチャガル』は、タカリの料理の家という意味だそうで、お料理は全て店主ママさんが作っているのだとのこと。

さて、座席に座ったところで、さっそくメニューを見てお料理の物色開始です!

スポンサーリンク

『タカリ バンチャ ガル』のメニュー

亀戸、タカリバンチャガル「タカリーセット」「ダルバットセット」

亀戸、タカリバンチャガルナン&カレーもあります。

 

ランチメニューは、ネパール料理の「タカリーセット」と「ダルバットセット」。インネパ系のナン&カレーのセットやタンドリー料理もあります。

もちろん、注文したのは、「タカリーセット」(1,200円)

タカリ族のお店で、これを選ばないわけにはいきません!

ちなみに、ディナーのアラカルトには、モモやサデコ、アルジーラ、スクティやセクワなどのネパール定番のおつまみ系、チョウメンなどもあります。

注文を済ませ、お料理が運ばれてくるのを待ちます。

スポンサーリンク

ライスにやかんでギーをジュッ! 絶品の「タカリーセット」

亀戸、タカリバンチャガル「タカリーセット」1,200円

 

ほどなくして運ばれてきた、こちらが「タカリーセット」です!

丸い銀のプレートの上に載ったシンプルなダルバートスタイルの定食。

見た目は簡素ですが、一品一品が丁寧な作りであるのが見て取れて、見るからに美味しそうです♪

亀戸、タカリバンチャガルライスにやかんでギーをジュッと注ぎ入れます。

 

店主ママさんに「ご飯に穴を開けてください」と言われて、何かな?と思ったところ、店主ママさん、おもむろにやかんを持ってきて、ライスに開けた穴に液体を注ぎ入れました!

ジュッ!と弾けるような音! ちょっとびっくり!

ギー(精製バター)だそうです。芳しいギーの香りが辺りに漂います♪

亀戸、タカリバンチャガル11品が載った「タカリーセット」

 

プレートに載ったお料理は、

  • マトンカレー
  • ダル
  • タルカリ
  • サグ
  • ムラコアチャール
  • ゴルベラコアチャール
  • グンドゥルック
  • サラダ
  • ライス
  • ダヒー
  • パパド

11品が載った「タカリーセット」。ちなみに、ライスとダルはお代わり自由です。

さて、さっそくいただきましょう〜♪

亀戸、タカリバンチャガルマトンカレーとダル

亀戸、タカリバンチャガルタルカリとマトンカレー

亀戸、タカリバンチャガルサグ、ムラコアチャール、ゴルベラコアチャール

 

まずは、「ダル」。黒豆を使ったダルは、とろりとして濃厚。黒豆の深みのある風味がいい感じ♪ ちなみにダルは日替わりで豆の種類を変えているのだとのこと。

いんげんとジャガイモを使った「タルカリ」や、青菜の「サグ」、大根と人参の「ムラコアチャール」も期待通りのネパールのお味。

そして、「マトンカレー」が特に美味でした♪

グレイビーが煮詰まってドライ気味な「マトンカレー」は、旨味が凝縮された感じ。マトンの臭みはほとんどなく、お肉は肉厚で食べ応え満点!

滋味深い酸味の発酵乾燥青菜「グンドゥルック」や、ネパール山椒がピリッと効いたトマトペースト「ゴルベラコアチャール」も小気味の良いお味。

亀戸、タカリバンチャガルめちゃくちゃ美味しい「タカリーセット」

 

熱した「ギー」が加えられ、まろやかな風味が増したライスに、ダルやマトンカレーを掛け、タルカリやサグ、アチャールを合わせ、パパドを砕いて振り掛け、グンドゥルックやゴルベラコアチャールで味変しつつ、もりもりいただきました♪

最後は、甘いデザート仕様の「ダヒー」でお口直し。

大満足のお味。これほど満足できたダルバートを食べるのは久し振り。本当に美味でした★

亀戸、タカリバンチャガル食後の「チャイ」

 

食後は、セットドリンクでチョイスした「チャイ」

お砂糖を少し入れ、好みの甘さにしていただきました。

ホッとする甘さ&温かさ。スパイシーなお食事の後のお口を優しく癒してくれます♪

『タカリバンチャガル』は、ネット予約出来ます!
『タカリバンチャガル』のネット予約はこちら(食べログ)

亀戸にあるネパール料理店『タカリバンチャガル』

ネパール・タカリ族のお母さんが作る、タカリの家庭料理を提供するお店です。

いただいた「タカリーセット」は、おかずの一品一品が美味なダルバート(定食)。黒豆を使った濃厚なダルも、旨味が凝縮されたドライ気味なマトンカレーも、思わず「旨い!」と口に出してしまうような美味しさ♪

さすが、お料理が美味しいと言われるタカリ族のお店です★

店主ママさんや人懐っこい娘さんたちが織り成す、お店のアットホームな雰囲気もGood!

ぜひ、再訪して、今度はディナーのアラカルト料理をいただいてみたいです♪

スポンサーリンク

◉『タカリバンチャガル』の地図・アクセス

スポンサーリンク

ネパール料理店

ネパール料理の定食「ダルバート」東京都内《おすすめ》22店舗ご紹介!
「ダルバート」とは、ネパールで毎日食べられている日本の定食にあたる料理です。ダルは豆、バートはお米を意味します。ダルとお米の他に、おかず「タルカリ」と漬物の「アチャール」が付きます。東京都内のネパール料理店でいただいた「ダルバート」(または、それに類するもの)を22皿、ご紹介します★
ネパール料理店
ネパール料理のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地のネパール料理をご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
新大久保「イスラム横丁」食材店巡り9店舗★スパイスの香りと異国の風情に包まれる
東京・新大久保にある「イスラム横丁」。「イスラム横丁」は、日本に居ながらにして、インドやパキスタン、バングラデシュ、ネパールなど、南アジアの風情を感じられる場所。他ではなかなか手に入らない、インドやアジアの食材を安く手に入れられる場所でもあります。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント