Casa de Eduardo(新中野)|ラテンな店主がおもてなし! 都内唯一のチリ料理店

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド グルメ
記事内に広告が含まれています。

東京メトロ丸の内線新中野駅から徒歩1分。青梅街道を左折した路地のすぐ右手に、チリ料理のお店『カーサ・ドゥ・エドゥアルド(Casa de Eduardo)』はあります。

都内唯一のチリ料理店として、様々なメディアに紹介されているこのお店。店主のエドゥアルドさんのラテンなノリがなかなかのインパクト!

お店のオープンは2012年3月です。

スポンサーリンク

ラテンなノリのエドゥアルドさんが店主を務めるチリ料理店

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド『カーサ・ドゥ・エドゥアルド(Casa de Eduardo)』の外観

 

こちらが、『カーサ・ドゥ・エドゥアルド(Casa de Eduardo)』の外観です。

「チリの料理」と書かれた店頭の看板が、手作り感満点で個性的な感じ。

真ん中に居るのが料理を持ったエドゥアルドさん、背景の写真の山は、”チリ富士”のオソルノ山?

お店の入り口は、オープンテラスの空間になっていて、暖かい季節はここでお食事するのも気持ち良さそう♪

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド『カーサ・ドゥ・エドゥアルド(Casa de Eduardo)』の店頭看板

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド写真の方が店主のエドゥアルドさん

 

この写真の方が店主のエドゥアルドさん。

ブルータスなどの雑誌や、テレビ番組にも頻繁に登場していて、結構有名な人である様子。

ちなみに、このエドゥアルドさん、後で聞いた話によると、スポーツ選手のエージェントをしていたこともあるそうで、顧客にはサッカー選手の安貞桓やチラベルトもいたのだとか。

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルドテイクアウト&ランチメニュー

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルドエンパナーダとバーベキューがメイン

こちらが、店頭の立て看板のメニュー。

ラテンアメリカ定番の軽食「エンパナーダ」と「バーベキュー」がメインの様子。

さて、そろそろお店の中に入っていきましょうか〜♪

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド『カーサ・ドゥ・エドゥアルド(Casa de Eduardo)』の店内

 

お店に入ると、エドゥアルドさんがにこやかに出迎えてくれました!

店内は結構狭く雑然とした感じ。座席はテーブル席が8席、カウンター席が8席、テラス席が8席の合計24席。

訪問したのは、休日のディナータイム。事前に電話予約して訪問しました。お客さんは、同じように事前予約してきた夫婦、飛び込みで来店した夫婦、帰る頃になって南米系らしき若い女性2人組などなど。

ちなみに、店内に設置されたテレビでは、様々なテレビ番組での『カーサ・ドゥ・エドゥアルド』の紹介シーンが延々と流されていました!

スポンサーリンク

お店に入ってから食べて出ていくまで、ずっとエドゥアルドさんのペース

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド棚にズラリと並んだお酒

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド壁に飾られた写真や絵

 

さて、お料理の注文ですが、今回、お料理については、ひとつも自分で選びませんでした。と言うのも、お飲み物もお料理も、全て、エドゥアルドさんが口頭でおすすめしてきたものをそのまま頼んだから。

ですが、どんなお料理が美味しいかも知らないチリ料理初心者にとっては、それがベストなのかも。

結果、それで大満足でした★

それでは、エドゥアルドさんのおすすめのもと、いただいたお料理をご紹介します♪

スポンサーリンク

ピスコサワー、エンパナーダ、カスエラ。エドゥアルドさんオススメのチリ家庭料理

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド「ピスコサワー」

 

まずは、お飲み物。

「ピスコサワー」です。ピスコとは、チリやペルーで飲まれている、ぶどう果汁を蒸留したお酒のこと。「ピスコサワー」は、ピスコにシロップやレモン果汁、卵白を加えて混ぜたカクテルです。

ピスコと聞いて、「ペルーで飲んだことがある!」と言ったところ、エドゥアルドさん、「チリのピスコの方がペルーのピスコよりも美味しい」とのこと。

何でも、チリとペルーは、ピスコの起源を巡って争いが繰り広げられているそうで、両国とも自国が本家本元だと主張して譲らないのだとのこと。

ちなみに、チリのピスコとペルーのピスコは、製造方法や味が違っているそうで、チリのピスコは樽を使った熟成で、複数回熟成し、加水してアルコール度数を調整する作り方。ペルーのピスコは、樽を使わず、熟成は1回のみで加水はしない作り方であるとのこと。

『カーサ・ドゥ・エドゥアルド』でいただいたチリの「ピスコサワー」、ペルーのものとの違いはよく分からなかったのですが、爽やかな柑橘系の風味が本当に美味でした♪

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド「エンパナーダ」

 

お料理で最初に提供されたのが、「エンパナーダ」。中南米定番の具入りのペイストリーです。

メディア掲載される際も必ず紹介されているお料理で、スターターとして、エドゥアルドさんにお勧めされました。

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド「エンパナーダ」の中身

 

「エンパナーダ」は、中南米それぞれの国でかなりバラエティがあるのですが、チリの「エンパナーダ」は、フィリングに豚肉や牛肉、玉ねぎ、卵、オリーブなどが使われ、味付けがシンプルなのが特徴であるとのこと。

『カーサ・ドゥ・エドゥアルド』のエンパナーダ、具材たっぷりで、お肉と玉ねぎがジューシーな味わいで美味♪

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド「エド 特製サルサソース」

 

こちらは、エンパナーダと一緒に提供された「エド 特製サルサソース」

このサルサソースが絶品でした★

辛さはそれほどないのですが、トマトや玉ねぎ、パクチーなどの素材のフレッシュさと、爽やかな酸味、小気味の良いスパイシー感がたまらない美味しさ♪

エンパナーダは、そのまま食べても美味しいですが、「エド 特製サルサソース」を付けて食べると、美味しさのバロメーターが数段上がる感じ!

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド「エンパナーダ」「サルサソース」「ピスコサワー」

 

ピスコサワーをちびちび飲みながら、エンパナーダにサルサソースを掛け、いただきます★

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルドチリのスープ「カスエラ」

 

続いておすすめされたのは、チリのスープ「カスエラ」

チリ人が最もよく食べている家庭料理のひとつで、煮込み用の土鍋に大きめにカットした牛肉や鶏肉、玉ねぎ、にんじん、とうもろこし、かぼちゃ、お米などを入れ、クミンやオレガノなどのハーブと一緒に煮込んだ料理。

本来は、カットしたとうもろこしがゴロリと入っていたり、にんじんなどのお野菜も大きめのものが入っているそうですが、エドゥアルドさんによると、本来のスタイルで出すと、これだけでお腹が一杯になってしまうので、シンプルなスタイルにして提供しているのだとのこと。

『カーサ・ドゥ・エドゥアルド』のカスエラ、抜群の美味しさでした★

お肉や玉ねぎなどの出汁が沁み込んだスープは、あっさりとしたお味。クミンやオレガノなどのスパイスが適度に効いていて、いくらでも飲めちゃいそうな感じ。

スープの味が沁みたお肉やお野菜、そして、お米が入っているのが嬉しい!

かなり旨いです♪

スポンサーリンク

店頭のコンロで炭火焼きするチリのバーベキュー料理

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド焼く前の「チョリソ」

 

お次は、いよいよバーベキュー!チョリソです!

上の写真は、エドゥアルドさんが見せてくれた、焼く前のチョリソ。

こちらをお店の前のテラスにあるコンロで焼いていきます。

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド店頭でチョリソを炭火焼き

 

こちらが、店頭にあるコンロ。

このコンロでチョリソを炭火焼き♪

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド焼き上がった「チョリソ」

 

そして、焼き上がったチョリソがこちら。

炭火で焼いた焼き立てのチョリソ。言わずもがな美味しい★

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド「赤ワイン」

 

そろそろピスコサワーが無くなってきたので、2杯目のお飲み物を注文!

赤ワイン。チリワイン「サンタ」です。

1875年創業のチリの名門「サンタカロリーナ」の赤ワインで、濃い目で飲みごたえのあるお味。チョリソに合います♪

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド「チョリパン」

 

チョリソをいただいた後、今度は、チョリソをサンドした「チョリパン」がサーブされました!

素朴なコッペパンに、チョリソ。上には、アボカド、マヨネーズ、マスタードが掛かっています。美味しくないわけがない組み合わせ♪

あっという間に完食!

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド焼く前のビーフステーキ肉

 

さて、本日のラストのお料理となります。

ビーフステーキです★

焼く前のビーフステーキ肉。スパイスが塗されていて、いかにも美味しそう♪

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド店頭のコンロでステーキを炭火焼き

 

もちろん、チョリソと同じく、こちらも店頭のコンロで炭火焼き♪

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルドビーフステーキとトマト

 

そして、焼き上がったビーフステーキがこちら。

炭火で焼いた焼き立てのビーフステーキ。言わずもがな美味しい★

フレッシュなトマトスライスと一緒にいただきます♪

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルドスパイス効いていて美味しい

 

肉厚のビーフステーキ、ボリュームあって食べ応えあり! スパイスが効いていて美味でした〜♪

これでもうお腹いっぱいになりました★

新中野、カーサ・ドゥ・エドゥアルド『カーサ・ドゥ・エドゥアルド』の店内

 

『カーサ・ドゥ・エドゥアルド(Casa de Eduardo)』は、ネット予約出来ます!
『カーサ・ドゥ・エドゥアルド(Casa de Eduardo)』のネット予約はこちら(ホットペッパーグルメ)

新中野駅にあるチリ料理のお店『カーサ・ドゥ・エドゥアルド(Casa de Eduardo)』

ピスコサワー、エンパナーダやカスエラ、炭火焼きのチョリソやビーフステーキなど、シンプルな味付けだけど食べやすくて美味しい「チリ料理」をいただけるのは、都内ではこのお店だけ!

そして、何と言っても、店主のエドゥアルドさんの個性溢れるキャラが楽しい♪

お店に入ってから食べて出ていくまで、ずっとエドゥアルドさんのペースですが、美味しく楽しい時間を過ごすことができるお店です★

スポンサーリンク

◉『カーサ・ドゥ・エドゥアルド(Casa de Eduardo)』の地図・アクセス

スポンサーリンク

中南米料理店(メキシコ・ペルー・ブラジル料理.etc)

本場の味が楽しめる「メキシコ料理店」《おすすめ》9店舗をご紹介!
本場の味が楽しめるメキシコ料理店をご紹介します。アメリカナイズされたテクス・メクス料理ではない、本場メキシコのお料理を提供しているお店は都内でも数えるほどしかありません。東京にある、本場メキシコの味が楽しめるお店を9店舗ご紹介します★
東京都内・近郊・現地で食べた「セビーチェ(セビチェ)」《絶品》18皿ご紹介!
「セビーチェ(セビチェ)」は、ペルーやメキシコ、コロンビアやグアテマラなど、ラテンアメリカで食べられている魚介のマリネ料理。セビチェやセビッチェなどとも呼ばれます。近年、東京や近郊にも「セビーチェ」を食べられるお店が少しずつ増えてきました。東京都内・近郊・現地で食べた「セビーチェ」、絶品!18皿をご紹介します。
ペルー料理のおすすめメニュー26品@料理の特徴・東京都内のお店もご紹介♪
ペルー料理のおすすめのメニューとお店をご紹介します。現在、この国のお料理が世界的に注目を集めています。南米の国ペルーは「食」の宝庫。世界中で使われている食材の約20%はペルー原産なのだとか!豊富な食材を使い、多様な料理文化を融合させた「ペルー料理」のおすすめのお料理をご紹介します♪
意外と美味しい!コロンビアのグルメ★現地でいただいたコロンビア料理をご紹介
コロンビアのお料理は、ジャガイモやとうもろこしなどを使った煮込みスープ料理から、アサドと呼ばれるビーフの焼肉、ロブスターを始めとしたシーフードなどが食べられています。他の中南米諸国と共通してスペインの影響も強いとのこと。現地コロンビアでいただいた、意外と美味しい!コロンビアのお料理をご紹介します★
中南米料理店
中南米料理(ペルー・ブラジル・メキシコ・コロンビア.etc)のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の中南米料理店のほか、本場中南米のレストランもご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント