ベトガト【新大久保】★百人町のネパール食堂でいただく美味でリーズナブルなダルバート

新大久保、ベトガトエスニック料理

JR新大久保駅から徒歩3分。韓国料理店などが並ぶ駅の西側の路地をしばらく歩いた右手に、ネパール料理店『ベトガト』はあります。

近年、ネパール人が多く居住するようになり、”リトルカトマンズ”とも呼ばれるようになった新宿百人町。

現在は20店舗以上のネパール料理店がありますが、『ベトガト』はその中のひとつ。2017年にオープンしたお店です。

スポンサーリンク

入り口に小さなネパール食材店「カンティプール・マート」を併設

新大久保、ベトガト『ベトガト』(旧店名ベットガット)の店頭看板

 

お店は、路地のちょっと引っ込んだ所にあります。

道路沿いに看板が出ており、『ベットガット』と書かれていますが、これは旧店名です。

新大久保、ベトガト『ベトガト』の外観

新大久保、ベトガトネパールレストラン『ベトガト』

 

『ベトガト』の外観です。

飾り気のない店構えが現地ネパールの食堂っぽくて味がありますが、初めて訪れた人にとっては、なかなか入りづらい雰囲気。

看板の右下に「カンティプール・マート」と書かれていますが、店内に小さなネパール食材店舗が併設されているのだとのこと。

新大久保、ベトガトお店入り口には小さなマーケット「カンティプール・マート」もあり

 

入り口を入ったすぐの所にあるのが、ネパール食材屋「カンティプール・マート」

品揃えはそれほど多くはなさそうですが、穀類や豆、スパイスなど、ひと通りのネパール食材は揃っている様子。

新大久保、ベトガト『ベトガト』の店内

新大久保、ベトガトインド映画(ネパール映画?)の音楽PVが流されていました。

 

「カンティプール・マート」の売り場を抜け、通路を左手に進むと、ネパール料理店『ベトガト』の受付があり、通路の両側に部屋があって、テーブル席がいくつか並んでいます。

座席数は50席。土曜日の17時頃の訪問でしたが、まだ早い時間だったせいか、お客さんはゼロ。お料理をいただいている間にネパール人のカップルがひと組来店しました。

新大久保、ベトガトネパールセットメニュー

新大久保、ベトガト単品メニュー

さてさて、お料理の注文ですが、メニューを見てその値段の安さにびっくり!

ダルカレー、チキンorマトンカレー、ライス、アチャール、サグ、タルカリとドリンクの付いたセット(Bセット)が700円!

もっと品数の多い「ディード・セット」や「タルカリ・セット」は、そこそこのお値段がするのですが、十分なボリュームと思えたので「Bセット」をチョイス。

おつまみとして、「スチーム・モモ」と「バトマスサデコ」を頼むことにしました。

スポンサーリンク

お代わり自由でドリンク付きのダルバート(Bセット)が700円!

新大久保、ベトガトセットに付いてきたラッシー

 

注文を済ませると、さっそくセットに付いているドリンク、「ラッシー」が運ばれてきました。

セットドリンクは、ラッシー意外にもチャイやウーロン茶をチョイスできます。

スタンダードなお味のラッシーが爽やかで美味しい♪

新大久保、ベトガト「バトマスサデコ」(350円)

 

続いて、「バトマスサデコ」(350円)

「バトマスサデコ」は、揚げた大豆と生野菜にスパイスを加えてマリネした、ネパールで一般的に食べられているスナック的なお料理。「バトマス」が”大豆”、「サデコ」が”和える”の意味です。

ざく切りのきゅうりや紫玉ねぎ、トマトなどのフレッシュ野菜と、カリッとした大豆の食感がおつまみとして最高!

緊急事態宣言下のため、ビールが飲めないのがつくづく残念です。

新大久保、ベトガト「スチームモモ」(600円)

 

こちらは、「スチームモモ」

メニューには、「スープモモ」「フライモモ」「ベジタブルモモ」もありましたが、スタンダードな「スチームモモ」にしました。

肉汁ほとばしる感はちょっと足りない気がしましたが、肉厚でモチモチの皮の食感とがっつりとニンニクが効いた具材が美味しい★

ピリ辛のチリソースがベストマッチです♪

新大久保、ベトガト「Bセット」(700円)

 

そして、メインの定食「Bセット」が登場!

鈍いゴールドのプレートに、ダルカレー、チキンカレー、ライス、アチャール、サグ、タルカリが載ったシンプルでスタンダードなダルバートです。

う〜ん、カトマンズの食堂で出てきそうなビジュアル★

さっそく、いただきましょう〜♪

新大久保、ベトガトチキンカレー、ダルカレー、タルカリ

新大久保、ベトガトライス、サグ、アチャール

 

塩気の強いダルは素朴なお味。水分多めなのがネパールの食堂っぽくていいです。日本米に合います。

チキンがゴロッと入ったチキンカレーは、シンプルなお味で食べやすい。

おかずも、ジャガイモと茄子のタルカリ、タルカリとジャガイモが被っている気がしたけどかなり美味しいアルコアチャール、特徴ないけど美味いサグ、ニンニクの効いたゴルベラコアチャールなど、どれも特別感はないけど、スタンダードに美味しい♪

もりもりと頂けちゃいます★

食べている途中、ネパール人の店員さんがやってきて、ダルやタルカリ、ライス、アチャールなどのお代わりはいるか?と聞いてきました。

これだけでお腹一杯になっていたのでお代わりはしませんでしたが、ディナーで700円というお値段で、これだけのダルバートがいただけ、さらにお代わり自由だなんて、すごい!

新大久保、ベトガトダルやタルカリ、ライス、アチャールなどがお代わり可なのがすごい!

 

新大久保にあるネパール料理店『ベトガト』

現地カトマンズの雰囲気満点の店内で、毎日でも食べられそうな美味しいダルバートをリーズナブルなお値段でいただけるお店。

定食以外のスクティやセクワ、マサラオムレツやパニプリなどの単品のおつまみも充実しており、お酒が解禁されたら、ぜひ、居酒屋感覚で訪れてみたいお店です。

スポンサーリンク

◉『ベトガト』の地図・アクセス

  • 住所:東京都新宿区百人町1-11-31 新大久保ビル 2号館 1F
  • アクセス:JR 新大久保駅 徒歩3分
  • 営業時間:11:00~23:00
  • 定休日:不定休

ネパール料理の定食「ダルバート」東京都内《おすすめ》12店舗ご紹介!
「ダルバート」とは、ネパールで毎日食べられている日本の定食にあたる料理です。ダルは豆、バートはお米を意味します。ダルとお米の他に、おかず「タルカリ」と漬物の「アチャール」が付きます。東京都内のネパール料理店でいただいた「ダルバート」(または、それに類するもの)を12皿、ご紹介します★