バッティ ネパール居酒屋【大塚】★ランチでいただく980円の美味なダルバート

大塚、バッティネパール料理

JR山手線大塚駅から徒歩2分。南大塚三丁目のサンモール大塚商店街の一角に、ネパール料理店『バッティ ネパール居酒屋』はあります。

お店のオープンは2021年2月。本場の味そのままのネパール・ネワールの居酒屋料理をいただけるということで、人気を集めつつあるお店です。

店名の「バッティ(Bhatti)」とは、ネパールの居酒屋のこと。本場カトマンズには、チャンやロキシーなどの地酒と一緒にお料理をいただける”バッティ”が至る所にあり、『バッティ ネパール居酒屋』は、そんな現地の風情を感じられるお店なのだとか。

スポンサーリンク

ネパールの現地の居酒屋「バッティ(Bhatti)」をイメージした雰囲気満点のお店

大塚、バッティ『バッティ ネパール居酒屋』の入り口

 

こちらが『バッティ ネパール居酒屋』の入口。

お店は雑居ビルの地下一階にあります。

大塚、バッティバッティネパール居酒屋

 

ネパール人が多く集まる界隈と言えば新大久保界隈が知られていますが、豊島区の大塚や池袋界隈にもネパール人が近年急増しています(2019年時点で約3,500人。同様にベトナム人、ミャンマー人も急増)。

当然のことながら、ネパール料理店も急増しており、大塚・東池袋・巣鴨界隈にはすでに10店舗以上のネパール料理店が誕生しているとのこと。

大塚、バッティ入り口階段に飾られたネパールの絵や壁掛けなど

 

こちらは、お店の入り口階段に飾られたネパールの絵や壁掛けなど。

入り口からネパールの雰囲気満点!

さっそくお店の中に入っていきましょう〜♪

大塚、バッティ『バッティ ネパール居酒屋』の店内

 

こちらが『バッティ ネパール居酒屋』の店内。

ネパールの現地の居酒屋「バッティ(Bhatti)」をイメージした店内は、ブラウン系の色調でまとめられた落ち着いた雰囲気。テレビモニターで神様PVが延々と流されているのが現地っぽいです。

座席数はテーブル席のみで合計36席。ランチタイムのオープンと同時に訪問したので、お客さんはいませんでしたが、食べている間にちらほらと来店してきました。

ここは居酒屋メインなので、夜の方がお客さんの入りは多そうです。

大塚、バッティ壁にはネパールの食器が飾られています。

大塚、バッティ壁に書かれたネパール語のデーヴァナーガリー

大塚、バッティネパールの写真がたくさん飾られています。

大塚、バッティネパール地酒の写真

 

店内の壁には、ネパールの食器や雰囲気のあるネパールの写真が飾られていて、ネパール語のデーヴァナーガリー文字も壁に描かれているのが印象的。天井から吊り下げられている麦わらっぽいランプもお洒落な感じ。

お店のスタッフは厨房で調理をしている方とホールで接客をする方のお二人。いずれもネパール人の様子。

ホールの方は首都カトマンズ出身で、以前は大久保のネパール料理店『ナングロガル』で働いていたのだとのこと。

大塚、バッティ『バッティ』のランチメニュー

 

こちらが『バッティ ネパール居酒屋』のランチメニュー。

メニューは、

  • バッチィ・カナ・セット(BHATTI KHANA SET)980円
  • バッチィ・スペシャル・セット(BHATTI SPECIAL SET)1,080円
  • ディロ・セット(DHEDO SET)1,280円

カレーのお肉は、チキン・マトン・ベジタブル・水牛(+100円)から選べます。One Drink Freeです。

今回は、スタンダードな「バッチィ・カナ・セット」(ダルバート)を注文しました。お肉はネパールらしく水牛をチョイス!

スポンサーリンク

ワンプレートに盛り付けされたダルバート(バッチィ・カナ・セット)は期待に違わぬ美味しさ★

大塚、バッティ「バッチィ・カナ・セット」980円

 

店員さんと雑談をしていると、程なくしてお料理が出来上がり、運んできてくれました!「バッチィ・カナ・セット」です♪

「バッチィ・カナ・セット」の内容は↓

  • バスマティライス
  • ダル
  • 水牛(バフ)のカレー
  • 大根とニンジン、キュウリ、緑豆のミックスアチャール
  • グンドゥルック(発酵野菜)
  • サグ
  • いんげんとオクラ、ジャガイモのタルカリ

真鍮製の丸いお皿の中心にバスマティライスが敷かれ、カレーやダルなどの汁物系が右に、タルカリやアチャール、サグなどのおかずが左に、綺麗に並べられています。

バスマティライスの上には、カットしたゆで卵とニンジン、キュウリのスライス、レモンが置かれていました。

スパイスカレー屋さんのカレーみたいなフォトジェニックなビジュアルです★

さてさて、さっそくいただきましょうか〜♪

大塚、バッティ水牛(バフ)のカレーとダル

大塚、バッティ大根とニンジン、キュウリ、緑豆のミックスアチャール、グンドゥルック、サグ、いんげんとオクラ、ジャガイモのタルカリ

大塚、バッティバスマティライスを中心に綺麗に載せられたおかずたち

 

『バッティ ネパール居酒屋』のダルバート、評判と見た目通りに美味でした★

ジンブー(行者にんにくを乾燥させたスパイス)の風味が効いた優しい味わいのダル、お肉に弾力があり食べ応えのあるバフのカレー、塩味・酸味・辛味のバランスが程よいミックスアチャール、仄かな酸味と独特の旨味が美味しいグンドゥルック(ネパールの発酵乾燥青菜)、クミンの香りとにんにくの旨味が効いたシンプルなサグ、オクラのとろみとじゃがいもの旨みが美味しいタルカリ。

シンプルだけど、これぞダルバートって感じの美味しいダルバートでした★

あっという間に完食!

ちなみに、肉カレー以外はお代わり可能です!

大塚、バッティチャイ

 

食後は、チャイを一杯♪

お馴染みのチャイグラスに入ったチャイは甘くて温かくて美味しい★

店員さんも親切だったし、満足できるランチとなりました♪

 

大塚にあるネパール料理店『バッティ ネパール居酒屋』

ランチのダルバート「バッチィ・カナ・セット」は期待に違わぬ美味しさでした!

ディナーの居酒屋タイムでは、まぐろのスパイスたたき料理「フィッシュカチラ」や、串焼き肉の「セクワ」、干し肉「シュクティ」、ネパールのお好み焼き「チャタマリ」、定番のネパール餃子「モモ」などといった居酒屋メニューをネパールの地酒「チャン」を飲みながらいただくことができるとのこと。

ぜひ、次回はディナータイムに訪問し、「フィッシュカチラ」や「チャン」をいただいてみたいと思います。

スポンサーリンク

◉『バッティ』の地図・アクセス

  • 住所:東京都豊島区南大塚3-50-4 第二大多和ビル B1F
  • アクセス:JR大塚駅より徒歩2分
  • 営業時間:12:00~23:30
  • 定休日:年中無休