名店出身の2人のシェフがコラボした北インド料理店の新星『やっぱりインディア』@大塚

大塚、やっぱりインディア

山手線大塚駅南口から徒歩2分ほど。大塚天祖神社の向かいの雑居ビルの2階に、インド料理店『やっぱりインディア』はあります。

2017年4月にオープンしたばかりのこのお店。パッと見、お店の名前も店構えも垢抜けしない感じですが、実はここ、すごいお店!

なんでも、このお店のシェフは、銀座の『グルガオン』や八重洲の『ダバ・インディア』出身のシェフ(スレンダジー氏)と、三軒茶屋の『シバカリーワラ』でメインシェフを担当していたシェフ(ラムジー氏)、そのおふたりが担当されているとのこと。

その事実だけで美味しいことは確実!楽しみです♪

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

お店の外観からは想像もつかない、唸るような美味しさの絶品カレー

大塚、やっぱりインディア『やっぱりインディア』店頭の立て看板

大塚、やっぱりインディアカレーは毎日変わりますとのこと

大塚、やっぱりインディアお店は階段を登って2階

大塚、やっぱりインディアこれがお店のロゴマークのようです

大塚、やっぱりインディアナマステ〜♪

お店は建物の2階にあります。

看板や飾り付けのセンス、ロゴマークなど、インド人のセンスなのでしょうか?

パッと見は微妙な感じで、事前情報がないと入らなかったかもしれません。

案内文の文字もちょっと独特の文字で、インド人が運営しているお店なんだということがわかります。

けれども、インド人でこの日本語力はすごいですよね。

大塚、やっぱりインディア『やっぱりインディア』の店内

大塚、やっぱりインディアインドらしい飾り付けがなされた店内

大塚、やっぱりインディアテーブル上のランプと呼び鈴

『やっぱりインディア』の店内です。

店内は小ぢんまりとしていて、座席数は26席。8人入れる個室もあります。

内装は白とクリーム色を基調としたシンプルな印象で、所々にインドの飾り物が飾られているものの若干殺風景感あり。

しかしながら、清潔感があって気兼ねなくお食事をいただける空間ではあります。

休日のディナータイムにオープンと同時に入店したのですが、最初は2、3人しかいなかったものの、しばらくするとほぼ満席状態に。

おひとり様での来店が多く、コアなインド料理好きが集まって来ているような印象でした。

大塚、やっぱりインディア『やっぱりインディア』のメニュー

さて、メニューを見てお料理を選びましょう〜♪

ディナーメニューは、セットの定食「ターリー」と、アラカルトのカレーと、ナンやロティ、パロータなどのパン。サラダやサモサ、パコーラなどのアペタイザー、チキンティッカやシクカバブなどのタンドール料理があって、カレーの種類もかなりオーソドックスな感じ。

メニューだけ見ると、よくあるネパール人経営のインド・ネパール料理屋っぽく感じてしまいます。

お飲物も特別珍しいものはないです。

今回はもちろん、定食「ターリー」をチョイス。

ターリーには、ノンベジの「マサハーリー・ターリー」とベジの「サカハーリー・ターリー」がありましたが、カレーの種類はノンベジの方が充実してあたこともあり、「マサハーリー・ターリー」を選ぶことにしました。

大塚、やっぱりインディア「キングフィッシャー」と「ネパールアイス」

大塚、やっぱりインディアビールのラベル

とりあえず、ビールを頼みましょう〜!

インド料理屋・ネパール料理屋の定番ビール「キングフィッシャー」と「ネパールアイス」です。

安定の美味しさ!

ぐびぐび飲みつつ、お料理を待ちます。

大塚、やっぱりインディア「マサハーリー・ターリー」(1,400円)

さあ、やって来ました「マサハーリー・ターリー」!

セット内容は、

  • カレー2種
  • ダール
  • ライタ
  • ナン
  • ライス
  • キャベツのアチャール

今回はカレーは、「サグパニール」「チキンキーマ」「シェフチキンカレー」「エビカレー」をチョイス(2食分)

プラス100円で、ナンをチーズクルチャに変更できるので、ひとつをチーズクルチャに変更しました。

ところで、この「マサハーリー・ターリー」の器と盛り付け、三軒茶屋の『シバカリーワラ』にそっくり!

やっぱり『シバカリーワラ』出身なんですね、このお店のシェフ(ラムジー氏)

大塚、やっぱりインディア「マサハーリー・ターリー」とチーズクルチャ

こちらが「チーズクルチャ」

「クルチャ」とは、精製された「マイダ」という小麦粉を原料に、卵、ヨーグルト、重曹などを使って発酵させ、タンドールで焼いたパンのこと。発酵にイーストを使っていないことが「ナン」との違いです。

「チーズクルチャ」は、銀座の『グルガオン』の一番人気メニュー。

さすが、『グルガオン』出身のシェフだということがわかりますね、このお店のシェフ(スレンダジー氏)

もちろん、お味はもちもちでチーズがトロトロで絶品でした★

大塚、やっぱりインディアこちらはナン

こちらは「ナン」

「チーズクルチャ」だけだと重いので、ひとつは「ナン」にしました。

これが大正解!

このお店のナン、美味しいです★

大塚、やっぱりインディアお皿も盛り付けも『シバカリーワラ』そっくり

大塚、やっぱりインディア「サグパニール」「シェフチキンカレー」

大塚、やっぱりインディア「チキンキーマ」「エビカレー」

大塚、やっぱりインディアナン

大塚、やっぱりインディアダール、ライタ、キャベツのアチャール、ターメリックライス

さて、カレーですが、このお店『やっぱりインディア』のカレー、そこいらのインド料理店のカレーとはモノが違います。

驚きの旨さ!まさに絶品です★

2種のチキンカレー「シェフチキンカレー」「チキンキーマ」は 、トマトとタマネギベースのカレーで、クローブやブラックペッパーなどスパイスがどっちゃり使われている感じ。それぞれ全く違ったお味で、どちらも目が醒めるほど美味しい!

グリーンの色が鮮やかな「サグパニール」は、濃厚ながら上品な仕上がりでそこいらのサグパニールとは一段格が上なお味。

クリーミーでマイルドな「エビカレー」も丁寧に作られている感じで飽きのこないお味。

どのカレーもそれぞれ個性的で、そして、美味しい★

マスタードシードの効いた「キャベツのアチャール」もクミン感満点の「ライタ」も絶妙なお味。

ナンやチーズクルチャと一緒にあっという間に平らげてしまいました!

大塚、やっぱりインディアデザートの「クルフィ」

食後のデザートは「クルフィ」

しつこさのないあっさりとしたアイスと、ピスタチオの食感のバランスが最高です♪

大塚、やっぱりインディア「チャイ」と「クルフィ」

「クルフィ」と一緒にホットの「チャイ」 をいただきました。

スパイシーなカレーの後にいただく甘いデザートとチャイ。

完璧です★満足しました〜♪

『ダバ・インディア』や『グルガオン』と、『シバカリーワラ』で働いていた2人の実力派シェフがコラボした、大塚のインド料理店『やっぱりインディア』

そこいらのインド料理店とは一線を画すお料理のレベルの高さ。

北インド料理店の中でもトップレベルの美味しさで、満足できること間違いなしです★


◉ やっぱりインディア

  • 住所:東京都豊島区南大塚3-50-3 運来ビル 2F
  • アクセス:大塚駅南口から徒歩2分
  • 営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.22:00)
  • 定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌日休)
  • 電話:080-3412-1701

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク