アルマトイ(カザフスタン)の街をぶらぶら散策しました♪【キルギス旅②】

※前回の記事→中央アジア、カザフスタン最大の都市アルマトイへ【キルギス旅①】

アルマトイ観光【キルギス旅②】

前日、成田から飛行機で中央アジアの国「カザフスタン」最大の都市である「アルマトイ」に到着。

ホテルで一晩眠った翌朝、いよいよアルマトイの街を散策します。

この日は、アルマトイを散策した後、夕方の飛行機でキルギスの首都ビシュケクへと向かう予定です。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

●カザフスタンってどんな国?

カザフスタン国旗【キルギス旅②】カザフスタン国旗

「カザフスタン(Qazaqstan:Қазақстан)」は、北にロシア、東に中国、南にキルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタンと国境を接する、世界第9位の面積を持つ内陸国です(世界最大の内陸国)。

首都は「アスタナ(Astana:Астана)」。最大の都市は「アルマトイ(Almaty:Алматы)」。国土の大半が砂漠やステップ気候で、南西部はカスピ海に面しています。

人口は約1700万人で、民族構成は、カザフ人が65.5%、ロシア人が21.4%、ウズベク人が3.0%、ウクライナ人が1.7%。その他、ウイグル人、タタール人、ヴォルガ・ドイツ人、朝鮮人など多民族の国となっています。

言語はカザフ語とロシア語が公用語、宗教はイスラム教が70.2%キリスト教が26.2%、無宗教が2.8%となっています。

スキタイやエフタル、突厥やモンゴルなど様々な遊牧民族が群雄割拠してきたカザフの地。15世紀頃成立した「カザフ・ハン国」が“カザフ”が一体感を持った初めての時代と考えられています。

しかしながら、19世紀前半にはカザフはロシアの支配下に入り、ロシア革命以後は「カザフ・ソビエト社会主義共和国」として、ソビエト連邦のコントロール下に置かれることとなりました。

このソビエト時代、カザフスタンはソ連の核実験の中心地として「セミパラチンスク核実験場」が作られたほか、宇宙開発の中心として「バイコヌール宇宙基地」が作られました。

ソビエト連邦崩壊後の1991年、カザフスタンは、カザフスタン共和国として独立。独立国家共同体(CIS)へと加盟。ヌルスルタン・ナザルバエフが大統領に就任し、以後20年以上も大統領の地位にあります。

カザフスタンは、石油や天然ガス、ウランやレアメタルなどの鉱物資源が豊富で、国営企業の民営化や外資の積極的な受け入れなどが功を奏し、近年急速に発展しつつあります。

①Hotel MILDOM Express

アルマトイ観光【キルギス旅②】Hotel MILDOM Express

アルマトイでの宿泊先「Hotel MILDOM Express」です。

エクスペディアで事前予約し、料金は11,184テンゲ(3,698円)

立地も良いし、設備も必要充分。スタッフも親切でコスパの良いホテルでした。

アルマトイ観光【キルギス旅②】ホテル前の大通り

ホテル前の大通りです。

広く街路樹が建ち並び、無機質な感じの建物が並ぶ街並み。

旧ソビエトっぽい雰囲気です。

ここから歩いて数分のところに、アルマトイ最大のショッピング・モール「メガパーク」があります。

ホテルに朝食は付けていなかったので、朝食を食べに中心街へと向かいます。

②路上市場

アルマトイ観光【キルギス旅②】朝、路上市場が開かれていました。

しばらく歩いて行くと、道の両側に市場が開かれている通りにぶつかりました。

露店には、色とりどりの野菜や果物が並び、多くの買い物客で賑わっています。

アルマトイ観光【キルギス旅②】スイカとメロン

アルマトイ観光【キルギス旅②】色とりどりのフルーツと野菜

アルマトイ観光【キルギス旅②】にんじん、ビーツ、きゅうり、なす、トマト、キャベツ・・・

アルマトイ観光【キルギス旅②】はちみつ

アルマトイ観光【キルギス旅②】お肉とチーズ

アルマトイ観光【キルギス旅②】でっかいソーセージ

アルマトイ観光【キルギス旅②】お魚もあります。

アルマトイ観光【キルギス旅②】スイカ、オレンジ、メロン

アルマトイ観光【キルギス旅②】お買い物をするカザフの主婦たち

アルマトイ観光【キルギス旅②】トマトがでっかい!

アルマトイ観光【キルギス旅②】チーズとミルクのお店

アルマトイ観光【キルギス旅②】中央アジアの主食、ナン

アルマトイ観光【キルギス旅②】ラズベリー、ブルーベリー

アルマトイ観光【キルギス旅②】クッキーなどのお菓子

アルマトイ観光【キルギス旅②】お魚の干物

にんじん、ビーツ、きゅうり、なす、トマト、キャベツなどの野菜。スイカ、オレンジ、メロン、ラズベリー、ブルーベリーなどの果物。肉、ソーセージ、チーズ、生魚、魚の干物、はちみつ、ナン、クッキーなどのお菓子。様々な食材が並んでいました。

アルマトイ観光【キルギス旅②】路上市場の様子

路上市場をぶらぶらと歩き、売り物を物色した後、東へと向かって歩き始めます。

空はどんよりとした曇り空。雨が降ってきそうな気配です。

8月というのに、少し肌寒く、自分はパーカーを着ていました。

●アルマトイ中心部を歩く

アルマトイ観光【キルギス旅②】メインストリートのひとつ「ゴーゴリ通り」

アルマトイは、人口約135万人のカザフスタン最大の都市。1998年までは同国の首都であり、この国の経済・文化・教育の中心地です。

標高は600m〜1200mで街の中に高低差があります。街の南には4,000m級の天山山脈があり、冬はマイナス20度、夏は35度にもなる大陸性気候。冬は雪も降るそうです。

多民族都市として知られ、カザフ人51.06%、ロシア人33.02%のほか、ウイグル人やタタール人、朝鮮人、ウクライナ人などが居住し、他の都市に比べロシア人の割合が高いのが特徴です。

街は碁盤目状に区画されていて、かなりの広さ。

市内交通は、バスやトロリーバスが中心ですが、2011年にはカザフスタン初の地下鉄も開通しています。

アルマトイ観光【キルギス旅②】ジベック・ジョル大通り

アルマトイ観光【キルギス旅②】ジベック・ジョル大通り改修後のイメージ

アルマトイ観光【キルギス旅②】ジベック・ジョル大通り改修後のイメージ

こちらは、街一番の繁華街だという歩行者天国の「ジベック・ジョル大通り」

けれども、工事中のようで、かなり殺風景な感じになっていました。

工事現場には、改修後のイメージが掲げられていましたが、改修後はかなりお洒落な感じになりそうです。

アルマトイ観光【キルギス旅②】ゴーゴリ通りとトロリーバス

アルマトイ観光【キルギス旅②】ヘアーサロン

アルマトイ観光【キルギス旅②】音楽フェスのパネル展示

アルマトイ観光【キルギス旅②】交差点の様子

アルマトイ観光【キルギス旅②】ゴーゴリ通りのスーパー

アルマトイ観光【キルギス旅②】点心などを売るスタンド

ゴーゴリ通りを歩きつつ、朝食をいただけそうなお店を探します。

けれども、なかなか良さげなお店が見つからない・・・。

立派なレストランはちらほらあるのですが、気軽に入れそうなカフェなどがあまり見当たらないんです。歩いている人もあまり多くないし。

③28人のパンフィロフ戦士公園(④ゼンコフ正教会)

アルマトイ観光【キルギス旅②】28人のパンフィロフ戦士公園

歩いているうちに、訪問しようと思っていたアルマトイの見どころのひとつ「28人のパンフィロフ戦士公園」にぶつかったので、入ってみることにしました。

アルマトイ観光【キルギス旅②】戦勝記念碑

「28人のパンフィロフ戦士」とは、第二次大戦時の1941年、対ドイツ戦でモスクワ防衛に参加して戦死したパンフィロフ将軍と彼の部下の兵士たちのこと。

彼らの多くは、アルマトイやビシュケク出身の若い青年であったとされています。

この話は旧ソ連圏では、美談として有名で誰でも知っている話であるとのこと。

緑溢れる「28人のパンフィロフ戦士公園」の敷地内は整備されていて、巨大な戦勝記念碑や永遠に火がともり続けている無名戦士の墓などが広大な敷地に点在し、観光スポットともなっています。

アルマトイ観光【キルギス旅②】無名戦士の墓

けれども、この「28人のパンフィロフ戦士」の話、実は捏造の疑いが強いのだそうです。

1948年、ソ連軍の検察当局はこの話を調査し、その結果、ソ連軍の機関紙「クラスナヤ・ズベズダ」の記者たちが物語を捏造したとの報告を上げています。

けれども、この事実は、当時の国民を総動員したいソビエト政府の思惑とは異なるため闇に葬られ、物語は美談として人々に浸透していったようです。

2015年7月、ロシア連邦公文書館は、当時の報告を公開、インターネットやテレビでも報道され、大きな物議を醸し出したのだとのこと。

けれども、そんな捏造騒ぎにもかかわらず、「28人のパンフィロフ戦士公園」と巨大な記念碑たちは、ソビエト時代と変わらぬ姿で佇んでおりました。

アルマトイ観光【キルギス旅②】ゼンコフ正教会

「28人のパンフィロフ戦士公園」内には、1904年に完成したロシア正教会「ゼンコフ正教会」があります。

木造の建築物で、釘を一本も使わずに作られており、1911年の大地震の時にも倒壊しなかったことでも有名です。

アルマトイ観光【キルギス旅②】工事中なのが残念

アルマトイ観光【キルギス旅②】内部ではミサが行われていました。

黄色と白の壁面やドームの屋根の青城の一松模様が色鮮やかな教会の外観。

内部ではミサが行われていて荘厳な雰囲気に包まれていました。

屋根の部分が工事中だったのが残念です。

教会を眺めていると、いよいよ雨が降ってきました。

⑤スターバックス

アルマトイ観光【キルギス旅②】アルマトイのスターバックス

「28人のパンフィロフ戦士公園」を出て、公園の西側の通りを歩いていくと、スターバックスのアルマトイ店があります。

スターバックスがあると、近代的な都会の街って感じがしますよね。

さっそく、入ってみることにしました♪

アルマトイ観光【キルギス旅②】アルマトイスターバックスの店内

アルマトイ観光【キルギス旅②】タンブラーやマグカップ

アルマトイ観光【キルギス旅②】アスタナ・マグカップ

店内は日本のスターバックスの店舗とほとんど変わらないシックで落ち着いた雰囲気。

タンブラーやマグカップも売られていて、カザフスタンオリジナルタンブラーやマグカップもありました★

コーヒーは飲まなかったですが、珍しいカザフスタン限定タンブラーがあったので購入!

値段は、3,950テンゲ(1,185円)でした。

お土産 【キルギス旅11】カザフスタン・スタバタンブラー

お土産 【キルギス旅11】表には首都アスタナが、裏には馬が描かれています。

黄色のアスタナ限定マグカップもありましたが、ちょっと重かったので購入は断念。

⑥Перекуcity(朝食)

アルマトイ観光【キルギス旅②】朝食をいただいた「Перекуcity」

スターバックスでタンブラーを購入した後、再びゴーゴリ通りを歩きます。

そして、朝食をいただくために入ったのがこのお店。

何と読むのかわからないですが、「Перекуcity」というセルフサービス形式のレストランです。

アルマトイ観光【キルギス旅②】「Перекуcity」の店内

「Перекуcity」の店内です。

店内はかなり広め。5,6組ほどのお客さんがおりました。

奥にたくさんの料理が並んでいて、トレーを持ち、店員さんに希望の料理をピックアップしてもらうスタイル。大学の学食のようなお店です。

アルマトイ観光【キルギス旅②】チキンやパンケーキなどをいただく

今回チョイスしたのは、チキンやパンケーキ、コーヒーなど。料金は3,650テンゲ(1,095円)

チキンがお値段張りましたが、きちんとグリルされたチキンなので美味★

並んでいたお料理は洋食がメインでした。

⑦中央バザール

中央バザール【カザフスタン・アルマトイ】【キルギス旅②】中央バザール(グリーン・バザール)の入り口

さて、朝食後は、「中央バザール(グリーン・バザール:зелёный рынок)」へと向かいます。

「中央バザール」は、「28人のパンフィロフ戦士公園」からほど近い大通り沿いにあります。アルマトイ最大の市場です。

中央バザール【カザフスタン・アルマトイ】【キルギス旅②】お肉のかたまりがズラリ!

広大なホールには、お肉を売るお店がびっしり!

羊肉や牛肉、馬肉などのかたまりがズラリと並んでいます!

中央バザール【カザフスタン・アルマトイ】【キルギス旅②】ナッツ屋のおじさん

こちらは、ナッツや干しぶどう、干しあんずなどを売るお店。

ナッツ売り場では、たくさんの売り子さんから声を掛けられ、アーモンドやくるみ、干しぶどうなどを食べさせてくれました。

中央バザール(グリーンバザール)についてはこちら→ずらりと並んだ肉のかたまりが壮観!「中央バザール(グリーン・バザール)」(カザフスタン・アルマトイ)

中央アジアの国「カザフスタン」最大の都市である「アルマトイ」街の中心、「28人のパンフィロフ戦士公園」からほど近い大通り沿いに、アルマトイ最大の市場である「中央バザール(グリーン・バザール)」があります。中央アジアは遊牧民の土地。遊牧民と言えば羊肉。ずらりとお肉が並ぶ様は、壮観のひと言でした★

アルマトイ観光【キルギス旅②】中央バザール近くのモスク

中央バザールの近くには、白壁で黄金色のドームとミナレットを持った見事なモスクがありました。

「アルマトイ・セントラル・モスク」です。

中には入りませんでしたが、内部は普通のよくあるタイプのモスクであるとのこと。

⑧メガパーク

アルマトイ観光【キルギス旅②】「メガパーク」の外観

「中央バザール」を見た後、ホテルの近くにある巨大ショッピングモール「メガパーク」へ。

アルマトイ観光【キルギス旅②】「メガパーク」の館内

「メガパーク」の館内です。

3階建ての巨大ショッピングモールで、1,2階がファッションやスポーツ用品、パソコンや家電、化粧品などの店舗で、3階にはフードコートとイベントステージ、映画館があります。

広大な前庭には、メリーゴーランドを始めとした遊具もならんでいました。

アルマトイ観光【キルギス旅②】「メガパーク」にもスターバックスが!

アルマトイ観光【キルギス旅②】近代的な「メガパーク」

アルマトイ観光【キルギス旅②】パソコンや携帯電話などのお店

アルマトイ観光【キルギス旅②】フードコート

アルマトイ観光【キルギス旅②】萌えアニメキャラが描かれたお店

アルマトイ観光【キルギス旅②】カザフ料理のお店

アルマトイ観光【キルギス旅②】イベントスペースではHIPHOPダンスショーが行われていました。

館内の様子をざっと眺めた後、3階のフードコートへ。

飲食店舗の並ぶ中央の広場では、HIPHOPダンスショーが行われていました。

「メガパーク」でのHIPHOPダンスショー

アルマトイ観光【キルギス旅②】マクドナルドでランチ

ダンスをちょこっと鑑賞した後、ランチをいただくことに。

フードコートには、カザフスタン料理の店があったり、タコスなどのメキシコ料理があったり、なんちゃって日本料理のお店があったりしましたが、朝食を遅めに食べたということもあり、マクドナルドでランチをすることに。

アルマトイ観光【キルギス旅②】チーズバーガーセット(1,500テンゲ:450円)

こちらが、アルマトイのマクドナルドの「チーズバーガーセット」(1,500テンゲ:450円)

味は日本と変わらないお味でしたー。

さてさて、この日搭乗する予定の、キルギスの首都ビシュケク行きのフライト、エア・アスタナ101便の出発時刻は18:00。

マックを平らげた後、ホテルに戻り、荷造りをしてチェックアウト。

タクシーで空港へと向かうことにしました。

アルマトイMAP【キルギス旅②】アルマトイ観光MAP

※次の記事→アルマトイからエア・アスタナでキルギスの首都ビシュケクへ【キルギス旅③】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク