サラエボからウィーンとモスクワを経由して帰国&バルカン諸国で買ったお土産

帰国・お土産【バルカン13】 エスニックな旅
記事内に広告が含まれています。

バルカン諸国(旧ユーゴスラビア)9日間の旅も終わり。

サラエボからウィーン、モスクワを経由して成田へ。長旅です。

そして、今回の旅で購入したお土産をご紹介します!

帰国・お土産【バルカン13】

スポンサーリンク

サラエボ→ウィーン→モスクワ→成田

帰国・お土産【バルカン13】

最終日。早朝4時起きで、サラエボ国際空港へ。

ホテルからタクシーで20分ほどで到着。

外はまだ真っ暗です。

帰国・お土産【バルカン13】

サラエボの空港は、それほど大きくはなく、空港内も簡素な感じです。

帰国・お土産【バルカン13】

カフェがあったので、お茶をすることに。

帰国・お土産【バルカン13】

帰国・お土産【バルカン13】

ボスニア・ヘルツェゴビナは、コーヒーといえば ”ボスニアンコーヒー” だったので、普通のコーヒーを飲むのは、ちょっと久しぶり。

確か、エスプレッソとカプチーノ。

朝早かったので、コーヒーが沁みます。

 

まずは、サラエボからウィーンへ。

帰国・お土産【バルカン13】

初めてのオーストリア航空です。

1時間20分ほどのフライトだったので、あまり記憶にありませんが。。

パウンドケーキ的なスナックとオレンジジュースが提供されました。

 

お次は、ウィーンからモスクワへ。

帰国・お土産【バルカン13】

ウィーンでは、乗り継ぎ時間が3時間くらいあったので、ゆっくりお土産見たりカフェでお茶したりしたいなーと思っていたのですが、チェックインをしてその流れで荷物検査→出国審査と進んでいったら、搭乗ゲートまで来てしまいました。

あれ?もう戻れないじゃん(汗)

行きの乗り継ぎの時に見たウィーンのお菓子メーカー「Manner」で、バラマキ用のお土産とか色々買おうと思ってたのに。。ガーン(泣)

搭乗ゲートのところに、小さな売店があったので見てみたら、「Manner」のウエハースだけありました!

とりあえず、ウエハースだけはゲットできて良かったです。

そして、何もないゲートで2時間くらい待ったのでした。

帰国・お土産【バルカン13】

ここからは、アエロフロート航空で。

タラップを上がって搭乗です。

帰国・お土産【バルカン13】

2時間40分のフライト。

お昼の軽食は、サンドイッチとリンゴとジュース。

帰国・お土産【バルカン13】

中に、行きのフライトと同じ、ロシアのアリョンカちゃんのチョコレートが入っていました。

リンゴは、行きも帰りも食べずじまい。

 

そして、無事モスクワ到着~。

モスクワも、まだまだ日本までは遠いけど、なんか帰ってきた感があって、ちょっと安心しました(笑)

帰国・お土産【バルカン13】

乗り継ぎ時間が3時間半近くあるので、行きと同じバーガーキングへ。

さっきサンドイッチ食べたばかりなのに、しょっぱいものが食べたくなり、チキンとポテトを購入。

このチキンが美味しかった。

写真では分からないけど、ドリンクは特大サイズ。

なんで、海外のファーストフードのドリンクってこんなに大きいんでしょう。

 

そして、やっとのことで、成田へと向かいます。

モスクワから成田までは、9時間半ほど。

帰国・お土産【バルカン13】

夕食は、チキンとそばの実。

そう、以前アエロフロートに乗ったときも、そばの実が出たけど、ロシアってそばの実をよく食べるんですね。

”カーシャ”というそばの実のおかゆは、東欧の代表的な家庭料理で、東欧諸国やロシアでよく食べられているそう。

そばの実は、栄養豊富でダイエットフードとしても有名らしいです。

でも、お味はというと、もそもそしていて、あまり美味しくない。。

帰国・お土産【バルカン13】

着陸前の朝食は。。

出たー、おかゆの上にあんず。

これも、前に乗ったときに食べました。

おかゆにあんずは、意味が分からない。

この組み合わせは、日本人にはあまり理解できませんね。

おかゆに梅干しが食べたい!

行きのフライトの機内食が美味しかっただけに、帰りは残念。

そしてそして、無事に成田空港に到着したのでした。

スポンサーリンク

バルカン諸国で買ったお土産

バルカン諸国で購入したお土産をご紹介します!

スロヴェニアで買ったもの

帰国・お土産【バルカン13】

スロベニアの有名な塩専門店『ピランスケ・ソリネ(Piranske Soline)』で購入した塩。

リネンの袋に入っているのが「プレーンソルト」で、お値段お手頃で、お土産にもいい感じです。

帰国・お土産【バルカン13】

こちらは、ソルトフラワー

真夏の日中にだけできる貴重な結晶体で、世界中で珍重され「幻の塩の花」と呼ばれているそう!

クロアチアで買ったもの

帰国・お土産【バルカン13】

トリュフ入りオリーブオイル。

クロアチアはトリュフの名産地でもあるそうで、お土産屋さんにはトリュフ入りオリーブオイルやトリュフ塩などが売られています。

パスタに使ってみましたが、結構香りが強かったです。どんなものが合うか色々試してみたいと思います。

帰国・お土産【バルカン13】

オレンジピール。

お砂糖の量が結構多く甘いけど、オレンジがすごく美味しかった!

帰国・お土産【バルカン13】

クロアチアの家庭料理に欠かせない調味料 ”VEGETA(ベゲタ)”

これを使えば、クロアチアらしい味になるそう。

大きなスーパーでは、ベゲタコーナーがあるほど、クロアチアの人にとって欠かせない調味料です。

ベゲタを使ってビシソワーズを作りましたが、野菜の旨味が加わって、美味しくできましたよ。

帰国・お土産【バルカン13】

ドゥブロブニクにある、ヨーロッパで3番目に古い薬局でかったローズウォーター

素敵な紙袋に入れてくれました。

優しい香りで、とても良く肌になじみます。

ただ、気を付けないと一気にドボドボ出てくるので、すぐになくなってしまいます。

帰国・お土産【バルカン13】

同じく薬局で購入した、フェイスクリーム

ローズやラベンダーなど他にも種類があったのですが、香りを嗅いで一番いい香りだと思った”ローズマリー”をチョイス。

テクスチャーは固めなのですが、手のひらで温めると柔らかくなります。

少量でも潤う感じで、なかなか良いです。

もっと買えば良かったなぁ。。

帰国・お土産【バルカン13】

クロアチアの伝統的な刺繍柄のランチョンマットやコースタ-などを扱ってるお店『BACAN(バチャン)』で購入したコースターとポットマットサイズのもの。

汚れちゃうんじゃないかと、もったいなくて使えません。

帰国・お土産【バルカン13】

最近、旅行先でマグネットを買ってます。

マグネットなんて・・・って思ってたけど、これが案外カワイイのが色々あるんです。

このドゥブロブニクのマグネットも色がとても素敵です♪

ボスニア・ヘルツェゴビナで買ったもの

帰国・お土産【バルカン13】

サラエボで買った、セビリ(水飲み場)のマグネット。

サラエボでは、お店お店でマグネットを物色していたのですが、なかなかいいものに出会えず諦めかけていたときに、「これ、いいかも!」と見つけたもの。

冷蔵後に貼って、眺めてます(笑)

帰国・お土産【バルカン13】

モスタルで購入した、コーヒーのトレイとシュガーポット。

銅色のシンプルなものが素敵だったのですが、この柄入りのものも、エキゾチック度が増していいです。

帰国・お土産【バルカン13】銅製のトレイ

帰国・お土産【バルカン13】銅製のシュガーポット

帰りの空港で買ったもの

帰国・お土産【バルカン13】

サラエボ空港で購入した、Made in ボスニアのチョコレート。

ドライフルーツとナッツが中に入ったチョコレート。

すごく美味しいという訳ではないが、まぁまぁ美味しかったです。

帰国・お土産【バルカン13】

お土産にも良い個袋に入ったバージョン。

こちらは、ドライフルーツのみで、ナッツなしでした。

帰国・お土産【バルカン13】

帰りのウィーンの空港で買った、ウィーンのお菓子メーカー ”Manner” のウエハース。

ちょっと甘めですが、ヘーゼルナッツクリームが美味しい!

帰国・お土産【バルカン13】

帰りのモスクワ空港で買ったチョコレート。

お土産が足りなかったときのために、ドイツの ”Litter SPORT” のチョコレート。

ドイツは行ってないけど、パッケージがカラフルでかわいいしい、ヨーロッパならどの国のものでもハズレはないので。

 

以上、バルカン諸国で購入したお土産でしたー☆

心残りは、スロベニアで買ったハチミツをうっかり手荷物に入れていて、空港で没収されたことです。。

関連記事

こじんまりとしたリュブリャナ旧市街を街歩き【スロベニア】
中央ヨーロッパの国、スロベニアの首都リュブリャナ。市内は、1.5km四方で、徒歩で回れちゃうようなこじんまりとした街です。旧市街を囲むリュブリャニツァ川の川沿いには、レストランやカフェのテラス席が並んでいて、とても素敵な雰囲気。治安も良く街並みも綺麗で、のんびりと散策ができます。
スロベニアきっての景勝地「ブレッド湖」★見所と行き方&ブレッドケーキ
スロベニアの首都リュブリャナからバスで1時間20分ほどの場所にある、スロベニアきっての景勝地「ブレッド湖」を訪れました★エメラルドグリーンの湖と、そこに佇む修道院や古城が織りなす景観は、”絶景”のひと言♪ 今回は、ブレッド湖の見所と行き方、名物のブレッドケーキをご紹介します。
プリトヴィツェ湖群国立公園★湖と滝が織りなす世界遺産の絶景【クロアチア】
「プリトヴィツェ湖群国立公園」は、大小16のエメラルドグリーンの湖と、変化に富んだ92の滝が幻想的な景観を作り出している自然遺産です。場所はクロアチアの首都ザグレブからはバスで2時間半ほどの所にあります。 プリトヴィツェ湖群国立公園のチケット予約、行き方、現地の美しい風景をご紹介します。
【クロアチア】ドゥブロヴニク旧市街の城壁を一周して絶景を満喫♪
バルカン諸国(旧ユーゴスラビア)の旅。“アドリア海の真珠”とも謳われる南クロアチアの都市、世界遺産「ドゥブロヴニク(Dubrovnik)」の旧市街街巡り。雰囲気抜群の路地裏を歩き、ドゥブロヴニクの象徴でもある城壁を1周。オレンジ色の屋根が並ぶ絶景を堪能します。ディナーは新鮮なシーフードを賞味★
ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産の町「モスタル」をとことん堪能♪
世界遺産にも登録されているモスタルの町とその見どころをご紹介。町の象徴、キリスト教徒が住む西岸とイスラム教徒が住む東岸を繋ぐ橋「スターリ・モスト」。オスマントルコ時代の風情の残る旧市街。街中に点在するボスニア紛争時の傷跡。公園に立てられたブルース・リーの銅像。土産物の真鍮細工。名物のチェバプチチ。
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(サラエボ包囲)の戦跡&博物館を巡る
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争時代の1992年から1996年にかけて、サラエボの町はセルビア人勢力によって約4年もの間、包囲され、その「サラエボ包囲」の最中、12,000人が亡くなり、50,000人が負傷したと言われています。今回は、「サラエボ包囲」とそれにまつわる史跡や博物館についてご紹介します。
サラエボ街歩き★旧市街バシュチャルシアを散策する【ボスニア・ヘルツェゴビナ】
バルカン諸国(旧ユーゴスラビア)の旅。ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボを観光。旧市街「バシュチャルシア」を街歩き。サラエボを一望できる丘を訪れ、お洒落なカフェや美味しいボスニア料理をいただけるレストランを訪問します。

コメント