too much india(トゥー マッチ インディア)【名古屋・浅間町】現地で採集したレシピで構成されたベンガルターリー

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア) 東インド料理
記事内に広告が含まれています。

月替わりでメニューが変わるスタイルの名古屋のインド料理店『too much india(トゥー マッチ インディア)』

訪問した5月は、西ベンガル州コルカタの料理を中心にしたベンガルターリー

マスタードや甘いチャトニなど、ベンガル特有のアイテム使いで、美味しくて楽しいプレートでした!

スポンサーリンク

青いドアと小窓が可愛い、カウンターのみのこじんまりとしたお店

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

Instagramでフォローをしていて、以前から気になり過ぎていた名古屋のインド料理屋さん『too much india』。

今回、気合いを入れて予約を取り、旅行も兼ねて無事訪問することができました!!

近くのコインパーキングにレンタカーを停めて、歩いてお店に向かうと、インスタやブログで見ていた青いドアと小窓が。

ついに来たー!という感じでテンションが上がりました♪

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

小窓の下にはインド国旗のイラスト。かわいい♪

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

あーこれこれ!ブログで見たお店の看板。

インドでオーダーした看板だそうです。素敵です!

ブログやインスタによると、店主さんは、お店を開く前にインドで100のレシピを採集する旅をしたとのこと。

苦労して学んだそのレシピをブログに掲載してくれているところがまた素敵なところ!

レシピのほか、現地のお役立ち情報なども投稿されていて、とても興味深い内容が盛り沢山のブログなのです。

それを見て、さらにお店に行ってみたい熱が高まっていたので、念願の訪問でした。

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

いよいよ店内へ!

魚の取っ手がかわいい♪

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

ドアの飾りもチャイのイラストも全部がカワイイ。

 

ランチは完全予約制で、前月に1ヵ月分のスケジュールがインスタで公開され、予約開始となります。

時間は、11:30・12:30・13:30の3部制で、今回は11:30~で予約しました。

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

店内はカウンター5席のみで、座っているとその後ろは人が通るのもやっとな感じのこじんまり感。

想像よりも狭い印象でしたが、でもそのコンパクトな感じが、キッチンと客席の一体感がある感じでいいなと思いました。

今回のベンガルプレート(Egg Thali エッグターリー)のメニューが黒板に書かれています。

メインのカレーは、Dimer Jhol(卵のジョル)。ジョルは、ベンガルのサラっとした汁気のあるカレーです。

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

こちらは、ドリンクとアイスクリームのメニュー。

やっぱりチャイは飲みたいので頼みます。

そして、インスタで見て気になっていたアイスクリーム!

5月は、「Frozen Mishti Doi フローズン・ミシュティ・ドイ・アイスクリーム」でした。

『ベンガル地方の伝統的なスイーツ、ミシュティ・ドイをフローズン・ヨーグルトにしました。』とのこと。

ミシュティ・ドイは食べたことないですが、楽しみ♪

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

カウンターから見た感じ。

どんな調理器具を使っているのかなーなどなど、興味津々!

プレートに盛り付けをしている様子も見えるので、待っている時間も楽しい時間です。

スポンサーリンク

ベンガルプレート

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

そして、エッグターリーの登場です!

わー美味しそう♪

色味は地味ですが、バナナリーフ蒸しもあり、色々楽しそう!

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

メインのDimer Jhol(卵のジョル)

シャバシャバのグレービーにゆで卵がゴロンと入っています。

グレービーは、しっかり目の味でギュっと旨みが濃縮している感じ。

インドのゆで卵は固ゆでなので、汁と絡めてライスと混ぜて食べるとすごく美味しい!

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

左が Mosur Dal(マスール・ダル)

トロトロのダルが沁みわたります。

ネパールのダルでよく使われているジンブーが入っていたような記憶ですが、どうだろう。

やさしいけど、わりと塩気もしっかりと効いていて、ちゃんと個性が感じられるお味で美味しかったです♪

その隣が、Panch Mashari Tarkari (5種の野菜のタルカリ)

5種の野菜をパンチフォロンを使って炒めたタルカリ。

パンチフォロンは、東インドのベンガル地方やバングラデシュでよく使われる5つのホールスパイスミックスで、5つのホールスパイスはクミンシード・マスタードシード・カロンジ・フェンネルシード・フェヌグリークシードです。

5種の野菜は、ドラムスティック・インゲン・なす・じゃがいも、、、と、もう1種類は何だったか忘れてしまいました。。

ドラムスティックは、インドでよく食べられている野菜で、サンバルに入っていることが多いです。日本のインド料理屋さんでも何回か遭遇しましたが、今まで食べたドラムスティックの中で一番可食部分が多いドラムスティックだったような気がします笑

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

バナナリーフに乗っているのは、Chanar Paturi(チーズとマスタードのバナナリーフ蒸し)です。

バナナリーフに包まれているといえば、魚!というイメージなので、珍しいですね。

チーズはフワっとした食感で、マスタードの香りがこれまたフワっと漂う感じ。

はじめていただきました。なんか面白かったです。

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

右から、Jhuri Aloo Bhaja(クリスピーフライドポテト)

ベンガルのターリーには、よく登場するらしいです。

カリカリのフライドポテトに少し豆が入っているところも面白い。

美味しいし、パーパルみたいに食感がアクセントになっていい仕事します!

これたくさん食べたい笑

その隣は、Garlic Stem Achar(ニンニクの芽のアチャール)

アチャールはアクセントにもなり、味変もできるので、やはりターリーには欠かせないアイテムです。

左の半透明の物体は、Plastic Chutney(青パパイヤの甘口チャトニ)です。

ベンガル地方では、ターリーの最後に甘いチャトニが出てくるというのを料理教室で聞いていたので、甘口チャトニがプレートに乗っているのも納得。

地域によっていろんな特色があって、面白いし勉強にもなります。

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

一品一品個性があって、しっかりとしたお味だなーという印象。

色々混ぜて、色んな味や食感を楽しみました♪ とても美味しかったです!

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

そして、もちろんアイスクリームもいただきます♪

Frozen Mishti Doi ice cream(フローズン・ミシュティ・ドイ)

ベンガル地方の伝統的なスイーツのミシュティ・ドイをフローズンヨーグルトにしたとのこと!

ミシュティ・ドイは食べたことありませんが、甘いヨーグルトのスイーツだそう。

甘さが強くて濃厚なアイスクリームを想像しましたが、フローズンヨーグルトなので、さっぱりとしたアイスでした。カラメルのほろ苦さがあって美味しい♪

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

Masala Chai(スパイス入りミルクティー)

締めは、やはりチャイでほっと一息。

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

壁の穴には、小さくてかわいい置き物が。

名古屋・浅間町、too much india (トゥー マッチ インディア)

店主さんはとても気さくで可愛らしく、行動力やガッツのある方でした♪

名古屋なのでそう簡単には行けませんが、ぜひまた伺いたいお店です。

次に行けることを楽しみに、毎月のメニューをインスタでチェックして楽しみます!!

スポンサーリンク

◉『too much india(トゥー マッチ インディア)』の地図・アクセス

コメント