『SPICE LAB TOKYO』★贅沢な空間でいただくモダンインディアンキュイジーヌ@銀座

銀座、SPICE LAB TOKYOエスニック料理

昨年(2019年)11月にオープンした銀座の『SPICE LAB TOKYO(スパイス ラボ トーキョー)』。

”日本人が持つ「インド料理」の概念を覆すモダンインディアンキュイジーヌ” がコンセプト。

洗練されたオシャレな空間で、美しいお料理をゆったりといただける贅沢な空間です。

スポンサーリンク

日本人が持つ「インド料理」の概念を覆すモダンインディアンキュイジーヌ

銀座、SPICE LAB TOKYO

2019年11月16日、銀座にオープンした『SPICE LAB TOKYO(スパイス ラボ トーキョー)』に行ってきました。

東急プラザ銀座の隣にある「GICROS GINZA GEMS」という、飲食店が入っているビルの10階にあります。

銀座、SPICE LAB TOKYO

近代的?なエレベーターを降りると、目の前に、スパイスの入った瓶がたくさん並べられていました。

テンション上がります!

銀座、SPICE LAB TOKYO

店内を進むと、厨房がオープンになっていて、調理の様子をちょっと覗くこともできます。

銀座、SPICE LAB TOKYO

テーブルセッティングは、ブルーの大きなお皿に、銅製?のグラス、ワイングラス、マットゴールドのカトラリー。

銅製のグラスは、なかなかの重量感でおしゃれなのですが、これはお水用のグラスなんです。

カトラリーが素敵で、重さや手触りもいい感じで、とても使いやすかったです。

銀座、SPICE LAB TOKYO

窓側の席だったので、ビルの間からですが、夜の銀座を眺めることができます。

写真は、帰る時に撮ったので、人通りが少ないですね。

銀座、SPICE LAB TOKYO

夜のコースメニューは、「スパイス トレイル(Spice Trail)¥8,800」と、「インチャンティング スパイス(Enchanting Spices)¥14,300」。

それぞれベジとノンベジがあります。

今回は、スパイス トレイルのノンベジをオーダーしました。

銀座、SPICE LAB TOKYO

銀座、SPICE LAB TOKYO

ドリンクは、赤ワインで。

左が、チリの「モンテス アルファ ピノノワール」。
飲みやすくて、とても美味しい。

右が、山形の「サントネージュ かみのやまメルロー」。
土壌のような香りとのことですが、本当に土っぽい香りがしました。ちょっとクセがあるかな。

スポンサーリンク

◆寺院 Offering(揚げもの)

銀座、SPICE LAB TOKYO

レンズ豆のワダ。その上のパリパリに、ムース?とカレーリーフが乗っています。

下に敷いてあるソースは、トマトクミン、アボカドとコリアンダー、チャコールココナッツです。

ワダがとても上品で、フワっと滑らかでした。

銀座、SPICE LAB TOKYO

かなり照明をおとした大人な雰囲気の中、いただきます。

銀座、SPICE LAB TOKYO

メニューになかった一品。

さつまいものスープです。

甘いサツマイモのスープに、揚げたゴボウが乗っていて、アクセントになります。

スープは、クミンとブラックペッパーが効いていました。

スポンサーリンク

◆街路 Pride(誇り)

銀座、SPICE LAB TOKYO

インスタで何度か見て、楽しみにしていた一品。

このクッションのように見える器?は、陶器なんです!

これを考えたのも凄いけど、これを洗うの大変ですね。。

銀座、SPICE LAB TOKYO

まず最初に、真ん中のゴルガッパ(パニプリ)を食べてから、周りのものを一つずつ食べてくださいとの説明がありました。

ゴルバッガの中には、梅、みりん、ミント、レモンが入っていて、一口でいただきます。冷たくてさっぱりとしていて、口の中や胃に沁みわたる感じでした。

左下は、チャート。
シソのパコラの上に、タマリンドチャツネ、ザクロが乗っています。

左上は、サモサ。
なんとバターチキンのサモサです。あー、バターチキンだ!という感じ。

右上は、ケバブ。
鴨のケバブです。プルーンとマンゴーパウダーを使用しているとのこと。

最後に、右下のドクラは、ひよこ豆のケーキです。
上には、ズワイガニとラディッシュが乗っています。

1つのプレートで、5種類もの凝ったお料理を味わえて、これだけでも満足感があります。

スポンサーリンク

◆湾岸 Bay(ベイ)

銀座、SPICE LAB TOKYO

北海道産のアンコウのロースト。
アンコウって認識してちゃんと食べたことがないような気がするので、初めてかも。フワフワ肉厚で、美味しい♪

ソースは、ココナッツとターメリック。

添えられているのは、マコモダケとロマネスコで、マコモダケのパウダーは、トマトとカレーリーフ。

銀座、SPICE LAB TOKYO

コースの途中で、お口直しのシャーベット。

パッションフルーツのシャーベットが、おしゃれなアイスバーになっています。

シャーベットというより、氷のようにガリガリしていました。クミンとブラックソルトが入っています。

スポンサーリンク

チキンのビリヤニ

銀座、SPICE LAB TOKYO

そして、ビリヤニの登場!

チキンのビリヤニです。美味しそう~♪

銀座、SPICE LAB TOKYO

3種類のビリヤニのソース。

手前から豆?、ヨーグルト、カレーソース。

銀座、SPICE LAB TOKYO

グレービーが絡まったビリヤニに、ソースをかけていただきます。

柔らかいチキンに、しっとりとしたライスとソースが合います。

美味しい~♪

銀座、SPICE LAB TOKYO

ビリヤニと一緒に登場したのは、クルチャ。

オニオンとカスリメティ、じゃがいもとコリアンダー、数種類のきのこ、プレーンの4種です。

結構、お腹いっぱいになってきましたが、クルチャもビリヤニも完食。

クルチャはおかわり可ですが、おかわりまでは出来ず。。。

銀座、SPICE LAB TOKYO

最後に、デザートです。

まずは、チョコレート。岩の上に乗って登場。

生チョコっぽい、ソフトなチョコレート。包みはオブラートで、まるごと食べられます。

スパイスの後の甘いものは、身体に沁みます。

スポンサーリンク

◆フェスティバル Bitter & Sweet Symphony(ビター&スウィートシンフォニー)

銀座、SPICE LAB TOKYO

見た目も美しいプレートです。

ターメリックとナツメグのアイスクリーム。

ソースは、上からエスプレッソとマスカルポーネ(ビター)、ベリーとタイム(サワー)、バニラビーンズとカスタード(ソフト)、パンプキン(スウィート)です。

上のソースから下のソースへ、スプーンですくって食べてくださいとのこと。

ビターからスウィートまでの、まさにシンフォニーです。

銀座、SPICE LAB TOKYO

添えられているフェンネルのクッキーが、ザクザクしてアクセントになっていい働きしてます。

フルーツは、ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリーです。

銀座、SPICE LAB TOKYO

ドリンクは、コーヒーか紅茶が選べます。

選んだのは、コーヒーのミディアムロースト(トガリフンカル エステート)とミディアムダークロースト(アッティカン エステート)。

私は、ミディアムローストにしましたが、とても飲みやすくて美味しかったです。

 

デザートとコーヒーまでいただき、お腹も心も大満足♪

一品一品丁寧に作られた、見た目も美しいお料理で、贅沢なひとときを過ごすことができました。

お値段はそれなりに張りますが、何か特別な日に訪れると、幸せな気分になれること請け合いです!

銀座、SPICE LAB TOKYO


スポンサーリンク

◉SPICE LAB TOKYO(スパイス ラボ トーキョー)

  • 住所:東京都中央区銀座6-4-3 GICROS GINZA GEMS 10F
  • アクセス:東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座」駅 C2出口より徒歩2分
  • 営業時間:11時00分~15時00分 18時00分~22時30分