恋とスパイス【東京】★新宿中村屋プロデュース!新スタイルのエキナカカリー専門店

東京、恋とスパイスエスニック料理

東京駅の「グランスタ地下北口」改札の外、「グランスタ東京」内、丸の内連絡通路沿いに、エキナカカレースタンド『恋とスパイス』はあります。

「グランスタ東京」の開業と共に2020年8月にオープンしたこのお店、インド料理店の老舗『新宿中村屋』がプロデュースした新スタイルのエキナカカリー専門店であるとのこと。

『新宿中村屋』プロデュースの新スタイルのカレー。どんなカレーなのか興味津々です★

 

『Manna (新宿中村屋 マンナ』についてはこちら↓

昭和2年に生まれた純インド式カリー。『Manna (新宿中村屋 マンナ)』@新宿
新宿のカレー屋さんと言えば、「新宿中村屋本店」以前はビルの2階に「ルパ」という店名で営業していた「新宿中村屋本店」ですが、長い改装工事を経て2014年。その中村屋ビルの地下2階に、新しいカフェ風のお店としてリニューアルオープンしました。それが、この『 Manna (新宿中村屋 マンナ)』です。

エキナカにあるスタイリッシュかつエキゾチックなカレースタンド

東京、恋とスパイス『恋とスパイス』の外観

 

『恋とスパイス』の外観です。

格子模様の外壁と店内の真っ赤なタイル壁がスタイリッシュかつエキゾチック!

ガラス窓もオープンで気軽に入れる雰囲気です。

東京、恋とスパイスお店は、丸の内連絡通路沿いにあります。

東京、恋とスパイス「無憂樹」のマーク

 

『恋とスパイス』のロゴマークです。

このロゴマークは、インドの花「無憂樹」をモチーフにしているそうで、お店の紹介によると、

【無憂樹】
マークはインドに縁のある無憂樹の花がモチーフ。
仏教三大聖樹のひとつで釈迦が生まれた所にあった木。
幸福の木。乙女の恋心をかなえる木。

とのこと。

さすが、『新宿中村屋』プロデュース。色々とコンセプトがしっかりしている感じです。

東京、恋とスパイス店頭に掲げられたメニュー

東京、恋とスパイスインド風の「恋の〜」カリーと欧風の「幸せの〜」カリーから選べます。

 

店頭には大きな電光パネルのメニューが掲げられていました。

『恋とスパイス』では、下の2種類のカレーを選ぶことができます。

  • 厳選されたスパイスや上質な食材が自慢の、心にも身体にもやさしいスパイス薫るインド風カリー
  • 90年以上に渡り培ってきたレストランの調理技術を凝縮させたコク深い欧風カリー

インド風カリーは「恋の〜」という名前、欧風カリーは「幸せの〜」という名前になっていて、それぞれ種類があります。

  • スパイス薫るインド風カリー
    • 恋のチキンカリー(恋盛りトッピング:1,330円 スタンダード:980円)
    • 恋の野菜カリー(恋盛りトッピング:1,380円 スタンダード:1,030円)
    • 恋の豆カリー(恋盛りトッピング:1,280円 スタンダード:930円)
  • コク深い欧風カリー
    • 幸せのビーフカリー(幸盛りトッピング:1,380円 スタンダード:1,080円)
    • 幸せのカツカリー(幸盛りトッピング:1,380円 スタンダード:1,080円)

 

今回は、「恋のチキンカリー」の恋盛りトッピングを頼むことにしました。

注文は、入口にある自動券売機での購入。お店のスタッフの方が丁寧に買い方を案内してくれました。

東京、恋とスパイス『恋とスパイス』の店内

 

こちらが、『恋とスパイス』の店内。

座席はカウンター3席、テーブル16席の合計19席。平日のディナータイムでの訪問でしたが、お客さんは数名のみ。場所柄、ランチタイムの方が客入りが多いのかもしれません。

東京、恋とスパイスカルダモンウォーター

 

座席に座ると、お店のスタッフのかたがお水を持ってきてくれました。

このお水は、「カルダモンウォーター」であるとのこと。

当店のお水は、「カルダモン」のエキスが入っております。清涼感のあるすっきりとした風味が、カリーとの相性も抜群です。

飲んでみると、確かにカルダモンの風味がします!これはカレーに合うかも。

心にも身体にもやさしいスパイス薫る「恋のチキンカリー 恋盛りトッピング」

東京、恋とスパイス「恋のチキンカリー 恋盛りトッピング」1,330円

 

しばらくして、カレーが運ばれてきました。

「恋のチキンカリー 恋盛りトッピング」です★

ブルー系のお皿の上に、鮮やかな黄色のカリーと、ほうれん草ソテー、パクチー、淡路島産玉ねぎのフライドオニオン、揚げたまご、ビーツのアチャール、マッシュポテト、ポルサンボーラが載っており、ライスの上にはパパド(豆粉せんべい)が刺さっています。

彩り鮮やか!フォトジェニックです♪

さて、さっそくいただきましょう〜★

東京、恋とスパイスパパド、ほうれん草ソテー、パクチー、フライドオニオン、揚げたまごをトッピング

 

カリーのお味はマイルドで少し甘みがあり、インド料理やスパイシーなカレーが苦手な人でも食べやすいお味。

フライドオニオンやビーツのアチャール、ポルサンボーラなどの付け合わせも、味にバラエティをもたらしていて、なかなかの美味しさ★

『新宿中村屋』のチキンカレーとは違った味わいですが、美味しいです★

しかしながら、スパイシーなカレーに慣れている身としては、ちょっとスパイス感が物足りないのも事実。

東京、恋とスパイス「もうひと恋、スパイスをどうぞ」

 

けれども、インド式カリーを長年提供してきた『新宿中村屋』、そこは抜かりはありません。

スパイシー好きな人のために、”追いスパイス”を用意してありました!

東京、恋とスパイス「スパイスオイル」と「辛味スパイス」

 

”追いスパイス”は、2種類。

  • 香りづけに「スパイスオイル」
    • 5種類のホールスパイスとカレーリーフをマスタードオイルで加熱し抽出した、スパイス香る特製オイルです。
  • 辛味づけに「辛味スパイス」
    • 中村屋特製ガラムマサラと2種類の唐辛子を高温に加熱したマスタードオイルと混ぜ合わせ作った特製辛味スパイスです。

さっそく、2種の”追いスパイス”をカリーに振り掛けます♪

東京、恋とスパイス”追いスパイス”を加えてさらに美味しく

 

”追いスパイス”を加えたカリーは、「スパイスオイル」の香ばしいスパイスの香りと、刺激的な「辛味スパイス」の辛味が加わって、さらに美味しく!

香りと味に深みが増し、スパイシーカレー好きにも満足できるお味になりました★

 

東京駅「グランスタ東京」内にある、新スタイルのエキナカカリー専門店『恋とスパイス』

インド料理店の老舗『新宿中村屋』がプロデュースしたカリーは、スタンドカレー店としてはかなりのレベルの高さ。

万人受けするマイルドなカリーは、スパイスカレーに慣れていない方にも、”追いスパイス”を加えて、スパイスカレー好きの方にも、どなたにも美味しくいただけるカリーです。

◉『恋とスパイス』の地図・アクセス

  • 住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 グランスタ東京 B1F
  • アクセス:東京駅から127m
  • 営業時間:8:00~22:30(日曜は〜21:30)
  • 定休日:無休