オープンテラスな居酒屋が並ぶ、台南・海安路【台湾】

大饌滷味【台湾7(台南の夜)】 台湾の旅
記事内に広告が含まれています。

台湾の古都台南

昭和レトロな雰囲気漂う台南の街の中でも、海安路・神農街界隈には、古い建物が多く残っていて、その建物をリノベーションしてバーやカフェなどを営業しているお店が多くあります。

南国な雰囲気も味わえて、ゆっくりお酒やお茶を楽しめる、台南に来たら一度は訪れたいスポットです♪

大饌滷味【台湾7(台南の夜)】

スポンサーリンク

ホテルから歩いて海安路へ

夜20時に列車で台南に到着。ホテルのチェックインをした後、夕食を食べに出かけました。

屋台の居酒屋が並ぶ海安路へ向かいます。

宿泊していたホテル『カインドネスホテル チーカンタワー』から民権路二段を西の海の方向へひたすら歩きます。

台南の夜【台湾7(台南の夜)】

21時は回っていたと思いますが、人通りも車も少なめ。高い建物もなく、田舎な雰囲気です。

台南の夜【台湾7(台南の夜)】

台南の夜【台湾7(台南の夜)】

途中、映画館がありました。昭和な感じが漂っています。

台南の夜【台湾7(台南の夜)】

看板がたくさん。台湾っぽいですね♪

 

歩いていると、場所はどの辺だったか定かではないのですが、行列ができている屋台を発見。周りには空いているお店はなく静かなのに、その屋台だけが賑わっていました。

台南の夜【台湾7(台南の夜)】

近づいてみると、何これ? 電球?!?

正体は良く分からないけど、おそらくミルクティーとか飲み物のよう。

台南の夜【台湾7(台南の夜)】

この黒い物体は。。タピオカかなぁ、、?

真相は良く分からなかったのですが、後で調べてみたら、やっぱりミルクティーとかのドリンクで、この電球に入ったものが流行っているそうです。へぇ~~、ですね。

スポンサーリンク

海安路のオープンテラス?な居酒屋

そして、海安路に到着。

大通りの両脇にお店が建ち並んでいるはずなのですが、想像していたよりも静かな感じ。

この日は、日曜日だったからでしょうか。。

事前にネットで調べたところ、海安路には、屋台の居酒屋がたくさんあるという情報だったのですが、それほどでもないなぁ。場所が違うのか。。?

でもでも、何軒かお店が並んでいるところがありました!

その中で、良さそうなお店をチョイス。

大饌滷味【台湾7(台南の夜)】『大饌滷味』

 

”滷”は、「煮込む」という意味だそうで、”滷味”は、自分で食材を選んで、調理をしてもらうことのようです。台湾では、この”滷味”のお店が良くあるようです。

そう、この写真のカウンター?の中には、魚介類や野菜などが並べられていて、この中から自分で食材を選んで、調理をしてもらうことができます。

大饌滷味【台湾7(台南の夜)】

大饌滷味【台湾7(台南の夜)】

お店は、建物に厨房やレジがあって、外の歩道にテーブルが並べられていて、外で食事をするスタイルです。”オープンテラス”とでも言うのでしょうか。

開放的でいい感じです。

大饌滷味【台湾7(台南の夜)】

メニューはこれ。食べたいものの欄に、注文数を記入して、お店の人に渡します。

お料理も決めなくちゃだけど、まずはやっぱりビールをいただかねば!

大饌滷味【台湾7(台南の夜)】

ジャーン☆ これ知ってますか?

台湾では、生ビールを扱ってるお店は少ないそうです。

でも、これは瓶の生ビール。製造されてから、賞味期限わずか18日以内の瓶(生)ビールなんです!! ちなみに、通常の瓶ビールの保存期間は、半年~1年くらいだそう。

お味はというと、、、軽くてとても飲みやすい♪

「賞味期限18日」と聞くだけで、なんだか特別感ありますよね。

 

そして、お料理は。

大饌滷味【台湾7(台南の夜)】

安定の『空芯菜炒め』30元。

ニンニクが効いていて美味しい♪

漢字メニューよく分からないけど、「空芯菜」なら分かる(笑)

どこで食べても、ハズレはあまりないですよね。

大饌滷味【台湾7(台南の夜)】

『手工水餃』10個で40元。

大饌滷味【台湾7(台南の夜)】

2種類のタレをつけていただきます。一つはピリ辛、一つはノーマル。。(確か)

やっぱりピリ辛が好きかな。餃子の皮がモチモチしてて、これ、とっても美味しかったです♪ 10個の餃子もペロリと平らげました!

大饌滷味【台湾7(台南の夜)】

何の麺だったか忘れてしまいましたが、台南らしい麺料理。こちらにも水餃子が入ってましたね。お料理の名前が分からないので、お値段も失念。。

肉みそが甘めで、台湾なお味。外で食べるあったかい麺料理って、なんかいいです。

大饌滷味【台湾7(台南の夜)】

イカ焼き(お値段不明。。)

デカっ!! 結構な量です!

ライムとショウガでいただきます。

うん、普通においしい♪ でも、量が多くて完食ならず。。

大饌滷味【台湾7(台南の夜)】

『肉燥飯(小)』25元。

締めには、やっぱりご飯もの?

こういう肉そぼろが乗ったご飯って、「魯肉飯(ルーローファン)」しか知らなかったのですが、このお店では「肉燥飯(ローツァオファン)」いう名前でした。

お味は、魯肉飯と変わらない感じでしたが、「魯肉飯」は豚バラ肉をたたいて醤油香辛料煮にしたもので、脂が乗っているもの。「肉燥飯」の方は赤身肉で作ったものという違いがあるそうです。

「魯肉飯」のさっぱり版が、「肉燥飯」といった感じでしょうか。

付け合わせのザーサイがアクセントになっていい感じです♪

 

お腹もいっぱいになり、満足です★

大饌滷味【台湾7(台南の夜)】

お会計は、お店のレジで。

こちらのお姉さん、お料理を持ってきてくれたり、色々動いてましたが、なんと妊婦さんでしたよ! こんな夜まで働いてるなんて、パワフルです。

そしてお会計は、2人で合計360元(約1,300円)。安~い!!

大饌滷味【台湾7(台南の夜)】

夜の台南は、それほど暑くもなく、外で食べるのも気持ち良かったです★

南国の穏やかな雰囲気があって、のんびりとビールを飲みながら、お料理とおしゃべりを楽しむ。

しかも、とってもリーズナブルで、なかなか美味しいお料理も食べられるので、台南に来たら、一度は訪れたい場所ですね!

この日は日曜日だったのですが、金土辺りの週末だと、もっと賑わっているのかもしれません。

また、ここ海安路は、昼間は違った雰囲気を楽しめるそう。

建物の壁にアーティスティックなペイントが施されていたり、古い建物を改装しているお店が多いので、写真を撮るのにもいいスポットになっているそうです。

 

そして、この海安路の脇道を入ったところにある『神農老街』は、ノスタルジックな雰囲気漂う素敵な通りになっていて、地元の若者や観光客が多く訪れる有名な場所です。

神農老街【台湾7(台南の夜)】

ご飯を食べた後は、神農老街のバーにお酒を飲みに行きました★

台湾マップ(大饌滷味・TAIKOO太古)

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

台湾南部のリゾート地『墾丁』はどんなところ?【台湾】
台湾南部のリゾート地「墾丁(ケンティン)」。墾丁では、台湾最南端ポイントまでサイクリングをしたり、墾丁夜市を堪能したり、海を見たりと、台北などの都市ではできないことをすることができました!そんな墾丁の観光スポットや街の様子をご紹介します♪
台湾南部のディープな街「恒春」を巡り、四重渓温泉へ【台湾】
台湾南部の恒春半島にある「恒春」。城壁で囲まれている恒春の街はとても小さく、歩いて回れちゃうくらいの大きさです。古い街並みを散策し、城壁や門、天然ガスが燃えて地面から火が出ている「出火」などを巡ります。
台南街歩き★「帆布バッグ」を買い「雙全紅茶」で紅茶を飲み「赤崁楼」を観光する
台湾の古都「台南」の街をぶらぶら歩いて、お買い物をして、美味しいご飯やかき氷を食べて、観光して。。小さい街なので、歩いて結構回れちゃいます。昭和レトロな雰囲気の街並みを歩きながら、台南を満喫しちゃいましょう☺
ノスタルジックな街、台南の『安平』をゆるりと散策【台湾】
台南の中心地から少し離れたところに、『安平』という街があります。安平は、台南で最もノスタルジックな街と言われていて、昔懐かしい街並みや古跡を楽しむことができます。台南の中心地とは、ちょっと違う雰囲気を味わえる街『安平』を巡ってみましょう!
台湾の花蓮でアミ族の豊年祭を観る
台湾花蓮、アミ族の豊年祭。陽気な音楽をバックに、赤い民族衣装の女性たちが踊ります。8月、台湾北東部、特急列車で約2時間の所にある町、花蓮。この町の小学校の校庭で、アミ族の豊年祭が行われるというので観に行きました。
台湾・平渓線の旅 - 十分駅のランタン上げと台湾のナイアガラ、十分瀑布
「平渓線」は、山あいを走るのんびりとしたローカル線。街の真ん中を列車が走る「十分駅」の風景が有名な路線で、沿線にはほかにも見所がたくさん。台北から気軽に日帰り観光できるということで、人気のスポットとなっています。真夏の暑い午前中、台北駅から列車に乗って、「平渓線」に乗りに行ってきました!
赤い提灯が並ぶ、ノスタルジック風情満点の「九份」の街【台湾】
「九份」は、台湾を紹介する本やガイドブックに必ず載っている人気の観光地。赤い提灯がたくさん吊り下げられたレトロな建物の並ぶ街のたたずまいが人気で、日本からも多くの観光客が訪れます。さて、「九份」のメインストリート、レトロな風情の漂う「基山街」を歩いてみましょうかー。
新台北(下北沢)|コスパ抜群!リーズナブルで美味しい台湾屋台料理
小田急線・京王井の頭線下北沢駅南口から徒歩2分、台湾屋台料理『新台北』はあります。このお店、本場台北の屋台そのままの台湾屋台料理をリーズナブルな価格で食べられるお店。30年近くの間、下北沢で愛され続けている人気の老舗台湾料理店です★
台南の夜市は、曜日ごとに異なる場所で。月曜日は「大東夜市」【台湾】
台湾の風物詩、「夜市」!台南の夜市は、曜日ごとに異なる場所で開催される「流動夜市」。旗がたくさん並ぶ台南の『大東夜市』で、B級グルメを満喫します。
士林夜市(台湾・台北)【市場・バザール】
その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。今回の市場は、台湾・台北、士林夜市です。

関連記事

コメント