ビージャ(下北沢)|美味なノンベジカレーがいただける、間借りの南インド料理店

下北沢、ビージャ グルメ
記事内に広告が含まれています。

下北沢駅から徒歩2分。下北沢南口商店街沿い左手のビルの2階にあるダイニングバー「デュークサルーン(DUKE SALOON)」で、毎週火曜日と水曜日のランチタイムに、インド料理『ビージャ(BiJa)』が間借り営業をしています。

ちなみに、日曜日のランチタイムでは、新宿のインド料理店『アチャカナ』にて間借り営業しており(1部・2部の予約制。もしくはウォークイン)、下北沢での営業は2022年11月1日に開始したばかりであるとのこと。

今回は、下北沢のランチタイムで訪問しました★

スポンサーリンク

お店は、毎週火曜日と水曜日のランチタイムでの間借り営業

下北沢、ビージャ『ビージャ(BiJa)』の看板

 

『ビージャ(BiJa)』の看板です。

間借りしているダイニングバー「デュークサルーン(DUKE SALOON)」は、階段を昇った2階。開店時間11時半の10分前に訪問しましたが、既に6組のお客さんが階段に並んでいました。

さっそく、列に並んでお店がオープンするのを待ちます。

下北沢、ビージャ『ビージャ(BiJa)』が間借りしている「デュークサルーン」入口

 

11時半になって店主さんがお店の扉を開き、並んでいたお客さんが続々と店内へ。

上の写真が、『ビージャ(BiJa)』が間借りしている「デュークサルーン」入口です。

下北沢、ビージャ店内の様子

 

こちらが、店内の様子。

「デュークサルーン」は、普段はカフェ&バーで、カジュアルなお料理とお酒を提供しているお店とのこと。『ビージャ(BiJa)』以外の飲食店にも間借り場所の提供をしているようです。

座席は、カウンター7席、テーブル14席ほどありますが、2名で訪れた場合は4人掛けテーブル席を使わせてくれます(相席にはなりません)。

一旦、満席状態になり、待ちのお客さんは階段で並ぶことになります。

お客さんの客層は、女性おひとり様やカップルもいましたが、男性ひとり客が多い感じ。

『ビージャ(BiJa)』の運営は、若めの男性の店主さんのワンオペです。

スポンサーリンク

『ビージャ(BiJa)』のメニュー

下北沢、ビージャTODAY’S MENU

下北沢、ビージャメニューは1種類。チャイも追加できます。

 

メニューは1種類。カレープレート(ミールス)のみ(1,950円)。チャイも追加できます。

TODAY’S MENUは、こちら↓です。

  • Meen Kuzhambu(With Raw Mango)
  • Chicken Chettinad
  • Chicken Soup
  • Poriyal
  • Sundal
  • Pachai Puli Rasam
  • Thayir
  • Ponni Rice

メニューは固定なので、席に座ったら自動的に順番にお料理が提供されます。

カレーやおかずの内容は、週ごとに変わる様子。内容やお店の営業予定は、ツイッターインスタグラムで事前に告知されるので、訪問する時は要チェックです。

スポンサーリンク

絶品の2種のノンベジカレー♪締めはパチャプリラッサムとタイルで

下北沢、ビージャパチャプリラッサムとタイル

 

座席に座って程なくして、お料理が運ばれてきました♪

ワンオペなので、おかず一品ずつ、徐々にサーブされます。

まずは、パチャプリラッサムタイル。タマリンドの酸味とパクチーの香りが効いた冷製のラッサム。タイルはヨーグルト。

店主さんによると、お食事の締めに、ポンニライスにこの2品を混ぜていただくのがおすすめであるとのこと。

下北沢、ビージャチキンスープ

 

続いてチキンスープ

チキンとニンニクの旨味が効いたスパイシーなスープで、これ、かなり美味しい♪

辛さはあまりないですが、酸味と塩気があり、体がポカポカ温まる感じ。

下北沢、ビージャポンニライスとスンダル、いんげんと人参のポリヤル

 

引き続き、カレープレートと2種のノンベジカレー(チェティナードチキン鯖と生マンゴーのミーンコランブ)も運ばれてきました★

プレートには、ポンニライスと、スンダル(ひよこ豆のココナッツ炒め)いんげんと人参のポリヤルが載っています。

シンプルなビジュアル。個性的な2種のカレーから立ち昇るスパイスの香り。

美味しそうです!

さっそく、いただきましょう〜♪

下北沢、ビージャチェティナードチキンと鯖と生マンゴーのミーンコランブ

 

『ビージャ(BiJa)』のカレープレートですが、ほんと美味しかったです★

特にメインの2種のノンベジカレーのお味が秀逸!

チェティナードチキンは、カルパシの香りが結構インパクトあり。柔らかく食べ応えのあるチキンに、カシアやビッグカルダモンなどのホールスパイスの風味が効いていて、ビターで深みのあるお味。

鯖と生マンゴーのミーンコランブは、打って変わって、トマトの酸味が効いた爽やかかつマイルドなお味。存在感のある鯖の旨味とプリッとした生マンゴーの相性が抜群!

ベクトルが全然違う2種のカレーのマッチングもGoodです★

下北沢、ビージャ『ビージャ(BiJa)』のカレープレート(1,950円)

 

スンダルやポリヤルなどのおかずも美味しく、ポンニライスにカレーを掛けて、おかずと混ぜて、ラッサムやタイルも加えて味変を楽しんで。

最後は、店主さんに言われた通り、ベジのみにして、パチャプリラッサムとタイルをライスにどちゃっと掛けて、締めをいただきます。

この“締め”がなかなか美味。スキッとした酸味のパチャプリラッサムとまろやかなタイル。そして、ライスとの組み合わせが、なんとも絶妙なんです♪

さっぱりとお食事の締めとなりました〜♪

下北沢、ビージャチャイ(290円)

 

食後は、チャイを追加で注文。

ほど良い甘さのチャイ。小さめのチャイグラスです。このぐらいの大きさで丁度いいかも。

スパイシーなお料理の後の甘いチャイ、ホッとするひと時です♪

 

下北沢で毎週火曜日と水曜日のランチタイムに間借り営業をしている、インド料理『ビージャ(BiJa)』

カレープレートの2種のノンベジカレー(チェティナードチキン・鯖と生マンゴーのミーンコランブ)は、本当に美味♪スパイスの使い方や食材のチョイスなど他のお店とは違うオリジナリティがあります。

スターターのチキンスープから締めのパチャプリラッサムまで、全体のバランスもNice!

ぜひ、再訪して、別のカレーも味わってみたいです★

スポンサーリンク

◉『ビージャ(BiJa)』の地図・アクセス

  • 住所:東京都世田谷区北沢2-14-7 セントラルビル 2F 下北沢Duke Saloon
  • アクセス:下北沢駅から徒歩2分
  • 営業時間:11:30〜14:00
  • 営業日:火・水曜日

スポンサーリンク

南インド料理店

南インド料理の定食「ミールス」東京都内《厳選》50皿!
「ミールス」(Meals)とは、南インドの食堂やレストランで出される定食のこと。南インドでは、お昼(または夜)に食べられる食事です。最近人気の南インド料理。「ミールス」を食べることができるお店もどんどん増えてきています。東京都内のおいしい「ミールス」を50選、ご紹介します!
神奈川県でいただける南インド料理の定食「ミールス」《厳選》10皿!
「ミールス」(Meals)とは、南インドの食堂やレストランで出される定食のこと。南インドでは、お昼(または夜)に食べられる食事です。最近人気の南インド料理。「ミールス」を食べることができるお店もどんどん増えてきています。神奈川県内のおいしい「ミールス」を10選、ご紹介します!
南インド料理の軽食「ティファン」のおすすめメニューとお店をご紹介♪
南インド料理の軽食「ティファン」についてご紹介します。ティファンは現地南インドでは、朝食(モーニング)として、また、朝食だけでなくランチタイム(ミールスが提供される時間)以外でもよく食べられているスタンダードなお料理です。ティファンのおすすめメニューとお店をご紹介します。
インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」東京都内《美味しい》33皿!
「ビリヤニ」(Biryani)とは、インドやパキスタンなどで食べられている炊き込みご飯のこと。スパイスをふんだんに使い、お米と具材を別々に調理して作る手の込んだお料理で、インドでも高級なお料理として知られています。最近人気沸騰中の「ビリヤニ」。東京都内のおいしい「ビリヤニ」を33選、ご紹介します!
南インド料理店
南インド料理のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の南インド料理店のほか、本場インドのレストランもご紹介しています。実際に訪問したお店の様子やメニュー、食べたお料理を掲載。お店は下記リンク先の地図からも探せます。
エスニック料理店マップ|グルメ記事まとめ
地図から探す「エスニック料理」!インド料理(南インド料理・北インド料理)から、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理、トルコ料理やモロッコ料理などのアラブやアフリカ料理、ペルー料理やメキシコ料理などの中南米の料理、中華料理や韓国料理、カレー屋さんまで。これぞ!というエスニック料理店をご紹介します★

コメント