ダブリンからゴールウェイへ列車の旅(アイルランドの鉄道)

ダブリンからゴールウェイへ列車の旅(アイルランドの鉄道)

ダブリンからゴールウェイへ列車の旅【アイルランド】 アイルランドの旅
記事内に広告が含まれています。

アイルランドの首都ダブリンから西部コノハト地方の中心都市ゴールウェイまでは列車で行きました。

コノリー駅前のバス停で6時20分発の市バスに乗りヒューストン駅へ(宿のおじさんが教えてくれた)。

列車は7時20分発。ダブリン~ゴールウェイの往復で35€(約4,550円)でした。

バスで行けばもっと安く行けるのですが、どうしても列車に乗りたかったのです。

今回は、ダブリンからゴールウェイまでの鉄道の旅をご紹介します。

スポンサーリンク

アイルランドの鉄道 (イルンロード・エールン)

アイルランド鉄道アイルランドの鉄道網

 

アイルランドの鉄道網です。

アイルランドは北海道とほぼ同じ大きさなのですが、この地図を見ても鉄道はあまり発達していないことが窺えます。

アイルランドの鉄道は、半国営会社であるアイルランド鉄道 (イルンロード・エールン) により経営されています。

イルンロード・エールンが運行している列車は3つに分類されます。

  • インターシティ・・・国内主要都市間を結ぶ長距離列車や、北アイルランドへと向かう国際列車。
  • コミューター・・・ダブリン、コーク、ゴールウェイなどの主要都市とその郊外を結ぶ近郊列車。
  • ダート・・・ダブリン首都圏の電化区間のみを走る通勤列車。

また、ダブリン市内では、ライトレールの「ルアス」が2004年から運行を開始しています(運行はコネックス社)。

ダブリンからゴールウェイへ列車の旅【アイルランド】オレンジと黒のアイルランド鉄道の特急列車

 

ダブリンには、主要な駅が2つあります。

ダブリン・ヒューストン駅ダブリン・コノリー駅です。

ヒューストン駅からは、コーク、ウォーターフォード、ゴールウェイなど、アイルランド西部、および南西部へ向かう列車が運行されています。

コノリー駅からは、スライゴなどの北西部、ドロヘダなど北部方面、かつての南部方面向けターミナル駅であったピアース駅を経てロスレア、ウェックスフォードなどの南東部の町への列車が運行されています。通勤列車「ダート」もここから乗ることができます。

また、ダブリンと北アイルランドのベルファストを結ぶ国際列車「エンタープライズ」もコノリー駅から出ています。

ヒューストン駅とコノリー駅はライトレール(LRT)である「ルアス」で結ばれています。

アイルランド鉄道ダブリン→ゴールウェイの時刻表

 

ダブリン→ゴールウェイの時刻表です。

私が行った当時(2003年)とは時刻が変わっています。

ダブリン~ゴールウェイ間は主要な幹線であるにもかかわらず、9往復しか列車がありません。

休日はさらに本数が減るそうです。

所要時間はバスよりも1時間ほど短く、断然快適なのですが、運賃はバスの方が安く、本数や路線網も充実しているためバスを利用する人が多いそうです。

スポンサーリンク

ダブリンからゴールウェイへ列車の旅

ダブリンからゴールウェイへ列車の旅【アイルランド】ゴールウェイ行きの列車の車窓から

 

アイルランドの鉄道は、首都圏のダートが走る部分を除いて非電化です。

設備もかなり古いようですが、列車のスピードは速く、140キロぐらいで飛ばします。

ダブリンからゴールウェイへ列車の旅【アイルランド】延々と牧草地帯が続きます。

ダブリンからゴールウェイへ列車の旅【アイルランド】アイルランドは山が少なく平野ばかり

ダブリンからゴールウェイへ列車の旅【アイルランド】国土の大きさの割に広大な感じがします。

ダブリンからゴールウェイへ列車の旅【アイルランド】車窓には羊や牛がたくさん!

 

車窓は延々と続く牧草地帯。羊や牛の姿が見えます。

平坦で起伏がほとんどありません。

車内は日本の特急列車と遜色のない居心地のよさ。かなり空いていました。

流れゆく風景を眺めながらゴールウェイを目指します。

ダブリンからゴールウェイへ列車の旅【アイルランド】アイルランド鉄道のディーゼル機関車

 

10時20分、ゴールウェイに到着。所要3時間。

写真は、ここまで牽引してくれたディーゼル機関車です。

ダブリンからゴールウェイへ列車の旅【アイルランド】ゴールウェイ駅のホーム

 

閑散としたゴールウェイ駅のホーム。

空が広いです!

日本ではほぼ消滅した腕木式信号機が普通にあります。

駅を出た私は、さっそくインフォメーションセンターへ行き、本日の宿「Kinlei House」(ドミトリー:16.5€)を予約。

目的地である「アラン諸島」行きのフェリー(13.5€)も予約しました!

 

旅行時期:2003年4月

スポンサーリンク

続きの記事・関連記事

続きの記事

関連記事

ダブリン街歩き★トリニティ・カレッジ、聖パトリック大聖堂(アイルランドの歴史をご紹介)
肌寒い四月のダブリン。空は灰色の雲に覆われ、時折降る雨が建物を冷たく濡らしています。ロンドンから夜行バスで12時間、アイルランドの首都ダブリン(Dublin)はロンドンとは比べ物にならないほど落ち着いた静かな街でした。
ヨーロッパで最も古いパブ「ザ・ブレイズン・ヘッド」でギネスと音楽を味わう【アイルランド・ダブリン】
聖パトリック大聖堂からリフィー川へと歩いて突き当りを左折、川沿いを西へ少し進んだ所にヨーロッパでも最も古いと言われるパブがあります。なんと1198年創業というのだから驚きです。店の名前は「ザ・ブレイズン・ヘッド」(The Brazen Head)、青銅の生首という意味です。
最果ての島、アラン諸島イニシュモア島【アイルランド】
9時30分、フェリーはゴールウェイの近郊にあるロッサビルの港からアラン諸島最大の島である「イニシュモア島」へと出航しました。「イニシュモア島」は周囲約40キロ、人口は800人ほど。ジャガイモなどの農業と漁業、そして、観光業が主産業となっています。
緑の丘の上に立つ巨大古墳「ニューグレンジ」(ボイン渓谷の遺跡群)【アイルランド】
ダブリンの北方約55キロ、ボイン川の中流域から下流域にかけて広がる一帯に「ブルー・ナ・ボーニャ(ボインの宮殿)」という先史時代の遺跡群があります。ここは「ボイン渓谷の遺跡群」として世界遺産にも登録されています。
♪ストーン・エイジ(伝統的ケルト音楽と現代的テクノハウス音楽の融合)
数千年前、ヨーロッパ全土を覆っていた「ケルト文化」。その末裔たちが、自らの伝統的ケルト音楽と現代的テクノハウスミュージックを融合して作ったのが、このアルバム「ストーン・エイジ」です。アルバムのジャケットには「ケルト」の渦巻き紋様が使われ、音も古代の風景を想起させる壮大で神秘的な雰囲気に溢れています。

コメント