カレーショップ(Curry Shop)【下北沢】★絶品!カレーライス進化型

下北沢、curryshopエスニック料理

下北沢南口から徒歩12分ほど。代沢の交差点から1ブロック東に進んだところに、世界中のお酒の輸入販売、お料理のケータリングなどを行っている「MANGOSTEEN」というお店のキッチンスペースがあります。

そのキッチンスペースにて、2020年6月20日から間借りカレー店がオープンしたというので行ってみることにしました。

お店の名前は「カレーショップ(Curry Shop)」。日本のカレーライスを現代風に進化させた新しいカレーを提供しているのだとか。

スポンサーリンク

事前情報がなければ、絶対にカレー屋とはわからないお店の外観

下北沢、curryshopお店の外観。入口下に小さな店舗看板が置かれていました。

 

お店はインスタグラムの情報で知りました。店主の方のインスタグラムとそこから辿れる紹介サイトの情報を頼りに訪れたのですが、なかなかお店が見つからず(汗)

諦めかけたその時、上の写真のお店に気付きました!

下北沢、curryshopささやかな店舗看板

 

ここが「カレーショップ(Curry Shop)」だとわかるものは、この小さな水色の看板のみ。

事前にお店のことを知らなければ、ここがカレー屋さんだとは絶対に気付きません。

下北沢、curryshop「MANGOSTEEN ケータリングキッチン」でカレーは提供されます。

 

こちらが、間借り元の「MANGOSTEEN ケータリングキッチン」の内部。

大きなカウンターがあり、カウンターの向こうに店主さんともうおひと方が調理などの作業をされていました。

訪問したのは、日曜日の12時半頃。

カウンター席は5席ほどで、3組5名のお客さんがカレーを食べていましたが、しばらくして2名が食べ終えたため、それほど待ち時間なく座ることができました!

下北沢、curryshop「MANGOSTEEN」がインポートしているお酒の数々

 

ちなみに、この「カレーショップ(Curry Shop)」、紹介サイトの情報によると、作っている人が誰でどういう経歴なのかとか、技術的なものとか(南インド料理とかスリランカ料理をベースにしているとか?)、そういう先入観を持たずに、味覚と嗅覚のみでカレーを味わって欲しいというコンセプトがあるのだとのこと。

インスタで流れる情報を見ていると、店主が誰なのかはだいたいわかってしまうのですが、兎にも角にもまっさらな気分で「カレーショップ(Curry Shop)」のカレーを頂いてみましょう〜♪

下北沢、curryshop

下北沢、curryshop

こちらが、「カレーショップ(Curry Shop)」のメニューです。

お客さんそれぞれに配られるメニューは、手書き!

内容は下記の通りです。

●カレー(all ¥1,800)

  • チキン
  • ビーフ
  • ポーク
  • 野菜(玉ねぎ、トマト、キャベツ、ピーマン、人参、キュウリ)
  • キーマ(豚ひき)
  • ポークビンダル(酢で酸味を付けた西インドの郷土料理)

●付け合わせ(カレーとセットになっている)

  • 玉ねぎのスパイス和え
  • ミックスベジタブルのスパイス和え
  • キュウリのピクルス
  • リンゴのスパイス漬け
  • 紫キャベツのココナッツ漬け
  • マンゴーのオイルピクルス
  • スパイシーマッシュポテト
  • 野菜のトマトジャム和え
  • 野菜のココナッツヨーグルト和え

別メニューで、

  • チキンピクルス(300円)
  • ラッシー(200円)

があります。

今回は、カレーはビーフとポークビンダルをチョイス。別メニューのチキンピクルスとラッシーも追加注文することにしました。

下北沢、curryshopシルバーのカップで出てきたお水

 

シルバーのカップで出てきた冷たいお水を飲みながらカレーが出てくるのを待ちます。

店内に漂うスパイスの香り、楽しみです★

スポンサーリンク

美味しい!カレーライス進化型。こういうのが食べたかったと思わせるお味

下北沢、curryshop見た目も味もバラエティーに富んだ付け合わせのプレート

 

さて、お料理が運ばれてきました〜!

付け合わせのプレート、彩り鮮やかです♪

メニューには、紫キャベツのココナッツ漬け、玉ねぎのスパイス和え、マンゴーのオイルピクルス、ミックスベジタブルのスパイス和え、キュウリのピクルス、リンゴのスパイス漬け、野菜のココナッツヨーグルト和え、スパイシーマッシュポテト、野菜のトマトジャム和えとありますが、内容は少し異なっている様子。

南インド料理やスリランカ料理のおかずがベースとなっている感じで、それぞれ個性があり、バラエティに富んだお味。スパイスもしっかり効いていて美味しい★

下北沢、curryshopビーフカレー

下北沢、curryshopビーフカレー

 

続いてカレーも運ばれてきました♪

細かく刻まれたビーフがたくさん入っていて食べ応えあり。

お味は日本人の味覚に合う食べやすい感じで、濃厚なんだけど爽やかなお味。スパイスもガッツリ入っていてパンチも効いています。

これは美味しい★

下北沢、curryshopポークビンダル(酢で酸味を付けた西インドの郷土料理)

下北沢、curryshopポークビンダル

 

こちらは、ポークビンダル(酢で酸味を付けた西インドの郷土料理)

肉厚の豚の角切りがゴロリと入っていて、満足感たっぷり!

酸味の効いたグレイビーは、キリッと爽やかでガッツリと入ったスパイスと相まってインパクト抜群のお味。

めちゃくちゃ美味いです★

下北沢、curryshopチキンピクルス(300円)

下北沢、curryshopカレーは、チキン、ビーフ、ポーク、野菜、キーマ、ポークビンダルの6種類

 

別注文で頼んだチキンピクルスも、カレーや付け合わせのおかずとはまた違ったベクトルの味わいで、わざわざ別で頼んだ甲斐がある美味しさ。

美味しい美味しいと思いながら食べ続け、あっという間に平らげてしまいました〜♪

ビーフもポークビンダルもスパイスがしっかり効いているものの、辛さはそれほど強くなく、食後感も爽やか。

カレーライスに親しんできた日本人として、このスタイルのカレー、かなりしっくりくる感じがしました。毎日でも食べられそうなカレーです。

下北沢、curryshopラッシー(200円)

 

食後は、ラッシーをいただきました。

ペットボトルの入れ物からグラスに注がれたのはちょっとびっくりしましたが、濃厚ながらも爽やかなお味で、かなり美味しいラッシー。

カレーで火照った体を優しく癒してくれます♪

 

下北沢にある知られざるカレー屋さん「カレーショップ(Curry Shop)」

日本のカレーライスを現代風に進化させた“ネオスタンダードカレー”は、抜群の美味しさ!

「こういうカレーが食べたかった!」と思わせるカレーです。近くにあったら毎週のように通ってしまいそうです。

6種類のカレー、全てソースは違うそうなので、ぜひ再訪し、他のカレーも味わってみたいと思います。

スポンサーリンク

◉『カレーショップ(Curry Shop)』の地図・アクセス

  • 住所:東京都世田谷区代沢4-29-10
  • アクセス:下北沢駅南口より徒歩12分
  • 営業時間:12:00~14:30
  • 定休日:不定休