チャベ 目黒店★豪華で美味な「ナシパダン」をいただけるインドネシア料理のお店(※孤独のグルメ紹介店)

目黒、チャベ東南アジア料理

目黒駅東口から徒歩5分ほど。駅から続く大通りを白金台方面に直進した、上大崎交差点の右手の角。銭湯の入ったビルの2階に、インドネシア料理のお店『チャベ 目黒店』はあります。

お店は、2002年に品川・武蔵小山で創業。2016年3月に、以前この場所にあった日本最古のインドネシア料理店『せでるはな』の閉店を受けて、別の場所で営業していた目黒店を移転オープンさせたのだとか。

オーナーは、ジャワへの留学経験を持つ日本人の方。シェフは、イスラム教徒のインドネシア人の方だそうです。

バラエティに富んだ本場のお味のインドネシア料理をいただける、在住インドネシア人も通うという人気店です。

前々から行きたいと思っていたのですが、近々、ドラマ孤独のグルメに紹介されるとのことで、混雑することが予想されるため、急遽訪問することにしました。

スポンサーリンク

在日インドネシア人も通う人気インドネシア料理店

目黒、チャベ『チャベ 目黒店』の入り口

 

こちらが、『チャベ 目黒店』の入り口。

お店は交差点の角、銭湯のある建物の2階にあります。

「チャベ(cabe)」とは、インドネシア語で唐辛子の意味。看板にも唐辛子の絵が描かれていました。

目黒、チャベ『チャベ 目黒店』店頭のメニュー看板

 

店頭のメニュー看板です。

ナシパダン、ルンダン、ナシゴレン、ソトババット。テイクアウト販売も行なっている様子。

目黒、チャベ『チャベ 目黒店』のお店の入り口

 

さっそく、階段を登って2階へ。

こちらが、『チャベ 目黒店』のお店の入り口です。

訪問したのは、平日のディナータイム19時頃。予約なしで訪問したのですが、お店はかなり混んでいるようで、店員さんがちょっと慌てながら席があるか確認。

何とかカウンター席が1席空いていたようで、お店に入ることが出来ました。

予約はして行った方が良さそうです。

目黒、チャベ『チャベ 目黒店』のテーブル席

目黒、チャベ『チャベ 目黒店』のカウンター席

 

店内空間は結構広めな印象。

座席は、テーブル席が33席、カウンター席が4席の合計37席。

ほぼ満席状態で、お客さんはインドネシアのグループ客が多め。日本人のお客さんもちらほらいました。

目黒、チャベ店頭で販売されるインドネシア食材など

目黒、チャベチリソースやジャスミンティーなどのほか、Tシャツやトートバッグも販売

 

こちらは、店頭で販売されているインドネシア食材など。チリソースやジャスミンティーなどのほか、Tシャツやトートバッグも販売されています。

写真を見ると、珍しいものもありそうなので、もっと色々見ておけばよかったなと、ちょっと後悔。

さてさて、メニューを見てお料理を選びましょうか〜♪

スポンサーリンク

『チャベ 目黒店』のメニュー

目黒、チャベ「ナシパダン」

目黒、チャベ揚げものと蒸しものメニュー

目黒、チャベスナック、野菜、サテのメニュー

目黒、チャベメニュー数はかなり豊富

目黒、チャベアルコールメニュー

目黒、チャベ甘味メニュー

こちらが、『チャベ 目黒店』の一部。メニュー数はかなり豊富です。

定番のナシゴレン(インドネシア炒飯)やミーゴレン(焼そば)をはじめ、ソトアヤム(チキンスープ)。ルンダン(じっくり煮込んだ牛肉のスパイス煮)、グレカンビン(ヤギカレー)、ガドガド(茹で野菜の甘辛ピーナッツソース)。肉串のサテや鳥唐揚げのアヤムゴレン、インドネシア納豆のテンペ、肉団子が入ったラーメンのミーバッソなどなど。「ルンダンバーガー」なんてオリジナルメニューもあります。

分厚いメニュー本だけでなく、黒板メニューにもびっしりと料理名が書かれていて、よりどりみどりな感じ。

ちなみに、お料理は、ハラル肉を使用し豚肉、豚由来成分を一切使用していないハラルフードなのだそう。

色々食べたいものはありましたが、今回は↓のお料理をチョイスすることにしました。

  • ソトアヤム(Small) 400円
  • ナシパダン 1,650円

注文を済ませ、お料理が運ばれてくるのを待ちます。

スポンサーリンク

インドネシア西スマトラ州のお料理の盛り合わせプレート「ナシパダン」

目黒、チャベ「ビンタンビール」660円

 

まずは、お飲み物から。インドネシアの定番ビール「ビンタンビール」です。

「ビンタンビール」は、インドネシアの国民的ビール。インドネシアで一番よく飲まれているビールです。

コクのあるピルスナータイプのビールで、辛口だけど後味さっぱり★

ぐびぐび飲みながらお料理を待ちます。

目黒、チャベ「ソトアヤム(Small)」400円

 

ビールを飲んでいると、スープ「ソトアヤム(Small)」が運ばれてきました!

「ソトアヤム」は、スパイスをたっぷり使った鶏肉のスープ。「ソト」は”スープ”、「アヤム」は”鶏肉”を意味します。

にんにくやショウガ、ターメリックなどのスパイス、鶏肉、野菜、春雨などが入っていて、辛さはなく、鶏肉の旨味がしっかり効いていて美味しい★

『チャベ』のソトアヤムは、濃いめのお味でした。

目黒、チャベ「ナシパダン」1,650円

 

そして、メインのお料理「ナシパダン」が登場!

「ナシパダン」とは、インドネシア西スマトラ州各地の料理の総称で、“ナシ”はご飯、“パダン”は西スマトラ州最大の都市の名前のこと。「ナシパダン」は、インドネシア西スマトラ州のお料理の盛り合わせプレートって感じです。

プレートの上に載っているおかずは、メニューに書かれていないので詳細はわからないのですが、ご飯を中心に、辛いグレービーの掛かったゆで卵、キャッサバの葉の煮物、小魚とピーナッツ炒め、ビーフルンダン、ジャックフルーツのカレー煮、いんげんと厚揚げのようなものの炒め物、青唐辛子の辛いサンバル、ご飯にはフライドオニオン?が掛かっていて、えびせんが添えられています。

結構豪華で、結構なボリューム!

さっそく、いただきましょう〜♪

目黒、チャベインドネシア西スマトラ州のお料理の盛り合わせプレート

目黒、チャベビーフルンダンが抜群の旨さ!

 

この「ナシパダン」、めちゃくちゃ美味しかったです★

とにかく、味(辛味・甘味・塩っ気・苦味)と食感(クリスピー・シャキシャキ・柔らか)のバリエーションがすごい!

ゆで卵のグレイビーの辛味、キャッサバの苦味、いんげんのシャキシャキした食感、小魚とピーナッツのクリスピーな食感、ジャックフルーツの竹の子のような風味、そして、ビーフルンダンの深みのある甘辛い旨味。

特に、ビーフルンダンのお味が絶品!柔らかなビーフにスパイスとココナッツのグレービーが沁み込んだ濃い目のお味で、程よい辛さがGoodです★

これらのおかずをミックスしながら、ご飯と一緒にいただくと本当に美味♪

目黒、チャベサンバルソース

 

こちらは、お料理と一緒にテーブルに置かれた、自家製の辛いサンバルソース。

このサンバルソースも掛けて、ピリピリした辛味による味変も楽しみながら賞味。

かなりボリュームのある「ナシパダン」でしたが、あっという間に完食!

目黒、チャベ「パンダンのココナッツクレープ」400円

 

デザートで頼んだのは、「パンダンのココナッツクレープ」

パンダンリーフが練り込まれた水色掛かったグリーンのビジュアルはインパクト抜群!

しっとりとして弾力のあるクレープの中には、甘いココナッツフレークがたんまり詰まっています。

シャキシャキしたココナッツの食感と甘さ、柔らかなクレープ生地とのコントラストがいい感じ♪

目黒、チャベ「トラジャ珈琲」550円

 

デザートのお供は、「トラジャ珈琲」

「トラジャコーヒー」は、インドネシアのスラウェシ島にあるトラジャ地方で栽培されるコーヒーのこと。

優しい苦味と独特のスモーキーな香り、酸味があまりないのが特徴で、アラビカ種のコーヒーの中でも最高峰と言われることもあるコーヒーなのだとか。

優しい味わいが、甘いココナッツクレープと合います♪

目黒、チャベお店は銭湯のある建物の2階

 

目黒にあるインドネシア料理のお店『チャベ 目黒店』

インドネシア西スマトラ州のお料理の盛り合わせプレート「ナシパダン」は、抜群の美味しさ♪特に、スパイシーで深みのあるお味のビーフルンダンが絶品でした★

店主さんやスタッフの対応も親切で、インドネシアを感じられるお店の雰囲気もGood!

「孤独のグルメ」で紹介されたら、予約が取りづらくなってしまうかもですが、ぜひ、再訪して、今度はルンダンメインで注文してみたいです。

スポンサーリンク

◉『チャベ 目黒店』の地図・アクセス

  • 住所:東京都品川区上大崎3-5-4 第1田中ビル 2F
  • アクセス:目黒駅東口 徒歩5分
  • 営業時間:11:30~14:30 17:30~22:00
  • 定休日:日曜日・祝日

東南アジア料理
東南アジア料理のお店・レストランをご紹介。東京を中心に日本各地の東南アジア料理店のほか、本場東南アジアのレストランもご紹介。タイ料理、カンボジア料理、インドネシア料理、マレーシア料理など。美味しい東南アジア料理の食レポートです。
「孤独のグルメ」で紹介されたエスニック料理店★Season1から10まで15店舗ご紹介
テレビ東京系列で放送されているドラマ「孤独のグルメ」。松重豊演じる井之頭五郎さんが訪問するお店はどれも実在するお店。和食や洋食に比べると数は少ないですが、エスニック系のお店も少なからず訪問しています。今回はゴローさんが訪問した「孤独のグルメ」で紹介されたエスニック料理店を15店舗ご紹介します★
インドネシアの美味しいグルメ【ジャワ島の料理】
甘辛で日本人の口にも合う!インドネシア料理。 インドネシアは約1万3000もの島々からなり、300を超す民族、700以上の地方語を話す2億4000万人の人口を抱える国なので、食文化も多種多様です。
日本に住む外国人が集まる!「現地の雰囲気満点のエスニック料理店」12店舗をご紹介★
コロナ禍の現在においても、多くの外国人が日本に暮らし、就労・就学をしています。在留外国人の増加に伴い、日本ナイズドされていない、本場そのままのお料理を提供するレストランや食堂が増えてきています。そんな、在留外国人たちが集まる「現地の雰囲気満点のエスニック料理店」を12店舗ご紹介します★
孤独のグルメ
テレビ東京のドラマ「孤独のグルメ」で紹介されたエスニック料理店をまとめました。