『バンゲラズ・スパイスラボ』★船堀にオープン!話題のマンガロール料理店2号店@船堀

船堀、バンゲラズ・スパイスラボ

2018年にオープンするや否や、瞬く間にインド料理好きの話題の中心となり、「ジャパニーズカレーアワード2018」を受賞したり、食べログの百名店に選ばれたりと、今や銀座を代表するインド料理店のひとつとなった感のある、日本初のマンガロール料理専門店『バンゲラズ・キッチン』

その2号店が、在日インド人が多く住んでいる江戸川区の船堀に出来たというので、行ってみることにしました。

お店の名前は『バンゲラズ・スパイスラボ』です★

バンゲラズキッチンの記事はこちら→『バンゲラズキッチン』★日本初!南インド・マンガロール料理専門店@銀座一丁目

東京メトロ銀座駅、銀座一丁目駅から徒歩1分ほど。銀座西2丁目の外堀通り沿いにある「銀座インズ2」の2階に、2018年1月14日、注目のお店がオープンしました!南インド・マンガロール料理のお店『バンゲラズキッチン』★マンガロール料理の専門店としては日本初のお店です。
スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

『バンゲラズ・スパイスラボ』

『バンゲラズ・スパイスラボ』の店内

お店は、都営新宿線船堀駅南口徒歩1分。トキビルの2階のレストラン街の中にあります。

店内空間は、銀座の本店に比べてかなり広々とした感じ。

座席数は、テーブル50席、カウンター4席の合計54席もあります。

船堀、バンゲラズ・スパイスラボ奥にはバーカウンターもあります。

訪問したのは休日のディナータイム。

予約して18:30にお伺いしましたが、お客さんは誰もおらず。

しばらく経っても誰も来ないので、大丈夫かな?と心配したのですが、20時くらいになってインド人の家族連れと男性2人組が来店しました!

インド人のディナーは日本人よりもちょっと遅めな感じなんですね。

船堀、バンゲラズ・スパイスラボお店の紹介パネル

この『バンゲラズ・スパイスラボ』、銀座本店を踏襲しつつも、江戸川区に多く住む在住インド人の方をメインターゲットとしているせいか、銀座本店とはメニュー内容がちょっと違うとのこと。

マンガロール料理だけでなく、北インド系のお料理もラインナップに揃えているのだとか。

さっそくメニューを見てみましょう〜♪

船堀、バンゲラズ・スパイスラボティファンのメニュー

船堀、バンゲラズ・スパイスラボドーサ、ワダからバナナバンズまで

船堀、バンゲラズ・スパイスラボパンものの種類も豊富

船堀、バンゲラズ・スパイスラボ『バンゲラズ・スパイスラボ』のカレーメニュー

メニューには、バラエティーに富んだティファン(南インド料理の軽食)、港町マンガロールらしい各種お魚のお料理、銀座店で人気のウルワルやガッシなどのお料理が並びます。

そして、それらとともに、パンジャブ料理のパンジャビーチョーラマサラとか、カシミール料理のマトンローガンジョシュなどの北インド系のお料理がちらほら。

船堀、バンゲラズ・スパイスラボキングフィッシャービール

お飲物を注文。

まずは、やっぱりビール♪

インドの定番「キングフィッシャー」のプレミアムを頼みます。

アルコール度数6%のスタンダードなビール。

炭酸が強めでスッキリ、適度なコクがあって美味しい!

ぐびぐび飲みながらお料理が出てくるのを待ちます。

船堀、バンゲラズ・スパイスラボ本日のスープ(500円)

お料理の最初はスープから。

「本日のサール(マンガロールスタイルのスープカレー)」です。

「サール(Saar)」とは、レンズ豆の粉末とサーリナ・プディ(Saarina Pudi)という各種スパイスを配合した調味料を使って作られるマンガロールのスープ料理のこと。

この日のサールは、トマトの風味が前面に出た、ラッサムに近いサラッとした感じのサール。

酸味と辛味のバランスが良く、カレーリーフの香りやにんにくの風味が味わい深い、とても美味しいサールでした★

船堀、バンゲラズ・スパイスラボワダサンバル(700円)

こちらは、「ワダサンバル」

ティファンの定番、ウラド豆の揚げドーナツ「ワダ」をサンバルの中に浸した一品です。

「ワダ」は、サンバルと一緒に供されることも多く、サンバルに付けて食べたりもするので、もともとベストマッチング♪

ワダの柔らかな生地にサンバルの味がしっかり沁みていて、抜群に美味しいです★

サンバル自体も、期待に違わぬGoodなお味♪

船堀、バンゲラズ・スパイスラボチキンウルワル(670円)

「チキンウルワル」(コリ・ウルワル)

カレーリーフやカシューナッツ、チリなどで和えたチキンのスパイス炒め。銀座店でも人気の一品です。

衣に包まれたジューシーなチキン。中華に似た甘辛酸っぱい味付けで、カシューナッツの食感とカレーリーフの香り、唐辛子の辛味のマッチングが抜群!

ビールによく合います♪

船堀、バンゲラズ・スパイスラボフィッシュカレー(1,290円)、ドーサ(450円)

カレーは、「フィッシュカレー」

南インド・マンガロールのココナッツベースのフィッシュカレーです。

お魚は、サバとホッケ、カジキマグロが選べましたが、今回はサバをチョイスしてみることにしました。

カレーと一緒にいただく主食は、「ドーサ」を選んでみることに。

ティファンの定番である「プレーンドーサ」や「マサラドーサ」とモノは同じですが、パリパリに焼き上げてはいない、しっとり柔らかタイプのドーサです。

船堀、バンゲラズ・スパイスラボサバのフィッシュカレー

船堀、バンゲラズ・スパイスラボドーサ

ココナッツミルクのまろやかさとタマリンドの酸味が調和したグレービーが脂の乗った鯖の身に絡んで、深みのある美味しさ★

ちょっと酸味のあるシンプルなドーサとの相性もバッチリです♪

船堀、バンゲラズ・スパイスラボジンジャーのスペシャルカクテル

船堀、バンゲラズ・スパイスラボチリのスペシャルカクテル

ビールが無くなったので、お店のオススメだというスペシャルカクテルを注文。

ジンジャーがどっさり入ったカクテルと、チリをメインにしたカクテルの2品をチョイス。

どちらも、スパイシーですっきり爽やかな美味しいカクテルなのですが、チリの方のカクテルの辛さが半端なかったです(汗)

全部は飲めませんでした。

船堀、バンゲラズ・スパイスラボクルフィ(600円)

船堀、バンゲラズ・スパイスラボグラブジャム(250円)

船堀、バンゲラズ・スパイスラボチャイ(450円)

デザートは、スパイスを混ぜたミルクを煮詰めて凍らせたインドのアイス「クルフィ」と、世界一甘いとの呼び声も高い、シロップ漬けのドーナツ菓子「グラブジャム」

お菓子のお供に「チャイ」を注文。

意外とさっぱりと頂ける「クルフィ」、ガツンとした甘さがたまらない「グラブジャム」

どちらも安定の美味しさ★

「チャイ」と一緒に美味しくいただきました〜♪

船堀にオープンした、人気店『バンゲラズ・キッチン』の2号店『バンゲラズ・スパイスラボ』

がっつりマンガロール料理中心の銀座本店とは趣を変えた、マンガロール料理だけでなく北インド料理やスパイスカクテルなども楽しめるお店。

本店に比べてお料理のお値段がリーズナブルなことも嬉しい♪

間違いなく満足できるお店です★


◉ バンゲラズ・スパイスラボ

  • 住所:東京都江戸川区船堀3-5-7 トキビル 2F
  • アクセス:都営新宿線「船堀駅」南口より徒歩1分
  • 営業時間:11:00~17:00 17:00~22:30

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク