vanam(ヴァナム)【奈良】★長閑な里山にある本格インド家庭料理のお店

奈良・矢田原口、ヴァナムエスニック料理

奈良市内の中心からバスで30分ほどの自然あふれる長閑な里山に、インド家庭料理のお店『vanam(ヴァナム)』はあります。

メインメニューの本日のターリーは、たくさんのおかずが乗った美味しくて楽しいプレート。

本格インドのお味とお店の雰囲気に大満足でした♪

スポンサーリンク

まさかの、こんなところにインド料理屋さんが!

奈良・矢田原口、ヴァナム

奈良駅からバスで30分ほど、バス停からさらに10分ほど歩いたところに、、、ありました~!

赤い三角屋根がかわいい山小屋風のお店『vanam(ヴァナム)』です。

以前、SNSでどなたかの投稿で見て、素敵なカレープレートでとても美味しそう!奈良だけど、いつか行ってみたいなと、ブックマークをしていたのです。

今回、奈良に旅行に行くことになり、「奈良に行くならvanamに行かねば!」ということで、旅程を組みました。

たどり着いて、感動♪

奈良・矢田原口、ヴァナム

奈良・矢田原口、ヴァナム

左の写真の看板は、店主さんのインスタグラムの投稿によると、今年作ったものだそう。

渋くて素敵です!

お店は12時オープンで、11時30分過ぎくらいには到着してしまいました。

時間を潰すところもないので、お店の周りをちょっと歩いてみたり、お天気が良かったのでボーっとしてオープン時間を待ちました。

オープン前には、自分たち含めて3組来ました。

奈良・矢田原口、ヴァナム

この写真の手前の木は、バナナの木でしょうか!?

プレートに使うバナナリーフまで自家栽培だったら、素敵ですね♪

奈良・矢田原口、ヴァナム

奈良・矢田原口、ヴァナム

お店の周りは、こーんな感じの田舎の景色です。

景色を見ながらのんびり待っていると、12時になりました!

お店の方が案内してくれます。

奈良・矢田原口、ヴァナム

ログハウスのような店内。

吹き抜けになっていて開放感があり、とても素敵な雰囲気です♪

奈良・矢田原口、ヴァナム

入口入ってすぐのところには、自家製ピックルやスパイス、インド食品や雑貨などが販売されていました。

奈良・矢田原口、ヴァナム
グリーンマンゴーのピックル

奈良・矢田原口、ヴァナム
アチャールパウダー

ケララ州のおうちで習ったレシピを元に作ったというグリーンマンゴーのピックル(アチャール)。

美味しそう~。買えば良かったな。。アチャールパウダーも。

女性の店主さんがお一人でやられているのに、こんなオリジナル商品も作ってしまうなんてスゴイです!

奈良・矢田原口、ヴァナム

奈良・矢田原口、ヴァナム

タラブックスの本などインドに関する本が置いてあったり、壁にはインドの神様の絵が飾ってあったり、、、

奈良・矢田原口、ヴァナム

インドの地図があったり、、

このインドの地図カッコイイな。

奈良・矢田原口、ヴァナム

カウンターの奥がキッチンになってます。

一軒家なので、キッチンもとても広くて窓も大きく気持ち良さそう。

お弁当もやってるようです。

このフィギュア、かわいい♪

奈良・矢田原口、ヴァナム

奈良・矢田原口、ヴァナム

インドのやかん!

「鎌倉バワン」や吉祥寺の「SAPPADU READY(サッパドゥレディ)」でも見かけましたが、おもちゃみたいでカワイイですよね。

そして、こちらにもフィギュアたちが・・・!

奈良・矢田原口、ヴァナム

本日のThali の内容や、アラカルトメニューが黒板に書かれています。

本日は、ベジターリーです。

奈良・矢田原口、ヴァナム

ドリンク、デザートもあります。

そう、お水はなんと湧水を汲んできているそうです。

奈良・矢田原口、ヴァナム

汲んできた湧水がインドの水筒に入っていて、セルフサービスになっています。

重たい思いをして運んできた湧水なので、「飲める分だけ入れてください」とのこと。

貴重なお水です。

ポットに入っているのは白湯。

オーダーをして、しばし待ちます。。

スポンサーリンク

季節の素材を使って丁寧に作られた優しいお味の「ベジターリー」

奈良・矢田原口、ヴァナム

そして、ターリーの登場です!

たくさんのおかずがきれいに盛られていて、見た目にも楽しいプレート。

奈良・矢田原口、ヴァナム

中央のアッパラム(パパド)をどけると、白いライスの上にターメリックライスがかけられています。色が加わって、華やかになりますね!

このひと手間を加えるところ、素敵だなーと思います。

そして、お米は南インドのポンニライス。

ポンニライスを使用しているお店は、そんなに多く出会わないので嬉しいです。

奈良・矢田原口、ヴァナム

里芋のポリヤル、原木しいたけの山椒ソース。

うわー、どれもスパイスが効いているけど、やさしいお味でとっても美味しい♪

アチャールの酸味がアクセントになります。

丁寧に作られているのが分かります。

奈良・矢田原口、ヴァナム

かぶの葉のアチャール、夕顔のダル、ベジタブルカッティダル、冬瓜のカレー。

瓜系が色々なコーナー。

インド料理って、瓜を使うものが色々あるように思います。

ダルと合わせるの、美味しいですね。

このカッティダルも、大根だったか瓜系だったかが入っていて、ぽってりしていて酸味があってとても美味しい!

カッティ(khatti)は、酸っぱいという意味だそうです。

あー、なんか、色んな組み合わせで色んな味を自分で作る楽しみがあるプレートだなぁ。

奈良・矢田原口、ヴァナム

皮つきムング豆のワダ、グリーンココナッツチャトニ。

お一人で作られているのに、ワダも作っちゃうなんて尊敬~

皮付きの豆なので、茶色で栄養ありそうな感じ。

奈良・矢田原口、ヴァナム

アラカルトで注文した「マチュルカリアのベンガル煮込み」。

せっかくなのでノンベジカレーもいただきたいってことで、魚のベンガル煮込みもオーダー。

魚の旨味がグレービーに沁みていて美味~

スパイス使いも、素材を生かしてる感じがして、とても美味しかったです。

ターリーが汁気少なめだったので、この魚のカレーを混ぜて食べると、さらにパワーアップしました♪

奈良・矢田原口、ヴァナム

柿とざくろのミントライタ。

ターリーに乗せ忘れたと、後から店主さんが持ってきてくれました。

奈良の特産「柿」の入ったライタ。

カレーと混ぜて食べても美味しいけど、フルーツなので、単体でもデザートみたいに食べられて美味しかったです。

奈良・矢田原口、ヴァナム

タルトタタンと、チャイ。

お店の向かいにりんご農園があるとのことで、毎年タルトタタンを作られているそうです。

インスタでタルトタタンがあることを知り、デザートも楽しみしていました♪

奈良・矢田原口、ヴァナム

りんごがぎっしりです。
う~ん♪甘さ控えめで美味しい!

途中で別添えのクリームをかけて食べてみてくださいとのこと。

コクが加わって、でもさっぱりと食べられる感じです。

あ~幸せ♪

奈良・矢田原口、ヴァナム

チャイの甘さもちょうど良く、ホッと一息。

 

さて、お腹もいっぱいになったので、そろそろ。。

バスの時間は、15時台まで待たなければいけないので、高くつきますが、タクシーで奈良駅まで戻ることに。店主さんがタクシー会社に電話をしてくれました。

20~30分かかるということだったので、待っている間、お店の2階の見学に。

奈良・矢田原口、ヴァナム

2階には、こんな素敵な空間が!

ハンモックのようなものや、テーブル、ソファも。

インスタの投稿を見ると、ここでワークショップなどを開催したりしているようです。

奈良・矢田原口、ヴァナム

本のコーナーがあって、インドやアーユルヴェーダの本や、単行本、「火の鳥」のまんが本など興味深いものがたくさん置いてありました。

バスで来るお客さんは、帰りのバスの時間まで、ここでゆっくりしていく方もいるとのこと。

時間があるときは、そんなのもいいですね!

奈良・矢田原口、ヴァナム

吹き抜けが気持ちいいです♪

【おうちカレー】・大根とハヤトウリのサンバル ・ラッサム ・ハヤトウリのクートゥ ・いんげんと人参のポリヤル

帰り際、店主さんとインド料理のことなどのお話が少しできました。

すると、なんとハヤトウリのおすそ分けをいただいてしまいました!

しかもこんなに巨大な!! 比較対象にキウイを置いてみました。

ハヤトウリは、気になってはいたものの、買ったことがなかったので嬉しかったです♪

クートゥにすると美味しいですよ。とのことだったので、先日クートゥを作りました。

甘みがあってトロトロで、とても美味しかったです。

他には、スープやお味噌汁に入れて美味しくいただきました~

ありがとうございました★

次にまた伺える機会があるかは分かりませんが、他のメニューも食べてみたいので、是非また行きたいお店です。

スポンサーリンク

◉『vanam(ヴァナム)』の地図・アクセス

  • 住所:奈良県奈良市矢田原町743
  • アクセス:JR奈良駅から奈良交通バス「矢田原口」下車徒歩10分
  • 営業時間:土日12時00分~16時30分
  • 定休日:月〜金(不定休)