スパイスカレー青藍【高円寺】★ホールスパイス盛り沢山!香り引き立つ絶品カレー

高円寺、スパイスカレー青藍エスニック料理

JR高円寺駅から徒歩5分。高円寺北口から続く歴史のある商店街「高円寺庚申通り商店街」の北の端に、スパイスカレーの人気店『スパイスカレー青藍』はあります。

元サラリーマンの店主さんが間借りカレーでの営業を経て、2017年11月にオープンしたお店であるとのこと。

コンセプトは、“香りを食べるカレーライス”

がっつりホールスパイスを使ったインパクトのあるお味が人気を呼び、スパイスカレー激戦区でもある高円寺のカレー屋さんの中でも1,2を争う人気店になっています。

スポンサーリンク

お店は、高円寺庚申通り商店街の雑然とした界隈の中にあります。

高円寺、スパイスカレー青藍『スパイスカレー青藍』の外観

高円寺、スパイスカレー青藍高円寺庚申通り商店街の北の端にあります。

高円寺、スパイスカレー青藍『スパイスカレー青藍』の看板メニュー

こちらが、『スパイスカレー青藍』の外観です。

お店は、高円寺庚申通り商店街の雑然とした界隈の中にあります。

綺麗な字で書かれた看板メニュー。カレー定食は1種のみ(平日は2種)で固定ですが、定食に付く旬の野菜惣菜が時期によって変わる様子。

今回は、

  • アンチョビ野菜炒め黒胡椒
  • キャロットクルミクミンラペ
  • 大根マスタード
  • 紫キャベツゴマ塩昆布
  • 生パクチー

のようです。

さっそく店内へGo!

高円寺、スパイスカレー青藍『スパイスカレー青藍』の店内

 

『スパイスカレー青藍』の店内です。

店内は、L字型のカウンターテーブル席のあるラーメン屋さんのような構成で席数は13席。カウンター席から見える厨房では、店主さんとサポートの女性の方が黙々と調理をしておりました。

お料理の注文は、座席の後ろにある券売機でチケットを購入して行います。

お店の営業時間は、ランチが11:30~14:00。ディナーは月水木が18:00~20:00、土日は17:30~19:30です。

土曜日の18時頃での訪問でしたが、座席は半分ほど埋まっていて、食べている間も続々とお客さんが来店していました。テイクアウトの注文も多いようで、テイクアウトのお客さんも来ていました。

高円寺、スパイスカレー青藍座席に置かれたメニュー解説

高円寺、スパイスカレー青藍座席に置かれた「スパイシーチキンカレー定食」の紹介

 

カウンター席はアクリル板で仕切られていて、アクリル板にはメニュー解説が置かれています。

『スパイスカレー青藍』のおすすめは、「スパイシーチキンカレー定食」(980円)。この日は土曜だったので、提供はありませんでしたが、平日限定で「ポークジンジャーキーマ」とのカレー2種盛り定食もあるそうです。

ちなみに、定食はカレーと野菜惣菜がセットになったプレートで、野菜惣菜のない単品のカレーを注文することもできます。

注文したのは、もちろん「スパイシーチキンカレー定食」です★

 

券売機で「スパイシーチキンカレー定食」の食券を購入しお店の方に渡すと、店主さんがおもむろにフライパンを使って炒め物を始めました。

ジュージューパチパチという音、「テンパリング」です!

「テンパリング」とは、ホールスパイスを油で炒め、その香りを油に移す調理法のこと。スパイスの香りを強く引き立てることができる、南インド料理などで頻繁に使われるテクニックです。

この「テンパリング」こそが、『スパイスカレー青藍』のカレーの真髄。

オーダーをいただいてから炒めるホールスパイスのテンパリングにより、スパイシーだけど辛さがきつくない、“香りを食べるカレーライス”の風味が生み出されるのです。

そのテンパリングしたスパイス油に、鍋で煮込まれていた特製のルウを加えて軽く炒め合わせ、プレートにカレーとターメリックライスを載せ、旬の野菜惣菜を添えると「スパイシーチキンカレー定食」の出来上がり!

スポンサーリンク

まさに“香りを食べるカレーライス”!複雑な味と香りに陶酔する★

高円寺、スパイスカレー青藍「スパイシーチキンカレー定食」980円

 

こちらが、「スパイシーチキンカレー定食」

深い青色をした美しいお皿に載って出てきました♪

お店のHPによると、この青いお皿が店名『スパイスカレー青藍』の由来だそうで、この「青藍」(日本の伝統色で英語名はインディゴブルー)色の美濃焼のお皿は2ヶ月以上かけて探し求めたものであるとのこと。

青藍色のお皿に載った深い茶色のカレーと黄色のターメリックライス、オレンジや紫のお野菜に緑のパクチー、見事な色彩バランス、フォトジェニックです★

濃厚に漂うスパイスの香り、美味しそうです。さっそくいただきましょう〜♪

高円寺、スパイスカレー青藍青藍色のお皿に載ったフォトジェニックなビジュアル

 

スプーンを口に近づけただけで飛び込んでくるスパイシーな香り、そして、ひと口食べると、これは美味しい!

たくさんのスパイスの味と香りが組み合わさって、今まで食べたことないお味でした。

座席に置かれた紹介パネルによると、使用しているスパイスは、カルダモン、クミン、花椒(フォアジャオ)、コリアンダー、ブラックペッパー、フェンネル、マスタード、四川青椒とのこと。

特に、インド料理ではあまり使われない「花椒(フォアジャオ)」の風味がインパクトがあって新鮮な感覚。他のスパイスとも絶妙なマッチングです★

高円寺、スパイスカレー青藍ホールスパイスもりもりのカレー

 

カレーは、玉ねぎをベースに緑黄色野菜、鶏ガラ、かつお節、昆布出汁、+アルファで旨味を出しており、小麦粉・うま味調味料不使用とのことで、とってもヘルシー。

スパイシーながら、辛さはそれほどなく、油っこさも少ないので、サクサクいただけます♪

食べやすく小ぶりにカットされた鶏肉や、さっぱりとした味わいの青森産のお米を使ったというターメリックライスとのマッチングもGood!

高円寺、スパイスカレー青藍ターメリックライスと3種の旬の野菜惣菜

 

3種の旬の野菜惣菜「アンチョビ野菜炒め黒胡椒」「キャロットクルミクミンラペ」「大根マスタード」も、それぞれ個性的ながら主張し過ぎず、スパイシーなカレーに変化を与えてくれます。

カレーとライスの上にパラパラと振り掛けられた「紫キャベツゴマ塩昆布」と「生パクチー」も、小気味良いアクセントを効かせてくれている感じ。

ほんと、美味しいです★

美味い美味いと食べ続け、あっという間に完食してしまいました〜♪

 

高円寺にあるスパイスカレーの人気店『スパイスカレー青藍』

オーダー後にテンパリングするカレーはスパイスの風味満点♪まさに、“香りを食べるカレーライス”です。

「花椒(フォアジャオ)」を使った新鮮な味わい、素材や出汁により引き出されている旨味、スパイスを多用しながら辛過ぎない、香り豊かな「スパイシーチキンカレー定食」は、何度でも食べたくなるクセになる美味しさ★

中央線沿線のカレー専門店の中でも、特にお勧めしたいお店のひとつです。

スポンサーリンク

◉『スパイスカレー青藍』の地図・アクセス

  • 住所:東京都杉並区高円寺北2-41-15
  • アクセス:JR高円寺駅から徒歩5分
  • 営業時間:昼:11:30~14:00 夜:月水木18:00~20:00 土日17:30~19:30
  • 定休日:火曜日・金曜日