ミ・チョリパン(アルゼンチン料理)【代々木上原】★サクサクパンで挟んだ「自家製極太チョリソー」

代々木上原、ミ・チョリパンエスニック料理

小田急線・東京メトロ千代田線代々木上原駅より徒歩6分。

井の頭通り沿いに、アルゼンチンのソウルフード「チョリパン」の専門店『ミ・チョリパン』はあります。

「チョリパン」とは、極太のチョリソーとレタスやトマト、玉ねぎなどの野菜をパンに挟んで食べるシンプルなお料理。

アルゼンチンの街角の屋台で食べられている庶民の味だそうで、ベトナムのバインミーとか、アラブのケバブサンドのアルゼンチン版といった感じです。

そんな「チョリパン」をたぶん都内で唯一、いただくことが出来るのが、ここ『ミ・チョリパン』です。

スポンサーリンク

アルゼンチンのソウルフード「チョリパン」を都内で唯一いただけるお店

代々木上原、ミ・チョリパン『ミ・チョリパン』の外観

 

『ミ・チョリパン』の外観です。

お店は、代々木上原駅から井の頭通りを渋谷方向へ350mほど進んだ右手にあります。

入口の屋根は、赤や青、黄色の原色に彩られていて、これは、ブエノスアイレスにあるカラフルに彩られた地区「カミニート(Caminito)」をイメージしているのでしょうね♪

 

ちなみに、お店のHPによると、『ミ・チョリパン』の店主さん、世界放浪中に訪れたアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで、「チョリパン」に出会い、その魅力に取り憑かれ、お店を出すことを決意。

そして、ブエノスアイレスの人気チョリパン店に弟子入りし、3ヶ月間の修行を経て、その作り方を学んだのだそう。

代々木上原、ミ・チョリパン『ミ・チョリパン』の店頭看板

代々木上原、ミ・チョリパンアルゼンチン国旗色のドラム缶

『ミ・チョリパン』の店頭看板です。

メニューのメインは、もちろん「チョリパン」!

チミチュリソース付きの「チョリパン」(770円)と、レタスやトマト、炒め玉ねぎ、ネギマヨネーズ、アルゼンチンサルサ、チミチュリソースをトッピングできる「カスタム・チョリパン」(1,120円)。「ミニ・チョリパン」(570円)があります。

また、サイドメニューとして、「サルサラダ」「十勝フライドポテト」「エンパナーダ」などもあり。

ドリンクは、「コカ・コーラ」や「ハートランドビール」などのスタンダードなメニューの他に、「ガラナ」や「マテ茶」、アルゼンチンの「キルメスビール」、アルゼンチンワインなど、アルゼンチンらしいラインナップもあるのがなかなか♪

代々木上原、ミ・チョリパン「Muy rico!(とっても美味しい!)」

 

さて、さっそくお店の中へ♪

入口を入ると、こんな素敵な看板が出迎えてくれました★

「Muy rico!(とっても美味しい!)」

ラテンらしい、賑やかな印象です。

代々木上原、ミ・チョリパン『ミ・チョリパン』の店内

 

『ミ・チョリパン』の店内です。

入口近くにチョリパンを作る焼き場があり、お肉のジューシーな匂いが漂ってきています。

座席はテーブル席、テラス席、カウンター席があって、合計20席。

訪問したのは、休日のお昼時でしたが、かなり混雑していて少し待ちました。

代々木上原、ミ・チョリパンアルゼンチンらしい陽気な雰囲気の店内

代々木上原、ミ・チョリパンボカ、カミニート、タンゴ、アサード。アルゼンチンです♪

 

店内の壁はカラフルな色に彩られていて、国旗やサッカーボール、民芸品などのアルゼンチンのグッズや、ボカ、カミニート、タンゴ、アサードなどといった文字が描かれた看板などが飾られていました。

アルゼンチン感満点です★

 

さて、注文です♪

メインのチョリパンは、レタスやトマト、炒め玉ねぎ、ネギマヨネーズ、アルゼンチンサルサ、チミチュリソースをトッピングできる「カスタム・チョリパン」(1,120円)をチョイス。

ドリンクは、ジンジャーエール(320円)とガラナ(370円)を頼むことにしました。

代々木上原、ミ・チョリパン自家製極太チョリソー

 

こちらは、カウンター席の前に吊り下げられていた「自家製極太チョリソー」。

お店のHPによると、この「自家製極太チョリソー」は、精肉店から届けられる2種類の新鮮な牛ひき肉と10種類のスパイスを混ぜ合わせ、豚の腸に腸詰めし、店頭に吊るして乾燥させた後、冷蔵庫で寝かせ、炭火で1時間ほどじっくり焼いて作るのだとのこと。

上の写真は、店頭に吊るして乾燥させている状態ですね。

代々木上原、ミ・チョリパンジンジャーエール(320円)

代々木上原、ミ・チョリパンガラナ(370円)

お料理を注文すると、すぐにドリンクが運ばれてきました♪

ウィルキンソンのジンジャーエール(320円)とガラナ(370円)です。

ガラナは、アルゼンチンではなくアマゾン原産のブラジルで人気の飲み物ですが、ちょっぴり酸味のある爽やかな風味がなかなかの美味しさ★

 

ドリンクをちびちび飲んでいると、店員さんに「チョリパン」が出来たと呼ばれました!

スポンサーリンク

極太チョリソーが肉厚ジューシー、サクサクのパンも最高★

代々木上原、ミ・チョリパンチョリパンにトッピングしていきます★

 

カウンターに向かうと、パンの上に「自家製極太チョリソー」が置かれた「チョリパン」が丸いお皿の上に載せられていました。

この「チョリパン」の上に、容器に入れられたレタスやトマト、炒め玉ねぎ、ネギマヨネーズ、アルゼンチンサルサ、チミチュリソースをトッピングしていきます♪

何はともあれ、取り敢えずは全部載せ!

代々木上原、ミ・チョリパン山盛りにトッピングしたチョリパン

 

そして、全部載せして出来上がったのが、こちら★

トッピング山盛りです♪

代々木上原、ミ・チョリパンう〜ん、美味しそう♪

 

う〜ん、美味しそう♪

ちなみに、トッピングの「チミチュリソース」というのが、チョリパンのお味のポイントとなります。

「チミチュリソース」は、酢と油にオレガノなどの香辛料を混ぜ合わせたアルゼンチン発祥のソース。アルゼンチンの家庭には必ず置かれているソースだそうで、各家庭ごとにオリジナルのレシピがあるのだとか。

なお、当店『ミ・チョリパン』では、お持ち帰り用の「チミチュリソース」のパックも用意しているそうです。

代々木上原、ミ・チョリパン極太チョリソーが肉厚ジューシー、サクサクのパンも最高★

 

さて、さっそくいただきましょう〜♪

パンの大きさに比べて具材がかなり大量なので、挟むのが難儀ですが、包み紙も用意されているので、何とかサンドすることが出来ました!

お味はというと。

ベトナムのバインミーを思い出させるようなサクサクのパンの中に、スパイスが効いたジューシーでボリューミーな「自家製極太チョリソー」とフレッシュなお野菜が入っていて、マッチング抜群!最高の旨さ!!

そして、何と言っても、酸味と辛味のある「チミチュリソース」が絶妙なアクセントを効かせていて、オリジナリティのあるカラフルな風味を感じさせてくれました★

う〜ん、美味しい♪

代々木上原、ミ・チョリパンBANO(トイレ)。パーティープランもあります。

代々木上原、ミ・チョリパンデリバリーもやっている様子

 

代々木上原にある、アルゼンチンのソウルフード「チョリパン」の専門店『ミ・チョリパン』

牛肉の国、アルゼンチンのお肉愛を実感できる、絶品サンドイッチ「チョリパン」は、一度は食べてみる価値ありあり!

くせになる美味しさ!近くにあったら週二回は買いに来てしまいそうです。


スポンサーリンク

◉『ミ・チョリパン』の地図・アクセス

  • 住所:東京都渋谷区上原2-4-8
  • アクセス:小田急線・東京メトロ千代田線代々木上原駅より徒歩6分
  • 営業時間:[月、水~金]12:00~23:00 [土・日・祝]11:00~20:00
  • 定休日:火曜、第2、4月曜(祝日の場合は営業)