マロロガバワン(MAROLOGA Bhavan)【新井薬師前】★お酒とおつまみも楽しめるBar的インド料理屋さん

新井薬師前、マロロガバワンエスニック料理

西部新宿線新井薬師前から徒歩5分ほどの商店街にある、インド料理とお酒を楽しめるお店『マロロガ バワン(MAROLOGA Bhavan)』。

今年(2020年)の1月にオープしたばかりのお店です。

ガラス張りの入口に、オシャレな店内、美味しいカレーにおつまみ、お酒。

お料理も雰囲気も、とても満足できるお店です!

 

スポンサーリンク

ターリーも一品料理もお酒も楽しめます!

※2020年4月現在は、テイクアウトのみとのこと。訪問したのは、3月上旬です。

新井薬師前、マロロガバワン

新井薬師前の商店街の一角に、インド料理とお酒を楽しめるお店『マロロガ バワン(MAROLOGA Bhavan)』はありました。

入口は全面ガラス張り。

カタカナの店名のフォントがかわいいです。

新井薬師前、マロロガバワン

新井薬師前、マロロガバワン

「indo & more」

新井薬師前、マロロガバワン

お店に入ってすぐのところは、実は立ち飲みカウンター。

帰り際、常連さんらしきお客さんが、立ち飲みされてました。

インド料理屋さんで立ち飲みができるお店なんて、珍しいですよね。

そうなんです、こちらのお店、お酒のおつまみになるような一品料理も豊富なんです!

壁にはスパイスが並べられていて、レトロなコーヒー缶や時計なんかもオシャレな感じです。

新井薬師前、マロロガバワン

この日は、当日予約をして行きましたが、奥のテーブル席は予約でいっぱいとのことで、カウンター席になりました。

天井から吊るされているランプがとてもかわいいです。

新井薬師前、マロロガバワン

このライトもおしゃれ!

新井薬師前、マロロガバワン

厨房の様子は、カウンターからも見えるので、ぼーっと眺めているのも楽しい。

新井薬師前、マロロガバワン

あのグラスかわいいなーとか、ストローはピンクとか、あのカゴは北欧っぽいなーなどなど、色々気になります。

新井薬師前、マロロガバワン

新井薬師前、マロロガバワン

「マロちゃん」のイラストがかわいい♪ マロちゃんは”ナン”だそうです。

”今日のカレー” ”今日のターリー” のメニューが黒板に書かれています。

新井薬師前、マロロガバワン

新井薬師前、マロロガバワン

インド料理だけでなく、おつまみになるようなスパイス料理がいろいろ!

お酒も、ビール・ウイスキー・ラム・カクテル・ワインなど各種揃ってます。

エリックサウス出身の店主さんと、バルで料理をされていたというソムリエの奥さまで切り盛りされてるとのことで、納得のメニュー構成です。

新井薬師前、マロロガバワン

ワインやサングリアも惹かれたけど、ここはやっぱりビールで。

ハートランド(小)です。

新井薬師前、マロロガバワン

ホタルイカのカチュンバル(400円)

これ、とても美味しかったです。

シンプルなんだけど、マスタードシードが効いていて、ビールにピッタリの一品。

ホタルイカ自体が美味しいので、シンプルでも満足感があります。

新井薬師前、マロロガバワン

マロロガターリー(2,500円)
・お好きなカレー2種・プレーンドーサ・サンバル・ココナッツチャトニ・ポテトリング・玉ねぎのアチャール・うずらのマサラ・タンドールそら豆・ムング豆のサラダ・オリーブのマリネ・ライス・レモンピクルス・パパド

なんと豪華なターリーでしょう!

見た目にも華やかでおしゃれです。

ターリーにドーサがついちゃうのもスゴいし、ターリーにそら豆がさやごと乗ってるのもスゴい。

カレー2種は、バターチキンとキーママタールをチョイス。

新井薬師前、マロロガバワン

こちらのプレートのカレーは、マトンマサラ(+200円)と豆カレー(長ねぎのクートゥ)。

新井薬師前、マロロガバワン

新井薬師前、マロロガバワン

バターチキンは、いわゆる「ナンとバターチキン」のような甘いカレーではなく、辛みもあるタイプ。ライスと一緒に食べるバターチキンは、こういうタイプが良い。

キーママタールは、粗挽き肉を使ったドライなタイプ。量もたっぷりです。粗挽きは食べ応えもあり、肉を感じるので美味しいですね。自分で作るときも粗挽きでやってみたい。

マトンマサラは、一口だけいただきましたが、それほどマトン臭は強くないけど、あまり得意でない私には、やはり羊を感じる。でも、このマトンマサラは美味しかったらしいです。

豆カレー(長ねぎのクートゥ)は、優しくてほっこりするお味。

新井薬師前、マロロガバワン

新井薬師前、マロロガバワン

タンドールそら豆は、横に添えてある塩をつけて。

ドーサは、ココナッツチャトニとサンバルと一緒にいただきます。

新井薬師前、マロロガバワン

2杯目のビールは、「東京IPA」。

近年よく聞く「IPA」は、「インディア・ペールエール」の略。

特徴は、アルコール度数がちょっと高く、ホップの香りと苦みをよく感じるビールです。

新井薬師前、マロロガバワン

タンドリーチキン1/4羽(800円)

このタンドリーチキン、最高に美味しかったです♪

タンドール窯でじっくり焼かれたチキンは、スパイスの香りをまとって柔らかくジューシーで、もちろんビールに合う!

これは、絶対オーダーしたい一品です。

メニューにも書いてありましたが、焼き上げるのに時間がかかるので、早めに注文した方が良いです。

ボリューミーなターリーを完食した後でも、ペロリと食べられちゃいました。

新井薬師前、マロロガバワン

かなりお腹いっぱいではありますが、別腹のスイーツも注文。

手前が「マイソール パク(ひよこ豆の口どけおやつ)」(300円)、奥が「ラムレーズンシュリカンド(ヨーグルトとフルーツのクリーミーおやつ)」(300円)

「マイソール パク」は、ひよこ豆の粉と砂糖とギーを練った、南インド・カルナータカ州のマイソールで生まれた甘いスイーツ。それに、ピスタチオなどのナッツが入っていました。

インドのものより、甘さ控えめで食べやすくて美味しかったです。カレーを食べた後は、こんな甘~いスイーツが食べたくなります。

「シュリカンド」は、水切りヨーグルトに砂糖やナッツ、ドライフルーツなどを混ぜ込んだデザートで、インド北西部グジャラートのスイーツ。

ラムレーズンとナッツがふんだんに入っていて、かなりリッチなシュリカンドで、とても美味しかったです!

マイソール パクもシュリカンドも、今度自分で作ってみようと思います。

新井薬師前、マロロガバワン

ドリンクは、チャイ。

新井薬師前、マロロガバワン

と、コーヒーで。

新井薬師前、マロロガバワン

ターリーだけでも、ボリュームがあって豪華で満足できますが、おつまみや一品料理、デザートもいただいて、大満足なディナーとなりました。

お店の雰囲気や使っている食器なども好みだし、他にも魅力的な一品料理がいろいろあったので、今度はお酒と一品料理を楽しみに、また伺いたいなーと思いました♪

(コロナウイルス、早く収束してほしいですね。。)


スポンサーリンク

◉『マロロガ バワン(MAROLOGA Bhavan)』の地図・アクセス

  • 住所:東京都中野区新井1-35-12
  • アクセス:西武新宿線新井薬師前駅から5分
  • 営業時間:11:00~15:00 17:00〜23:00
  • 定休日:月曜日