人々との出会いもアンコール遺跡巡りの楽しみのひとつ【カンボジア】

アンコール・ワットの人々東南アジアの旅

※前回の記事→バイクタクシーで巡るアンコール遺跡群《14寺院訪問!》【カンボジア】

世界三大仏教遺跡のひとつ「アンコール・ワット

密林の中にあるこの遺跡を見るため、カンボジアへと旅しました。

アンコール遺跡群とシェムリアップの町、首都プノンペンなどをご紹介します。

今回は、アンコール遺跡で出会った人々です!

スポンサーリンク

アンコール遺跡巡りの途中、それぞれの遺跡で出会った人々

遺跡を見るのもよいですが、人々との出会いもアンコール遺跡巡りの楽しみのひとつ。

かわいい子供たちや、にこにこした人々が旅行者の相手をしてくれます!

アンコール・ワットの人々寺院で一服〜。東メボンにいたじいさんです。

アンコール・ワットの人々お線香を焚くじいさん

アンコール・ワットの人々東メボンにいた楽器売りの青年

アンコール・ワットの人々綺麗なお花と一緒にパチリ!

アンコール・ワットの人々ありがたい仏像をじっと見つめる尼僧

アンコール・ワットの人々

おじいちゃん、真剣にお祈りしています!その横で退屈そうに待っている孫の女の子。

アンコールで出会ったカンボジアの人々は、みんなとても親切。そして、旅行者に対して興味津々で、好意的に接してくれます。

アンコール・ワットの人々

「西バライ」で水遊びしていたやんちゃそうな少年。

西バライは東西約8キロ、南北約2キロの長方形の貯水池です。

img843

「西バライ」で青年たちも水遊び、そして、記念撮影!

ここは、人が造ったとは思えないほど、かなりでかい貯水池、湖みたいです!

アンコール・ワットの人々西バライに集まってきた人々。ピクニックでしょうか?

アンコール・ワットの人々樹木の絡まった遺跡に女の子がいました。子供たちにとっては貴重な遺跡も遊び場です。

スポンサーリンク

オレンジの袈裟の僧たち

アンコール・ワットの人々向こうからオレンジの袈裟の僧たちが

アンコール・ワットの人々近づいてきたのは、青年僧たちでしたー

アンコール・ワットの人々遺跡の参道を歩くオレンジの僧たち

 

アンコール遺跡では、オレンジの袈裟を着た僧侶や、白い袈裟を着た尼僧の姿をよく見かけます。

仏教国であるカンボジアでは、僧侶はとても尊敬されています。

スポンサーリンク

子供たちとの出会いが楽しい★

アンコール・ワットアンコール・ワットの参道にいた女の子

アンコール・ワットアンコール・ワットの塔の上で

アンコール・ワットアンコール・ワットをバックに裸足でスタスタ・・・

 

アンコールの遺跡群には、大抵どの寺院にも物売りの子供たちがいて、ポストカードや仏像などを手に近づいてきます。

そして、いろいろな品物を目の前に見せながら、

「これイチドル、安い」とか、「これキレイ、ゴセンリエル」

などと日本語で言ってきます。

 

その時、「ノー、いらない」

と言おうものなら、

「どうしていらない?これ安い」

などと、食い下がってくるんです。

みんな可愛いので、ついつい買ってしまいそうになります。

 

子供たち、子ども同士でわいわいしながら観光客相手に物売りして、みんなとても楽しそうにしていました。

だけど、本当は物売りするんじゃなくて、学校に行った方がいいんでしょうけどねー。

でも、貧しいから仕方ないのかもしれません。

 

旅行時期:2000年3月・2003年8月

 

※次の記事→東南アジア最大の湖、トンレサップ湖をボートで揺らり♪【カンボジア】

東南アジア最大の湖、トンレサップ湖をボートで揺らり♪【カンボジア】
カンボジアの中央、メコン川へと流れ込むトンレサップ川の袋小路がこの「トンレサップ湖」です。湖の岸辺にはたくさんのボートが停泊していました。私たちはここでボートを雇って、簡単なクルーズを楽しむことにしました。
アジアの仏教遺跡《7箇所》ご紹介★(東南アジア・インド・スリランカ)
アジアの世界宗教である「仏教」。2500年の歴史の中、その教えは発祥したインドから、スリランカ、タイなどの東南アジア諸国、中央アジア、中国、チベット、モンゴル、韓国、日本へと伝わり、その教義や信仰形態は様々に発展・変化しました。アジア各地には仏教の信仰の歴史を物語る仏教遺跡がいくつも遺されています。
世界の遺跡おすすめランキング★1位〜15位★
世界の魅力的な遺跡(これまで訪問した遺跡)をおすすめ順にランキングにしました★ 失われた文明、栄華を誇った王都や隊商都市、神に捧げられた神殿や寺院。いずれも太古のロマン溢れる遺跡です。アジア、中南米、アフリカ、ヨーロッパの15遺跡をご紹介します★
カンボジアの旅
カンボジアの旅レポートです。(アンコールワット、プノンペン、シアヌークビルなど)。カンボジアへのアクセスや世界遺産や遺跡などの観光名所、穴場スポットの情報。宿泊したホテルやおすすめのレストランなどをご紹介。現地で鑑賞した音楽ライブや舞踊、購入したお土産もご紹介します。